Category: Amazon EC2 Container Service*


Amazon Elastic Container Service for Kubernetes

私の同僚 Deepak Singh が、コンテナに関してたくさんお伝えしたいことがあります!
Jeff;


AWS 上で Kubernetes を利用している多くのお客様がいます。実際、Cloud Native Computing Foundationによると、Kubernetes のワークロードの63%が AWS 上で動作しています。AWS は Kubernetes を実行するうえで人気の場所ですが、お客様が Kubernetes クラスターを管理するためには、依然として多くの手動設定が必要となります。Kubernetes のマスターをインストールして運用し、Kubernetes のワーカーのクラスターを構成する必要があります。Kubernetes クラスターで高可用性を実現するには、異なる AZ 間で少なくとも三つの Kubernetes マスターを実行する必要があります。各マスターは、それぞれで対話し、障害が発生した場合に備え情報を共有し、負荷分散、フェールオーバーを他のマスターに確実に実行するように構成する必要があります。そして、すべての設定と実行が完了しても、マスターとワーカーのソフトウェアのアップグレードとパッチ適用を行う必要があります。これらは運用の専門家とその努力必要としており、我々はお客様からもっと簡単にしてほしいと言われてきました。

Amazon EKS の紹介

Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (Amazon EKS) は、Kubernetes クラスターの専門家でなくてもKubernetesを AWS 上で簡単に使用することができるフルマネージドサービスです。開発者の皆様にこのサービスを気に入ってもらえるいくつかの点があります。まず、Amazon EKS は オープンソースの Kubernetes を基に実行されますので、Kubernetes コミュニティの全ての既存のプラグインとツールを使用できます。Amazon EKS 上で動作するアプリケーションは、オンプレミスのデータセンターやパブリッククラウドで動作しているかにかかわらず、標準の Kubernetes 環境で動作するアプリケーションと完全に互換性があります。つまり、コード変更なしで簡単にあなたの Kubernetes アプリケーションを Amazon EKS に移行することが可能です。次に、Amazon EKSは、単一の障害点を回避するために、三つ AZ をまたいだ三つのマスターを持つ Kubernetes を自動的に実行します。このマルチ AZ アーキテクチャーは、AWS のAvailability Zone の喪失に対する回復力を提供します。

(more…)

AWS Fargate: サービス概要

AWS上でコンテナを運用管理するお客様の手助けになるようAmazon Elastic Container Service(Amazon ECS)をアナウンスしたのは約3年前でした。Amazon ECSを利用することで、クラスター管理やオーケストレーション用ソフトウェアを運用することについて心配する必要がなくなり、大規模に高い可用性を持ってワークロードを稼働させることが可能になりました。

2017/11/29、AWSは AWS Fargateをアナウンスしました。下回りとなるインスタンス群の管理をせずとも、コンテナを基本的な計算単位として利用することができる技術です。Fargateをご利用いただくことで、コンテナを動かすためにクラスター内の仮想マシンのプロビジョニング、設定やスケールを行う必要はもうありません。Fargateは現在Amazon ECSから利用可能ですが、将来的にはAmazon Elastic Container Service for Kubernetes (Amazon EKS)もサポートする予定です。

Fargateでは、アプリケーションの要件に対して最も近い設定を柔軟に行うことができ、請求は秒単位となります。

Amazon ECSとFargate

Amazon ECSは、コンテナを大規模に稼働させることを可能にします。また、このサービスは、VPC networking、load balancing、IAM、Amazon CloudWatch LogsやCloudWatch metricsといったAWSプラットフォームとネイティブに連携しています。これらの連携により、ECSタスクはAWSプラットフォームの中でファーストクラスオブジェクトとして扱うことができます。

タスクを起動するためには、適切なインスタンスタイプと数を選び、Auto Scalingを設定し、パフォーマンス向上のためにクラスターのサイジングを管理するといったクラスターの立ち上げが必要ですが、Fargateでは、それらを全て忘れることができ、アプリケーションの定義、権限やスケーリングについてのポリシー設定に専念することができます。


(more…)

AWS Fargateの紹介 – インフラストラクチャの管理不要でコンテナを起動

コンテナは、開発者がアプリケーションを開発・パッケージ・デプロイするのに強力な手法の1つです。AWSでは、十万以上のアクティブなECSクラスタが稼働しており、毎週数億の新しいコンテナが起動しています。これは、2016年からすると400%を超えるお客様成長率です。Amazon ECSやKubernetesといったコンテナのオーケストレーションソリューションは、コンテナワークロードのデプロイ・管理・スケールをより容易にし、敏捷性を増します。しかし、それらのどのソリューションも下回りとなるインフラストラクチャの可用性、キャパシティやメンテナンスを行う必要が依然としてあります。AWSにおいて、私たちはこれを差別化とならない重労働を取り除く機会と考えました。私たちは、コンテナがもたらすスピード、敏捷性や不変性のメリットを十分にお客様にご利用いただき、インフラストラクチャの管理ではなくアプリケーションの構築に注力いただきたいと思っています。

AWS Fargate

AWS Fargateは、コンテナをデプロイする最も簡単な方法です。端的に言うと、FargateはEC2に似ていますが、仮想マシンを提供する代わりに、コンテナを提供します。これにより、下回りとなるインスタンス群の管理をせずとも、コンテナを基本的な計算単位として利用することができる技術です。やるべきことは、コンテナイメージ構築し、CPUやメモリの要件を指定し、ネットワークやIAMポリシーを定義し、そしてコンテナを起動することです。Fargateでは、アプリケーションの要件に対して最も近い設定を柔軟に行うことができ、請求は秒単位となります。

(more…)