Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Systems Manager

小売業界での Amazon Interactive Video Service と Amazon Personalize 活用のハウツーガイド

ライブストリーミングの人気はますます高まっており、オンラインでのお客様とのやり取りの新たな機会を拡げています。魅力的なコンテンツを提供するライブストリーミングにより、お客様のオンラインショッピングへの流れを促進し、購買体験をオンラインエンゲージメントの1つに加えることができます。また、オンラインストアが提供するパーソナライズされたレコメンデーションによって適切な商品を適切なタイミングでおすすめすることで、お客様のエンゲージメントとコンバージョンを最大化することができます。 このブログでは、ライブストリーミングとパーソナライゼーションを構成して e コマースサイトに展開する方法の詳細をご紹介します。

Read More

AWS Systems Manager Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合

こちらのブログ記事は、二部構成のうちの二つ目のブログ記事となり、引き続きAWS Systems Manager Incident Managerに関する内容をご紹介していきます。一つ目のブログ記事では、連絡先、エスカレーションプラン、対応プランの作成などの設定手順についてご紹介してきました。このブログ記事では、Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合及び、Incident Managerのコンポーネントを使ったインシデント管理についてご紹介していきます。また、インシデント後の分析方法についてもご紹介していきます。 多くのお客様は、AWS環境のモニタリングにAmazon CloudWatchを利用されています。Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合により、アラームが設定されたしきい値に達すると、インシデントを発生させることが出来ます。まずはアラームを作成しましょう。

Read More

AWS Systems Manager Incident Managerで連絡先、エスカレーションプラン、対応プランを作成する

多くのお客様はオペレーショナル・エクセレンスやパフォーマンス効率向上に効果的なインシデント管理やインシデント対応のソリューションを必要としています。インシデント管理プロセスでは、インシデントによって影響を受ける側と、インシデント対応を行う側の間にある透明性が重要になってきます。今発生しているアプリケーションやワークロードのインシデント対応について、どのチームが最適であるかを判断するには数時間かかることもあります。それに加えて、インシデント対応のプロセスはたいてい手動であり、多くの不確定要素が伴います。特にビジネスインパクトの大きいアプリケーションであればこの状況は望ましくありません。 お客様は多くの場合、社内でインシデントをどのように管理すべきかを課題に感じられていることがあります。 インシデント対応の管理をシンプルにするために、AWS Systems Managerの新機能としてIncident Managerがリリースされました。この機能には、Amazonでのインシデント管理におけるベストプラクティスが組み込まれています。Incident Managerを使用すると、適切な担当者を適切なタイミングでアサインし、インシデントの更新を追跡し、修復アクションを自動化し、チャットでの連携を可能にします。

Read More

AWS Systems Manager の新機能である Incident Manager で IT インシデントを迅速に解決

IT エンジニアは、アプリケーションやインフラストラクチャを構築する自らの能力と配慮に誇りを持っています。しかし、私たちの誰もが、どれほど認めることを嫌がったとしても、100% のアップタイムのようなものは存在しません。ものは、いつしか故障します。そして、その故障が最悪の瞬間に重なることもよくあります。その結果、1 日の終わりや誕生日パーティー、果ては結婚式が台無しになる (ご興味があれば詳しくお話しましょう) ことも多々あります。 静けさを切り裂くポケットベルの音に、当番のエンジニアはサービスを復旧させるため急行します。1 分、1 秒も無駄にできません。たとえば、エンジニアは大量の監視アラートを迅速にフィルタリングし、インシデントの根本原因を特定できなくてはなりません。そんな一刻を争うとき、インシデントの解決に必要な用途別のランブックや手順を探し回って無駄な時間を費やす余裕などありません。午前 3 時、津波のように次から次へと押し寄せる真っ赤なアラートを前に、「どこかに書いておいたはずの」魔法のコマンドを必死に探しているところを想像してみてください。 これは決して心地よいものではありません。

Read More

AWS Systems Managerフリートマネージャーを活用してWindowsワークロードの問題をトラブルシューティングする

クラウドの運用担当エンジニアは、利用料金を予算内に抑えつつ、多数のEC2インスタンスの状態を健全に保つために問題の監視・追跡・解決の可能な仕組みを構築しなければならないという、コストとシステム安定性の両方面で責任を持つことになります。このブログでは、AWS Systems Managerの新機能であるフリートマネージャーと共にOpsCenterとAmazon CloudWatchを活用し、大規模環境で発生する運用上の問題をすばやく検知・追跡・解決する方法をご紹介します。

Read More

AWS Systems Manager Automation を使用して複数のアカウントとリージョンにある AWS リソースを管理する

AWS Systems Manager Automation で AWS リソースの一般的な管理およびメンテナンスタスクが容易になります。Systems Manager Automation を使用すると、ご自分で記述したりコミュニティで公開されたドキュメントを使用したりできる AWS Systems Manager ドキュメント(SSM ドキュメント)の形式で前もって定義済みのタスクやワークフローを実行できます。SSM ドキュメントは、Systems Manager が AWS リソースに対して実行するアクションを定義しますこれらのドキュメントは Systems Manager メンテナンスウィンドウを使ってスケジューリングが可能です。さらに、Amazon CloudWatch Events を使用して、AWS リソースへの変更に基づいてドキュメントをトリガーしたり、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または AWS SDK を通して直接実行したりできます。ドキュメントの各ステップでの実行を追跡したり、ステップの承認を要求したりできます。また、変更を段階的にロールアウトして、エラーが発生した際に自動停止することもできます。 AWS のお客様の多くは複数の AWS アカウントを使用しています。たいていは、AWS Organizations を使用してアカウントを階層に配置し、それらを組織単位(OU)にグループ化しています。OU は、一括請求 (コンソリデーティッドビリング)、ワークロードの分離、管理の分離など、さまざまな目的に使用できます。お客様は、アプリケーションごとに開発、テスト、ステージング、および本番用に個別のアカウントを組織内で作成することがよくあります。 すべてのアカウントに共通する反復的なタスクがあっても、前述のマルチアカウント構造ではそれらを個別に管理することは困難な場合があります。お客様から、次のような一般的なタスクを 1 つの中央/管理アカウントから実行したいとの要望がありました。 パッチ管理 ゴールデン Amazon マシンイメージ (AMI) の作成 SSM エージェントを使用したソフトウェアエージェントの更新 Amazon EC2 インスタンスの開始/停止/再起動 Amazon […]

Read More

新機能 – AWS Systems Manager Fleet Manager

クラウド環境とオンプレミス環境全体で、ますます多様化する IT インフラストラクチャのポートフォリオ管理に関する課題に、組織とそのシステム管理者は日常的に直面しています。さまざまなツール、コンソール、サービス、オペレーティングシステム、手順、ベンダーはどれも、比較的よく見られまた関連性のある管理タスクを複雑にしています。ワークロードが最新化して Linux やオープンソースのソフトウェアが採用されるようになると、上記のシステム管理者は、Windows バックグラウンドからの GUI ベースの管理ツールに精通していても、新しいツール、アプローチ、スキルセットに継続的に適応し、迅速に学習する必要があります。 AWS Systems Manager は、AWS およびオンプレミスのリソースを管理できるオペレーションハブです。本日よりご利用いただけるようになった Fleet Manager は、Systems Manager の新しいコンソールベースの機能です。これにより、システム管理者は、SSH または RDP を使用したリモート接続に頼ることなく、オペレーティングシステムに依存しない方法で、マネージドインスタンスのフリートを単一の場所から表示および管理できるようになります。ドキュメントで説明されているように、マネージドインスタンスには、AWS クラウドとオンプレミスの両方で Windows、Linux、macOS オペレーティングシステムを実行しているインスタンスが含まれます。Fleet Manager では、コンピューティングインスタンスが存在している場所に関係なく、それらを集約して表示します。 クラウドサーバーかオンプレミスサーバーかに関わらず、必要なものは、各マネージドサーバーに Systems Manager エージェントがインストールされており、AWS Identity and Access Management (IAM) のアクセス許可および、Systems Manager の Session Manager で有効になっている AWS Key Management Service (KMS) だけです。これにより、現在使用している高価な管理ツールのライセンス料金を支払う必要がなくなり、複数の環境で実行しているサーバーのリモート管理を、容易かつコスト効率に優れたアプローチで実現できます。先に述べたように、macOS 上で実行中のインスタンスでも動作します。エージェントソフトウェアとアクセス許可を設定すれば、Fleet Manager を使って単一のコンソール環境からサーバーを検索および管理できます。例えば、Amazon CloudWatch エージェントをインストールすることなく、ファイルシステムの移動、Windows サーバー上のレジストリの操作、ユーザーの管理、ログのトラブルシューティング (Windows イベントログの表示を含む)、一般的なパフォーマンスカウンターのモニタリングを行うことができます。 […]

Read More

新機能 – AWS Systems Manager がアプリケーション管理を統合

統合された、シンプルな運用管理を求めるのは、クラウドインフラストラクチャだけに限られるものではありません。当社のお客様では、アプリケーションのポートフォリオを監視および管理するための、“1 つの枠組みによる” アプローチを、お求めになることが増えています。 これらのお客様がおっしゃるのは、アプリケーションの検出と調査に、余分な時間と労力がかかっているということです。DevOps エンジニア達は、調査対象であるアプリケーションの問題に関するコンテキストを取得するために、一般的に複数のコンソールやツールを使用しているというのがその理由です。さらに、リソースの使用量に関するメトリクスや、ログなどの情報ソースを参照することも必要になります。ここで言う “アプリケーション” とは、アプリケーションコードのみを指すのではありません。アプリケーションをホストするためのユニットとして機能するリソースの論理グループや、オペレータのための所有権の境界、さらに開発、ステージング、および実稼働などの各環境なども含まれています。 今回、AWS Systems Manager の新機能として、この Application Manager をご紹介できる運びとなりました。Application Manager を使用すると、複数の AWS のサービスや、Systems Manager の機能に関する運用情報を1 つのコンソールに集約することで、アプリケーションの運用データを簡単に表示できるようになります。 さらに便利な機能として、このサービスでは、アプリケーションの自動検出も行えます。現在、この自動検出機能は、AWS CloudFormation スタックおよび Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) クラスターで実行されているアプリケーション、または AWS Launch Wizard から起動されたアプリケーションに対しご利用いただけます。また、アプリケーションは、リソースグループからも検出できます。 自動検出機能の大きなメリットは、アプリケーションのコンポーネントやリソースが、継続的かつ自動的に最新の状態に維持されることです。加えて、必要に応じてコンポーネントを手動で追加または削除すれば、アプリケーションをいつでも改訂することも可能です。 検出されたアプリケーションを単一のコンソールに統合することで、運用上の問題をより簡単に診断し、最小限の時間と労力で解決できるようになります。アプリケーションのコンポーネントまたはリソースをターゲットとする自動 Runbook を実行することで、運用上の問題の修復に役立てることができます。1 つのコンソールを離れることなく、任意のアプリケーションについてリソースを選択し、関連する詳細内容を調べられます。 たとえば、アプリケーションにより Amazon CloudWatch ログ、運用メトリックス、AWS CloudTrail ログ、および設定変更を表示できるので、複数のツールやコンソールを使用する必要がなくなります。担当のエンジニアは、問題をより迅速に把握できるので、その解決にかかる時間を短縮できます。 Application Manager を使用したアプリケーションの調査 Application Manager には、Systems Manager のホームページからアクセスできます。ページが開いたら、検出されたアプリケーションの概要が表示され、アラームが存在するかをすぐに確認できます。コンテキストを Amazon CloudWatch […]

Read More

AWS Systems Manager Change Manager のご紹介

皆様の元には、お客様からのフィードバックが日常的に届いていることでしょう。それを基に、アプリケーションやインフラストラクチャをくり返し修正し、イノベーションのための改善をされていると思います。クラウドに置いた IT システムの変更は継続的なものです。ただ、現実を見てみると、稼働中のシステムで何かを変えることは、何かを壊すことでもあります。この結果、時には予測できない副作用を引き起こす危険があるのです。テストを何回行ったのかは重要ではありません。一方、変化を加えないということは停滞を意味します。その後に続くのは的外れのサービス提供、そして、その終了という結末です。 そのため、あらゆる規模とタイプの組織が、変更を上手に継続するための文化を、内部に醸成しています。一部の組織では、ITIL v4 で定義されている変更管理プロセスなどのシステムを採用しています。DevOps や、継続的デプロイを導入していたり、他の方法を採用している組織も存在します。いずれの場合にしても、変更管理プロセスを上手く運用するのに大切なのは、ツールを用意することです。 今回、AWS Systems Managerの新しい変更管理機能である、AWS Systems Manager Change Manager がリリースされました。このサービスにより、アプリケーションの構成やインフラストラクチャに対し運用エンジニアが行う、運用的な変更の追跡、承認、実装が簡素化されます。

Read More

re:Invent 2020におけるマネジメントとガバナンス関連セッションのご紹介

AWS re:Inventは、お客様と関わり合い、サービスや機能に関して学び、共有できる、エキサイティングな時期です。現在のパンデミックにより、今年のre:Inventは11月30日から12月18日までの 3 週間にわたって完全オンライン、無料で開催されます。そうです、あなたには参加する権利があるのです。 AWS re:Invent 2020はバーチャルで開催され無料です!!! このブログでは、AWSでのマネジメントとガバナンスに関するセッションのハイライトを紹介します。これらは、ビジネスの俊敏性とガバナンスコントロールの両者を維持しながら、AWS環境を有効化し、プロビジョニングし、そして運用するために、役立つセッションです。各セッションは、世界各地のお客様に向け複数回ブロードキャストされ、すべてあなたの家で快適な環境でご視聴いただけます。これらのセッションのメリットを享受するため、re:Inventに登録してください。

Read More