Amazon Web Services ブログ

Category: SAP

Commvaultを使用したAWS上のSAPバックアップ – アーキテクチャと主要なコンポーネントの展開

このブログシリーズでは、Commvaultを使用してSAPインスタンスを安全にバックアップおよびリカバリーするためのベストプラクティスを紹介します。現在、AWS上でSAPを稼働しているお客様は、SAPインスタンスのバックアップに様々なバックアップソリューションを利用できます。クラウドネイティブなAWSサービスを利用する場合もあれば、お客様の要件に基づいてCommvaultやNetBackupなどのエンタープライズバックアップソリューションを引き続き利用する場合もあります。

Read More

異機種間のSAP移行におけるOracle XTTS方式によるダウンタイム削減

Oracle DatabaseでSAPアプリケーションを稼働している組織には、あるオペレーティングシステムから他のオペレーティングシステムに移行するための多くの方法が用意されています。オンプレミスのOracle DatabaseとSAPアプリケーションのAWS移行を検討しているお客様は、”ビッグエンディアン”のプラットフォームでホストされているオンプレミスから”リトルエンディアン”にリプラットフォームしなければならない場合があります。異機種間の移行にあたるため、このタイプの移行には、従来の移行方式 (R3load/Jload)を選択することが多いです。

Read More

SAP用のAWS DevOpsツール, パート2: SAP Fiori Apps

このブログシリーズのパート1では、SAP Cloud Platform Cloud Foundryのアプリケーションの保存とバージョン管理にAWSの開発者用ツールをどのように活用できるかを紹介しました。お客様は、Jenkinsのインスタンスやその他のインフラストラクチャを設定、管理する必要がなく、アプリケーションのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。このサーバーレスのアプローチにより、大規模かつ高品質なソフトウェアのデリバリープロセスと変更のデプロイに集中できます。

Read More

SAPワークロードにおけるコストの削減、信頼性と可用性の向上、性能の向上

AWS上でSAPを稼働しているアクティブなお客様は5,000を超えています。私たちは常に、お客様のコストを削減し、信頼性と可用性を向上し、性能を向上する方法を検討しています。このブログでは、SAPのお客様に大きな影響を与える最近の素晴らしい発表をいくつかご紹介します。

Read More

SAPワークロードで新しいレベルのアジリティーを促進: SAP Commerceを例に

長い間、オンプレミスのSAPプロジェクトでは、リスクを最小限にするために、多くの前もっての要求分析、評価、サイジングプロセスが必要でした。実際に、私たちは、数週間かけた計画の後で初期の決定を変更しなければならなくなった多くの状況に遭遇しています。SAPアーキテクチャーには、ビジネス要求に迅速に対応し、ソリューションを迅速に実装し、フィードバックに基づいて改善し、そして繰り返し行うための十分な柔軟性が必要です。このブログ記事では、AWS上でのSAPアーキテクチャーにアジャイルをもたらす方法を示すために、例としてSAP Commerceを取り上げます。Minimum Lovable Product (MLP)で始めて、それからアーキテクチャーを迅速に変化させる方法を説明します。

Read More

SAP監視: Amazon CloudWatchを使用したサーバレスアプローチ

AWS上でSAPを稼働しているアクティブなお客様は5,000を超えており、様々なSAPリリースとバージョンのSAPワークロードを実行されています。大半のお客様は、1つ以上のアプリケーションサーバとデータベースで構成されるSAP NetWeaver ABAPベースの環境で動作しています。SAPのお客様は、多くの場合、SAP Solution Manager Focus RunやAvantraのような3rdパーティー製の商用ソリューションを使用して、SAPアプリケーションを総合的かつ大規模に監視しています。

Read More

SAP用のAWS DevOpsツール, パート1: Cloud Foundryアプリケーション

この記事は、Marcel ToerpeとKenny Rajanによる投稿です。 Amazon Web Services (AWS)でミッションクリティカルなSAPワークロードを稼働するビジネス上の利点は、既に十分に証明されています。AWSでは、AWSサービスを使用してSAP環境を移行、そしてモダナイズするために、お客様と協力することを大切にしています。実際、私たちは、SAPブログで触れたAWSのモメンタムにあるように、SAPワークロードを稼働するためにAWSを採用し、SAP環境におけるイノベーションを加速させるために追加のAWSサービスを使用する方法について話し合いました。

Read More

Amazon WorkSpacesをSAP Single Sign-Onと統合する方法

SAP Single Sign-Onにより、ユーザーは、システムがオンプレミスであろうとクラウドであろうと、集中認証を使用してSAPと非SAPシステムに安全に接続できます。SAP Single Sign-Onは、ユーザー認証と安全なデータ通信を管理し、2要素認証とリスクベース認証を統合するシンプルさを提供します。これには、携帯電話とRSA SecurIDカードの連携も含みます。さらに、SAP Single Sign-Onは、Kerberos/SPNEGO、X.509証明書やセキュリティ・アサーション・マークアップ言語 (SAML)など、様々な種類の認証方法をサポートしています。このブログでは、Kerberos/SPNEGOを基盤としたSAP Single Sign-On (*)をAmazon WorkSpacesと統合する方法を説明します。また、世界中の従業員に対して数千のデスクトップを迅速に提供するために、クラウド、あるいはオンプレミス環境にある既存のActive Directoryサービスを使用する方法についても説明します。

Read More

新サービス – AWS Launch Wizard で SAP のデプロイを加速

昨年、当社は、AWS Launch Wizard for SQL Server を発表しました。これにより、エンタープライズワークロード向けの AWS に高可用性 SQL ソリューションを迅速かつ簡単にデプロイできます。 本日発表するのは、AWS Launch Wizard for SAP です。これは、迅速、簡単、柔軟、安全、コスト効率の高い新しいサービスです。この新しいサービスは、AWS CloudFormation と AWS Systems Manager を使用して、基盤となる AWS リソースのプロビジョニングを調整することで、SAP アプリケーションを AWS にデプロイするのに役立ちます。 AWS の数千のお客様が、AWS Quick Start と Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) を使用して、SAP ワークロードを構築および移行しました。これには、x1、x1e、ハイメモリインスタンスが含まれます。さらに、これらのお客様は、AWS Partner Network (APN) for SAP を利用して、自分に合ったソリューションを見つけています。SAP のお客様は、AWS リソースを最大限に活用して SAP システムをデプロイするために、よく設計された直感的なウィザードを求めています。 AWS Launch Wizard for SAP […]

Read More

スナップショットを使用したSAP HANA データベースの自動化された回復手順を作成する方法

多くのお客様が、クラウドへのSAPの移行を検討しています。それぞれの移行において、すべてのお客様がクラウドにおける適切なアーキテクチャを定義するに違いありません。定義したサービスレベル契約 (SLA)を満たし、実装した手順は運用プロセスを準拠する必要があります。 このブログ記事では、AWSが持つパワーと機能を発揮するためのクラウドネイティブなアプローチについて説明します。クラウド環境で本稼働システムを構築するときに、SAP HANA システムレプリケーション (HSR)、あるいはサードパーティ製のクラスターソフトウェアを利用するのは依然としてごもっともです。とはいえ、私たちは、Amazon EC2 Auto ScalingやAmazon Elastic Block Store (EBS) スナップショットのようなクラウドネイティブな機能を使用した代替アプローチに焦点を当てようと思います。これらの機能を使用して、重要ではないSAPアプリケーション向けに、ネイティブのバックアップ/リストア機能、自動化されたプロセス、低コストを重視したインフラストラクチャを構築しましょう。

Read More