Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Backup

Epic Games の Unreal Engine を使ったバーチャルプロダクションのリファレンスアーキテクチャ

今回、Epic Games の Unreal Engine を使用したバーチャルプロダクション向けアマゾンウェブサービス ( AWS ) リファレンスアーキテクチャについて紹介します。AWS のお客様は、バーチャルプロダクションに適したアーキテクチャの構築という課題に直面した場合、この投稿で概説されているベストプラクティスに従うことができます。このリファレンスアーキテクチャは、セキュリティ、俊敏性、優れた運用性を念頭に置いて構築されています。

Read More

AWS でバックアップを保護するためのセキュリティベストプラクティス Top 10

この記事は “ Top 10 security best practices for securing backups in AWS ” を翻訳したものです。 セキュリティは AWS とお客様の間で責任を共有することで実現されます。ここで、お客様は AWS で安全にバックアップを行う方法を求めています。この記事では AWS 上のバックアップデータの保全とその操作に関して、厳選したセキュリティベストプラクティスのトップ 10 を紹介します。この記事では AWS Backup サービスにおけるバックアップデータと操作に焦点を当てて紹介しますが、推奨されるセキュリティのベストプラクティスは AWS Marketplace で提供されるバックアップツールなど、他のバックアップソリューションを利用されている組織でも活用することが可能です。 セキュリティ対策は新しいリスクを軽減するために常に発展しているため、定期的にリスク評価を実施して妥当性を判断し、データに対するリスクを軽減するために何重もの対策を実施することが重要です。

Read More

AWS Backup と AWS Security Hub を使用してバックアップ結果の可視化を自動化

このブログは2022年1月28日に Kanishk Mahajan (ISV Solutions Architect Lead) によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 データ保護を一元化および自動化することで、ビジネスの継続性と規制コンプライアンスの目標をサポートできます。バックアップコンプライアンスには、バックアップポリシーを定義および適用して、バックアップを暗号化し、手動削除から保護し、バックアップライフサイクル設定の変更を防ぎ、一元化されたコンソールからバックアップアクティビティを監査およびレポートする機能が含まれます。

Read More

AWS のディザスタリカバリ (DR) アーキテクチャ、パート II: 迅速なリカバリによるバックアップと復元

このブログはSeth Eliot (Principal Reliability Solutions Architect with AWS Well-Architected)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 前回のブログ記事で、AWS での災害復旧 (DR) に関する4つの戦略を紹介しました。これらの戦略により、災害イベントに備え復旧が可能になります。AWS Well-Architected Reliability Pillar ホワイトペーパーで提供されているベストプラクティスを使用して DR 戦略を設計することで、自然災害、技術的障害、または人的な行為による災害が発生しても、ワークロードを利用し続けることができます。 DR戦略: バックアップと復元の選択 図1に示すように、バックアップと復元はRTO(目標復旧時間)とRPO(目標復旧時点)が一番大きくなる選択と位置付けられています。その結果、災害発生から復旧までの間にダウンタイムが長くなり、データ損失が大きくなります。ただし、バックアップと復元は、実装するのが最も簡単で低コストの戦略であるため、ワークロードによっては適した戦略です。すべてのワークロードでRTOとRPOを数分以内に抑えることを必要とするわけではありません。

Read More

AWS Backup の新機能 – VMware および VMware Cloud on AWS のサポート

2021 年 11 月 30 日(米国時間)、VMware に対する AWS Backup のサポートを発表できることを嬉しく思います。VMware オンプレミスおよび VMware CloudTM on AWS で実行される仮想マシン (VM) のデータ保護を一元化および自動化できる新機能です。AWS Backup で一元管理された単一のポリシーを使用して、AWS Backup ですでにサポートされている 12 の AWS コンピューティング、ストレージ、およびデータベースサービスとともに、これらの VMware 環境を保護できるようになりました。その後、AWS Backup を使用して VMware ワークロードをオンプレミスのデータセンターと VMware Cloud on AWS に復元できます。 その一方で、AWS Backup Audit Manager では、データガバナンスと規制の要件を満たすために、バックアップ、コピー、および復元のオペレーションをモニタリングし、監査準備の整ったレポートを生成することで、コンプライアンスを一貫して実証できます。 ここからは、実際にどのように機能するのかを見ていきましょう。

Read More

プレビュー – AWS Backupに Amazon S3 のサポートを追加

2021 年 11 月 30 日(米国時間)より、AWS Backup for Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) をプレビューできます。 AWS Backup は完全管理されているポリシーベースのサービスで、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンス、Amazon Elastic Block Store(EBS)の 12 の AWS サービスにまたがるアプリケーションのバックアップと復元を一元化および自動化できます。ボリューム、Amazon Relational Database Service (RDS) データベース (Amazon Aurora クラスターを含む)、 Amazon DynamoDB テーブル、 Amazon Neptune データベース、 Amazon DocumentDB (MongoDB を使用)互換性) データベース、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステム、 Amazon FSx for […]

Read More

AWS Storage Day 2021 にようこそ

第 3 回の AWS Storage Day 2021 へようこそ! Storage Day 2020 と初回の Storage Day 2019 の期間中と同様に、今回もお客様のためにインパクトのある発表を数多く行います。無料で参加できる 1 日の AWS Storage Day 2021 バーチャルイベントは、Twitch の AWS チャネルでホストされます。AWS ストレージサービスに関連するお知らせ、リーダーシップインサイト、および教育コンテンツについてエキスパートの話を聞くことができます。

Read More

AWS Backup Audit Manager を使用したバックアップコンプライアンスのモニタリング、評価、デモンストレーション

2021 年 8 月 24 日、AWS Backup Audit Manager が利用可能になったことをお知らせします。これは、バックアップのコンプライアンスステータスがビジネスおよび規制要件に適合しているかをモニタリングおよび評価するのに役立ち、監査人や規制当局へのコンプライアンスの実証に役立つレポートを生成することを可能にする、AWS Backup の新機能です。 AWS Backup は、AWS アプリケーションのポリシー主導のバックアップと復元を開始する機能を提供するフルマネージドサービスで、カスタムスクリプトや手動プロセスの必要性を排除することにより、データを大規模に保護するプロセスを簡素化します。しかし、お客様は、バックアップポリシーが適用されていることを検証し、監査人に対してコンプライアンスを証明する一環として、バックアップトランスクリプトを解析して監査可能なレポートに変換するために、独自のツールを使用する必要がありました。

Read More

[SAP on AWS] 可用性と信頼性を実現する仕組み

アマゾンのCEOであるアンディ・ジャシーの言葉を借りれば、『経験のための圧縮アルゴリズムは存在しません』ということになります。5000を超えるSAPのお客様がAWSを利用されていることにより、AWSはSAPワークロードの革新のためのプラットフォームとなっています。AWSはお客様起点の行動指針に基づくというリーダーシップ・プリンシプルに基づき、SAPのお客様が世界中のAWSリージョン内で堅牢性と信頼性の高い且つスケーラブルなSAPシステムを構築できるよう、多様なツールやサービスを提供しております。このブログでは、AWSプラットフォーム上に信頼性の高いSAPシステムを構築するための複数のAWSサービスについて紹介します。

Read More
Example architecture for the DR solution based on backup/restore

AWS BackupとAWS Backint Agentを用いたSAPアプリケーションのパッシブ災害対策

はじめに 災害対策(DR)ソリューションは、SAPシステム設計時の重要な側面です。AWS上でSAPワークロードを稼働しているお客様にとって、DRソリューションの設計で考慮すべき点は、シングルまた複数のAWSリージョンまたはアベイラビリティゾーン、目標復旧ポイント(RPO)や目標復旧時間(RTO)などのサービスレベルアグリーメント、そしてコストです。これらの検討を簡単にするために、SAPスペシャリストソリューションアーキテクトはSAP on AWSの可用性と信頼性のアーキテクチャガイダンスを作成しました。このガイドは、AWS上で高可用かつ信頼性の高いSAP NetWeaverベースのシステム構成をデプロイするという要件があるSAPのお客様やパートナー様のために、一連のアーキテクチャのガイドライン、戦略、決定事項を提供します。

Read More