Amazon Web Services ブログ

Category: SAP

Amazon API Gatewayを使用したSAP IDocとAmazon S3の統合

Amazon Web Services (AWS)上でSAPワークロードを稼働している私たちのお客様は、同様にAWS上のデータレイクソリューションを使用することでデータと分析の変換に投資されています。これらのお客様は、さまざまなサードパーティソリューションを使用してSAPアプリケーションからデータを抽出することがあります。ただし、パフォーマンス向上とコスト削減のために、AWSソリューションを使用するネイティブ統合も必要とされています。 これらのお客様がSAPアプリケーションからデータを抽出するために使用する一般的なパターンは、IDocインターフェース/電子データ交換です。SAP NetWeaver ABAPベースのシステムは、長い間IDocをサポートしています。IDocは非常に安定したフレームワークであり、SAPシステムと非SAPシステム間でのマスターデータとトランザクションデータの配信を支えます。 SAP IDocをAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)と統合するためのアーキテクチャ上のアプローチは、ブログ記事「Integrating SAP’s IDOC Interface into Amazon API Gateway and AWS Lambda」のように、既にSAPコミュニティで公開されています。しかしながら、これらのアプローチでは、本稼働環境で使用する上で重要なセキュリティ面がカバーされていません。不正なユーザーの脅威から守るためにビジネスクリティカルなAPIを保護することは重要です。 このブログ記事では、AWS Lambda オーソライザーとAmazon Cognitoで認証レイヤーを提供し、Amazon API Gatewayを使用してSAP IDocをAmazon S3に格納する方法を紹介します。

Read More

SAPファイル転送ワークロードのためのAWS Transfer for SFTP – 第1回

この記事は、AWSでパートナーソリューションアーキテクトを務めるKenney Antoney Rajanによるものです。 SAPのようなエンタープライズリソースプランニング (ERP)ソフトウェアを使用する多くの組織は、セキュアファイル転送プロトコル (SFTP)サーバーを稼働および保守して、ビジネス上の重要なデータをSAPから外部のパートナーシステムに安全に転送しています。この一連のブログ記事では、SAP Process Integration (SAP PI)とSAP Process Orchestration (SAP PO)、およびSAP Cloud Platform IntegrationとAWS Transfer for SFTP (AWS SFTP)を統合するための手順を紹介します。また、AWS SFTPがAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)に格納するデータを後処理分析に使用する方法も紹介します。

Read More

SAP S/4HANAでのSAP FioriとAWS Single Sign-Onの統合

この記事は、AWS SAP Global Specialty Practiceでシニアコンサルタントを務めるPatrick Leungによるものです。 SAP Global Specialty PracticeにおけるAmazon Web Services (AWS)のプロフェッショナルサービスの一環で、AWS上でのSAPの設計と展開に関してお客様を支援することがよくあります。SAPのお客様は、Amazon Elastic File System (Amazon EFS)やAWS Backupなどのフルマネージド型のAWSサービスを利用して、インフラストラクチャの運用やその他の付加価値を生まない無駄な作業からチームの負担を軽減することができます。 本ブログ記事では、AWS Single Sign-On (AWS SSO)を使用して、SAPユーザーが毎回ログインとログアウトすることなくSAP Fiori launchpadにアクセスできるようにする方法を紹介します。このアプローチにより、SAPユーザーにとって望ましいユーザー体験を提供し、エンタープライズセキュリティの完全性が確保されます。数回クリックするだけで、初期投資や独自のSSOインフラストラクチャを運用するための継続的なメンテナンスコストをかけずに、可用性の高いAWS SSOサービスを有効にできます。そのうえ、AWS SSOを有効にするために追加費用はかかりません。

Read More

SAPとAWSにより、企業はスタートアップのように革新が可能

SAPとAWSは、お客様のSAP S/4HANAへの道のりを簡略化し、イノベーションを加速させることを目的とした新しいパートナーシッププログラムである、プロジェクト “Embrace”を発表しました。 フロリダ州オーランド – 2019年5月9日 – 本日、SAPは、Amazon Web Services (AWS)とグローバルサービスインテグレーター (GSI)とのコラボレーションプログラムであるプロジェクト “Embrace”を発表しました。Embraceは、リファレンスアーキテクチャを通じて、お客様の業界の用語やコンテキストの中で、SAP S/4HANA on AWSへの移行を促します。

Read More

AWSとSAPがIoTの相互運用性ソリューションを発表

プリンシプルパートナーソリューションアーキテクトを務めるKK Ramamoorthyとプリンシプルプロダクトソリューションアーキテクトを務めるBrett Francisの共著です。 本日5月9日、SAPは、Amazon Web Services (AWS)とのIoT領域でのコラボレーション、およびSAP Leonardo IoTとAWS IoT Core間の相互運用性の一般提供開始を発表しました。この新しいコラボレーションにより、AWS IoTプラットフォームが持つグローバルなスケーラビリティとSAP Leonardo IoTを活用したビジネスプロセスを使用して、IoTソリューションを簡単かつコスト効率高く展開することができます。このコラボレーションは、2つの新しい相互運用性オプションを提供します。

Read More

SAP Cloud Platform on AWSを使ったイノベーションの加速

AWS上でSAPワークロードを稼働することによるビジネス上の利点は、既に何千ものお客様がそのようなワークロードを稼働していることで証明されています。国際的なエネルギープロバイダーであるENGIEが経験したような明白なメリットには、コスト削減だけでなく、柔軟性とスピードもあります。例えば、ENGIEのケーススタディで述べているように、ENGIEは、自社のSAPプラットフォームをAWS上のSAP S/4HANAにアップグレードしたことで、新しいビジネスフレームワークの予想される納期を半分に短縮することができました。彼らは、AWS対応の高可用性アーキテクチャパターンを使用することによって、HANAインフラストラクチャを適正化しながらこれをすべて行いました。 これらは非常に明白なビジネス上の利点ですが、ビッグデータとアナリティクス、モノのインターネット (IoT)、アプリケーションとAPI、DevOps、および機械学習の分野によってコアとなるSAPビジネスプロセスを拡張して、ビジネス変革を推進することもますます重要になっています。実際、昨年のブログ記事のインフラストラクチャを超えて: スタートアップのスピードでビジネス変革に取り組む方法で、AWSネイティブサービスを使用したこのSAP拡張アプローチについて説明しました。この1年の間に、私たちはその記事で詳述されたアプローチの多くを使ってお客様に協力してきました。 ますます多くのお客様が自社のSAP資産をAWSに移行するにつれて、SAP Cloud PlatformとAWSサービスを組み合わせて、これらの重要な投資を拡大するための追加のリファレンスアーキテクチャや統合パターンに関する支援も要望するようになっています。

Read More

SAP HANAに最適なAmazon EC2 High Memoryインスタンス: 簡単・柔軟・強力

Steven Jonesは、AWSパートナー組織のテクノロジーディレクターおよびグローバルテクニカルリードを務めています。 Amazonでは、製品やサービスを開発する際に、常にお客様のニーズから始めて、そこから遡って取り組みます (Working Backwardという手法)。2017年には、既に4TBメモリを搭載したAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) X1eインスタンス上でSAP HANAの本番環境を稼働していたお客様がいて、企業データの増大に追従する必要がありました。そこでお客様は、私たちにもっと大容量のRAMを搭載したAmazon EC2インスタンスを要望するようになりました。 私たちは、お客様に、それらのインスタンスにはどのような特徴と能力が最も重要であるか尋ねました。一貫したフィードバックは、お客様がAmazon Web Services (AWS)上でSAP HANAを稼働しているのと同じ、使い慣れた経験を期待するというものでした。お客様は特に、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)、セキュリティグループ、AWS Identity and Access Management (IAM)、AWS CloudTrailといった、これまでと同じネットワークとセキュリティ構成を使用でき、APIとAWSマネジメントコンソールでこれらのシステムを管理でき、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)の柔軟なストレージを使用でき、そして必要なときに柔軟に拡張できることを望まれていました。 手短に言えば、お客様は、大規模なインスタンスを実行するためだけにパフォーマンスや弾力性、柔軟性を犠牲にしたくないとのことでした。

Read More

SAP on AWS最新情報 – お客様ケーススタディ、スケールアップ、スケールアウトほか

SAP SAPPHIRE NOW 2019が今週フロリダで開催されます!私のAWSの同僚もたくさん現地にいるでしょう。そして、彼らは皆さんと喜んで会話したいと思っています。今日は、SAPが推進するOLTPとOLAPのエンタープライズワークロードを稼働するのにAWSが最適な環境であることを確かめるために、私たちが実施してきた取り組みについて、いくつかのお客様のサクセスストーリーを共有し、簡潔な最新情報をお知らせします。

Read More

お客様のSAP S/4HANAへの道のりの簡略化とイノベーションの加速

Amazon Web Services (AWS)でグローバルSAPビジネス責任者を務めるFernando Castilloによる記事です。 今週、私がAmazon Web Services (AWS)のチームの一員としてSAPPHIRE NOWに参加する5周年目を迎えます。 私たちは、この5年間で数千のお客様がSAPをAWSに移行する道のりのお手伝いをすることができました。 この期間に私は世界中を行き来し、多くのSAP顧客とつながり、お客様の課題を理解して、目標を乗り越えて達成する方法を探し出すお手伝いの機会を得ました。初期のころのSeaco、Coca-Cola IcecekやBP、 最近のAIG、ENGIE、Bristol-Myers Squibb、ファーストリテイリング、FirstGroup、そして他の多くのお客様との交流を通じ、AWS移行の主な利点として、技術的負債の返済とイノベーションの加速という2つの共通のテーマが浮上していました。

Read More

今すぐ利用可能 – AWS上でSAP S/4HANAを迅速に展開するためのクイックスタート

Amazon Web Services (AWS)でSAPソリューションアーキテクトを務めるKuang-Shih Howard Leeによる記事です。 今日のビジネスの世界では、スピードがすべてです。企業は、複雑なテクノロジーや展開モデルに対応しながら、一歩先へ行くためにペースを上げてIT資産を変革する必要があります。Amazon Web Services (AWS)では、お客様が時間とリソースを節約できるよう、クラウドへのSAPソフトウェアの導入を簡素化し、そして迅速に追従することに取り組んでいます。手動だと完了まで数日から数週間はかかっていた導入作業に対し、SAP S/4HANAワークロードをAWSクラウド上に3時間以内で展開できる新しいSAP S/4HANA用のAWSクイックスタートを発表できたことを嬉しく思います。 SAP S/4HANAは、コアのエンタープライズビジネス機能をサポートするSAP社の最新世代のエンタープライズリソースプランニング (ERP)ソフトウェアパッケージで、SAP HANAインメモリデータベースに最適化されています。最近リリースしたAmazon EC2 High Memory インスタンスにより、現在SAPを利用しているお客様は、非常に大規模なSAP S/4HANAの展開のためにSAP HANAデータベースをスケールアップ (最大12TBメモリ)、あるいはスケールアウト (最大48TBメモリ)することができます。詳細については、AWSのWebサイトのSAP S/4HANA on AWSを参照してください。

Read More