Amazon Web Services ブログ

Category: AWS CodeDeploy

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CodeDeploy 資料及び QA 公開

先日 (2021/01/26) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CodeDeploy」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20210126 AWS Black Belt Online Seminar AWS CodeDeploy AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. cloudfront がELBの先にあった場合、blue/Green のデプロイした場合に、キャッシュはどのようになるのでしょうか? A. CloudFront のキャッシュ保持期間が経過するまでキャッシュは更新されません。画像などキャッシュ対象のコンテンツを配置するディレクトリにバージョンを付与する等して、それを参照することでデプロイバージョンに応じたコンテンツを取得することが可能です。 Amazon CloudFront – 既存のコンテンツと CloudFront ディストリビューションを更新する Q. AutoScaling グループへデプロイした場合、そのグループの起動テンプレートで指定している AMI との整合性はどうなりますか?(codedeploy で新しいのがデプロイされても、スケーリングで立ちあがる新しいインスタンスは、古いAMIを参照してしまうのではないでしょうか? A. スケールアウト時に追加されたインスタンスに対して最新リビジョンがデプロイされますので、起動テンプレートで指定している AMI とはアプリケーションのバージョンが異なる状態となります。AMI ではなくリビジョンについてのご質問の場合、既存インスタンスとスケールアウトによって追加されたインスタンスに異なるリビジョンがデプロイされる可能性があります。回避策はこちら「AWS CodeDeploy – 展開中のスケールアップイベント」のドキュメントをご覧ください。 Q. Deploy について、CloudFormation と CodeDeploy どちらかで行うのが良いのか指標などありますでしょうか?例えとしましては、Lambda を […]

Read More
CDK

CDK Pipelines: AWS CDK アプリケーションの継続的デリバリ

AWS Cloud Development Kit(AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語でクラウドインフラストラクチャを定義し、AWS CloudFormation を通じてプロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDK は、次の 3 つの主要なコンポーネントで構成されています。 再利用可能なインフラストラクチャ・コンポーネントをモデリングするためのコアフレームワーク CDK アプリケーションをデプロイするための CLI AWS Construct Library(クラウドリソースを抽象化し、実績のあるデフォルト値をカプセル化する高レベルのコンポーネントのセット) CDK を使用すると、cdk deploy を実行するだけで、ワークステーションから AWS クラウドにアプリケーションを簡単にデプロイできます。これは、初期開発およびテストを行う場合に最適ですが、本番ワークロードをデプロイするためには、より信頼性の高い自動化されたパイプラインを使用する必要があります。 CDKアプリケーションを継続的にデプロイするために、お好みのCI/CDシステムを利用することが可能ですが、より簡単で、かつすぐに利用可能な方法をお客様はご要望でした。これはCDKの中核的な理念に適合します。つまりクラウドアプリケーションの開発を可能な限り簡素化して、お客様が関心のある部分に集中することです。 CDK Pipelines の開発者プレビューリリースをお知らせします。CDK Pipelines は、AWS CodePipeline によって CDK アプリケーションの継続的なデプロイパイプラインを簡単にセットアップできる高レベルのコンストラクトライブラリです。この投稿では、CDK Pipelines を使用して、AWS Lambda と連携した Amazon API Gateway エンドポイントを 2 つの異なるアカウントにデプロイする方法について説明します。

Read More

AWS Chatbot を利用して AWS 開発者用ツールの通知を Slack で受け取る方法

本投稿は Sr. Product Manager の Anushri Anwekar による AWS DevOps Blog への投稿を翻訳したものです。 開発者は多くの場合、Slack 上でコードについての議論を行います。AWS Chatbot を使用すると、リポジトリ、ビルドプロジェクト、デプロイアプリケーション、パイプラインといった開発者用ツールの通知を設定し、重要なイベントを自動的に Slack へ通知することができます。デプロイに失敗した時、ビルドが成功した時、プルリクエストが作成された時などに、開発者はもっとも気付きやすい形で通知を受け取ることができます。 2020年1月時点で通知がサポートされている AWS のサービスは以下の通りです (訳注: Developer Tools 以外も含めた、サポートされる全てのサービスの一覧は こちら をご覧ください)。 AWS CodeCommit AWS CodeBuild AWS CodeDeploy AWS CodePipeline この記事では、CodeCommit のリポジトリでプルリクエストが作成された際に Slack へ通知するまでの手順を説明します。

Read More

モダンアプリケーション開発ホワイトペーパー(日本語改定版)が公開されました

皆さん、こんにちは! モダンアプリケーション開発スペシャリスト ソリューションアーキテクトの福井です。 私が執筆したモダンアプリケーション開発のホワイトペーパー(日本語版)がAWSホワイトペーパーサイトで公開されましたので、その内容を紹介させて頂きます。このホワイトペーパーは、以前こちらのブログで紹介させて頂いたModern Application Development on AWS(英語版)の日本語版になります。   ホワイトペーパーの内容 公開されたホワイトペーパードキュメントは、「AWS モダンアプリケーション開発 – AWS におけるクラウドネイティブ モダンアプリケーション開発と設計パターン」(日本語版)というタイトルの51ページのドキュメントで、 はじめに モダンアプリケーション開発 モダンアプリケーションの設計パターン AWSでのCI/CD まとめ の各章から構成されています。各章の簡単なご紹介は下記の通りです。

Read More

新しいサーバーレスアプリ作成機能で CI/CD も作成した、その後…

本記事は「新しいサーバーレスアプリ作成機能で CI/CD も作れます」のその後のステップとして記述しています。まだその記事を見ていない方は、まずはそちらをご覧ください。以下は、その機能で、テンプレートとして Serverlerss API backend を選択し、プロジェクトリポジトリとして CodeCommit を作成された結果を元に説明しています。CI/CD や CodeCommit をよくご存知の方は読み飛ばしていただいて構いません。 実行テスト 作成されたアプリケーションは、何も変更しなくてもすでに実行できる状態にあります。 例えば、ターミナルなどから以下のコマンドを実行してみてください(なお、下記のように日本語を含むデータで実行する場合は、ターミナルの文字コード設定が UTF-8 であることを確認ください)。 curl -d ‘{“id”:”001″,”name”:”テスト”}’ -H “Content-Type:application/json” -X POST https://<<API EndPoint>> DynamoDBのコンソールをみると、新しいデータが登録されることがわかります。もちろん、好みの REST API テストツール(ブラウザプラグインなど)を使っても構いません。 構成の確認 生成されたアプリケーションで、API 定義、Lambda 関数がどのように定義されているかを見るのは、サーバーレスを始めたばかりの開発者には参考になるかと思います。例えば、API Gateway の構成を見てみると、以下のように設定されていることがわかります。 名称で想像できる通り、3つの関数は、全件検索、データの書き込み、特定 ID のデータの取得のための処理であり、それらが対応する API に紐づけられています。この 3つの処理はよく使われる典型的なものですので、そのコードは、多くの処理で参考になるでしょう。 コードの編集 テンプレートベースのサーバーレスアプリ作成機能で設定された Lambda 関数がどういうものか、コンソールから確認してみましょう。作成したサーバーレスアプリケーションへ Lambda コンソールからアクセスし、その中のリソースのセクションを見ると Lambda Function タイプのものが作成されていることがわかります。 ここにあるリンクをクリックすれば、それぞれの Lambda 関数の画面に飛びますが、そのコードは表示されず、「インラインコード編集を有効にできません」と表示される場合があります。生成されたコードはどこにあるのでしょう? もう一度、Lambda […]

Read More

新しいサーバーレスアプリ作成機能で CI/CD も作れます

AWS Lambda のマネジメントコンソールに新しい「サーバーレスアプリケーションの作成」機能が追加されていることにお気付きですか? サーバーレス環境である Lambda ではすぐに処理実行環境が利用可能になり、Webのコンソールからロジックを実装するだけで容易にちょっとした処理を開発できます。一方で、この次のステップとして、 Lambda 関数だけでなく、アプリケーションとしての開発や管理ができていない 環境の再現(開発環境からステージングや本番環境へ)、デプロイの継続実行(CI/CD)の環境が整備できずに、Webコンソール上でいまだにコード変更している という話を聞くことがあります。実際には、デプロイ/環境設定のコード化(Infrastructure as Code: IaC)には AWS CloudFormation や Serverless Application Model(SAM)などがあり、CI/CD には CODEシリーズなどがあるのですが、サーバーレス開発を始めたばかりだと、そこへの次の一歩に二の足を踏まれているケースを見かけることがあります。 そんな方に向けた機能が、新しい「サーバーレスアプリケーションの作成」機能です。これを使うと、特定ユースケースのアプリケーションをテンプレートベースでひとまとめに作成し、CI/CD パイプラインまで一気に構築してくれます。 簡単に、この機能の利用ステップを紹介します。

Read More

JenkinsとAWS CodeBuildおよびAWS CodeDeployとの連携によるCI/CDパイプラインの構築

この記事は、オープンソースの自動化サーバーである Jenkins を用いて、AWS CodeBuild のビルド成果物を AWS CodeDeploy でデプロイし、機能的なCI/CDパイプラインを構築する方法を説明します。適切な設定を行うことで、GitHubリポジトリにプッシュされたソースコードの変更を元にCI/CDパイプラインが起動され、自動的にCodeBuildに送られ、その出力がCodeDeployによってデプロイされることを実現できます。

Read More

AWS CodeDeploy による AWS Fargate と Amazon ECS でのBlue/Greenデプロイメントの実装

AWS Fargate と Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 上で稼働するサービスでの Blue/Green デプロイメントがサポートされます。 AWS CodeDeploy を利用し、 Blue/Green デプロイメントを行うことでアプリケーションの更新時のダウンタイムを最小限に抑えることが出来るようになります。 Blue/Green デプロイメントは、古いバージョンと新しいバージョンのアプリケーションを同時に起動し、新しいバージョンをテストしてからトラフィックをルーティングします。デプロイ状況を監視し、問題が発生した場合はすぐにロールバックすることも出来ます。 この新しい機能により、デプロイメント、テスト、トラフィックのカットオーバーが管理されたサービスを、AWS Fargate または Amazon ECS で作成することが出来ます。 サービスを更新すると、AWS CodeDeploy によってデプロイメントがトリガーされます。 このデプロイメントは、Amazon ECSと連携して、新しいバージョンのサービスを Green 環境用のターゲットグループにデプロイし、ロードバランサのリスナーを更新してこの新しいバージョンをテストできるようにし、ヘルスチェックが成功した場合にカットオーバーを実行します。

Read More

Amazon ECR をソースとしてコンテナイメージの継続的デリバリパイプラインを構築する

本日(11/28)、Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) を AWS CodePipline のソースプロバイダとして利用可能になりました。これにより Amazon ECR に新しいイメージをアップロードすることにより、AWS CodePipelineを起動することができるようになります。AWS Developer Tools による CI/CD 実現が一段と容易になりました。 Amazon ECR をソースとして使うには、AWS CodePipline コンソールでAWS CodeDeploy による Blue/Green デプロイメントを実装している必要があります。CodePipelineを使わず、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) コンソールを使って Blue/Green デプロイメントを実装するより詳しい情報については、AWS CodeDeploy による AWS Fargate と Amazon ECS でのBlue/Greenデプロイメントの実装を参照してください。 この投稿では Amazon ECR とAWS CodePipeline を使用してエンドツーエンドの継続的デリバリ (CD) パイプラインを構築する方法について解説します。ここではアップストリームのベースイメージが更新されたらコンテナイメージを更新ためのパイプラインを作る一連の流れを説明します。

Read More

AWS CodePipelineを利用したネストされたAWS CloudFormationスタックの継続的デリバリー

CodePipeline の更新 – CloudFormation スタックの継続的デリバリーワークフローの構築で、 Jeff BarrはInfrastructure as Codeについてと、AWS CodePipelineを継続的デリバリーに使用する方法について説明しています。 本ブログ記事では、ソースリポジトリとしてAWS CodeCommitを、ビルドおよびテストツールとしてAWS CodeBuildを使用した、AWS CodePipelineを使ったネストされたCloudFormationスタックの継続的デリバリーについて説明します。手動承認プロセスに従ってCloudFormationチェンジセットを使用してスタックをデプロイします。 AWS CodePipelineでは、次の4つのステージでパイプラインを作成します。 Source (AWS CodeCommit) Build and Test (AWS CodeBuild および AWS CloudFormation) Staging (AWS CloudFormation および 手動承認) Production (AWS CloudFormation および 手動承認) 次の図に、パイプラインのステージと、各ステージのアクション、およびステージ間の遷移を示します。 CloudFormationテンプレート、テストスクリプト、およびビルドスペックファイルは、AWS CodeCommitリポジトリに格納されています。これらのファイルは、AWS CodePipelineのパイプラインのSourceステージで使用されます。 AWS::CloudFormation::Stackリソースタイプは、親スタックから子スタックを作成するために使用されます。 CloudFormationスタックリソースでは、S3バケットに格納される子スタックのテンプレートを必要とします。テンプレートファイルの場所は、リソース定義のPropertiesセクションにURLとして指定されます。 次のテンプレートは、3つの子スタックを作成します。 Security (IAM, セキュリティグループ) Database (RDSインスタンス) Web stacks (Auto ScalingグループのEC2インスタンス, ELB) Description: Master stack […]

Read More