Amazon Web Services ブログ

Category: SAP

インフラストラクチャを超えて: スタートアップのスピードでビジネス変革に取り組む方法

Steven JonesはAmazon Web Services (AWS)のテクノロジーディレクターで、KK RamamoorthyはSAPデジタルコンサルタントです。 私たちのお客様は、SAPワークロードをAWSに移行することでビジネス上の大きなメリットを享受されています。例えば、オーストラリア大手の包装・リサイクル会社であるVisyは、SAPシステムをAWSに移行したことで、数週間から数ヶ月かかっていたSAP導入のプロビジョニング時間を数日に短縮でき、パフォーマンスは最大46%向上しました。SAPワークロードをAWSに移行した他の多くのお客様にも、同様のメリットを享受いただいています (ケーススタディーをご参照ください)。 これらはビジネス上の具体的かつ重要なメリットですが、多くの場合、AWSへの移行がお客様のイノベーションの第一歩になります。お客様は、AWSインフラストラクチャ上で基盤を構築した後、SAPへの投資として、拡張または統合できるアプリケーションにより、ビジネス全体を変革し、費用を節約し、実験を行い、そして市場投入をより迅速に進めます。 お客様は、ビッグデータ & アナリティクス、IoT、アプリケーション & APIs、DevOpsの4つの柱に焦点を当てて、ビジネス変革を実現しようとされています。これらの重点分野はすべて、AWSの機械学習とコンピューティングサービスの強力な基盤によってサポートされています。これらのソリューションの多くは、AWSで直接構築することも、SAP Cloud Platform (SCP)を使用して構築することもできます。SCPは世界中の4つのAWSリージョンで利用可能です。 4つの柱によりビジネス変革を実現する好機として、詳細を知るためにSA​​PPHIRE NOWの現場を見に行きましょう。

Read More

Amazon API Gatewayを使用したSAP用APIのデプロイ

この記事は、Amazon Web Services (AWS)のSAPデジタルコンサルタント、KK Ramamoorthyによるものです。 お客様、パートナー、そして従業員は、様々なチャネルによるシームレスかつセキュアなユーザー体験を求めています。例えば、Amazon Alexaのような音声認識デバイスを使用して注文するお客様は、モバイルデバイスでも同じ体験を必要とするでしょう。あるいは、モバイルアプリを使用してトレーニングマニュアルにアクセスしているフィールドテクニシャンは、拡張現実アプリでもこれらのマニュアルにアクセスして表示できる必要があります。 このような統一されたユーザー体験を実現するには、アプリケーションプログラミングインターフェイス (API)が重要な役割を果たします。APIとAPI管理プラットフォームにより、使いやすいドメインドリブンのサービスをアジャイル型で、柔軟性、安全性、拡張性のある方法で公開できます。

Read More

AWS SMSを使用したSAPワークロードのAWSクラウド移行

この記事は、Amazon Web Services (AWS)のソリューション アーキテクト、Harpreet SinghとDevendra Singhによるものです。 AWS Server Migration Service (AWS SMS)は、オンプレミスのVMware vSphereあるいはMicrosoft Hyper-Vの仮想マシンをAWSクラウドに移行するためのエージェントレスサービスです。このブログ記事では、AWS SMSの主な利点を説明し、このサービスを使用して仮想化されたオンプレミス(またはプライベートクラウド)のSAPワークロードをAWSクラウド上のAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスに移行する方法を説明します。 AWS SMSを使用することの利点を以下にいくつか記載します: 簡略化された移行: ソース環境を設定した後、AWSマネジメントコンソールからレプリケーションジョブをスケジュールすることで、仮想マシンを簡単に移行できます。レプリケーションからAmazon Machine Image (AMI)の作成は、レプリケーションジョブを実行した時に自動的に処理される4段階のプロセスから成ります。 増分移行: AWS SMSはライブ環境を増分的にレプリケーションすることができ、移行プロセスを大幅にスピードアップすることができます。本稼働環境がAWSクラウドにレプリケーションされている間も、本稼働環境を利用し続けることができます。 ダウンタイム最小化: 増分レプリケーション中は本稼働運用に影響ありません。ただし、最終的なレプリケーション(カットオーバー)にはダウンタイムが必要です。 並列移行: AWS SMSでは、複数の仮想マシンを並行して移行できます。この機能を使用すると、ランドスケープ全体を移行することができます(例えば、すべての開発システムを一度に移行し、それから品質保証システムを移行するなど)。 AWS SMSは無償で使用できます。ただし、レプリケーション中は、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) スナップショットが作成され、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)にこれらのスナップショットが保存されるため、これらのリソースに関連するコストが発生します。料金についての情報は、AWSウェブサイトを参照してください。 このブログ記事では、AWS SMSの一般的なレプリケーションプロセスについて説明し、次にAWS SMSを使用したSAPワークロードの移行方法について説明します。

Read More

APNパートナーLinkeによるSAPワークロードにおけるAWSの力の活用

AWSでパートナー ソリューション アーキテクトを務めるFrancisco Javier Garcia Romeroによる記事です。 企業の中核となるSAPワークロードに対するAmazon Web Services (AWS)の採用の速度は、過去数年間着実に拡大し続けています。2018年も既に、AWSクラウドへのSAPワークロードの移行と展開における需要と関心がこれまで以上に高まっていることを感じています。 AWS Partner Network (APN) プレミアコンサルティングパートナーでAWS SAPコンピテンシーを保有するLinkeは、新しいSAPの導入、SAP HANAへのデータベース移行、あるいはAWSサービスとSAPシステムの統合プロジェクトを含む、SAPを中心とした企業のデジタル変革戦略の実行を支援します。

Read More

APNパートナーLemongrassのMiCloudによるSAPを中心とした組織の変革

AWSでSAP専門のパートナー ソリューション アーキテクトを務めるJohn Studdertによる記事です。 SAPは世界中の大企業の中枢を担うミッションクリティカルなソフトウェアを提供していることで知られています。私たちのお客様の多くは、重要なSAP本稼働システムをAmazon Web Services (AWS)上で長年にわたって運用してきました。 AWS Partner Network (APN) アドバンスドコンサルティングパートナーでAWS SAPコンピテンシーを保有するLemongrassは、2010年以降、SAP on AWSだけに注力しています。お客様の移行と構築作業において一貫して大きな成果を上げており、さらにMiCloudアプリケーションスイートによるマネージドサービスを提供しています。

Read More

クイックスタートによるAWSクラウドへのSAP NetWeaverの展開

Somckit Khemmanivanhは、Amazon Web Services(AWS)のSAP Solutions Architectです。 現在、AWSクラウド上の244 GiBから4 TiB RAMのスケールアップ、あるいは最大50 TiB RAMのスケールアウトで認定されているSAP HANAシステムの自動的なプロビジョニングとインストールのために、AWS SAP HANAクイックスタートは利用されていますか?FAST移行プログラムの移行戦略の一環としてSAP HANAクイックスタートを使われているかもしれません。もし、SAP HANAシステムとして1つ、あるいは複数のSAPアプリケーションをプロビジョニング、インストールしたいとき、これらと同様なシナリオを必要としていないでしょうか。少し前までは、独自のAWS CloudFormationテンプレートを作成するか、自動的にAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2) インスタンスをプロビジョニングして、SAPシステムをインストールするカスタムスクリプトを開発する必要がありました。今回のSAP NetWeaverクイックスタートにより、これらの面倒な仕組みづくりや手作業を排除できます。お客様に必要なすべてのこれらのタスクが実行されるので、お客様は他のビジネスクリティカルな活動に集中することができます。 SAP NetWeaverは、SAP アプリケーションを開発・実行するための一連のテクノロジーを提供する基盤コンポーネントです。SAP Business Suite、SAP S/4HANA、SAP Business Warehouse(SAP BW)、および SAP BW/4HANAなどのSAP製品やアプリケーションは、SAP NetWeaverに依存しています。クイックスタートは、AWSベストプラクティスに従い、AWS上に主要なテクノロジーをデプロイするためのAWS CloudFormationテンプレートを使用して、リファレンスの展開を自動化します。このクイックスタートは、Advanced Business Application Programming(ABAP)用のSAP NetWeaver Application Server(AS)を展開し、SAP HANAデータベース用のABAPベースのアプリケーション開発をサポートします。SAP HANAクイックスタートと統合されており、引き続き個別に展開することもできます。 このクイックスタートは、AWSクラウド環境にSAPアプリケーションサーバを展開し、これらのサーバをSAP HANAシステムと接続して統合します。その結果、完全にプロビジョニングされ、自動的にインストールされたSAPシステムがSAP HANA上で実行されます。 以下は、SAP NetWeaverクイックスタートが展開するアーキテクチャの概要です。 このクイックスタートでは、お客様のAWSアカウントにおける仮想プライベートクラウド(VPC)内に、SAPアプリケーション層、SAP HANAデータベース層、リモートデスクトッププロトコル(RDP)、および踏み台ホストを展開します。この展開には、SAPシステムの機能を提供するプライマリアプリケーションサーバ(PAS)インスタンスと、SAPアプリケーション層をスケールアウトするためのオプションであるアディショナルアプリケーションサーバ(AAS)インスタンスを含みます。 システムを異なった方法で構築したい場合は、GitHubリポジトリからAWS CloudFormationテンプレートとスクリプトをダウンロードし、お客様の固有要件に合わせてカスタマイズすることができます。 AWS上でSAP […]

Read More

SAP HANA Dynamic Tiering – AWSクラウド上で検証済み、およびサポート開始

この記事は、Amazon Web Services(AWS)でSAP Solutions Architectを務めるSomckit KhemmanivanhとRahul Kabraによるものです。 私たちは、パートナーであるSAP社と緊密に連携しており、AWSクラウド上でのSAP HANA Dynamic Tieringを検証してきました。AWSがSAP HANA Dynamic Tieringのプラットフォームとしてサポートされたことを発表でき、非常に嬉しく思います。SAP HANA Dynamic Tiering Product Managerを務めるCourtney Claussenの発表もご覧ください。ここでは、Dynamic TieringとAWS上での活用におけるメリットについて詳しく説明します。 SAP HANA Dynamic Tieringにより、SAP HANAデータベースは、Dynamic Tieringのサービス(esserver process)を稼働している別の専用ホスト上にウォームデータを格納できるようになります。Dynamic Tieringを使用すると、ウォームデータを格納して処理するためのマルチストアおよび拡張テーブルを作成できます。 Dynamic Tieringには以下の3つの大きなメリットがあります: 頻繁にアクセスされない古いデータを統合ディスク層にオフロードできます。 優れたパフォーマンスでディスク層のデータにアクセスできます。 SAP HANAシステムの総所有コスト(TCO)を大幅に削減します。 Courtney Claussenが、少し前にDynamic Tieringの非常に魅力的なユースケースについてのブログ記事を公開しています。電力・公益事業のお客様の請求処理の一環として、500万レコードが処理されました。これらのレコードは、SAP HANAだけで実行しているときには53分で処理できました。このベースラインが確立された後、500万レコードの25%をDynamic Tieringのマルチストアテーブルに移行しました。その結果、テーブル行の75%がSAP HANAに配置され、残り25%がDynamic Tieringに配置されます。請求処理を再度繰り返した結果、合計実行時間は58分、つまり実行時間はわずか10%の低下に留まっており、これは大幅な低コスト化をしつつ、ほぼ同等の性能を実現できることを意味します。 これらの驚くべき結果とお客様からのフィードバックが、SAP社と緊密に連携してAWSクラウド上のSAP HANA Dynamic Tieringを検証する動機になり、現在、AWSのお客様はこのサービスのパフォーマンス、コスト削減、および今後のイノベーションの恩恵を受けることができます。 AWSでは、認定されたSAP HANAシステム(244 GiB RAMから最大4 TiB RAMまでの範囲)を小規模から始め、要件の変更に応じて規模を拡大することができます。同様に、Dynamic Tieringでも、ニーズ、ワークロード、ユーザー、およびトラフィックパターンの変更に応じて、小規模から始めて容量を追加していくことができます。例えば、4 TiBのSAP HANAシステムを使用している場合、私たちが検証済みの488 […]

Read More

SAP Hybris CommerceのデータベースとしてAmazon AuroraがSAP認定を取得

Bill Timmは、Amazon Web Services (AWS)のパートナー ソリューション アーキテクトです。 AWS上のSAP Hybris CommerceのデータベースとしてAmazon AuroraがSAP認定を取得したことを発表します。 Amazon Auroraとは? Amazon Auroraは、ハイエンドの商用データベースが持つスピードと可用性に、オープンソースデータベースのシンプルさとコスト効率を組み合わせた、MySQLと互換性のあるリレーショナルデータベースエンジンです。Amazon Auroraは、商用データベースと同等のセキュリティ、可用性、信頼性を10分の1のコストで実現し、MySQLより最大5倍の優れた性能を提供します。 Amazon Auroraの利点 完全マネージド型 – Amazon Auroraは、完全マネージド型のデータベースサービスです。SAP Hybris CommerceシステムをAmazon Auroraで実行することで、お客様はハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのパッチ適用、設定、構成、監視、あるいはバックアップなどのデータベース管理タスクについて頭を悩ませる必要がなくなります。Amazon Auroraでは、データベースを自動的かつ継続的に監視して、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)にバックアップし、きめ細かいポイントインタイムリカバリを可能にします。 高い可用性と耐久性 – SAP Hybris CommerceシステムをAmazon Auroraで実行することで、Amazon Auroraの高可用性機能を適用できます。Amazon Auroraは、99.99%以上の可用性を提供するように設計されています。物理的なストレージ障害からの復旧は透過的であり、インスタンスのフェイルオーバーは通常30秒未満です。Amazon Auroraのストレージは耐障害性と自己修復機能を備えています。3つのアベイラビリティゾーン間でデータのコピーが6つ作成され、Amazon S3に連続してバックアップされます。 優れたスケーラビリティ – Amazon Auroraは、2 vCPU / 4 GiBメモリーを持つインスタンスから、32 vCPU / 244 GiBメモリーを持つインスタンスまで拡張できます。また、3つのアベイラビリティゾーン間でレイテンシーの低いリードレプリカを最大15個追加できるため、読み取りのキャパシティをさらに拡張することもできます。Amazon Auroraは、10 GiBから64 TiBまで、必要に応じて自動的にストレージを拡張します。 高性能 – Amazon Auroraは、同じハードウェア上で動作する一般的なMySQLのスループットの5倍、または一般的なPostgreSQLのスループットの3倍を提供します。この一貫した性能は商用データベースと同等にも関わらず、コストは10分の1で済みます。Amazon […]

Read More

AWSインスタンスの新しいSAP認定とベンチマーク結果の世界記録

Steven Jonesは、Amazon Web Services(AWS)のテクニカルディレクターを務めています。 私がAmazon Web Services(AWS)で働いていて最も楽しんでいることは、ミッションクリティカルなワークロードをAWSクラウドに移行するための個々の移行戦略を開発し、遂行する際に、お客様と緊密な関係が持てる機会です。最も重要なのは、私たちのロードマップの推進に必要なのは、こういったタイプの会話ということです。 2016年5月、AWSクラウド上に大規模なSAP HANAを実装する目的で設計された、2TBのRAMを備えたx1.32xlargeインスタンスタイプが利用可能になったことを発表しました。 2016年8月には、最大7つのノードつまり14TBのRAMを備えた大規模スケールアウト構成のSAP HANAクラスタのSAP認定取得とサポート開始を発表しました。 これに続いて、2016年10月に、1TBのRAMを搭載したx1.16xlargeインスタンスタイプを追加しました。 今年の5月に遡ると、単一システムで大量のRAMを必要とする実装のために4TBのRAMを備えたx1e.32xlargeインスタンスタイプを、またx1.32xlargeインスタンスを17ノードつまり34TBのRAMを備えた非常に大規模スケールアウト構成のSAP HANAクラスタにおけるSAPサポート開始を、そして2018年までのロードマップとして8TBから16TBのRAMを備えたより大きなAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンスの計画を発表しています。 私たちは、SAPワークロードにおける更なる導入の選択肢をサポートするために、継続していくつかのアップデートを行っています。今月初めに5つの小さなX1eサイズを提供開始しました。これらの追加のインスタンスタイプは、anyDB(SQL Server、Oracle、IBM Db2など)で稼働するSAP NetWeaver向けのSAP認定を取得済みで、今すぐご利用いただけます。CPUに対してメモリの比率が高いため、これらのX1eサイズはデータベースインスタンスに最適です。 インスタンスタイプ vCPUs メモリ(GiB) ネットワーク性能 SAPS x1e.xlarge 4 122 最大10Gbps 4,109 x1e.2xlarge 8 244 最大10Gbps 8,219 x1e.4xlarge 16 488 最大10Gbps 16,438 x1e.8xlarge 32 976 最大10Gbps 32,875 x1e.16xlarge 64 1,952 10Gbps 65,750 x1e.32xlarge 128 3,904 […]

Read More

SAP on AWSにおけるVPCサブネットのゾーニングパターン 第3回:内部および外部接続

この記事は、Amazon Web Services(AWS)のソリューション アーキテクト、Harpreet SinghとDerek Ewellによるものです。 VPCサブネットのゾーニングパターンに関するシリーズ記事の第1回目では、SAPアプリケーションへのいくつかの接続方法を紹介し、内部専用接続のためのAmazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC) サブネットのゾーニングパターンについて詳細を説明しました。第2回目では、従来のアプリケーションにおけるネットワークのゾーニングをAWS上でどのように実装できるか説明しました。このシリーズの最後の記事として、内部接続と外部接続の両方を必要とするSAPアプリケーションの接続パターンを説明します。外部ソースからの接続は管理されていてもよく(つまり、既知の外部の関係者を含む)、管理されていない(つまり、公開されていてもよい)場合もあります。両方のシナリオについて説明します。 内部および管理された外部接続 外部向けインターフェースに対する信頼された外部の関係者からの接続と、内部向けインターフェースに対するSAPと非SAPシステム間またはどちらかの間の接続が必要となる、SAP Process Orchestration(PO)とSAP Process Integration(PI)がこのシナリオの典型的な例です。内部向けインターフェースは簡単に管理できます。基本的には、ルートテーブル、ネットワークアクセスコントロールリスト(ACL)、およびセキュリティグループに適切なトラフィックを定義します。しかしながら、外部接続を安全に提供することには課題があります。そこで、信頼できる外部の関係者からのトラフィックの入口と出口に着目しましょう。典型的な選択肢が4つあります。 入口と出口の両方のための仮想プライベートネットワーク(VPN)接続 入口用のElastic Load Balancing、および出口用のネットワークアドレス変換(NAT)ゲートウェイ NATデバイス(NATインスタンスまたはNATゲートウェイ) リバースプロキシ VPN接続 (入口と出口) 信頼できる外部の関係者と専用の仮想接続を作成する場合は、VPCでVirtual Private Gateway(VGW)を使用するか、パブリックサブネット内にAWS Marketplaceで公開されているような独自のソフトウェアVPNサーバを使用することで、サイト間IPsec VPN接続を確立できます。 注釈   この記事のアーキテクチャ図では、簡単にするために単一のアベイラビリティゾーンで示しています。実際には、高可用性を実現するために、少なくとも2つのアベイラビリティゾーンにわたってソリューションを構成することをお勧めします。 図 1: 管理された外部接続のためのVPNコネクション Elastic Load Balancing (入口) / NATゲートウェイ (出口) Elastic Load Balancingには、次の3つのタイプがあります。 Classic Load Balancer Network Load Balancer Application Load Balancer […]

Read More