Amazon Web Services ブログ

Category: SAP

スナップショットを使用したSAP HANA データベースの自動化された回復手順を作成する方法

多くのお客様が、クラウドへのSAPの移行を検討しています。それぞれの移行において、すべてのお客様がクラウドにおける適切なアーキテクチャを定義するに違いありません。定義したサービスレベル契約 (SLA)を満たし、実装した手順は運用プロセスを準拠する必要があります。 このブログ記事では、AWSが持つパワーと機能を発揮するためのクラウドネイティブなアプローチについて説明します。クラウド環境で本稼働システムを構築するときに、SAP HANA システムレプリケーション (HSR)、あるいはサードパーティ製のクラスターソフトウェアを利用するのは依然としてごもっともです。とはいえ、私たちは、Amazon EC2 Auto ScalingやAmazon Elastic Block Store (EBS) スナップショットのようなクラウドネイティブな機能を使用した代替アプローチに焦点を当てようと思います。これらの機能を使用して、重要ではないSAPアプリケーション向けに、ネイティブのバックアップ/リストア機能、自動化されたプロセス、低コストを重視したインフラストラクチャを構築しましょう。

Read More

SAPアプリケーションの信頼性と可用性の確保

この記事は、Syntax社でVice President Solutions Architectureを務めるChris Pomeroy氏によるゲスト投稿です。 最近の調査では、回答者の47%が、クラウド上でSAPアプリケーションを稼働することが自社のIT戦略の重要な部分である、と述べています。お客様のビジネスにおいてSAPワークロードのクラウド移行を検討しているのであれば、次のトピックに関する質問を持っているでしょう。

Read More

SAP on AWSにおけるタグ付けの推奨

SAP on AWSを稼働しているお客様から、SAPワークロードにおけるタグ付けの戦略に再利用可能な傾向があるかどうか、たびたびお問い合わせをいただきます。タグは、お客様が定義するキーとオプションの値で構成される単純なラベルです。タグを使用すると、お客様はメタデータをクラウドリソースに割り当てることができ、既存のリソースの管理、検索、フィルタリングが容易になります。

Read More

AWS上のSAP NetWeaverとSAP HANAに対するRed Hat Enterprise Linux (RHEL)の高可用性

SAPワークロードをAWS上に展開するときにお客様が検討する重要なものの1つは、ビジネス/ミッションクリティカルなSAPアプリケーション用の高可用性 (HA)構成です。このブログ投稿では、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)でSAPワークロードを稼働しているお客様のHAオプションについて説明します。Red Hatは、様々なSAPコンポーネントに対してSAP認定の高可用性ソリューションを提供しています。Red Hatは、pacemaker、STONITH、corosync、リソースエージェントなどのHA Add-Onのコンポーネントを拡張しています。お客様は、SAP HANAとSAP NetWeaverベースのアプリケーション用に、AWSリージョン内のアベイラビリティゾーンをまたがったHAクラスターを構築できます。

Read More

PFC BrakesとChange HealthcareがSAPシステムをAWSクラウドに移行した理由

この記事は、Velocity Technology Solutions社でSVP of SAP Line of Businessを務めるChance Veasey氏によるゲスト投稿です。  SAP S/4HANAに移行しなければならない期限は、最近、2027年末に延長されました。多くの企業が、いつどのようにこのアップグレードを行うか、評価している初期段階にあります。多くの組織にとって、エンタープライズの展開にクラウドの採用を決定することは当たり前になっています。したがって、最初にSAPをクラウドに移行し、次にSAP S/4HANAへのアップグレードを実施することが、企業にとって最善の行動指針となる可能性があります。 クラウドへの移行により、組織は運用コストを最大30〜40%節約できる可能性があり*、後の大規模なアップグレードの取り組みで必要な予算を確保するのに役立ちます。一旦クラウドに移行すれば、組織はデータレイク、機械学習、IoTなどのアマゾン ウェブ サービス (AWS)で利用可能な高度な機能を活用できます。これにより、ビジネスユーザーの誰もが簡単に高度なテクノロジーを利用できるようになります。 これは、SAP S/4HANAへのアップグレードの影響を検討するための猶予を提供します。他のどの実装よりも、SAP S/4HANAへの移行のために技術チームと機能チームを統合して準備することが不可欠です。これは、SAP S/4HANAの導入において、マスター台帳を一つにし、ビジネスプロセスが以前よりもテクノロジーと融合するからです。

Read More

AWS上でSAPの移行を成功させる5つの鍵

この記事は、Protera Technologies社でChief Product Officer (最高製品責任者)を務めるAlan Manuel氏によるゲスト投稿です。 業界を問わず、お客様はこれまでにない選択肢を持っています。競争力を維持するには、顧客ニーズをより迅速に、より正確に、加えてより高い品質で満たす必要があります。 ビジネスをSAPで運用しているのであれば、これらのニーズを満たすための包括的なアプローチを検討しているでしょう。 顧客が必要とする最新のビジネスプロセスを実現するために、SAP HANAとSAP S/4HANAで提供される新しい機能を実装する イノベーションを解き放ち、俊敏性を高めるために、デジタル変革戦略を実行する サービスレベルを改善し、コストを削減し、そしてSAPのサポートプランに対応するための継続的な改善計画 SAP変革と呼ばれるプロセスの中で、SAPをクラウドに移行することは、このアプローチを実装するために多くのお客様が行う最初のステップです。

Read More

SAPファイル転送ワークロードのためのAWS Transfer for SFTP – 第2回

このシリーズ記事の第1回では、 SAP PI / POシステムとAWS Transfer for SFTP (AWS SFTP)を統合する方法、またAWS SFTPがAmazon S3に保存したデータを後処理分析に使用する方法を紹介しました。今回の記事では、SAP Cloud Platform Integration (SAP CPI)とAWS SFTPを統合し、第1回で紹介したAWS分析ソリューションを後処理分析に使用する方法を示します。

Read More

AWSを使用したSAPアプリケーションのオートスケーリングの有効化

今日、SAP on AWSを稼働しているお客様は、ネイティブクラウドサービスの最も幅広く深いセットを活用しています。これらは、信頼性の高いグローバルインフラストラクチャに加えて、コンピューティング、ストレージ、データベースなどの従来のサービスだけでなく、IoTや機械学習などの新しいテクノロジーにも及びます。 お客様が利用する主な機能の1つは、インスタンスタイプの変更です。ワークロードが変化すると、お客様はインスタンスが過剰に使用されている (インスタンスタイプが小さすぎる)か、十分に使用されていない (インスタンスタイプが大きすぎる)ことに気付きます。 このスケーラビリティの概念は、垂直スケーリングと呼ばれます。もっと簡単に言うと、リソースを追加するだけで追加のワークロードに対応できるシステムの機能です。

Read More

SAPにおけるAWSのモメンタム

過去1年間でSAP on AWSのお客様と一緒に成し遂げたことを振り返ると、思い浮かぶ言葉はモメンタム (勢い)です。工学の学生として、運動量は質量と速度の積で定量化されることを学んだのを思い返します。この方程式を使って本記事を構成したいと思います。

Read More

SAP on AWSと組み合わせたデータレイクの構築

データはユビキタスであり、企業内で指数関数的に生成されています。ただし、このデータの大半はダークデータです。ガートナー用語集では、ダークデータを、組織が日常のビジネス活動において収集、処理、保存する情報資産として定義しています。しかし、それらは一般に他の目的に使用できません。他の目的には、分析、ビジネス関係、直接収益化などがあります。 Thermo Fisherなど、私たちのお客様の中には、既に企業全体で生成されたデータを利用して、AWS上でスケーラブルかつセキュアなデータプラットフォームを構築しています。それらのデータには、医療機器や様々なソフトウェアアプリケーションが含まれます。このデータプラットフォームは、医学研究者や科学者が患者の治療を研究し、協力し、改善するのに役立っています。詳細は、Thermo Fisherのケーススタディを参照してください。 SAP on AWSのケーススタディで明らかなように、数千のお客様がビジネスクリティカルなSAPワークロードをAWS上で実行し、ビジネスにおける多大なメリットを享受しています。SAPワークロードをAWSに移行するビジネスケースは明瞭に説明されていますが、多くのお客様は、データと分析のプラットフォームを活用した変革に関する強力なビジネスケースを構築することも検討しています。私たちは、SAPデータと非SAPアプリケーションデータを一緒に活用する方法を検討していることをお客様から直接聞いています。お客様は、AWS上でデータと分析のプラットフォームを構築するために、インターネット接続可能なデバイスで生成されたリアルタイムストリーミングデータを必要としています。 この記事では、SAPアプリケーションでサポートされる様々なデータ抽出パターンについて説明します。また、AWSサービスとその他のサードパーティソリューションを使用してSAPからAWS上のデータレイクにデータを抽出するためのリファレンスアーキテクチャについても説明します。

Read More