Amazon Web Services ブログ

Category: RDS for SQL Server

Amazon RDS for SQL Server の SQL Server 2014, 2016, 2017 マイナーバージョンのサポート終了のお知らせ

2021年6月1日より、Amazon RDS for SQL Server 2014, 2016, 2017 の下記マイナーバージョンの新しい RDS インスタンスを作成できなくなります。

2014: 12.00.4422.0.v1, 12.00.5000.0.v1 and 12.00.5546.0.v1
2016: 13.00.2164.0.v1, 13.00.4422.0.v1, 13.00.4451.0.v1, 13.00.4466.4.v1, 13.00.4522.0.v1, 13.00.5216.0.v1, 13.00.5292.0.v1, 13.00.5366.0.v1 and 13.00.5426.0.v1
2017: 14.00.1000.169.v1, 14.00.3015.40.v1, 14.00.3035.2.v1, 14.00.3049.1.v1, 14.00.3192.2.v1, and 14.00.3223.3.v1

Read More

Amazon RDS for SQL Server 2012 のサポート終了のお知らせ

Microsoft 社は、SQL Server 2012 のサポートを 2022 年 7 月12 日に終了することを発表しており、それ以降は SQL Server 2012 の Critical Patch Update が Microsoft 社からリリースされなくなります。ご利用の RDS for SQL Server 2012 インスタンスをできるだけ早く別のメジャーバージョンにアップグレードする事をお勧め致します。

Read More

最新情報 – AWS Outposts で Amazon RDS の Microsoft SQL Server インスタンスを作成する

昨年、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) on Outposts を発表しました。これにより、オンプレミス環境にフルマネージドデータベースインスタンスをデプロイできます。AWS Outposts は、ほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミス施設に同じ AWS インフラストラクチャ、AWS サービス、API、ツールを提供し、真に一貫性のあるハイブリッドエクスペリエンスを実現するフルマネージドサービスです。 クラウドでの場合と同様に、オンプレミスでの MySQL および PostgreSQL のリレーショナルデータベースのセットアップ、運用、スケーリングに、Amazon RDS on Outposts をデプロイできます。Amazon RDS on Outposts は、オンプレミスのデータベースのコスト効率とサイズ変更が可能な容量を提供し、インフラストラクチャのプロビジョニング、データベースのセットアップ、パッチ適用、バックアップなどの時間のかかる管理タスクを自動化するため、お客様にはアプリケーションに集中していただけます。 本日は、新しいデータベースエンジンとして、Outposts での Microsoft SQL Server のサポートを発表します。オンプレミスのデータとアプリケーションの近くで実行する必要がある低レイテンシーのワークロード用として、Outposts に SQL Server をデプロイできます。MySQL/PostgreSQL on RDS で現在サポートされているすべての操作は、RDS for SQL Server on Outposts でも実行できます。 Outposts で SQL Server インスタンスを作成する Amazon RDS for SQL […]

Read More

大阪リージョンに2つのアップデート ; AWS Network Firewall と Amazon RDS for SQL Server のMultiAZ 構成

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 大阪リージョンに新たに2つのサービスオプションが追加されましたのでお知らせいたします。 AWS Network Firewall と Amazon RDS for SQL Server のMultiAZ 構成です。 AWS Network Firewall Network Firewall は、すべての Amazon Virtual Private Cloud (VPC) に不可欠なネットワーク保護を簡単にデプロイできるようにするマネージドサービスです。このサービスは、数回クリックするだけでセットアップでき、ネットワークトラフィックに合わせて自動的に拡張されるため、インフラストラクチャのデプロイと管理について心配する必要はありません。提供される柔軟なルールエンジンを使用することで、アウトバウンドのServer Message Block (SMB) リクエストをブロックし悪意のあるアクティビティの拡散を防ぐなど、ネットワークトラフィックを詳細まで制御できるファイアウォールルールを定義できます。 従来VPCには、セキュリティグループと Access Control List という2つのネットワークセキュリティ制御機能がそなわっていました。これらは主にレイヤ3及び4を中心として、IPアドレス、プロトコル、ポートなどの組み合わせでVPCに対するインバウンド、アウトバウンド通信を保護することが可能でした。このNetwork Firewallを組み合わせることで、さらにレイヤ7まで網羅したネットワークセキュリティを簡単に設定することが可能です。 Network FirewallはSuricataというオープンソースルール形式でルールを作成することができ、さらに、AWS Firewall Manager と連携させることができるため、Network Firewall ルールに基づいてポリシーを構築し、それらのポリシーを VPC とアカウント全体に一元的に適用することができます。 2021年4月に大阪リージョンでは新たに、AWS Transit Gateway がサービス提供開始となりましたが、Network Firewall はTransit Gatewayとの連携により、オンプレミス環境との通信における AWS […]

Read More

Amazon RDS Online Seminar 「マルチリージョンを利用した高可用性構成と Amazon Aurora のチューニング」資料・動画及び QA 公開

先日(2021/3/11) に開催した Amazon RDS Online Seminar「マルチリージョンを利用した高可用性構成と Amazon Aurora のチューニング」の資料・動画を公開しました。

Read More

より低コストで高い性能を実現:SQL ServerのコストパフォーマンスでAWSがAzureを上回る

このブログでは、2021年2月25日にPrincipled Technologies社により発行されたベンチマーク資料をレビューしていきたいと思います。このベンチマークによると、同じSQL Serverワークロードを稼働させる上で、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)のR5b.8xlargeインスタンスがAzure E64_32s_v4 VMよりも低いコストで高い性能を発揮しています。
AWSはWindowsワークロード向けに優れたコストパフォーマンスを提供するだけでなく、クラウド上でWindowsを稼働させるより良い方法をご用意しています。既存のデータベースをEC2にリホストするにも、Amazon Relational Database for SQL Server(RDS)を利用しマネージドサービスに移行するにも、またはクラウドネイティブなデータベースにモダン化するにも、AWSはお客様がクラウドを最大限ご活用いただけるよう必要なサービスを揃えてお待ちしています。

Read More

Amazon RDS Online Seminar 第2回 「Amazon RDS for Oracle と Amazon RDS for SQL Server」 資料・動画及び QA 公開

先日(2020/10/15)開催しました 第2回 Amazon RDS Online Seminar「Amazon RDS for Oracle と Amazon RDS for SQL Server」の資料・動画を公開しました。当日、参加者の皆様には数多くの QA を頂きありがとうございました。頂いた QA の一部についても共有しております。

Read More

Amazon RDS for SQL Server において SSAS / SSRS / SSIS がサポートされました

SQL Server を利用されているお客様の中には、SQL Server に搭載されている BI 機能、SQL Server Analysis Services (SSAS) / SQL Server Reporting Services (SSRS)  / SQL Server Integration Services ( SSIS ) を利用されているお客様も多いと思います。以前はこれらの機能を利用する際は EC2上に SQL Server を構成する必要がありましたが、Amazon RDS for SQL Server でも利用可能になり(※)、マネージド型サービスならではのメリットを享受できます。有用な情報をまとめましたので、ぜひご活用頂ければと思います。 サポートするバージョン / エディション 【SQL Server Analysis Services】 SQL Server 2016 Standard エディションまたは Enterprise エディション (13.00.5426.0.v1 以降)  か SQL Server 2017 […]

Read More

Amazon RDS for SQL Server での Microsoft SQL Server Reporting Services の設定

Microsoft SQL Server Reporting Services (SSRS) を Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server DB インスタンスで直接実行できるようになりました。SSRS は、SQL Server 2017 Standard または Enterprise エディションの シングル AZ またはマルチ AZ インスタンスでアクティブ化できます。SSRS を Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) で実行する場合は、SSRS を Amazon RDS for SQL Server で直接実行することによってコストを節約できるようになります。Amazon RDS for SQL Server は、SQL Server データベースと同じ RDS DB インスタンスで Report […]

Read More

Amazon RDS for SQL Server での Microsoft SQL Server Integration Services の使用

Microsoft SQL Server Integration Services (SSIS) を Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server 上で定義できるようになりました。SSIS は、シングル AZ およびマルチ AZ の DB インスタンスにおいて Standard および Enterprise のエディションで機能します。使える SQL Server は、2016 もしくは 2017 の メジャーバージョンです。 従来も、RDS for SQL Server を SSIS のターゲットソースとして使用できましたが、SSIS を RDS for SQL Server データベース自体と同じサーバー上で動作させることはできませんでした。現在でも SSIS は Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) […]

Read More