Amazon Web Services ブログ

Category: SAP on AWS

SAP と Amazon Connect のデータを使用した Amazon Redshift レイクハウスアーキテクチャによる大規模な分析

ビジネス変革の第一歩として、SAP on AWSのお客様は、Amazon Web Services (AWS) プラットフォームの柔軟性、俊敏性、拡張性およびビジネスクリティカルなSAPワークロードを稼働するためのSAP認定済みオファリングの一式を好んでいます。Madrileña Red de Gas (MRG)のような私たちのお客様の多くにとって、最も直接的な利点はAWSクラウドで得られる柔軟性であり、SAPインフラストラクチャのコスト削減です。 しかし、お客様を最も鼓舞するものは、ビッグデータ、機械学習、サーバレスアーキテクチャ、オムニチャネルクラウドベースのAmazon Connect コンタクトセンターの分野でAWSが提供する幅広い技術です。Amazon Connect コンタクトセンターにより、イノベーションの障壁を下げ、日々の運用を継続的に改善する費用対効果の高いコールセンターツールを実行できます。詳細は、MRGの事例を参照してください。

Read More

SAP on AWSにおけるMicrosoft SQL ServerのHAの設計と構成

AWSプロフェッショナルサービスのSAPグローバルスペシャリティプラクティスの一員として過ごす間、私が気づいたお客様の求めている重要なことの一つに、ビジネス/ミッションクリティカルなSAPアプリケーションの高可用性 (HA)の実装があります。このブログ記事では、WindowsとMicrosoft SQL Server上でSAPワークロードを稼働するお客様向けにHAの設計と構成の選択肢をご紹介します。 Windows オペレーティングシステムは、Microsoft SQL Server上で稼働するSAPワークロードのデータベース層としてHAを構成するために使用できるクラスタリング機能を提供しています。この機能により、お客様はSAP NetWeaverベースのアプリケーションに対してリージョン内のAWSアベイラビリティーゾーン (AZs)をまたがったHAクラスタを展開できます。

Read More

SIOSを使用してAWS上のクリティカルコアを保護

SIOSを使用してAWS上のSAPクリティカルコアを保護 お客様の課題 エンタープライズのお客様は、複数のアプリケーションに対して高可用性システムを提供する必要があるかもしれません。これらのアプリケーションはそれぞれサポートしているオペレーティングシステムやデータベースが異なる場合があり、それによってHAの選択肢が決まってきます。結果として、お客様は複数のHAソリューションを維持し続けることになり、非常に複雑かつコストがかかってきます。 Microsoft SQL Server、Oracle、IBM Db2、SAP HANA、MaxDBといったデータベースを考えてみてください。これらのデータベースはそれぞれ異なる高可用性方式を必要とし、データベースを適切に実装および保守するには時間とリソースを投資する必要があります。 このブログでは、この複雑さを最小限に抑えるためにSIOS Protection Suiteが提供する柔軟性について説明します。

Read More

AWSデータレイクへのほぼリアルタイムなレプリケーションのためのSAP Data ServicesとSAP LT Server

はじめに このブログでは、SAP Landscape Transformation (LT)とSAP Data Services (DS)を使用して、SAP S/4HANAやSAP Business SuiteなどのSAPアプリケーションからAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)にデータを複製するソリューションの設定手順を紹介します。SAP Landscape Transformation Replication Serverは、ほぼリアルタイムなレプリケーションを必要とする企業にとって理想的なソリューションです。

Read More

TerraformによるAWS上のSAPインフラストラクチャー

Infrastructure as Code お客様のSAPシステムは、ビジネスオペレーションにとって非常に重要です。そのため、アーキテクトと管理者が展開と運用を計画するときは、SAPのベストプラクティスに従うことに重点が置かれます。さらに、ワークロード要件が変更されたら、チームはすべてのセキュリティ原則、性能のベストプラクティス、非機能要件を念頭において、必要なインフラストラクチャーの展開を繰り返し、かつ迅速に対応する必要があります。

Read More

Amazon Forecastを組み合わせたSAPでの販売予測

はじめに 販売予測とは、誰か (企業、営業担当者、小売業者など)が何か (製品やサービス)をどれだけ販売するかを予測するプロセスです。正確な予測の重要性を説明するために、オンラインで商品を販売するファッション小売業の場合を考えてみましょう。需要を正しく予測することで、適切なフルフィルメントの配置 (配送費用の削減)による適切なレベルの在庫管理 (運用コストの削減)ができ、お客様への迅速な配送 (顧客満足度の向上)ができます。信頼できる販売予測は、次のような重要な下流部門の決定を可能にし、組織の成功に大きな役割を果たすことができます。

Read More

AWS, SAP, APNパートナーによるイノベーション: It’s still Day One

SAPのお客様から「AWSは他のクラウドプロバイダーとどこが違うのか?」とよく聞かれますが、答えられることは多くあります。長年に渡って私たちを信頼してくれている5,000を超えるSAPのお客様を挙げられます。2012年から、SAP on AWSのお客様は、SAP向けの比類のないイノベーションのペースと幅広いクラウドネイティブなサービスを利用しています。しかし、これらの差別化要因は、堅実な基盤、つまり私たちとSAPやAWS Partner Network (APN) SAPコンピテンシーパートナーとの強力なパートナーシップの成果にすぎません。AWSは、SAPと提携しているだけでなく、クラウドプロバイダーの中でも最も成熟したSAPパートナーエコシステムを構築しています。

Read More

Commvaultを使用したAWS上のSAPバックアップ – アーキテクチャと主要なコンポーネントの展開

このブログシリーズでは、Commvaultを使用してSAPインスタンスを安全にバックアップおよびリカバリーするためのベストプラクティスを紹介します。現在、AWS上でSAPを稼働しているお客様は、SAPインスタンスのバックアップに様々なバックアップソリューションを利用できます。クラウドネイティブなAWSサービスを利用する場合もあれば、お客様の要件に基づいてCommvaultやNetBackupなどのエンタープライズバックアップソリューションを引き続き利用する場合もあります。

Read More

異機種間のSAP移行におけるOracle XTTS方式によるダウンタイム削減

Oracle DatabaseでSAPアプリケーションを稼働している組織には、あるオペレーティングシステムから他のオペレーティングシステムに移行するための多くの方法が用意されています。オンプレミスのOracle DatabaseとSAPアプリケーションのAWS移行を検討しているお客様は、”ビッグエンディアン”のプラットフォームでホストされているオンプレミスから”リトルエンディアン”にリプラットフォームしなければならない場合があります。異機種間の移行にあたるため、このタイプの移行には、従来の移行方式 (R3load/Jload)を選択することが多いです。

Read More

SAP用のAWS DevOpsツール, パート2: SAP Fiori Apps

このブログシリーズのパート1では、SAP Cloud Platform Cloud Foundryのアプリケーションの保存とバージョン管理にAWSの開発者用ツールをどのように活用できるかを紹介しました。お客様は、Jenkinsのインスタンスやその他のインフラストラクチャを設定、管理する必要がなく、アプリケーションのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。このサーバーレスのアプローチにより、大規模かつ高品質なソフトウェアのデリバリープロセスと変更のデプロイに集中できます。

Read More