Amazon Web Services ブログ

Category: How-To

Elasticsearch と Kibana を使って Amazon Connect のデータをリアルタイムに活用する

このブログポストでは、Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) と Kibana を使って、どのように Amazon Connect コンタクトセンターでリアルタイムなデータ分析を行うかを紹介します。問い合わせ対応時間やサービスレベル、問い合わせの効率具合、エージェントのパフォーマンス、顧客満足度など、様々なサービス・メトリクスを改善するためにコンタクトセンターのパフォーマンスをモニタリングできます。 加えて、Amazon ES を使って問い合わせ追跡レコード (CTR) 、エージェントのイベント・ストリーム、Amazon CloudWatch で取得できる問い合わせフローログを処理し、Kibana を使ってリアルタイムに近い形で可視化するソリューションも紹介します。Elasticsearch はオープンソースの、分散システムの検索と分析のエンジンで、ログ分析や全文検索に利用されています。Kibana はデータ集約と可視化のツールです。Amazon ES と Kibana を用いて、リアルタイムにデータを検索、可視化、分析、洞察することができます。 Amazon Connect は顧客とのやり取りで発生したイベントの詳細をリアルタイムに問い合わせフローログとして提供します。問い合わせフローとは顧客が問い合わせを行ったときの顧客体験を定義したもので、再生するプロンプトや顧客からの入力、問い合わせキューの転送などを定義します。 さらに、Amazon Connect は 分析用にデータをエクスポートするために CTR を Amazon Kinesis Data Firehose に、エージェントのイベントを Amazon Kinesis Data Streams にストリーミングできます。CTR は Amazon Connect インスタンスで発生するイベントや、属性、キュー、エージェントのやり取りをキャプチャーしたものです。エージェントのイベントは、Amazon Connect インスタンスにて起こる、ログイン、ログアウト、ステータスの変更といったエージェントのアクティビティを記録したものです。 ソリューション概要 以下の図は Amazon Connect からの問い合わせフローログや CTR、エージェントのイベントを処理し、Amazon […]

Read More

Amazon Auroraを使用したMagento Content Servicesの構築をAWS Quick Startで加速させる

AWS Quick Startでは、2015年9月にオープンソースのコンテンツ管理システムであるMagentoを初めてリリースしました。最初のリリース以来、このQuick Startは常にお客様に最も人気のあるQuick Startのトップ10に入っています。 2017年10月、AWS Quick Start for Magentoのアップデートをリリースしました。Amazon Aurora MySQL-compatible editionのサポートが追加されました。また、Magentoのバージョンを2.1.2にアップデートしました。更新されたMagentoのQuick Startを利用することで、最新のMagentoバージョンでAuroraのパフォーマンスとスケーラビリティを使用して、コンテンツシステムの構築を迅速に行うことが出来ます。 数年前にAmazon Auroraの開発を開始した際に、私たちは次のような考え方を念頭に置いていました: ハイエンドの商用データベースのパフォーマンスと可用性を、オープンソースのシンプルさとコスト効率で実現 一般的なオープンソースデータベースであるMySQLとの完全な互換性を提供し、既存のアプリケーションを変更する必要がない アプリケーションの開発に専念できるように、データベースをマネージドデータベースとして提供することで管理コストを軽減 最新アプリケーションのスケーラビリティのニーズを満たすクラウドネイティブデータベースを提供 すでに何千もの顧客やパートナーが、Amazon AuroraMySQL-compatible editionを採用しています。お客様とISVパートナーは、様々なデータベースからAmazon Auroraに移行を行っています。オンプレミスデータベースからAmazon Auroraに移行されるお客様や、Amazon EC2上のMySQLまたは商用データベースからAmazon Auroraに移行を行うお客様もいらっしゃいます。 Magento on AWS with Amazon Aurora Magentoは、e-commerceウェブサイト用のオープンソースのコンテンツ管理システムです。セラーと開発者はオープンアーキテクチャ、柔軟性、拡張性(何百もの拡張機能)を評価しています。また、独自のニーズに合わせて、バックエンドのワークフローを調整できます。 Magento Community Edition(Magento CE)とMagento Enterprise Edition(Magento EE)は、我々のお客様に人気があります。多くのお客様は、Anchor Hosting、Elastera、Tenzing、Razorfish、OptarosなどのAWSパートナーを利用してMagentoをAWSでホストしています。他の企業はAWS MarketplaceからMagentoを起動しています。 Magentoを検索すると、2015年の20件から70件以上のリストが返されるようになりました。さらに、MagentoのAWS Quick Startを直接利用している企業もあります。 Amazon AuroraはMySQLと互換性があるため、MagentoのAWS Quick Startを更新するのは簡単です。新しいQuick Startでは、Magentoまたはその設定を変更する必要はありません。今使用しているコード、ツール、アプリケーションを、Amazon Auroraと既存のMySQLデータベースと併用することが可能です。 MagentoのAWS Quick Startを使用してデプロイした場合は、Amazon RDS […]

Read More