Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Marketplace

AWS Service Catalog とAWS Marketplace の CloudEndure を使用して、AWS アカウントのプロビジョニングとサーバーの移行を自動化する

AWS クラウドに移行する予定の会社の移行プロジェクトに関与している場合は、移行の準備、ポートフォリオの発見、計画、設計など、さまざまな段階を経ることでしょう。ほとんどの場合、これらの段階の後に正念場を迎え、物理ベース、仮想ベース、またはクラウドベースのインフラストラクチャワークロードの AWS への移行を開始します。AWS のお客様は、CloudEndure (現在は AWS の会社) などのツールを使用して、アプリケーションの移行、災害復旧や AWS へのレガシーインフラストラクチャのバックアップを自動化します。移行中にお客様が直面する課題の 1 つに、サーバーを管理して、数百または数千の AWS アカウントで構成される階層的なアカウント構造に移動することがあります。このブログ記事では、新しい CloudEndure 移行プロジェクトのセットアップを自動化する方法と、お使いの環境で新しいアカウントを販売するたびに「アカウント自動販売機」を使用してこのプロセスを自動化する方法を学びます。 はじめに CloudEndure は、AWS への大規模な移行と障害復旧のデプロイを簡素化、迅速化、自動化するのに役立ちます。継続的なデータレプリケーションはバックグラウンドで行われ、アプリケーションの中断やパフォーマンスへの影響はありません。これにより、データがリアルタイムで同期され、カットオーバー/フェイルオーバーウィンドウが最小限に抑えられます。カットオーバー/フェイルオーバーが開始されると、CloudEndure は高度に自動化されたマシン変換とオーケストレーションプロセスを実行します。これにより、最も複雑なアプリケーションやデータベースでも、互換性の問題なく、最小限の IT スキルで AWS でネイティブに実行できます。AWS Marketplace から CloudEndure をデプロイできます。 このアカウントの自動販売機を作成するには、AWS Service Catalog、AWS Lambda、AWS Organizations などのネイティブの AWS のサービスを追加で使用します。また、CloudEndure との API 統合を使用して、アカウントの作成後に新しいプロジェクトをセットアップします。さらに、移行をサポートするために、販売したアカウントで AWS Direct Connect、Amazon Kinesis Data Firehose、Amazon S3 Transfer Acceleration などの追加の AWS のサービスを設定して、この参考用のサンプルソリューションを拡張できます。 このソリューションのサービス このソリューションで使用するサービスの簡単なレビューを次に示します。 […]

Read More

管理者が複数の Private Marketplace カタログを管理できるようになりました

AWS Marketplace では、管理者がその組織内の異なる AWS Marketplace アカウントのために、独自にキュレーションした複数のサードパーティ製品のセットを作成できるようになりました。この新機能は、管理者がさまざまなユーザーグループに対するソフトウェアガバナンスを拡張できるようにすることによって Private Marketplace を拡大するため、俊敏性が向上され、そのユーザーのためのソフトウェア調達プロセスを迅速化できるようになります。

Read More

お客様のソフトウェアニーズに合わせて AWS Private Marketplace カタログを管理

Private Marketplace を使用すると、AWS コンサルティングパートナー、再販業者、システムインテグレーターは、承認された AWS Marketplace 製品のカタログを作成および管理して、複数のお客様や個別のニーズに対応できます。この多様なチャネルコミュニティは、お客様のニーズに合わせてカスタマイズされた Private Marketplace カタログの作成により、ソフトウェア環境の管理を支援することができます。さらに、独立系ソフトウェアベンダー (ISV) または再販業者からのソフトウェアソリューションおよびプロフェッショナルサービスを、Private Marketplace カタログに追加できます。お客様のために Private Marketplace カタログを作成することの価値を共有したいと考えています。Private Marketplace では、独自の価値提案を強調しながら、さまざまなユースケースやチームにわたって調達戦略の最新化を支援できます。

Read More

新機能 – 複数のプライベート Marketplace カタログ

2014 年に AWS Marketplace を立ち上げました。これにより、お客様は独立系ソフトウェアベンダー (ISV) が開発したクラウドベースのアプリケーションを見つけて購入し、すぐに使い始めることができます。2018 年には、ユーザーが AWS Marketplace から購入できる承認済み製品のリストをキュレーションできるプライベート Marketplace 機能が追加されました 。本日、AWS Organizations 内に複数のプライベート Marketplace カタログを作成できるように、新しい機能を追加いたします。それぞれのプライベート Marketplace には、特定のアカウントグループに合わせたエクスペリエンスを提供するために、異なる製品セットを含めることができます。 多様なユーザーを持つお客様は、ビジネスニーズを満たすためにガバナンスを拡張する必要があります。例えば、異なる業界の子会社を持つ大企業では、各子会社のソフトウェアニーズとポリシーが異なります。IT 管理者は、組織全体でこうした異なるニーズに対応するために調達プロセスを拡張することに苦労し、多くの場合、組織全体を管理する単一の調達ポリシーで対処しています。例外もありますが、企業は時間のかかる手動プロセスに依存して、適切な製品の承認と調達を保証しています。その結果、お客様は、組織のスピードと俊敏性の要求を満たすために、調達およびガバナンスプロセスの拡張に苦労しています。 このような問題に関する説明を聞いた後、私たちは支援するソリューションの開発に着手し、複数のプライベート Marketplace カタログの概念が生まれました。私たちは、これらをプライベート Marketplace エクスペリエンスと呼んでいます。これは、ユーザーが AWS Marketplace を閲覧したときに表示されるエクスペリエンスを表します。各エクスペリエンスは、承認された AWS Marketplace 製品のコレクションであり、管理者として選択およびキュレーションを行います。AWS Marketplace の 8000 以上の製品をエクスペリエンスに追加し、プライベート Marketplace のロゴ、文言、色を変更することで、ルックアンドフィールをカスタマイズすることができます。 プライベート Marketplace 管理ポータルの AWS Marketplace インターフェイスで、アカウントグループを作成できます 。アカウントグループは基本的に複数の AWS アカウントをグループ化する方法です。その後、エクスペリエンスをアカウントグループに関連付けて、異なるユーザーに個別のエクスペリエンスを提供できます。この関連付けにより、サードパーティのソフトウェアサブスクリプションの使用を管理し、社内の調達ポリシーに準拠していることを確認できます。 この機能を体験するために、新しいプライベート Marketplace エクスペリエンスを作成します。 プライベート Marketplace エクスペリエンスを作成する方法 プライベート […]

Read More

AWS Marketplace がプロフェッショナルサービスの提供を開始しました

AWS Marketplace では、お客様がサードパーティーソフトウェアだけでなく、計画、デプロイメント、およびサポートを含めたこれらの製品のライフサイクル全体をサポートするために必要なプロフェッショナルサービスも検索して購入することができるようになりました。これにより、プロバイダーとの関係と調達プロセスの管理といったタスクを含めたソフトウェアサプライチェーンがシンプル化されるとともに、請求と請求書も 1 か所に統合されます。 お客様はこれまで、AWS Marketplace を使用してソフトウェアを購入した後、プロフェッショナルサービスの契約に個別のプロセスを使用していました。多くのお客様には、サードパーティーソフトウェアの購入時にプレミアムサポート、実装、またはトレーニングなどの追加のプロフェッショナルサービスが必要になります。異なる調達プロセスをサポートするための追加の作業は、お客様のプロジェクトのスケジュールに影響を及ぼし、組織をより一層複雑にしてしまいます。 昨年、AWS は AWS IQ を発表しました。これは、AWS のプロジェクト作業のために、お客様が AWS 認定のサードパーティーエキスパートを活用することを支援するサービスです。今年は、それをさらに一歩前進させて、お客様が現在 AWS Marketplace から購入するすべてのサードパーティーソフトウェアソリューションに対するプロフェッショナルサービスを見つけるお手伝いをします。 購入者 購入者は、AWS Marketplace を使用して、複数の信頼できる出品者からのプロフェッショナルサービスを見つけ出し、ソフトウェアとサービスからの請求書と支払いをまとめて管理して調達時間を短縮し、このプロセスを数か月から数日に短縮することができるようになります。 この新しい機能では、購入者が、コンサルティングパートナー、マネージドサービスプロバイダー、および独立系ソフトウェアベンダーからの評価、実装、プレミアムサポート、マネージドサービス、およびトレーニングなどのさまざまなプロフェッショナルサービスから選択することが可能になります。 プロフェッショナルサービスの検索と購入を開始するには、まず適切なサービスを見つける必要があります。特定のソフトウェアに関連付けられたプロフェッショナルサービスをお探しの場合は、AWS Marketplace の検索ツールを使用してソフトウェアを検索でき、関連するプロフェッショナルサービスが検索結果に表示されます。Delivery Methods (提供方法) を使用して結果をフィルタリングし、結果をプロフェッショナルサービスに絞り込みます。 お探しのサービスを見つけたら、サービスの詳細ページにアクセスして、サービスの詳細情報を確認することができます。そのサービスを購入する場合は、[Continue] をクリックしてください。 クリックすると、Request service (サービスのリクエスト) フォームが表示され、これを使って出品者に連絡し、サービスをリクエストすることができます。出品者が通知を受け取ると、成果物、マイルストーン、料金、支払いスケジュール、およびサービス条件などの業務範囲について合意するために、お客様に連絡することができます。 具体的な契約詳細のすべてについて出品者と合意すると、出品者がプライベートオファーを送信します。すると、オファーページには、サービスのリクエストフォームではなく、プライベートオファーの詳細が表示されるようになります。この料金、支払スケジュール、および契約条件を確認して、契約を作成できます。 AWS Marketplace でプライベートオファーを確認して承諾すると、サービスのサブスクリプションが開始されます。また、AWS Marketplace からの請求書も送信され、購入者のマネジメントコンソールでサブスクリプションを追跡できます。サービス購入の明細は AWS の請求書に記載されるので、支払いとコスト管理がシンプルになります。 出品者 この AWS Marketplace の新機能は、出品者がそのプロフェッショナルサービスを出品することによってビジネスを成長させ、新規顧客を獲得することを可能にします。プロフェッショナルサービスは、ソフトウェアとは別の料金、支払いスケジュール、およびサービス条件を使用して、AWS Marketplace に個別の製品として出品、または既存のソフトウェア製品とともに出品することができます。 AWS Marketplace では、見込み購入者に表示される、出品者としての情報のすべてが記載された出品者ページを作成します。 公開されたプロフェッショナルサービスは検索可能で、出品者のプロファイルに表示されます。お客様からは、出品した各サービスに対するリクエストを受け取ります。サービス契約の詳細についてお客様と合意したら、お客様にプライベートオファーを送信します。 […]

Read More

お客様と ISV のライセンスの追跡と配布を効率化する AWS License Manager の Managed Entitlements

AWS License Manager は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) およびオンプレミス環境の全体で、Microsoft、SAP、Oracle、および IBM などのベンダーからのソフトウェアライセンスを簡単に管理できるようにするサービスです。ライセンス契約に基づいてルールを定義して、使用可能な数を超えるライセンスの使用などのライセンス違反を防ぐことができます。ルールは、ライセンス違反の防止に役立てる、または違反を通知するように設定できます。AWS License Manager は、BYOL (Bring Your Own License) の使用状況の自動検出も提供しています。これは、環境全体におけるソフトウェアのインストールとアンインストール状況を把握しておくことを可能にし、ライセンス違反に関するアラートを発行します。 License Manager は、ソリューションを構築し、ビジネスを運営するためのサードパーティーのソフトウェア、データ、およびサービスを簡単に検索、購入、デプロイ、および管理できるキュレーションされたデジタルカタログ、AWS Marketplace で購入したライセンスを管理することができます。Marketplace には、セキュリティ、ネットワーキング、ストレージ、機械学習、ビジネスインテリジェンス、データベース、および DevOps などの人気カテゴリの独立系ソフトウェアベンダー (ISV) から数千個におよぶソフトウェアが出品されています。 AWS License Manager の Managed entitlements 本日から、AWS License Manager の新機能である Managed entitlements をご利用いただけます。この機能は、AWS Organizations 全体でのライセンスの配布、ソフトウェアデプロイメントの迅速な自動化、およびライセンスの追跡をすべて単一の中央アカウントから実行することを可能にします。これまでは、各ユーザーがそれぞれ独自の AWS アカウントから個別にライセンス条項に同意し、サブスクライブする必要がありました。これは、ビジネスが成長し、拡大するにつれて、ますます非効率的になります。 お客様は、AWS Marketplace の 1,600 を超えるベンダーから購入できる 8,000 を超える出品を管理するために Managed Entitlements 使用でき、AWS […]

Read More

AWS Marketplace と AWS Data Exchangeが日本のベンダーをサポートしました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアアドボケイトの亀田です。 AWS Marketplace と AWS Data Exchangeが日本のベンダーをサポートしましたのでお知らせいたします。 日本に拠点を置く独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、データプロバイダー、およびコンサルティングパートナーは、AWSMarketplaceおよびAWSDataExchangeで取引ができるようになりました。これに、日本の数十万のアクティブなAWSのお客様が利用できるソフトウェアとデータの提供範囲が広がります。 AWS Marketplaceは、8,000件以上の商品リストで構成される厳選されたデジタルカタログであり、50カテゴリーあるサードパーティ製ソフトウェアの検索、テスト、導入、管理を容易に行えます。本サービスは世界中の24のAWSリージョンで展開されており、そこでお客様はソフトウェア製品を一元的に検索・比較でき、AWSのコンソールパネルへのログインからわずか数分で、事前構成済みのソフトウェアを迅速に起動できます。 AWS Data Exchange では、お客様はクラウド内のサードパーティデータを簡単に検索、サブスクリプション、使用ができるようになります。認定データプロバイダーには、次のような業界をリードする企業が含まれます。ロイターは、年間 220 万件を超える独自のニュース記事のデータを複数の言語で収集しています。Change Healthcare は、ヘルスケア事業で年間 140 億以上の取引件数と年間 1 兆 USD の売上を持つ企業です。 Dun& Bradstreet は、3 億 3 千万件以上のグローバルな業務記録のデータベースを管理しています。Foursquare は、2 億 2000 万人の固有の消費者から位置データを取得し、それらのデータには 6,000 万か所を超えるグローバルな商業施設が含まれています。データプロバイダーの場合、AWS Data Exchange で、データストレージ、配信、請求、資格付与のためのインフラストラクチャを構築および管理する必要性を排除でき、クラウドに移行中の数百万人におよぶ AWS のお客様に簡単にアクセスできます。 お客様は、AWSMarketplaceおよびAWSDataExchangeで日本に拠点を置くソフトウェアおよびデータプロバイダーから直接ライセンスなどを購入できるようになりました。 AWS Marketplaceのコンサルティングパートナープライベートオファー(CPPO)を使用して、ローカルおよび地域のコンサルティングパートナーを通じてソフトウェアを調達することもできます。 ソフトウェアやデータプロバイダーのメリット この拡張により、日本のISVとデータプロバイダーは、世界中の数十万のAWSMarketplaceバイヤーとAWSDataExchangeサブスクライバーにリーチできるようになりました。これは、グローバルビジネスの成長にも役立ちます。 インサイトテクノロジー、アプトポッド、テックビューロホールディングスなどのISVのソフトウェアがAWSMarketplaceにリストされるようになりました。また、日経、 QUICK、および JMDCのデータ製品がAWS DataExchangeにリストされるようになりました。 日本のISVは、AMIやSaaSなどの複数のソフトウェア展開モデルを顧客と取引することができます。 ISVは、柔軟なサブスクリプションから複数年契約まで、さまざまな契約モデルを提供することもできます。データプロバイダーは、サブスクライバーに簡素化されたデータアクセスと管理を提供し、AWS Data […]

Read More

新機能 – AWS MarketplaceにてPrivate Marketplaceによりソフトウェア入手の管理がより簡単になりました

6年以上前、私たちはビジネスを動かすのに必要なソフトウェアアプリケーションやインフラストラクチャをユーザに提供するという大きな目標のもと、AWS Marketplaceをラウンチしました。今日、200,000を超えるAWSのアクティブなお客様がAWS Marketplaceにあるセキュリティやデータおよび分析、ログ分析や機械学習などのカテゴリからソフトウェアを使用しています。これらのお客様はAWS Marketplaceにある製品を使うためにAmazon EC2を1カ月に6億5千万時間以上使用しており、95万を超えるアクティブなソフトウェアの購読がされています。AWS Marketplaceでは、 35カテゴリと1400以上の独立ソフトウェアベンダー(ISV)から提供される4500以上のソフトウェアを提供することで、さまざまなステージで、クラウドジャーニーのお手伝いをしています。 お客様は私たちにAWS Marketplaceが提供するフレキシビリティやさまざまなオプションを気に入っていると教えてくれてました。本日、Private MarketplaceのラウンチによりAWS Marketplaceに対して、より一層のフレキシビリティを提供することをアナウンスします。

Read More

すぐに使用できるマネージドルールがAWS WAFで利用可能に

現在利用可能となりました、AWS WAFマネージドルールにより、WebアプリケーションやAPIをインターネットの脅威から簡単に保護することができます。Alert Logic、Fortinet、Imperva、Trend Micro、TrustWaveなど、業界をリードするセキュリティ専門家がAWS Marketplaceで提供する事前設定済みのルールグループから選択します。ルールは新しい脅威が出現すると自動的に更新され、OWASP Top 10リスクの軽減、悪いボットからの防御、最新のCVEに対する仮想パッチの適用などに対応します。その他にもWordPressやDrupalなどのコンテンツ管理システムを含む、アプリケーションプラットフォームを保護するための、特定領域に特化したマネージドルールグループもあります。各ルールグループは、提供元のユニークな専門知識が入った製品で、使った分だけの手頃な価格でご利用頂けます。 AWSのマネージドルールは、セキュリティルールの作成やサーバーの管理などに費やす時間を短縮するのに役立ちます。 AWS WAFのマネージドルールは、長期契約や高価なプロフェッショナルサービス契約なしで利用できます。AWS MarketplaceまたはAWS WAF管理コンソールからAWS WAF用のマネージドルールを購入し、数回クリックするだけで展開できます。 AWS WAFのマネージドルールの詳細については、AWS Marketplaceをご覧ください。

Read More

Raspberry Pi から、スーパーコンピューター、クラウドまで: Linux オペレーティングシステム

再び、Matthew Freeman および Luis Daniel Soto が、AWS Marketplace を通じた Linux の使用について説明します。 – Ana Linux は、ファイルサーバーからウェブサーバー、ネットワークセキュリティサーバーまで、すべての基礎として企業で幅広く使用されています。無料であること、そしてディストリビューションが商業的に利用可能であることが、多くのシナリオで当然のように選択される理由となっています。現在、Linux のディストリビューションは、小さな Raspberry Pi から世界最大のスーパーコンピューターまで、さまざまなマシンで利用されています。最小限およびセキュリティが強化された多様なディストリビューションがあり、その一部は GPU ワークロード向けに設計されています。さらに有用であるのは、クラウドベースのインフラストラクチャにおける Linux の使用です。その比較的軽量なアーキテクチャ、柔軟性、およびカスタマイズオプションにより、Linux はクラウド上の永続的なネットワークインフラストラクチャをはじめ、科学調査のコンピューティング負荷を処理する一時的な高パフォーマンスサーバーファームなどの特殊な用途に最適な選択となります。AWS は、Linux プラットフォームに対する独自の取り組みを示すため、AWS のサービスと緊密に連携した独自のバージョンの Linux を開発し、管理を継続しています。AWS は、AWS Marketplace を通じて、Linux およびオープンソースコミュニティのパートナーとなってきました。 これは、お客様がソリューションを構築してビジネスを営むのに必要なソフトウェアやサービスを簡単に発見、購入、デプロイできるマネージド型ソフトウェアカタログです。 お客様が簡単なクリック操作でユーザー契約を受諾し、価格オプションを選択して、ソフトウェアおよび関連 AWS リソースのデプロイを自動化できるようにすることで、ソフトウェアのライセンスと調達が簡略化されます。 検索およびフィルタリングにより、単独または他のコンポーネントと組み合わせて、ビジネスニーズに最適な Linux ディストリビューションを選択できます。 お客様用の Linux ディストリビューションの選択 Linux を初めて使用する場合、非常に多くのディストリビューションがあるため、戸惑うことがあります。使用するディストリビューションの決定はさまざまな要因によって影響を受けますが、お客様からは次のような考慮事項が重要であるという声が寄せられています。 Linux への既存の投資 (ある場合) Linux を初めて使用する場合は、すべてのオプションをかなり平等に検討する必要があります。 使用中の既存のプラットフォーム(オンプレミスネットワークなど) 社内ネットワークに接続する必要があるクラウドインフラストラクチャを追加する場合は、どの Linux ディストリビューションに必要なネットワーキングとアプリケーションコネクタがあるかを検討する必要があります。 複数のクラウドプラットフォームを使用する意図 […]

Read More