Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon EventBridge

using-amazon-ivs-and-mediaconvert-in-a-post-processing-workflow

Amazon IVSとMediaConvertでのポストプロセスワークフロー

Amazon Interactive Video Service(Amazon IVS)ではAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)にライブストリームを録画できるようになりました。これにより、過去のライブストリームをAmazon S3に保存し、後で再利用することができます。これをAWS Elemental MediaConvert HLSインジェストと組み合わせることで、入力クリッピング、スティッチング、SCTE-35挿入、画像オーバーレイなどの放送グレードの機能を使用して、再生ストリームのリブランディング、収益化、再パッケージ化を行うことができます。 この記事ではAmazon IVS の自動録画と MediaConvert へのインジェストを自動化するためのワークフローの作成方法を紹介します。Amazon IVS アセットの最初と最後にリーダーとバンパーを縫い付け、MediaConvert を使ってアセットに画像(バグと呼ばれることもあります)をオーバーレイします。MediaConvert を使用して、ABR(Automated Adaptive Bitrate) DASH 出力と SD プロキシ MP4 ファイルを作成します。

Read More

Amazon EventBridge を利用した Amazon Elastic Container Service Anomaly Detector

この記事は Amazon Elastic Container Service Anomaly Detector using Amazon EventBridge を翻訳したものです。 この記事は Ugur KIRAと Santosh Kumar によって投稿されました。このコンセプトは大規模な ECS クラスターの管理に関する Skyscanner UKとの議論から生まれました。 Amazon EventBridge はサーバーレスのイベントバスで、独自のアプリケーション、統合された SaaS (Software-as-a-Service) アプリケーション、AWS サービスからのデータを使用して、アプリケーション同士を簡単に接続することができます。 EventBridge は Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) などのイベントソースからリアルタイムまたはそれに近いデータのストリームを配信し、そのデータを AWS Lambda や Amazon Simple Notification Service などのターゲットにルーティングします。これにより、AWS サービスを自動化し、アプリケーションの可用性の問題やリソースの変更などのシステムイベントに自動的に対応することができます。EventBridge の Amazon ECS イベントを使用すると Amazon ECS クラスターの現在の状態に関する通知をほぼリアルタイムに受け取ることができます。タスクが Fargate 起動タイプを使用している場合は、タスクの状態を確認できます。タスクが […]

Read More

AWS Chatbot を使って Slack チャネルで Amazon EventBridge イベントを監視

この記事は、Abhijit Barde 、Arnab Deka、Prabhakar Ganesamurthy による寄稿の Monitor Amazon EventBridge events in your Slack channels with AWS Chatbot を翻訳したものです。 DevOps チームは、Slack や Amazon Chime などのチャットコラボレーションプラットフォームを使用して、システムを監視し、イベントに応答します。AWS Chatbot は Slack や Chime と統合されているので、チャットチャネルから AWS リソースを監視および操作できるため、アプリケーション間でのコンテキスト切り替えを軽減できます。DevOps ユーザーは、 Amazon EventBridge を通じてチャットチャネルの 200 を超えるサービスイベントタイプから通知を受け取ることができるようになりました。このブログ投稿では、Amazon EventBridge ルールを設定し、Slack チャネルで通知を受信するように AWS Chatbot を設定する手順を説明します。

Read More

AWS Step Functions と Amazon EventBridge のサービス統合のご紹介

この記事は Sr Serverless Specialist SA, Stephen Liedig による寄稿の翻訳です。 AWS Step Functions が Amazon EventBridge と統合し、ワークフロー中でイベントを生成するためのシンプルなソリューションが提供可能になりました。 Step Functions を使用すると、AWS Lambda, Amazon SNS, Amazon DynamoDB などの AWS サービスを使用した、弾力性のあるサーバーレスオーケストレーションワークフローを構築できます。Step Functions の特定のステートマシンの実行履歴は、AWS マネジメントコンソールまたは Amazon CloudWatch Logs で確認できます。

Read More

大手金融機関におけるセキュリティ・コンプライアンスのためのイベント管理

本投稿では、商業銀行として米国で Top 25 内にランクインしている金融機関であるBBVA USAが、AWS サービスを使用して大規模なイベント管理の仕組みを実装し、クラウド環境に関連する変更イベントを一元管理し、アクションを自動化した方法について紹介しています。一般的に、モノリシック環境でのセキュリティ・コンプライアンスは、管理・監視対象となるインフラストラクチャが少ないため、監視と実施が比較的容易です。それが多くなったとしても、インフラストラクチャをコード化すれば、民主化され分散化されたアプローチによって、コンプライアンスの見落としなく構成の差分管理(ドリフト)と追跡処理を環境に取り入れることができます。 インフラストラクチャの正常な状態を識別し、そこから外れた違反状態を把握することにより、インフラの状態の可視性が確保され、必要に応じて自動修復によって遵守を強制させることが可能になります。このために、セキュリティイベントの通知やベースラインとなる構成定義といった機能を使うことができます。

Read More

Operating Lambda: イベント駆動型アーキテクチャを理解する – Part 1

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションに関わる開発者、アーキテクト、システム管理者向けの重要なトピックについて説明します。この3部構成のシリーズでは、イベント駆動型アーキテクチャと、それがどのようにサーバーレスアプリケーションと関連しているかについて説明します。 Part 1 では、イベント駆動型パラダイムの利点と、それがスループット、スケール、拡張性をどのように改善できるかについて説明します。また同時にアプリケーションの複雑性とコードの総量を削減する点についても説明します。 イベント駆動型アーキテクチャは現代の組織で一般的に利用される、複雑なシステムの構築に伴う課題に対処するのに役立つため人気が高まっています。このアプローチはマイクロサービスの利用を促進します。マイクロサービスは、小さく、狭い領域の機能セットを実行する特殊なサービスです。適切に設計された Lambdaベースのアプリケーションは、マイクロサービスアーキテクチャの原則と互換性があります。   Lambda はイベント駆動パラダイムにどのように適合するか Lambda は、イベントに応じてカスタムコードを実行するオンデマンドのコンピュートサービスです。ほとんどの AWS サービスはイベントを生成し、その多くは Lambda のイベントソースとして機能します。Lambda では、コードはコードデプロイメントパッケージに格納され、イベントハンドラが含まれています。コードへのすべての相互作用は Lambda API を介して行われ、サービスの外部から関数を直接実行することはありません。Lambda 関数の主な目的は、イベントを処理することです。

Read More

AWS ConfigでSAPシステムを評価する – パート1

はじめに SAP on AWSをご利用のお客様は、SAPシステムの日常運用を強化し単純化できる幅広い追加サービスを利用可能です。よく見かける面倒なタスクの1つとして、SAPシステムがベストプラクティスに従って構成されているかどうかということや、ベンダーサポートの要件を満たしているか、内部監査要件を満たしているかどうか、という点があります。 このブログシリーズでは、AWS Configがお客様のランドスケープ内の全てのSAPシステムのコンプライアンスを継続的に監査および評価するプロセスを簡素化する方法についてご説明します。また、Amazon Event BridgeおよびAmazon Simple Notification Serviceを使用して、リソースが非準拠として識別された場合にEメール通知を有効にする追加手順をお届けします。

Read More

【開催報告 & 資料公開】「SaaS+サーバーレス/EventBridge」セミナー

10 月 28 日に、「SaaS+サーバーレス/EventBridge」で開発迅速化、運用作業削減 〜ビジネスにアジリティーをもたらす「SaaS + サーバーレス」〜 と題したセミナーを開催し、6社の SaaS パートナー様にご登壇いただきました。登壇いただいたパートナー様の SaaS アプリケーションはすべて Amazon EventBridge に対応いただいています。 EventBridge は、サービスとサービスの間をつなぐためのバスとして機能し、様々なアプリケーションや AWS サービスと連携できます。EventBridge に対応いただいているSaaS アプリケーションは、簡単かつセキュアに、イベントソースとして AWS のサーバーレスサービス群と連携させることができます。 本セミナーでは、各社の SaaS のご紹介とともに、EventBridge に対応することで SaaS パートナーとして何が良いのか、SaaS を利用されるお客様にとってどんなメリットがあるのか、といったポイントでご説明いただきました。アンケート結果でも、SaaS との連携手法として EventBridge という選択肢があることを知る機会になった、とか、なかなか聞けないパートナー様目線での EventBridge の効能がわかってよかったなどのご意見がありました。 本記事では、改めて、ご登壇いただいたパートナー様のセッション動画および公開資料をご紹介します。EventBridge ってなんぞや? という方は、AWS セッションとしてご説明した「サーバーレスを取り巻く状況と EventBridge の概要」や Game Server Services 丹羽様のセッション資料/動画を先にご覧いただくことをお勧めします。その上で、各 SaaS パートナー様のセッション内容をご覧いただくと、SaaS + EventBridge で何ができるのかをご理解いただけるかと思います。また、次の BlackBelt 資料も参考になるでしょう。 EventBridge に関連した Black Belt […]

Read More

Amazon EC2 スポットインスタンスを活用したウェブアプリケーションの構築

本記事は、EC2スポットインスタンススペシャリスト シニアソリューションアーキテクトのIsaac Vallhonratによる寄稿です。 Amazon EC2 スポットインスタンスを使うと、AWS クラウド内の使用されていない EC2 キャパシティーを用いて、オンデマンド料金に比べ最大 90% の割引価格でご利用いただけます。スポットインスタンスは、バッチジョブ、ビルド等のCI/CDパイプライン、負荷テスト、コンテナ化されたワークロード、ウェブアプリケーション、ビッグデータの分析クラスター、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)用計算クラスターなど、複数のインスタンスタイプで柔軟に実行できる、耐障害性を備えたワークロードに最適です。このブログ投稿では、スポットインスタンスでウェブアプリケーションを実行するための方法とベストプラクティスについて説明し、これによりもたらされるスケールと費用節減の両方のメリットを得られるようにします。 スポットインスタンスには中断という特徴があります。この特徴を踏まえて、これから構築するウェブアプリケーションはステートレスかつ耐障害性があり、また疎結合されていることが望ましいです。また永続データの保持には Amazon ElastiCache, AmazonRDS, Amazon DynamoDB などの外部データストアを使用する必要があります。 スポットインスタンスのおさらい 2009 年に提供開始されたスポットインスタンスは、ここ最近のアップデートや関連サービスとの統合によって、お使いのワークロードで格段に活用しやすくなっています。ウェブアプリケーションを構築する方法の詳細に入る前に、スポットインスタンスの動作の概要のおさらいにお付き合いください。 まず、スポットインスタンスは EC2 の購入オプション、買い方のひとつです。 他の購入オプションである、オンデマンドインスタンス、リザーブドインスタンスやSavings Plansで起動した場合と比べて、EC2インスタンスとして提供するハードウェアに違いはありません。スポットインスタンスと他の購入オプションの違いはただ一つ、EC2 サービスが容量を必要とする場合には、2 分前に通知したのち、EC2サービスがスポットインスタンスを中断する、という動作です。つまり、大幅な割引価格で提供する代わりに、オンデマンドインスタンスやリザーブドインスタンスからの起動需要が高まってきたとき、スポットインスタンスの使用していたキャパシティをEC2サービスに戻し、需要に応える、というのがスポットインスタンスサービスの動作原理です。 スポットインスタンスは、スポットキャパシティプールと呼ばれる、いわば空きキャパシティがある限り起動できます。スポットキャパシティプール(スポットプール)とは、とは、インスタンスタイプ (m5.large など), オペレーティングシステム種別(Linuxなど), アベイラビリティーゾーン (us-east-1a など) が同一である、Amazon EC2 サービスが使用していない(空の) EC2 インスタンスの集合を指します。属性の異なるプール同士はそれぞれ独立したプールとして区別されます。例えば、us-east-1aゾーンのLinux向けm5.largeのスポットプールと、us-east-1bゾーンのLinux向けm5.largeのスポットプールは、独立した別のプールです。このそれぞれに空きがあるとき、スポットインスタンスを起動し、使用できます。 スポットインスタンスの料金は Amazon EC2 サービスによって設定され、各プールの EC2 インスタンスの需要と供給の長期的な傾向に基づき、徐々に調整されます。スポット料金は急激に変化することはなく、突然のスパイクや変動がないことが期待できます。 EC2 マネジメントコンソールと API の両方から、最大過去 3 か月間の価格履歴データを表示できます。次の図は、バージニア北部 (us-east-1) リージョンにおける m5.xlarge […]

Read More

Amazon EventBridge パートナーとしての日本の SaaS ベンダーのご紹介

Amazon EventBridge をご存知でしょうか? EventBridge は、独自のアプリケーション、SaaS および AWSのサービスから発行されるイベントをタイムリーにトリガーできるようにするサーバーレスなイベントバス機能として 2019年に発表されました。CloudWatch Events の拡張として作られており、AWSサービスからのシステムイベントも受信できますが、一番の特徴は、サードパーティの SaaS からイベント発行していただけるような仕様になっていることです(こちらもご覧ください)。 上図の左下あたりにある [SaaS Apps] として対応いただいたアプリケーションをご利用いただくと、SaaS 側で発生したイベントを SaaS 利用ユーザー側の AWS アカウント(SaaS アプリケーションとは異なる環境)へ EventBridge を経由してイベント通知することができるようになります。これによって、利用ユーザー環境で AWS Lambda の関数で追加の処理を起動したり、Kinesis/SQS/SNS にメッセージを飛ばしたり、Step Functions のフローを起動するなどの Push 型処理を簡単に実現できるようになります。つまり、SaaS がサーバーレスアプリケーションのトリガーとしてサーバーレス環境と融合することになるのです。 直近で BlackBelt セミナーも実施しましたので、EventBridge というサービス自体を理解したい方はこちらをぜひご覧ください。

Read More