Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Lightsail

プロセッサの投機的実行 – オペレーティングシステムの更新

モダンコンピュータプロセッサ上で投機的実行によるサイドチャネル分析の調査が新しく公開されたのを受け、AWS は AWS Security Bulletin(セキュリティ情報)AWS-2018-013 を先日公開しました。このセキュリティ情報では、CVE-2017-5715、CVE-2017-5753、および CVE-2017-5754 の3つのセキュリティ勧告に触れています。これらの勧告は Google Project Zero の調査に基づいたもので、Google Project Zero の発表はモダンコンピュータプロセッサ上でのサイドチャネル分析の新しい方法を発見したというものでした。これらの方法は、基礎的な技術、具体的には投機的実行に着目したもので、投機的実行は多くのベンダーのプロセッサに用いられています。そのため研究結果の対象となる範囲は幅広く、その範囲はハイパーバイザーからオペレーティングシステム、さらには Web ブラウザ、携帯電話からクラウドを構成するデータセンター内のサーバにまで及びます。   EC2 インスタンスの分離   Amazon EC2 のすべてのインスタンスは、上述の CVE に記載されたインスタンス間の既知の問題すべてから保護されています。インスタンス間での問題は、インスタンスまたは AWS ハイパーバイザーのメモリを近隣の別のインスタンスから読み取ることができると想定しています。この問題は AWS ハイパーバイザーでは解決されており、インスタンスは別のインスタンスのメモリを読み取ることも、AWS ハイパーバイザーのメモリを読み取ることもできません。 大多数の EC2 ワークロードに有意なパフォーマンスの影響は見られていません。   オペレーティングシステムへのパッチ   現代のオペレーティングシステムには、「ユーザー空間」プロセスからのカーネル分離、それぞれのプロセスの分離などの、いくつかのタイプのプロセス分離があります。影響を受けうるプロセッサ上でオペレーティングシステムが実行されている環境では、いかなる設定においても、公開された 3 つの問題すべてがプロセス分離に影響を与える可能性があります。ハイパーバイザで実装されている保護は、オペレーティングシステム内のプロセスレベルの分離にまで拡張されないため、リスクを軽減するためにオペレーティングシステムパッチが必要です。 準仮想化(PV)インスタンスでは、CVE-2017-5754 のプロセス間の問題に対処するためのオペレーティングシステムレベルの保護は無いことに注意してください。PV インスタンスは、前述のようにインスタンス間の問題について AWS ハイパーバイザーによって保護されます。しかしながら、PV インスタンスにおけるプロセスの分離(信頼できないデータ処理やコードの実行、ユーザのホスト)にご懸念をお持ちでしたら、長期的に見てセキュリティの恩恵を受けるため、HVM インスタンスタイプへの変更を強くお勧めします。PVとHVMの相違点(およびインスタンスアップグレードパスのドキュメント)の詳細については、以下の URL を参照してください。 https://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/virtualization_types.html インスタンスのオペレーティングシステムにパッチを適用することで、同じインスタンス内で動作するソフトウェアを分離し、CVE-2017-5754 のプロセス間の問題を緩和することを強く推奨します。以下のオペレーティングシステムのパッチの詳細を記載します。 Amazon Linux & […]

Read More

プロセッサの投機的実行に関する調査の公開について

【日本語訳】日本時間 2018年02月14日19:30 関連する CVE: CVE-2017-5715, CVE-2017-5753, CVE-2017-5754 日本時間 2018年02月06日09:30 以下は本件に関するアップデートです。 Amazon Linux 用の更新されたカーネルは、Amazon Linux のリポジトリにて入手できます。2018年1月13日以降にデフォルトの Amazon Linux 設定で起動された EC2 インスタンスには自動的に最新のパッケージが含まれています。 最新のパッケージでは、 CVE-2017-5715 に対処するための安定版オープンソース Linux セキュリティの改善がカーネル内に組み込まれています。また 以前取り込まれた CVE-2017-5754 に対処するカーネルページテーブルアイソレーション(KPTI)にもとづいて作成されています。インスタンス内の CVE-2017-5715 のプロセスープロセス間の問題と CVE-2017-5754 のプロセスーカーネル間の問題を効果的に軽減するには、最新の Amazon Linux カーネルまたは AMI にアップグレードする必要があります。詳細は「プロセッサの投機的実行 – オペレーティングシステムの更新」を参照してください。 para-virtualized(PV)インスタンスについては、以下の「PV インスタンスガイダンス」の情報を参照してください。   Amazon EC2   Amazon EC2 のすべてのインスタンスは、CVE-2017-5715、CVE-2017-5753、および CVE-2017-5754 に記載されたインスタンス間の既知の問題すべてから保護されています。インスタンス間での問題は、インスタンスまたは AWS ハイパーバイザーのメモリを近隣の別のインスタンスから読み取ることができると想定しています。この問題は AWS ハイパーバイザーでは解決されており、インスタンスは別のインスタンスのメモリを読み取ることも、AWS ハイパーバイザーのメモリを読み取ることもできません。 […]

Read More

Amazon Lightsail の更新 – Windows 仮想プライベートサーバーの起動と管理

Amazon Lightsail については、去年公開したブログ「Amazon Lightsail – AWS のパワーと VPS のシンプルさ (Amazon Lightsail – the Power of AWS, the Simplicity of a VPS)」でご紹介しました。昨年の公開以来、何千人ものユーザーがこの Lightsail を使用して AWS の利用を始めたり、Linux ベースの仮想プライベートサーバーを起動するようになりました。 そして本日より、Window 仮想プライベートサーバーのサポートも追加しました。ほんの数分で、Windows Server 2012 R2 を実行している VPS や Windows Server 2016、SQL Server 2016 Express を使う Windows Server 2016 を起動することができます。VPS を使用して、インフラストラクチャのセットアップや実行を必要とせずに .NET または Windows のアプリケーションを構築、テスト、デプロイすることができます。1 回または 2 回クリックするだけで、バックアップ、DNS 管理、オペレーションメトリクスにアクセスできます。 512 […]

Read More

Amazon Lightsail、東京リージョンにて提供開始

こんにちは、ソリューションアーキテクトの塚田です。 お待たせしました。現在開催中のAWS Summit Tokyo 2017 キーノートにてアマゾンウェブサービスジャパン株式会社社長の長崎からアナウンスがあったとおり、Amazon Lightsail が東京リージョンにやってきました! インスタンスの作成時に、リージョンとアベイラビリティゾーンで東京(ap-northeast-1)を選択することができます。 Tokyo, Zone A (ap-northeast-1a)を選んでインスタンスの作成をすすめると… 東京リージョンにLightsailのサーバが立ちました! また、東京リージョンでも料金は変わらず、月額$5〜のプランが利用可能になっています。 色々とはかどりますね。  

Read More