Amazon Web Services ブログ

Category: Thought Leadership

tape-measure

トランスフォーメーションの成功を測定する

自社のクラウドジャーニーおよびデジタルトランスフォーメーションが成功しているかは、どのようにすれば分かるでしょうか?もしくは、デジタルイニシアチブ (訳注:デジタル化への取り組みや新規構想戦略) を計画する際には、どのようなメリットを期待するべきで、それらはどのように会社の業績に反映されるのでしょうか? 今日のビジネス環境の不確実性と変化を考えると、結果を測定するための安定したベースラインを見つけることが難しい場合があります。一方、クラウドと DevOps を活用すると、継続的な学習と調整が容易になります。つまり、すべての不確実性と変化に対処し、意図したメリットを実現できます。 このブログ投稿では、役立つと思われるいくつかのフレームワークをご提案します。

Read More

VMware Cloud on AWS Outpostsの基礎についての深掘り

AWS で Sr. Manager, Solutions Architecture を務める Aarthi Raju と Sr. Partner Solutions Architect を務める Schneider Larbi による記事です。 お客様がワークロードのモダナイズとクラウドへの移行を検討する際、ユースケースによっては完全にクラウドに移行し、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) やコンテナ、サーバーレスアーキテクチャにアプリケーションを実装することを選択する方もいらっしゃいます。 vSphere ワークロードを持つお客様は、VMware Cloud on AWS を利用して、アプリケーションを高速かつシームレスにクラウドに移行しています。 VMware Cloud on AWS では、アプリケーションのコードやロジックをリファクタリングや変更することなく、ワークロードをより迅速に移行することができます。我々のチームは、vSphere のワークロードをクラウドに移行するお客様と仕事をしていく中で、低レイテンシー、ローカルでのデータ処理、あるいはデータのガバナンスやコンプライアンスなどの要件により、特定のワークロードについてはオンプレミスやエッジに残す必要があるとフィードバックを受け取りました。 Amazon Web Services (AWS) は、vSphere をご利用のお客様のこうしたユースケースに対応するため、VMware Cloud on AWS Outposts を発表しました。このサービスは、企業がこれらのワークロードを、オンプレミスのフルマネージドな VMware Cloud on AWS スタック上で実行できるようにするものです。 VMware Cloud […]

Read More

エンタープライズ戦略ブログ 2021 : 年末のまとめ

概要 年間を通じて私たちが話す AWS のカスタマーエグゼクティブにとって最も重要と思われるトピックについてブログに投稿しています。エンタープライズ戦略チームの私たち一人一人は、企業文化の変革、組織構造、企業ポリシー、ガバナンスモデル、投資戦略などのデジタルトランスフォーメーションにおける課題を支援するために、通常は最上級のエグゼクティブレベルで、年間 100 〜 200 回の顧客会議を開催しています。 それらの会議は私たちにお客様の関心事を聞く機会を与えてくれます。年末の静かな時期は 1 年を振り返り、どのようなパターンが現れたのかを確認する機会を与えてくれます。毎年恒例のブログ投稿まとめでは 1 年を振り返り、テーマ別にブログ投稿を整理します。

Read More

リフトアンドシフト:クラウドトランスフォーメーション中にサーバーを AWS にリホストする

訳注:本ブログにおいての「リフトアンドシフト」はリホストと同義としています。AWSではリフトとシフトは別のステップではなく、現行の物理サーバーや仮想サーバーの構成をそのままクラウドに移行することをリホストとしています。 クラウドを最大限に活用するには、大抵の組織でプロセス、ガバナンスモデル、およびテクニカルアーキテクチャを変更する必要があります。しかし、それは単にアプリケーションを「リフトアンドシフト」するだけでは価値がないという意味ではありません。「リフトアンドシフト」は、クラウドジャーニーの素晴らしい第一歩になりえます。アジャイルな作業方法に沿って、リスクを管理し、徐々に進捗させ、しかし迅速に利益を得られるようにするのはアイデアとして申し分ありません。まずは、リホストするだけでも、価値の向上の最初の段階として役立ちます。その後、クラウドネイティブアーキテクチャで再構築し、プロセスとガバナンスモデルを変更することで、(かなりの) 付加価値がもたらされます。このブログ記事では、ダミアン レナーとヤニフ エールリッヒが説明します。 −マーク

Read More

Earth Day に考える「AWS のクラウド活用でできるサステナビリティ」

みなさん、こんにちは。AWS で事業開発統括本部 統括本部長 兼 サステナビリティ推進室 室長の佐藤有紀子です。2022 年 4 月 22 日の Earth Day より、これからブログを通して皆さんと一緒にサステナビリティを考えていきたいと思います。 4 月 22 日は Earth Day(別名:地球の日)で、地球環境について考える日です。今回のブログでは、地球規模での課題になっている気候変動対策について、Amazon と AWS の取り組みをご紹介させていただくと同時に、お客様のサスティナビリティー(持続可能性)に、AWS のクラウドサービスがどのように貢献できるのかを紹介したいと思います。

Read More

スケーラブルなチェックサムの構築

メディア&エンターテインメント業界のお客様は様々なフォーマットのデジタルアセットに触れています。一般的なアセットには、デジタルカメラネガティブ、フィルムスキャン、ポストプロダクションレンダリングなどがあり、これらはすべてビジネスに不可欠です。アセットがワークフローの中で、あるステップから次のステップに進む時に、お客様は、ネットワークの破損やハードドライブの故障、その他意図しない問題により、そのファイルが変更されていないことを確認したいと望んでいます。

Read More

クラウドの1兆ドルの価値を解き放つ

クラウド移行のビジネスケース 私はこれまで、いくつかの企業がクラウドのビジネスケース(大きな投資や戦略的取り組みを行う際に、それによって組織が得られる価値や経済的利益を説明する文書のこと。実施の妥当性を判断するために利用される)を組み立てて精査するのに苦労しているのを見てきました。 直感的に、彼らはその投資が根拠のあるものであることを分かっています。しかしながら、彼らはインフラストラクチャのニーズを予測することに行き詰まり、クラウド化の推進を企業全体のより広範なROIに結び付けることに困難を感じています。幸い、クラウドから期待できる利益を明確にするためのより良い方法があります。あなたの会社の状況を、マッキンゼーのような専門家によって確立されたベースライン指標と比較することで、クラウド化による各種メリットを定量化し、それらのメリットの実現に向けてクラウド化を推進できます。

Read More

「クラウドによる経済成長の実現」に関するホワイトペーパーの公表

2022年4月8日、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、ホワイトペーパー「クラウドによる経済成長の実現」を発表しました。このホワイトペーパーの執筆に関し、AWSも協力しています。今回のブログでは、AWSジャパン公共政策部より、このホワイトペーパーの概要と今後予定されている関連イベントをご紹介します。

Read More

”冷戦期”のデータ分類を刷新し、行政のDXを加速する

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「データ分類のポリシーを、クラウドに相応しいものにアップデートした英国政府の取り組み」について紹介します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、AWS Public Sector Blog へ掲載された「How updating Cold War era data classification unblocked government digital transformation」と題した投稿の翻訳となります。)

Read More
im-a-mature-cloud-adopter-now-what

クラウド利用には成熟しています。次は何を?

多くの企業はすでに、クラウドの利用経験が豊富です。 彼らはワークロードのかなりの部分を移行し、必要なクラウドスキルを学び、積極的なセキュリティ体制を確立し、少なくとも初期の実行可能な運用モデルを開発しました。 次は何ですか? クラウドの価値を最大化するために、その基盤上にどのように構築しますか? ここにいくつかの提案があります。

Read More