Amazon Web Services ブログ

Category: AWS CodeCommit

Builder 例のコンセプト

Cloud Native Buildpacks による AWS CodeBuild と AWS CodePipeline を使ったコンテナイメージの作成

この記事は Creating container images with Cloud Native Buildpacks using AWS CodeBuild and AWS CodePipeline (記事公開日: 2021 年 10 月 6 日) を翻訳したものです。 Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)、またはその他のコンテナオーケストレーターを使用している組織は、迅速に稼動させるためのよくある課題に直面しています。それは、アプリケーションのソースコードをコンテナイメージに迅速かつ効率的にパッケージ化するにはどうすればよいかということです。この “Source to Image” というという道のりは、組織がコンテナ技術を導入したばかりであるか、数百のワークロードにスケールアップしようとしているかに関わらず、さまざまな場面で課題となります。

Read More

AWS CDK Pipelines を利用した SaaS の並列かつ動的なデプロイ

こちらの記事は「Parallel and dynamic SaaS deployments with AWS CDK Pipelines」を翻訳したものです。 Software as a Service(SaaS)は、従量課金制の価格モデル、スケーラビリティ、可用性などのメリットをもたらすビジネスモデルで、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の間でますます人気を集めています。 SaaS サービスは、多数のアーキテクチャモデルを使用して構築できます。アーキテクチャを共有しないサイロモデルでは、各テナントごとに専用のリソースを提供します。サイロモデルでの展開は、テナント間のコンピューティングリソースとデータを分離し、ノイジーネイバー問題を排除するのにも役立ちます。一方、プールモデルには、コンピューティングリソースとキャパシティをより効率的に利用できるため、メンテナンスのオーバーヘッドの削減、管理と運用の簡素化、コスト削減の機会など、いくつかのメリットがあります。ブリッジモデルは、サイロモデルとプールモデルの両方が共存して使用されるハイブリッドなモデルです。システムの一部はサイロモデルとして、別の一部はプールモデルとして構築することができます。

Read More

AWS DevOps Monitoring Dashboard ソリューションを使用して CI/CD メトリクスのキャプチャと分析を自動化する方法

この記事は 2021年4月14日に Solutions Builder and Data Analytics SME の Aijun Peng と Technical Program Manager の Rakshana Balakrishnan により投稿された How to automate capture and analysis of CI/CD metrics using AWS DevOps Monitoring Dashboard solution を翻訳したものです。 世界中の企業が、ソフトウェア・デリバリー・プロセスの生産性を向上させるために、DevOps ツールに投資しています。お客様からは、継続的インテグレーション/継続的デリバリ (CI/CD) パイプラインのパフォーマンスや運用に関するメトリクスを収集して、DevOps の自動化から得られる価値を定量化し、ソフトウェアデリバリーの効率化を行える箇所を特定したい、という声が寄せられています。しかし、お客様の中には、適切なメトリクスを特定し、CI/CD パイプラインのさまざまなコンポーネントからメトリクスを集約することは、複雑で時間のかかるものであるため、困難であると感じている方もいらっしゃいます。 この記事では、AWS DevOps Monitoring Dashboard ソリューションを使うことで、DevOps メトリクスを収集して可視化するためのセットアッププロセスを自動化し、時間と労力を節約する方法を紹介します。このソリューションは、あらゆる規模の組織がソフトウェア・デリバリー・プロセスにおける主要な運用指標を収集、分析、可視化することを容易にするリファレンス実装です。

Read More

AWS Fargate を使って AWS CodeCommit リポジトリのリージョン間レプリケーションを行う

(この記事は、Replicate AWS CodeCommit Repositories between Regions using AWS Fargate を翻訳したものです。) — このブログでは、サーバーレスアーキテクチャを使用して、ある AWS リージョンから別の AWS リージョンへの AWS CodeCommit リポジトリの継続的なレプリケーションを設定する手順について説明します。CodeCommit は、ソースコードからバイナリまであらゆるものを保存する、フルマネージドでスケーラブルなソース管理サービスです。既存の Git ツールとシームレスに連携し、独自のソース管理システムを運用する必要がなくなります。ある AWS リージョンから別の AWS リージョンへの AWS CodeCommit リポジトリのレプリケーションを行うことで、世界各地の開発者がpullを行う際のレイテンシを低くすることができます。これと同じアプローチを使用して、他のサービス (GitHub や BitBucket など) で現在ホストされているリポジトリを AWS CodeCommit に自動的にバックアップすることもできます。

Read More
Solutions Design diagram explaining how the solution is structured

Selenium, AWS Lambda, AWS Fargate, AWS Developer Tools を使ったサーバーレスなUIテスト

(この記事は、 Serverless UI testing using Selenium, AWS Lambda, AWS Fargate, and AWS Developer Tools を翻訳したものです。) 以前、Using AWS CodePipeline, AWS CodeBuild, and AWS Lambda for Serverless Automated UI Testing (日本語版 ) を公開してから、Chrome headless とFirefox headless が各ブラウザでネイティブにサポートされるようになったことで、事態は大きく変わりました。 AWS Lambda は今やコンテナイメージをサポートし、 AWS Step Functions はLambda と統合された Map state のサポートを追加し、AWS Fargate は完全にサーバーレスのテクノロジを利用した、UIテストを可能にしました。

Read More

AWS CodeCommit が大阪リージョンでご利用いただけます

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 AWS CodeCommit が大阪リージョンでご利用いただけるようになりましたのでお知らせいたします。 AWS CodeCommit CodeCommit はプライベートな Git ベースのリポジトリをセキュアにホストする完全マネージド型サービスです。お客様は独自のソースコントロールシステムを稼働させる必要がなくなり、インフラストラクチャのスケーリングに関する不安要素を払しょくできます。ソースコードからバイナリまですべてのものを1ファイサイズあたり最大2GB まで、セキュアに保存でます。すべての Git コマンドをサポートし、既存の Git ツールとの連動がサポートされています。使い慣れた開発環境のプラグイン、継続的統合/継続的デリバリーシステム、グラフィカルクライアントを CodeCommit と合わせて引き続き使用することができます。 CodeCommit は、通信中および保管中のファイルを AWS Key Management Service (KMS) との連携により自動的に暗号化し、AWS Identity and Access Management (IAM) と統合されているため、ユーザー固有のアクセス許可をリポジトリに簡単に設定することができます。プルリクエスト、分岐、マージを介して、チームメイトとのコードによるコラボレーションを支援します。コードレビューとフィードバックを含むワークフローの実装や、特定の分岐を変更できるユーザーの管理も簡単です。 Subversion、Perforce などのその他のリポジトリに関しては、まず Git インポーターを使用して Git リポジトリに移行いただく必要があります。詳しくは以下の手順をご覧ください。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CodeCommit & AWS CodeArtifact 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/20) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CodeCommit & AWS CodeArtifact」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201020 AWS Black Belt Online Seminar AWS CodeCommit & AWS CodeArtifact AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CodeCommit との通信で「インターネットを介さず通信したい」という要求があった場合、AWS サービスを使って実現する例がありましたらご指示お願いいたします。想像ですが通信を AW Direct Connect で専用線を引く・・・など A. AWS CodeCommit の VPC エンドポイントとRoute 53 Resolver インバウンドエンドポイントをご利用いただくことで、AWS Direct Connect, AWS Site to Site VPN、AWS Client VPN 経由で AWS […]

Read More
CDK

CDK Pipelines: AWS CDK アプリケーションの継続的デリバリ

AWS Cloud Development Kit(AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語でクラウドインフラストラクチャを定義し、AWS CloudFormation を通じてプロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDK は、次の 3 つの主要なコンポーネントで構成されています。 再利用可能なインフラストラクチャ・コンポーネントをモデリングするためのコアフレームワーク CDK アプリケーションをデプロイするための CLI AWS Construct Library(クラウドリソースを抽象化し、実績のあるデフォルト値をカプセル化する高レベルのコンポーネントのセット) CDK を使用すると、cdk deploy を実行するだけで、ワークステーションから AWS クラウドにアプリケーションを簡単にデプロイできます。これは、初期開発およびテストを行う場合に最適ですが、本番ワークロードをデプロイするためには、より信頼性の高い自動化されたパイプラインを使用する必要があります。 CDKアプリケーションを継続的にデプロイするために、お好みのCI/CDシステムを利用することが可能ですが、より簡単で、かつすぐに利用可能な方法をお客様はご要望でした。これはCDKの中核的な理念に適合します。つまりクラウドアプリケーションの開発を可能な限り簡素化して、お客様が関心のある部分に集中することです。 CDK Pipelines の開発者プレビューリリースをお知らせします。CDK Pipelines は、AWS CodePipeline によって CDK アプリケーションの継続的なデプロイパイプラインを簡単にセットアップできる高レベルのコンストラクトライブラリです。この投稿では、CDK Pipelines を使用して、AWS Lambda と連携した Amazon API Gateway エンドポイントを 2 つの異なるアカウントにデプロイする方法について説明します。

Read More

AWS Chatbot を利用して AWS 開発者用ツールの通知を Slack で受け取る方法

本投稿は Sr. Product Manager の Anushri Anwekar による AWS DevOps Blog への投稿を翻訳したものです。 開発者は多くの場合、Slack 上でコードについての議論を行います。AWS Chatbot を使用すると、リポジトリ、ビルドプロジェクト、デプロイアプリケーション、パイプラインといった開発者用ツールの通知を設定し、重要なイベントを自動的に Slack へ通知することができます。デプロイに失敗した時、ビルドが成功した時、プルリクエストが作成された時などに、開発者はもっとも気付きやすい形で通知を受け取ることができます。 2020年1月時点で通知がサポートされている AWS のサービスは以下の通りです (訳注: Developer Tools 以外も含めた、サポートされる全てのサービスの一覧は こちら をご覧ください)。 AWS CodeCommit AWS CodeBuild AWS CodeDeploy AWS CodePipeline この記事では、CodeCommit のリポジトリでプルリクエストが作成された際に Slack へ通知するまでの手順を説明します。

Read More

モダンアプリケーション開発ホワイトペーパー(日本語改定版)が公開されました

皆さん、こんにちは! モダンアプリケーション開発スペシャリスト ソリューションアーキテクトの福井です。 私が執筆したモダンアプリケーション開発のホワイトペーパー(日本語版)がAWSホワイトペーパーサイトで公開されましたので、その内容を紹介させて頂きます。このホワイトペーパーは、以前こちらのブログで紹介させて頂いたModern Application Development on AWS(英語版)の日本語版になります。   ホワイトペーパーの内容 公開されたホワイトペーパードキュメントは、「AWS モダンアプリケーション開発 – AWS におけるクラウドネイティブ モダンアプリケーション開発と設計パターン」(日本語版)というタイトルの51ページのドキュメントで、 はじめに モダンアプリケーション開発 モダンアプリケーションの設計パターン AWSでのCI/CD まとめ の各章から構成されています。各章の簡単なご紹介は下記の通りです。

Read More