Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Systems Manager

SAPシステムの起動停止自動化をAWS Systems Managerで実現

最近のブログでは、ビルドとオペレーションの両方におけるDevOps for SAPの利点について説明し、AWS Chatbotを使ってStop/Startを開始する方法を探りました。今日は、Linuxオペレーティングシステムにインストールされた分散SAP HANAランドスケープを開始・停止するAWS Systems Managerベースのソリューションをオープンソースで提供することで、SAP運用のためのAWSネイティブサービスの利用を迅速に行うことができるようにします。

Read More

Amazon Managed Service for Prometheus を使用してオンプレミスのメトリクスを収集する

Prometheus は人気の高いオープンソースのメトリクスモニタリングソリューションで、さまざまなワークロードで広く利用されています。Prometheus を使用してコンテナワークロードを監視するのが一般的ですが、Prometheus は Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスやオンプレミス環境の仮想マシン (VM)、サーバーの監視にも使用されています。 Amazon Managed Service for Prometheus (AMP) は、インフラストラクチャおよびアプリケーションメトリクスのための Prometheus 互換のモニタリングサービスであり、お客様は大規模なワークロードを安全にモニタリングすることが容易になります。セルフホスト環境で Prometheus を使用するお客様は、高可用性、拡張性、安全性を備えた Prometheus サーバー環境、メトリクスの長期保存のためのインフラ環境、アクセス制御の管理に課題を抱えています。AMP は AWS Identity and Access Management (IAM) と密に統合されたフルマネージドな環境を提供することで、これらの課題を解決します。

Read More
aws-media-asset-preparation-system-maps

【Edit in the Cloud】AWS Media Asset Preparation System (MAPS)の構築ガイド

はじめに AWS Media Asset Preparation System (AWS MAPS)の紹介ブログ記事では、MAPSがAWSへのメディアのアップロード、ファイル/フォルダの整理、AWSストレージボリューム上でのファイル移動、メディアの準備、権限の割り当て、検索、フィルタリング、コンテンツ配信などの課題をどのように解決するかについて概要を説明しました。この記事では、MAPSが制作プロセスにおいてどのように重要な役割を果たしているかの概要を説明し、お客様の環境にMAPSを導入する方法を詳細に説明するステップバイステップガイドを提供します。  MAPSを導入した後はこのガイドを参考にして、本番制作環境のパイプライン構築に繋げていただければと思います。

Read More

AWS Systems Managerオートメーションランブックを利用して非準拠ステータスのAWS Configルールを修復する

AWS Config は、AWS リソースの設定を評価、監査、審査できるサービスです。一般的なコンプライアンスシナリオに対してはAWS Configマネージドルールを使用することが出来ます。また独自のシナリオに対しては、カスタムルールを作成することも出来ます。 このブログでは、AWS Systems Manager Explorerを使ってAWS Configルールのコンプライアンスステータスを収集する方法について説明していきます。収集範囲は、AWSアカウント内のリージョン全体となります。加えて、Systems Managerオートメーションランブックを使用して、非準拠になっているAWS Configルールを修復する方法についても説明していきます。

Read More
Figure 1: Solution workflow

Amazon CloudWatch エージェントで Apache Flink のメトリクスを収集する

Apache Flink は分散ストリーム処理エンジンです。Amazon EMR では Flink を YARN アプリケーションとして実行することができます。Flink のメトリクスはFlink ウェブインターフェースで可視化することができますが、メトリクスの値に応じた対処をするにはどうしたらよいでしょうか?このブログ記事では、CloudWatch エージェントを使用して Flink のメトリクスを Amazon CloudWatch に収集する方法を紹介します。これによってFlink メトリクスのモニタリングやダッシュボードへの追加、アラームのトリガー、さらにはアラームを契機とするイベントドリブンな処理も実行できるようになります。

Read More

Systems Manager Automation Runbook でスクリプトを活用する

お客様は今まで、 AWS Systems Manager Automationドキュメントを使用して、AWS Lambda 関数の呼び出しや Amazon Machine Image (AMI) のコピーなど、AWS インフラストラクチャで実行する一連のアクションを定義してきました。これらのドキュメントは現在 Runbook と呼ばれており、簡単に使用でき、かつ強力です。 aws:executeScript アクションを使用すると、Python と PowerShell を Runbook に直接埋め込むことができます。

Read More

小売業界での Amazon Interactive Video Service と Amazon Personalize 活用のハウツーガイド

ライブストリーミングの人気はますます高まっており、オンラインでのお客様とのやり取りの新たな機会を拡げています。魅力的なコンテンツを提供するライブストリーミングにより、お客様のオンラインショッピングへの流れを促進し、購買体験をオンラインエンゲージメントの1つに加えることができます。また、オンラインストアが提供するパーソナライズされたレコメンデーションによって適切な商品を適切なタイミングでおすすめすることで、お客様のエンゲージメントとコンバージョンを最大化することができます。 このブログでは、ライブストリーミングとパーソナライゼーションを構成して e コマースサイトに展開する方法の詳細をご紹介します。

Read More

AWS Systems Manager Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合

こちらのブログ記事は、二部構成のうちの二つ目のブログ記事となり、引き続きAWS Systems Manager Incident Managerに関する内容をご紹介していきます。一つ目のブログ記事では、連絡先、エスカレーションプラン、対応プランの作成などの設定手順についてご紹介してきました。このブログ記事では、Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合及び、Incident Managerのコンポーネントを使ったインシデント管理についてご紹介していきます。また、インシデント後の分析方法についてもご紹介していきます。 多くのお客様は、AWS環境のモニタリングにAmazon CloudWatchを利用されています。Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合により、アラームが設定されたしきい値に達すると、インシデントを発生させることが出来ます。まずはアラームを作成しましょう。

Read More

AWS Systems Manager Incident Managerで連絡先、エスカレーションプラン、対応プランを作成する

多くのお客様はオペレーショナル・エクセレンスやパフォーマンス効率向上に効果的なインシデント管理やインシデント対応のソリューションを必要としています。インシデント管理プロセスでは、インシデントによって影響を受ける側と、インシデント対応を行う側の間にある透明性が重要になってきます。今発生しているアプリケーションやワークロードのインシデント対応について、どのチームが最適であるかを判断するには数時間かかることもあります。それに加えて、インシデント対応のプロセスはたいてい手動であり、多くの不確定要素が伴います。特にビジネスインパクトの大きいアプリケーションであればこの状況は望ましくありません。 お客様は多くの場合、社内でインシデントをどのように管理すべきかを課題に感じられていることがあります。 インシデント対応の管理をシンプルにするために、AWS Systems Managerの新機能としてIncident Managerがリリースされました。この機能には、Amazonでのインシデント管理におけるベストプラクティスが組み込まれています。Incident Managerを使用すると、適切な担当者を適切なタイミングでアサインし、インシデントの更新を追跡し、修復アクションを自動化し、チャットでの連携を可能にします。

Read More

AWS Systems Manager の新機能である Incident Manager で IT インシデントを迅速に解決

IT エンジニアは、アプリケーションやインフラストラクチャを構築する自らの能力と配慮に誇りを持っています。しかし、私たちの誰もが、どれほど認めることを嫌がったとしても、100% のアップタイムのようなものは存在しません。ものは、いつしか故障します。そして、その故障が最悪の瞬間に重なることもよくあります。その結果、1 日の終わりや誕生日パーティー、果ては結婚式が台無しになる (ご興味があれば詳しくお話しましょう) ことも多々あります。 静けさを切り裂くポケットベルの音に、当番のエンジニアはサービスを復旧させるため急行します。1 分、1 秒も無駄にできません。たとえば、エンジニアは大量の監視アラートを迅速にフィルタリングし、インシデントの根本原因を特定できなくてはなりません。そんな一刻を争うとき、インシデントの解決に必要な用途別のランブックや手順を探し回って無駄な時間を費やす余裕などありません。午前 3 時、津波のように次から次へと押し寄せる真っ赤なアラートを前に、「どこかに書いておいたはずの」魔法のコマンドを必死に探しているところを想像してみてください。 これは決して心地よいものではありません。

Read More