Amazon Web Services ブログ

Category: Media Services

Fuji TV Unified MAM

【お客様事例】株式会社フジテレビジョン 総合コンテンツ管理システムの構築

株式会社フジテレビジョン様では、2019年度の送出マスター設備更新に合わせて、番組素材を一元的に管理する「総合コンテンツ管理システム」を開発・導入されました。これは、従来放送局の送出マスター設備のサブシステムとして構築していた「番組バンク」と呼ばれるシステムとは大きく異なります。クラウドを活用することで、社内設備を最小限にしたシンプルなシステムとなっています。このシステムでは、放送用番組素材だけではなくインターネット動画配信や番組販売用の番組素材も扱い、アーカイブシステムも包括しています。 2020年12 月に開催されたAWS re:Invent 2020では、フジテレビジョン様に「総合コンテンツ管理システム」の導入経緯と効果、今後の展望についてご登壇いただきました。本ブログでは、こちらのセッションをご紹介させていただきます。

Read More

Amazon Nimble Studio – クラウドでクリエイティブスタジオを構築する

Amazon Nimble Studio は、ストーリーボードのスケッチから最終成果物まで、クリエイティブスタジオが AWS を利用して、視覚効果、アニメーション、インタラクティブコンテンツのすべてをクラウドで生成するために使用できる新しいサービスです。Nimble Studio は、仮想ワークステーション、伸縮自在なファイルストレージ、レンダリングファームキャパシティーに対するオンデマンドアクセスをお客様に提供します。また、IP セキュリティ、アクセス権限、およびコラボレーションのための組み込みの自動化ツールも提供します。

Read More
MAPS Intro

【Edit in the Cloud】AWS Media Asset Preparation System (MAPS) の紹介

AWS Media Asset Preparation System (MAPS) ユーザーインターフェース AWS GitHub Samplesで公開しているAWS Media Asset Preparation System (MAPS) を導入することで、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)やAmazon FSxなどのAWSのストレージサービス間でのメディアアセットの移動とその後のワークフローのための準備を容易にすることができます。メディア制作ワークフローのためにコンテンツを準備する担当者は、メディアのアップロードとダウンロード、アセットの検索とフィルタリング、メディアのフォルダ作成と整理、サムネイルとテクニカルメタデータの表示、内蔵メディアプレーヤーによるコンテンツのプレビュー、Amazon S3とAmazon FSx間でのメディアの移動を行い、その後のワークフローに向けての準備を行えます。

Read More
Play Video Store

高品質な動画配信を最速で実現するPLAY VIDEO STORESでのAWSの活用

業界を取り巻く環境 世界的なパンデミックが日本にも影を落としている中、ストリーミングを使ったライブイベントの配信が驚異的な伸びを示しています。2020年の早い段階から、大規模なイベントや対面集会が次々に中止に追い込まれました。オリンピックが延期され、プロスポーツは無観客となりました。企業においても入社式や集合教育、株主総会といったものがソーシャルディスタンスの導入により大きな影響を受けています。この流れの中、ライブイベント配信を支える企業にはこれまで無縁だったビジネスを含め、様々な業界から無数の依頼が舞い込んでおり、その全てに対応するには非常に難しい環境にあります。

Read More
Choosing the right AWS live streaming solution for your use case

ユースケースに合わせたAWSライブストリーミングソリューションの選択

昨年7月、AWSは低遅延の双方向ストリーミングサービスを実現するマネージドライブストリーミングサービスAmazon Interactive Video Service (Amazon IVS) を発表しました。Amazon IVSは、既存のAWSメディアサービスに加えてライブストリーミング体験を構築するための優れた機能を備えていますが、お客様から特定のユースケースに対してどのオプションが最適かという質問をよく受けます。 この質問に回答するためには、まずお客様のビジネスゴール、コア技術コンピテンシー、アプリケーション要件を理解することが重要だと考えています。

Read More

株式会社トラフィック・シム 放送データ共有システム RecShare CLOUD における AWS の活用

メディアワークロードにおける同録の概要や課題 メディアワークロードでは、同録(同時録画または同時録音の略称)という領域があり、例えば、日本の放送事業者に対しては、放送法第十条「放送番組の保存」において、いわゆる「法定同録」の義務が定められています。「法定同録」以外の、視聴者目線での身近な例としては、スポーツや音楽関連などのライブイベントを放送しつつ「同録」しておき、適宜簡易な編集を施してハイライトシーンで利用する例などが挙げられます。前者の法定同録については高い可用性・耐久性が求められますし、後者のイベント利用においては、可用性・耐久性に加えて、編集者にとって使いやすい UI/UX が求められることになります。従来はこれらの要件に対応するには、オンプレミス環境に高価な収録機器や高耐久なストレージなどを調達・設置したり、高価なソフトウェアの購入や開発をする必要がありました。本記事では、これらの課題を解決することができる SaaS ソリューションとして、株式会社トラフィック・シムが提供している RecShare CLOUD における AWS の活用についてご紹介します。

Read More
How to: Build an engaging feed app with React and Amazon IVS

ReactとAmazon IVSを使用して魅力的な動画フィードアプリを構築する方法

はじめに ライブ動画配信は人々を魅了するコンテンツとしての新しいスタンダードになりましたが、動画の専門知識を持たない開発者はいざ配信を開始する際にしばしば苦労していると聞きます。ライブ動画の取り込み、処理、パッケージング、配信、再生を、優れたユーザーエクスペリエンスで管理することは大変な作業です。 Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS)は視聴者の場所に関わらず、低レイテンシーのライブ動画を配信する際の複雑な技術的課題に対応できるよう設計されています。Amazon IVSを使用すると人々を魅了するようなインタラクティブな動画エクスペリエンスを作り出すことに集中できます。

Read More
Watch now: HPA Tech Retreat 2021 insights and innovations

HPA Tech Retreat 2021のインサイトとイノベーション

HPA Tech Retreatではコンテンツの制作、管理、発信に携わる個人や企業が一堂に会し、エンジニアリング、テクノロジー、クリエイティビティ、ビジネスの分野で活躍する著名なリーダーや新進気鋭のリーダーが集まり、今日のメディアやエンターテインメントの現場が直面している最も魅力的なトピックについて議論しています。 以下のビデオでは、Joachim Zell (JZ)が率いるHollywood Professional Association (HPA)のTech Retreat 2021におけるソート・リーダーシップ・プロジェクト「Found Lederhosen」から得られたインサイトとイノベーションを紹介しています。このプロジェクトでは、ロンドン、ドバイ、ブリスベン、メキシコシティで制作された映画のショートフィルムに加え、ハリウッドでのバーチャルプロダクション撮影、モンゴルで制作されたアニメーション、そしてテーマに沿ったビデオゲームが紹介されました。

Read More
locipo_feature

在名民放4局による動画・情報配信プラットフォームLocipo(ロキポ)におけるAWSの活用

在名民放4局共通で動画を中心とした配信プラットフォームを構築した背景 昨今、ITテクノロジーの急激な進化の中で放送局を取り巻く環境が大きく変化しており、地上波放送だけでなくインターネットを通じたOTT配信においてもコンテンツ展開をしていくことが、今後の事業継続をしていく上で必要であると考えている放送事業者が増えています。しかし、ローカル局が配信ビジネスに取り組む場合には、ローカル局単独での配信サービスではコンテンツ数において他の配信サービスに及ばない可能性が高い、という課題があります。この状況に対して、東海テレビ放送・中京テレビ放送・CBCテレビ・テレビ愛知の在名民放4局が協力し、東海エリアのコンテンツ集約を行い、視聴者への利便性を高めながら、エリアの視聴者を中心にサービスの展開ができるプラットフォーム「Locipo(ロキポ)」を構築・運用されています。

Read More

AWS Elemental MediaTailor の Channel Assembly を使用して既存のソースから仮想チャネルを起動する方法

放送局またはオーバーザトップ (OTT) のチャネルオペレータのお客様は、複数の既存オンデマンドソースから収集したプログラムをリニアプレイリストに挿入することで、仮想チャンネルを作成できるようになりました。 小規模な視聴者のグループ (興味や地域的な嗜好に基づく視聴者のカテゴリなど) 向けにカスタマイズされたチャネルを作成する場合、オンラインストリーミング向けにメディアをトランスコードする必要があり、また、カタログから既存のメディアを見つけ出し選別する作業も複雑なために、従来は膨大なコストが必要とされていました。 AWS Elemental MediaTailor の Channel Assembly により、既存のカタログ内のトランスコード済みの動画セグメントを再利用して、静的または動的な再生リストを作成し、コンテンツを視聴者にストリーミングできるようになりました。これにより、複数の地域やビューアの順列に合わせ、ソースコンテンツを再トランスコードする必要がなくなります。 スケジュールオプションは複数の中から選択が可能です。ループコンテンツの他にも、スケジュールに動的にプログラムを追加するために、手動でプログラムを追加したり、推奨エンジンによって提供されるプログラムラインナップを挿入したりできます。また、インテリジェントなプログラム認識ルールを使用して、広告挿入のスケジュールを設定することもできます。 AWS Elemental MediaTailor の使用開始方法 ここでは、既に保有しているコンテンツを使用しながら、1 つの HLS パッケージストリームと 1 つの DASH パッケージストリームを組み合わせ、新しいストリーミングチャネルを作成する場合を考えてみます。このコンテンツは、ビットレート列をそろえ、各レベル (コーデック、解像度、フレームレートなど) のパラメータも同じくし、統一された特性でエンコード化とパッケージ化される必要があります。このために、AWS Elemental MediaConvert を使用してコンテンツを準備します。またそのコンテンツは、Amazon Simple Storage Service (S3) に保存します。ソース形式は、HLS、DASH、および CMAF (HLS と DASH マニフェスト使用) がサポートされます。この例のコンテンツは CDN を介して利用可能で、当然のことながら Amazon CloudFront を使用しています。 最初に取るべきステップは、コンテンツのソースを定義し、スケジュールに含める個々のアセットを登録することです。AWS Elemental MediaTailor コンソールの [Channel Assembly] の下で、[ソースロケーションの作成] をクリックします。 […]

Read More