Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Inspector

すべての AWS のサービスが GDPR に対応

この度、AWS のサービス全てが GDPR (EU 一般データ保護規則) に準拠しましたことをご報告致します。この準拠によって、お客様は、AWS がサービスのセキュリティを維持する目的で、すでに講じているさまざまな対策から得られるメリットに加え、GDPR に準拠する計画の重要な構成要素として AWS のサービスを導入できるようになります。 この発表は、GDPR サービス準備状況に対する監査がすべて完了したことを示しており、これはすなわち、GDPR がデータ処理者に要求するプライバシーに関する高いハードルとデータ保護基準に対し、一般的に利用可能な AWS のすべてのサービスと機能が準拠したことを示しています。この作業は、GDPR の施行開始日となる 2018 年 5 月 25 日の 2 か月前に完了しています。これにより、独自の GDPR 準拠の製品、サービス、ソリューションを、自信を持って構築できる環境をお客様や APN パートナーの皆様に提供するものです。 AWS が GDPR サービスの準備を完了したことは、今回の発表内容の一部に過ぎません。私たちは GDPR への準拠を支援するため、お客様と APN (AWS Partner Network) の皆様との協力を継続していきます。この発表に加え、お客様自身が GDPR 準拠への取り組みを加速するために AWS がどのようにお役に立てるかについて、以下に例を挙げ、ご紹介いたします。 個人データのセキュリティ GDPR サービス準備状況に対する監査では、AWS が GDPR に従って個人データを保護する目的でデータ処理者に対し技術的および組織的措置を効果的に講じていることを、私たちのセキュリティと法令遵守の専門家が確認しています。私たちにとってセキュリティは依然として最優先事項であり、イノベーションを継続させ、あらゆるグローバルオペレーションにおいてセキュリティと法令遵守のための高い基準を達成できるように投資していきます。私たちが持つ業界最高レベルの機能では、国際的に認知されているさまざまな認証や認定の基盤を提供し、厳しい国際規格に準拠できることを実証しています。準拠している国際規格には、技術的な対策に関する ISO 27001、クラウドセキュリティに関する ISO 27017、クラウドプライバシーに関する ISO 27018、SOC […]

Read More

ランサムウェア「WannaCry」に関するAWSへの影響について

  2017年5月12日頃からWannaCry(別名、WCry、WanaCrypt0r 2.0、Wanna Decryptorなど)と呼ばれるランサムウェア(身代金マルウェア)による被害が世界中から報告されはじめました。日本でも複数の大手企業がこのマルウェアに感染したというニュースが報道されています。 このマルウェアは、ファイル共有および印刷共有サービスを提供するWindows SMBサーバー上に存在する脆弱性を悪用します。デフォルトでは、SMBサーバーはUDPポート137/138およびTCPポート139/445で動作します。また、Windowsオペレーティングシステムの複数のバージョンが対象で、Microsoft社は、この脆弱性を解消するため、2017年3月14日にMicrosoft Windows SMB Server(4013389)の重要なセキュリティ更新プログラムをリリースしました。詳細は、Microsoft MSRC blog もしくは Microsoft Security Bulletin MS1​​7-010 をご参照ください。   WannaCryによるAWSサービスへの影響   EC2 Windows   Amazon EC2上のWindowsに関しては、AWSから提供されている2017.04.12以降のリリースのAMIであれば、この脆弱性の被害を受けていません。また、自動更新が有効になっている場合も、この脆弱性は解消されています。2017.04.12より前のAMIを使用している、かつ、自動更新を有効にしていないお客様は、前述のセキュリティ更新プログラムをインストールすることをお勧めします。 AWSでは、セキュリティのベストプラクティスに従い、セキュリティグループの設定を確認し、その必要のあるインスタンスおよびリモートホストに対してのみ前述のポートへのアクセスを許可することを、常にお勧めしています。デフォルトでは、EC2セキュリティグループはこれらのポートをブロックします。 AWSのWindows AMIのリリースノートはこちらです。   WorkSpaces   Amazon WorkSpacesに関しては、2017 年4月15日以降にWorkSpaceを作成した、または、自動更新を有効にしたAmazon WorkSpacesのお客様は、この脆弱性の影響を受けません。 2017年4月15日より前にWorkSpaceを作成し、自動更新を有効にしていないお客様は、セキュリティ更新プログラムをインストールするか、 WorkSpaceを終了して再作成することをお勧めします。   Directory Service   AWS Directory Serviceに関しては、2017/05/20時点でパッチ適用作業が完了しました。お客様による対応は必要ありません。Amazon Simple AD、 AD Connector、AWS Cloud Directory はこの問題の影響を受けていません。最新情報につきましては、下の原文へのリンク先をご参照ください。   Elastic Beanstalk   […]

Read More

Amazon Inspector の更新 – 評価レポート、プロキシサポートなど

は当社の自動セキュリティ評価サービスです。このサービスは AWS で実行するアプリケーションの動作を分析し、セキュリティ問題を識別する上で役立ちます。Inspector については 2015 年の後半にこのブログで紹介し、その使い方についてご説明したことがあります (「Amazon Inspector – 自動セキュリティ評価サービス (Amazon Inspector – Automated Security Assessment Service)」)。同サービスを使うには、まずタグを使用してアプリケーションを生成する AWS リソースのコレクションを定義します。次に、セキュリティ評価テンプレートを作成し評価の一部として実行したい一連のルールを特定します。 評価ターゲットとセキュリティ評価テンプレートを作成したら、クリック 1 つでターゲットリソースに対して実行することができます。この評価は Linux と Windows ベースの EC2 インスタンスで実行するエージェントを活用します (詳細については「AWS エージェント (AWS Agents)」をご覧ください)。評価は手動で実行したり、 を使用して既存の発券システムに結果を転送することができます (手順については「Amazon Inspector でセキュリティ脆弱性テストをスケールする (Scale Your Security Vulnerability Testing with Amazon Inspector)」をご覧ください)。実行するインスタンスが 1 件または何千件とある場合でも、定期的かつ頻繁に評価を行うことをおすすめします。デプロイや統合インスタンスといった DevOps パイプラインの一部として実行できます。そうすることで、セキュリティ評価テンプレートの作成時に選択したルールパッケージによる条件に見合った本稼働環境で、コードやシステムを安心してデプロイすることが可能になります。また、設定ドリフトを回避するため、本稼働システムに対しても頻繁に評価を実行することをおすすめします。Amazon Inspector には、次の強力な新機能を追加したばかりです。 評価レポート – 新しい評価レポートはエグゼクティブサマリーから始まり、評価の総合的な概要を提供します。このレポートはチームやリーダーシップとの共有そしてコンプライアンス監査のドキュメントとしても使用できるように作成されています。 プロキシのサポート – […]

Read More

Amazon Inspector でセキュリティ脆弱性テストを拡大

私の同僚である Eric Fitzgerald による次の記事は、AWS Lambda 関数を使用して Amazon Inspector による評価結果をお客様のチケット発行システムやワークフローシステムに転送する方法についてご説明しています。 — Jeff AWS Re:Invent 2015 にて、セキュリティ脆弱性評価サービスの Amazon Inspector をご紹介しました。同サービスは、お客様が早期かつ頻繁にセキュリティ脆弱性テストを実施できるようにサポートするものです。Amazon Inspector をご利用いただくと、お客様は開発環境、テスト環境、実稼働環境でセキュリティテストを自動化することができます。セキュリティ脆弱性をソフトウェア開発、デプロイ、運用ライフサイクル全体の一部として識別します。Amazon Inspector の自動セキュリティテストは、お客様から非常に高く評価されています。Amazon InspectorAnalyze Application Security により、セキュリティ評価を今まで以上に頻繁に実行できるようになったほか、以前に比べセキュリティ脆弱性の早期発見に繋がったと報告を受けています。けれども、セキュリティ脆弱性を識別するだけでは完全といえません。脆弱性を発見したら問題を修正する必要があります。多くのお客様は Amazon Inspector による評価結果に対応するためのワークフローを自動化そして加速するために、Amazon Inspector を自社のワークフローシステムやチケット発行システムと統合しています。Amazon Inspector はそうしたポイントを念頭にを設計しているので、Amazon Inspector による評価結果をメールやワークフローシステムまたはチケット発行システムで統合する方法のひとつを詳しくご説明することにいたしました。 AWS Lambda を使用して Amazon Inspector による評価結果をチケット発行システムにプッシュする この例では AWS Lambda 関数を使用して、メール経由で作成するインシデントに対応できるシステムに Amazon Inspector を接続します。イベントのフローは次のとおりです。 Amazon Inspector が実行しセキュリティ評価を行います。実行終了前に Amazon Simple Notification Service […]

Read More