Amazon Web Services ブログ

Category: Thought Leadership

クラウドの1兆ドルの価値を解き放つ

クラウド移行のビジネスケース 私はこれまで、いくつかの企業がクラウドのビジネスケース(大きな投資や戦略的取り組みを行う際に、それによって組織が得られる価値や経済的利益を説明する文書のこと。実施の妥当性を判断するために利用される)を組み立てて精査するのに苦労しているのを見てきました。 直感的に、彼らはその投資が根拠のあるものであることを分かっています。しかしながら、彼らはインフラストラクチャのニーズを予測することに行き詰まり、クラウド化の推進を企業全体のより広範なROIに結び付けることに困難を感じています。幸い、クラウドから期待できる利益を明確にするためのより良い方法があります。あなたの会社の状況を、マッキンゼーのような専門家によって確立されたベースライン指標と比較することで、クラウド化による各種メリットを定量化し、それらのメリットの実現に向けてクラウド化を推進できます。

Read More

クラウド人材育成のため、AWSはアジア太平洋地域と日本での支援を強化

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「アジア太平洋・日本(APJ)地域におけるデジタル人材育成の取り組み」について紹介します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、AWS Public Sector Blog へ掲載された投稿の翻訳となります。)

Read More

CCOEを構築するときに避けるべき7つの落とし穴

Cloud Center of Excellence (CCOE)を設立することは、多くの場合、企業のクラウドへの移行を迅速に開始し、ベストプラクティスと長期的な適合性を考慮して移行をガイドするための優れた方法です。 そういった企業は、クラウドのベストプラクティスに関する専門家のチームを編成し、彼らのスキルとクラウドへの情熱を利用して、その企業の残りのクラウドトランスフォーメーションに緊急性を与えています。 AWSでは、CCOEを設立するときに組織がうまくいかない可能性のあるいくつかのやり方を特定しました。 このブログ投稿では、AWSのシニアパートナーソリューションアーキテクトであるNéstor GándaraとEric Linが、これらの落とし穴を回避し、CCOEの可能性を最大限に引き出す方法を示します。 ―Mark

Read More
Cloud Transformation Flywheel

『V1 AWS設計(AWS移行時の初期設計)』のための効果的な意思決定

自組織の既存のビジネスアプリケーション・ポートフォリオを確認して、『V1 AWS設計』すなわち、AWSへ移行するための最初のアーキテクチャ設計を作成する場合、しばしば進捗を阻む以下の2つの主要な事象への対処を検討しなければなりません。 技術チームは、モダナイゼーションとマイグレーションのバランスが取れた明確なパスを見つける必要があります。 プラットフォームを変革するための明確な基準を提供するとともに、既存のシステム上でも新しいビジネス・ケイパビリティ(機能のリリースなど)を提供し続ける必要があります。 クラウド化の流れを加速してV1 AWS設計を実装するには、確立された効率的な意思決定プロセスを持つことが極めて重要であることが分かってきました。このプロセスを成功させるには、スピードのバランスを取り、モダナイゼーションの足かせとなる技術的負債に対処し、優先度の低い最適化はシステムをAWS上に配置した後まで延期するアプローチが有効と言えます。 このブログでは、AWSへの初期移行(V1)の明確なパスの決定方法、アプリケーションとインフラのアーキテクチャおよび構成をどの程度変革するか、そしてアプリケーションをAWSに移行する際の段階的なデプロイ自動化の程度に関して、効果的な決定を行う方法を紹介します。

Read More

未来のクラウド人材を育てる。北九州高専 4年生向けに講義を実施。

今回のブログでは、 AWSジャパンより、2021年10月19日(木)に開催された、北九州高専(北九州工業高等専門学校) 生産デザイン工学科知能ロボットシステムコース4年生の皆さん向けに実施した、3コマの講義の模様をお届けします。「クラウドって何だろう? AWSってどんな会社だろう? どうしてAmazonがクラウド?」──などの疑問に対し、STEM教育を最前線で学ぶ高専の皆さんに分かりやく説明することを心掛けました。  ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。AWSジャパンでは、「学び」の機会拡大を支援しています。クラウドについて知りたい、Amazon / AWSのカルチャーについて知りたい──など、AWSとともにクラウドジャーニーへの「第一歩」を歩み始めていただける各種教育機関・公的機関からのセミナー・講義のリクエストをお待ちしています。

Read More

SaaSソリューションの運用を成功させるには

この記事は、Achieving Operational Success of SaaS Solutions を翻訳したものです。 本投稿は、AWS SaaS Factory の Partner Solutions Architect である Ujwal Bukka により寄稿されました。 運用上の優秀性は、SaaS (Software-as-a-Service) プロバイダーにとって重要な課題です。運用上の優秀性とは、ワークロードを効果的に運用および監視し、サポートするプロセスや手順を継続的に改善してビジネス価値を提供する能力のことです。 それを得るために努力することは、SaaS ソリューションにおけるスムーズな運用、ひいては最適なカスタマーエクスペリエンスの確保につながります。 マルチテナント環境を運用する場合、SaaS プロバイダーは各テナントの現在のステータスを把握し、自動化されたプロセスが新規および既存のテナントに対して同一かつ期待どおりに機能していることを確認し、サポートするプロセスや手順を継続的に改善する必要があります。 マルチテナント環境に関連する運用上の優秀性の設計原則とベストプラクティスには、ソリューションの運用状態を効果的に監視し、管理する能力が含まれます。これには、システムが各テナントや利用プランに対してどの程度効果的にリソースをスケーリングしているかを把握すること、アラートやインサイトを生成するために適切なメトリクスデータを取得すること、テナントのオンボーディングなどの運用プロセスを管理すること、マルチテナント環境におけるテナントのさまざまなニーズをサポートすることなどが含まれます。 今回の記事では、運用上の優秀性の設計原則とベストプラクティスについて確認します。

Read More

速報:AWS Summit Washington, DC 基調講演 – 2021秋

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、この秋に開催された「AWS Summit Washington, DC 基調講演 ハイライト」を紹介します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、米国現地のAWS Public Sector Blog Teamが執筆したブログの翻訳となります。)

Read More

クラウドが公共交通をレジリエントにする: 逆境に強いシステムの構築

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「次世代の公共交通/モビリティ/MaaS/移動体験のあり方を、クラウドを用いて変革する」取り組みを紹介します。AWSでは、類似の取り組みを日本でも推進していくべく、各関係機関との対話を歓迎します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、米国現地のAWS Public Sector Blog Teamが執筆したブログの翻訳となります。)

Read More
のみと槌で彫刻を彫る画像

サービスのサイズとスコープの検討

技術においてマイクロサービスを構築するという逆らい難い流れがありますが、それには正当な理由があります。小さなコンポーネントは、モダンなアプリケーションのデリバリの手法と目的に対してとても相性が良いのです。マイクロサービスは最新のトレンドですが、変更や機能追加、構成の理解や運用が容易であるという、モノリスの利点も無視してはいけません。モノリスでの開発を続けるべきというわけではありませんが、意図を持ってどの道筋や手段を取るかを選択する必要があります。

Read More

機械学習と AWS Inferentia を使用した広告検証のスケーリング

Amazon Advertising は、15 を超える国々のウェブサイト、アプリケーション、ストリーミング TV コンテンツなど、Amazon のストア内外の両方で表示される広告を通じて、企業がブランドを構築し、お買い物をするお客様とつながるのをサポートします。Amazon Marketplace の登録販売者、ベンダー、書籍ベンダー、Kindle ダイレクトパブリッシング (KDP) の著者、アプリケーションデベロッパー、代理店など、あらゆる規模の企業やブランドが、独自の広告クリエイティブをアップロードできます。これには、画像、動画、音声のほか、Amazon で販売されている商品ももちろん含まれます。正確、安全、快適なショッピング体験を促進するために、これらの広告はコンテンツガイドラインに準拠している必要があります。 ここでは簡単な例を挙げます。次の広告のうち 2 つが準拠していない理由がおわかりでしょうか?

Read More