Amazon Web Services ブログ

Category: Media Services

[開催報告] Amazon Interactive Video Service ローンチセミナー

2020 年 8 月 18 日に新しいサービス Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS) について、サービス概要と使い方を実演でご説明するほか、ゲストスピーカー様(株式会社ディー・エヌ・エー様)より現場での活用をご紹介していただくイベントを開催しましたので、その資料公開とともに内容をブログでお届けします。 Amazon IVS は、コンテンツの取り込み、処理、配信までの動画ワークフローを一括でまとめられるマネージド ライブストリーミング ソリューションです。汎用ストリーミングソフトウェアから Amazon IVS を介し、ウェブサイトやアプリへ低遅延のままライブストリームを配信できます。

Read More

Amazon Interactive Video Service – アプリとウェブサイトへのライブ動画の追加

今日は、アプリとウェブサイトにライブ動画を直接追加できる新しい Amazon Interactive Video Service をご紹介できるのをとても嬉しく思っています。皆さんが私と同じような考えを持っているならば、AWS チームがインタラクティブで低レイテンシーのライブ動画のアプリケーションへの統合をいかにシンプルにしたかに驚かされるでしょう。 このサービスは、Amazon Interactive Video Service (IVS) コンソールまたは API のどちらかを使用してチャネルを作成することを可能にします。作成後、標準的なストリーミングソフトウェアを使って動画をこのチャネルにストリーミングします。世界中のあらゆる視聴者にライブ動画を提供するために必要となる作業は、すべてサービスが実行します。サービスには、ウェブ、iOS、または Android プロジェクトへのライブ動画の統合を容易にするプレーヤー SDK が含まれています。 私はこのサービスの機能がこれだけだったとしても感動していたと思いますが、チームはもうひと頑張りして、このサービスをユニークなものとする 2 つの主要機能を追加しました。 1 つ目は、動画が低レイテンシーであることです。これは、動画をブロードキャストしてから視聴者の画面に表示されるまでの時間が 2~3 秒まで短縮できることを意味します。このサービスはインタラクティブなリアルタイムアプリケーションの構築を支援することを目的としているため、低レイテンシーは必要不可欠です。これは、遅延を最低限に抑えることによってのみ可能になります。 2 つ目は、ライブ配信の決定的な瞬間にイベントを発生させることができるように、チームが動画と共に時間指定メタデータを送信する機能を追加したことです。たとえば、ライブ投票が開始されたことを伝えるイベントを送信することが可能で、アプリケーションはそれに応答し、ライブ動画と並行して視聴者が投票できるようにします。 これら 2 つの機能の組み合わせは、ユーザーが独自のウェブサイトとアプリケーションで視聴者とより価値のある関係を生み出すエクスペリエンスを構築できることを意味します。たとえば、製品ローンチのライブ配信を行っている場合、追加の製品情報を同期させて、動画に新しい製品が表示されると同時にその情報が表示されるようにすることができます。「今すぐ購入」ボタンを表示させて、視聴者がライブ配信で見ている製品をその場で購入できるようにすることも可能です。 この数か月間、私は Twitch.tv でライブクイズを配信しているのですが、このサービスの登場で、さらにパーソナライズされた統合バージョンをウェブサイトで直接構築できるのではないかと考えるようになりました。では、Amazon IVS コンソールに移動し、チャネルを作成することでこのようなウェブサイトやアプリケーションを作成する方法をご紹介しましょう。 Amazon IVS コンソールの最初の画面に [チャネルの作成] というボタンが表示されるので、これをクリックしてチャネルの作成を開始します。 チャネルに名前を付けてデフォルト設定 (フル HD で動画を配信し、低レイテンシーが必要) を選択します。それから、画面最後の [チャネルの作成] ボタンをクリックします。 数秒後、[チャネルが正常に作成されました。] というメッセージを受け取ります。画面には、動画の配信に使用するコンピューターまたはデバイスの設定方法を説明する [開始する] セクションがあります。 ストリーム設定情報も同じ画面にあります。取り込みサーバーとストリームキーは、サービスへの動画の送信を開始するために必要となる 2 つの情報です。 […]

Read More

【登壇報告】Virtual NAB 2020セミナー

毎年 4 月に開催される 全米放送協会 NAB (National Association of Broadcasters) が主催する世界最大の放送機器展 NAB Show ですが、今年は COVID-19 感染拡大の影響を鑑み Las Vegas での開催は中止、いくつかのデジタルイベントを実施することになりました。AWS は NAB Show で公開する準備を進めていた内容を下記のオンラインセミナーで紹介させていただきました。 4/21 (火)に US では AWS 主催のイベント「AWS NAB News & Update」を開催しました。 動画は こちら 資料は こちら です。 日本でも 4/22 (水)に伊藤忠ケーブルシステム様のバーチャルイベント「Virtual NAB 2020 セミナー」において、「NAB 出展概要とテクノロジーハイライト」というタイトルで、ソリューションアーキテクトの小林が登壇させていただきました。それらの内容について Blog で報告させていただきます。 Virtual NAB 当日の資料は こちら です アジェンダ: 1. AWS はメディアのための場所 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Elemental MediaConvert 資料及び QA 公開

先日 (2020/03/31) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Elemental MediaConvert」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200331 AWS Black Belt Online Seminar AWS Elemental MediaConvert from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. トランスコードにおいて Amazon Elastic Transcoder との使い分けというか立ち位置はどう捉えたらいいでしょうか?Elemental のチェーンを利用するか、単体でトランスコードするかでしょうか? A. Elastic Transcoder の機能は一部(※)を除き、MediaConvert でもサポートしています。機能追加も MediaConvert 中心ですので、新規もしくは既存でも下記以外のケースでは MediaConvert の利用をご検討ください。 ※現時点で Elastic Transcoder でのみ利用可能な機能: WebM (VP8, VP9) での出力(MediaConvert への入力は可能) アニメーションGIFの出力 FLAC、Vorbis、WAV […]

Read More

株式会社フジテレビジョン、ワールドカップバレー 2019 の配信において AWS を利用した超低遅延配信を実現

『 超低遅延配信は放送番組の視聴をより楽しくするマルチスクリーンでの利用や UGC におけるユーザ体験の向上を通し、インターネット配信に大きな変化をもたらすでしょう。』と株式会社フジテレビジョン(フジテレビ) 技術局 技術開発部 副部長 伊藤氏は述べます。 そして以下のように続きます。『 今回の ワールドカップバレー 2019( FIVB2019 ) では数万人が同時に視聴できる環境をわずか 3~4 週間で組み上げ本番に臨みました。我々は手軽に素早く超低遅延配信環境を実現できるようになりました。また、従量課金で利用でき、配信時における煩雑な運用から解放された事を非常に嬉しく思います。我々は既にそのユースケースを拡大しています。』 超低遅延配信はスポーツ Live 、TV と連動した配信、配信者/ユーザとのインタラクティブなやりとりを必要とする配信など様々なシーンで求められています。ただし超低遅延配信の実現には CMAF-UltraLowLAtency(ULL) 、WebRTC 、LL-HLS 、セグメント秒数を切り詰めた HLS/MPEG-DASH など様々なアプローチがありますが、超低遅延配信に対応したエンコーダ/インフラ/プレイヤーの準備が必要であり、大規模配信への対応の容易さ、到達できる遅延秒数も様々でした。 フジテレビは CMAF-ULL を用いて地上デジタル放送と同程度の約2~3秒という遅延量で FIVB2019 の配信を実現させました。それは地上デジタル放送の放送映像をさらに楽しんで頂くためのマルチスクリーンとして配信され、TV では試合のコート全体が映し出されている間、手元のスマートフォンではエース選手やフォーカスされた選手にクローズアップされるといったユーザ体験を向上させる取り組みでした。目的はユーザ体験を向上させ、これまでよりも更に試合の運び、選手の動きに注目し、放送番組にのめり込んでもらう事でした。 低遅延配信を実現した仕組みを以下の図に記します。 試合会場からの映像信号はフジテレビ局舎に伝送され、地上デジタル放送用設備と超低遅延配信用エンコーダである Videon社のEdgeCaster4K に分配して入力されます EdgeCaster4K では入力された映像信号を CMAF-ULL の HLS/DASH に処理します。1つの fMP4 ファイルの構造は 8 秒セグメント、200msec の Chunk です EdgeCaster4K からは専用線である AWS DirectConnect を通りオリジンサーバとなる […]

Read More

【開催報告】メディア企業様向けクラウド活用最新事例紹介・シーズン Ⅳ

メディア業界向けAWS セミナーシリーズ 第四弾 |Inter BEE 2019 / AWS re:Invent 2019 ReCap |& 最新メディア管理ユースケースをご紹介 12月18日 AWS 目黒オフィスにて、映像メディアに関わる事業者様および企業様を対象とした、クラウド活用最新事例紹介イベントを開催しました。 4半期毎に開催しているセミナーの最終回として、今回は 11 月中旬の Inter BEE 2019 と 12月上旬の AWS re:Invent 2019 の内容についての振り返りと、AWS パートナーとエンドユーザ様から最新のユースケースとして、メディアアーカイブやアセット管理についての事例を中心に発表いただきました。

Read More

ソシオネクスト、AWS でリアルタイム AV1 エンコーディングを実現

NFL の試合をストリーミングで観戦することや、ミステリースリラー番組「ストレンジャー・シングス」の新シーズンを好きなだけ見たりする事から、消費者はストリーミングビデオ体験に対し、高い映像品質を期待するようになってきています。また、コンテンツ制作者や配給事業者にとって、低遅延且つ高品質のビデオを作成することが不可欠となっています。ただし、拡大するデバイスへの配信や多様なネットワーク接続環境を考慮に入れると、映像品質について高い水準を維持することは困難になっています。 日本の SoC( System-on-Chip )テクノロジープロバイダーである株式会社ソシオネクスト(以下、ソシオネクスト社)では、映像伝送にAWS Elemental MediaConnect、AV1エンコード処理にAmazon Elastic Compute Cloud( EC2 )F1 インスタンス、コンテンツ配信に Amazon CloudFront を使用しクラウドベースの AV1 リアルタイムエンコードを可能にするソリューションを構築することで、処理時間を大幅に短縮しながら一貫した高い映像品質を実現しました。 その仕組みは次のとおりです。 エンコーダを内蔵し Zixi プロトコルに対応した JVCのCONNECTED CAMカメラで撮影をします。JVC カメラは 前方誤り訂正(FEC)および自動再送要求(ARQ)パケット損失回復を使用するメカニズムであるZixiプロトコルに対応した唯一のプロフェッショナル用カメラです。JVC カメラから出力された信号は MediaConnect に送信されます。その後、信号は EC2 F1 インスタンスに入力され、リアルタイムで次世代の圧縮コーデック AV1 にエンコードされ、CloudFront を介して視聴者に送信されます。 適切に実装された場合、AV1 エンコーディングは H.264 および H.265 コーデックよりも小さいファイルサイズでより高品質の画像を生成しますが、エンコーディングのための高いコンピューター処理装置( CPU )要件によって、広く採用されていません。MediaConnect と EC2 F1 インスタンスがサポートするフィールドプログラマブルゲートアレイ( FPGA )を組み合わせることで、ソシオネクスト社のソリューションはリアルタイムの AV1 エンコードを可能にし、専用 CPU のハードウェアコストを削減します。また、不安定なネットワーク環境でも、エンドユーザーエクスペリエンスとストリームの品質を向上させながら、ストレージとコンテンツ配信ネットワーク( CDN […]

Read More

WinTicket 、 AWS メディアサービスで競輪ファンに高画質レース映像を低遅延ライブで提供

WinTicket は、インターネットテレビ局 AbemaTV の番組「競輪チャンネル」と連動し、24時間どこでも投票チケットを購入できるほか、レース情報・オッズ・ AI 予想機能、そして開催中の熱戦レースのライブ映像を提供しています。 時速 60km ~ 70km で 9 名の選手がレースする中、 WinTicket のユーザーが視聴環境を問わず、レースの状況を高画質・低遅延で視聴できるようにすることは重要です。そのため、 WinTicket は動画配信ワークフローをクラウドに移行し、AWSメディアサービスを活用することで高画質・低遅延のライブ配信を確立させました。 WinTicket のライブ配信は、全国40以上の競輪場から集約した映像で構成されています。 AbemaTV の番組スタジオで映像を集めてクラウドへ伝送し、 AWS Elemental MediaLive で ABR エンコード、 AWS Elemental MediaPackage で HLS にパッケージ化し、 Amazon CloudFront 経由で視聴者へ低遅延なライブ配信しています。 「 WinTicket はサービスの特性上、レース状況や結果がすぐにわかるようにしなければ、ユーザー体験に影響を及ぼしてしまいます。 AWS Media Services は、他のサービスよりも 1.5 倍ほど低いレイテンシでコンテンツを配信できるため、戦略的な強みが得られました。」と、株式会社サイバーエージェントの CATS ソフトウェア エンジニア 江頭 宏亮 氏は語っています。「今回、 AWS Media Services を採用したことで、配信ワークフローの開発工程数を抑えた、冗長性のある可用性の高いライブ配信システムの構築ができました。配信管理ツールとして採用したサーバレスアーキテクチャを含め、利用している時間帯だけ課金されるため、運用コストを抑えられます。また、スケジュール管理上で蓋絵 […]

Read More

【開催報告】メディア向けクラウド活用 最新事例紹介・シーズン III

メディア業界向けAWS セミナーシリーズ 第三弾 |IBC Recap & 最新動画配信ユースケースをご紹介 2019年9月26日 メディア業界に関わる事業者様および企業様を対象とした、クラウド活用最新事例紹介イベントを開催しました。 4半期毎に開催しているセミナーの第3弾として、今回は9月に開催された IBC 2019 のブース レポートと、AWS パートナーとエンドユーザ様から最新のユースケースとして、動画配信ワークフローをクラウドで運用いただくことで得られる 拡張性・可用性、インフラ管理の省力化、短期間でのサービス開発 などのメリットが注目を集めている『コンテンツ配信 』カテゴリーの活用事例をご紹介いただきました。 当日は約130名のお客様にご来場頂きました。 IBC 2019 Recap -AWS ブース レポート アマゾン ウェブ サービス ジャパン ソリューションアーキテクト 安司 仁 IBC(International Broadcasting Convention)は、世界150カ国から55,000人以上が参加する、欧州最大の映像・音響技術の展示会です。AWS は5年連続で今回も出展し、4つのメディアワークロード(コンテンツ制作、コンテンツワークフロー・アーカイブ、コンテンツ配信、機械学習&データ分析)に関する展示に加え『 マネタイゼーション・パーソナライゼーション 』『 テクノロジーイノベーション 』のテーマを加えた新機能紹介とデモを実施しました。 『 コンテンツ制作 』:コラボレーションの促進、制作/品質向上への取り組みから、制作環境がクラウドにシフトしてきており、全てクラウドで編集をしているスタジオの Untold Studios の事例についてもご紹介しました。ブース展示内容としては先日9/20発表された NVIDIA T4 GPU を備えた G4 インスタンスの紹介や、それを使ったクラウド上の制作環境、AWS ThinkBox Deadline と Spot […]

Read More