Amazon Web Services ブログ

Category: Windows on AWS

EC2 Image builder とイメージキャッシュ戦略による Windows コンテナ起動時間の高速化

この記事は、Speeding up Windows container launch times with EC2 Image builder and image cache strategy を翻訳したものです。 本投稿は、Sr. Solution Architect – Microsoft Specialist の Marcio Morales により寄稿されました。 お客様から「コンテナイメージのサイズが原因で、Windows コンテナの起動が速くない」という話を何度も聞いたことがあります。これは部分的には真実ですが、「大きなイメージ」を解明し、ディスク上での高コストな操作 (前処理、原文では extract・ion という言葉を本記事では「前処理」としています) を回避し、Windowsコンテナの起動を高速化するためのキャッシュ戦略をどのように実施するかが重要です。

Read More

[SAP on AWS] Windows Server / SQL Server環境のライセンスオプション

はじめに Amazon Web Services (AWS)では、12年以上前からマイクロソフトのワークロードを実行しており、これは他のどのクラウドプロバイダーよりも最も長いものです。AWSでは、2008年からSAPワークロードが稼働しており、これも他のクラウドプロバイダーよりも長期にわたり数多くの経験を積んできています。現在5000を超えるお客様がAWS上でSAPシステムをご利用頂いていますが、Microsoft SQL Server上でSAPワークロードを稼働する例も多いです。 このブログの目的は、Microsoft SQL Serverデータベース上で稼働しているSAPワークロードを、AWSへ移行するための計画とガイダンスとリソースを提供することです。 これらのSAPワークロードをAWSに移行する際に考慮すべきライセンスオプションを取り上げます。

Read More

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーでエンドユーザーアクセスのセキュリティ通知機能を実装する

このブログはJaroslav Skrickij (Sr. Solutions Architect at AWS)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 AWSでは、セキュリティは最優先事項です。お客様のデータへのエンドユーザーのアクセスを記録することは、多くのお客様の内部セキュリティポリシーやコンプライアンスニーズを満たす上で重要な要素です。エンドユーザーアクセスの監査ログは、定期的なセキュリティ監査やセキュリティインシデントのフォレンジック調査に利用されます。しかしながら、お客様は新たに発生するセキュリティリスクを事前に評価し、悪意のあるユーザーが引き起こす可能性のある被害を軽減するために、不審なアクセスをほぼリアルタイムで知りたいケースもあります。データセキュリティ管理者は、共有ファイルストレージに繰り返し不正アクセスが発生した場合や、大量のファイルが予期せず削除された場合などに、迅速な対応を求められます。

Read More

Amazon ECS での Windows コンテナによるタスクネットワーキング

この記事は Getting started with task networking on Amazon ECS with Windows containers を翻訳したものです。 本日、AWS は Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) で稼働する Windows ワークロード向けに、awsvpc ネットワークモードのサポートを開始しました。この機能は各タスクを独自の Elastic Network Interface (ENI) に関連付けることで、Amazon ECS 上で動作する Windows タスクに EC2 と同じネットワーク機能をもたらします。 この記事では Amazon ECS で実行する Windows コンテナで、 awsvpc ネットワークモードを使用するための手順を説明します。

Read More

Amazon FSx for Windowsで実現、SAP NetWeaverのWSFC構成(高可用性構成)

企業はSAPなどのビジネスクリティカルなアプリケーションをAWSに移行しています。SAPシステムは、世界中のほとんどの企業でミッションクリティカルなワークロードを実行しています。SAPの高可用性(HA)は、企業にとってSAPシステムに関する最優先事項の一つです。サービスレベルマネジメントプロセスの一環として、自社の高可用性要件を明確に理解し、適切な戦略を導入することが重要です。

Read More

AWS Systems Managerフリートマネージャーを活用してWindowsワークロードの問題をトラブルシューティングする

クラウドの運用担当エンジニアは、利用料金を予算内に抑えつつ、多数のEC2インスタンスの状態を健全に保つために問題の監視・追跡・解決の可能な仕組みを構築しなければならないという、コストとシステム安定性の両方面で責任を持つことになります。このブログでは、AWS Systems Managerの新機能であるフリートマネージャーと共にOpsCenterとAmazon CloudWatchを活用し、大規模環境で発生する運用上の問題をすばやく検知・追跡・解決する方法をご紹介します。

Read More

Amazon ECS 上の Linux コンテナでの Windows 認証の使用

この記事は、Using Windows Authentication with Linux Containers on Amazon ECS を翻訳したものです。 本投稿は、Sr Solutions Architect の Matt Cline により寄稿されました。 統合 Windows 認証 (または統合認証) は、クライアントおよびアプリケーションが SQL Server データベースに接続するための推奨メカニズムですが、コンテナ化されたワークロードを実行する場合、統合 Windows 認証の使用は複雑な場合があります。一般的に統合 Windows 認証クライアントは SQL Server データベースと同じドメインに参加しますが、個々のコンテナは恒久的な実行ではないためにドメインに参加することは適切ではありません。 この記事は、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) で実行されている Linux コンテナを設定して、コンテナをドメインに参加させることなく、統合 Windows 認証を使用して SQL Server データベースに接続する方法を示します。この例では AWS Fargate を使用してコンテナを実行しますが、このソリューションを少し変更して別のコンテナランタイムまたはコントロールプレーンにデプロイすることもできます。 概要 この例は Microsoft Active Directory 用のAWS […]

Read More

より低コストで高い性能を実現:SQL ServerのコストパフォーマンスでAWSがAzureを上回る

このブログでは、2021年2月25日にPrincipled Technologies社により発行されたベンチマーク資料をレビューしていきたいと思います。このベンチマークによると、同じSQL Serverワークロードを稼働させる上で、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)のR5b.8xlargeインスタンスがAzure E64_32s_v4 VMよりも低いコストで高い性能を発揮しています。
AWSはWindowsワークロード向けに優れたコストパフォーマンスを提供するだけでなく、クラウド上でWindowsを稼働させるより良い方法をご用意しています。既存のデータベースをEC2にリホストするにも、Amazon Relational Database for SQL Server(RDS)を利用しマネージドサービスに移行するにも、またはクラウドネイティブなデータベースにモダン化するにも、AWSはお客様がクラウドを最大限ご活用いただけるよう必要なサービスを揃えてお待ちしています。

Read More
Amazon FSx architecture diagram

Amazon FSxへのファイルサーバーの移行とAWS Managed Microsoft Active Directoryとの統合

「Amazon FSx」は、他サードパーティ製ファイルシステムのような互換性と同時に多様な用途に堪える様々な機能を提供します。Amazon FSxを活用することによって、ハードウェアの調達・ソフトウェアの設定・パッチ適用・バックアップ等、時間と労力のかかる従来の運用作業を自動化することができます。この記事ではActive Directoryドメイン移行のシナリオにおいて、オンプレミスのファイル共有をAWS DataSyncを用いてどのようにAmazon FSxに移行できるかを説明していきたいと思います。多くのお客様がオンプレミスのADからAWS Managed Microsoft Active Directoryへの移行と同時に、ファイルサーバーもAmazon FSxに移行しています。

Read More