Amazon Web Services ブログ

Category: Price Reduction

新機能 - Amazon Direct Connect のギガビット接続オプション

AWS Direct Connect を使用することで、データセンター、オフィス、またはコロケーション環境と AWS の間にプライベートネットワーク接続を作成できます。この接続はネットワークから始まり、91 の AWS Direct Connect ロケーションのうちの 1 ロケーションで終了します。インターネットベースの接続よりもネットワークコストを削減することができ、スループットを向上させ、そして一貫性のあるエクスペリエンスを実現できます。多くの場合、接続を確立するために AWS Direct Connect パートナーと協力する必要があります。 これの記事執筆の準備をしていく中で、AWS Direct Connect についての理解が不完全であり、その名前が実際には 3 つの異なるモデルを網羅していることを私は知りました。概要は次のとおりです。 専用の接続は 1 Gbps と 10 Gbps の容量で利用可能です。AWS マネジメントコンソールを使用して接続をリクエストします。その後、AWS はリクエストを確認し、E メールでフォローアップして追加情報をリクエストするか、または接続用のポートをプロビジョニングします。AWS がポートをプロビジョニングしたら、AWS Direct Connect パートナーが接続を行いますが、数日から数週間で完了します。専用の接続は、ご自身専用の物理的な Ethernet ポートに対応します。各専用の接続は最大 50 個の仮想インターフェース (VIF) をサポートします。始めに「接続の作成」をお読みください。 ホスト接続は 50〜500 Mbps の容量で利用可能で、接続リクエストは AWS Direct Connect パートナーを通じて行われます。AWS Direct Connect パートナーがプレミスへのネットワーク回線を確立した後に、ホスト接続を追加または削除することにより、AWS Direct […]

Read More

新機能 – 100 Gbps ネットワークとローカル NVMe ストレージを装備した EC2 P3dn GPU インスタンスにより、より高速な機械学習が可能に、さらに P3 料金の値下げ

昨年後半に、Amazon EC2 P3 インスタンスについてお伝えしましたが、その際 Tensor Core のコンセプトにも触れました。これは、大規模なディープニューラルネットワークのための機械学習のトレーニングと推論にかかる時間を短縮する、計算に特化したユニットです。弊社のお客様はこの P3 インスタンスにご満足のようで、さまざまな機械学習や HPC ワークロードの実行に、これらのインスタンスを使用されているようです。例を挙げると、fast.ai は、100 万個の画像を使った ResNet-50 深層学習モデルをわずか 40 USD でトレーニングしますが、深層学習の最速スピード記録を達成しました。 限界への挑戦 今日、p3dn.24xlarge インスタンスを追加して、P3 を最上位の製品へと拡張し、その結果、GPU メモリは 2 倍に、vCPU は p3.16xlarge インスタンスと同じ 1.5 倍に増強しました。このインスタンスは、100 Gbps のネットワーク帯域幅 (以前の P3 インスタンスの最大 4 倍の帯域幅)、ローカル NVMe ストレージ、32 GB の GPU メモリを装備した最新の NVIDIA V100 Tensor Core GPU、高速化した GPU 間の通信を行う NVIDIA NVLink、そして全コア Turbo をサポートし 3.1 […]

Read More

AWS データ転送料金の値下げ – 値下げ幅は日本向けで最大 34%、オーストラリア向けで最大 28%

アジアパシフィック (東京) およびアジアパシフィック (シドニー) リージョンで AWS をご利用のお客様には良いお知らせがあります。 2018 年 9 月 1 日にさかのぼって、料金を値下げいたします。対象は Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)、Amazon Simple Storage Service (S3)、Amazon CloudFront からのデータ転送で、値下げ幅は日本向けで最大 34%、オーストラリア向けで最大 28% です。 EC2 および S3 データ転送 EC2 および S3 からインターネットへのデータ転送の新料金は次のとおりです。 EC2 & S3 からインターネットへのデータ転送量 (アウト) 日本 オーストラリア 旧料金 新料金 値下げ幅 旧料金 新料金 値下げ幅 最初の 1 GB/月まで 0.000 USD 0.000 USD 0% […]

Read More

Amazon Lightsail の更新 – インスタンスサイズが増えて料金は値引きに

  Amazon Lightsail なら AWS のパワーがシンプルな VPS (Virtual Private Server) で利用できます。メニューから構成を選択し、SSD ベースのストレージ、DNS 管理、および静的 IP アドレスを使用して事前構成された仮想マシン (インスタンス) を開始します。Linux または Windows を使用できます。また、次のような人気のウェブ、eコマース、開発ツールをすぐに実行できる 11 種類の Linux ベースのブループリントから選択することもできます。 Linux/Unix 上で CentOS を含む 6 つのオプションを利用できます。 各インスタンスの月ごとの利用料には十分なデータ転送アロケーションが含まれるため、ウェブサイト、ブログ、オンラインストア、その他皆さんの好みの用途に利用できます。 2016 年後半に Lightsail が開始されて以来、私たちは積極的にお客様のフィードバックに耳を傾け、対応するために最善を尽くしてきました。例: 2017 年 11 月 – Microsoft Windows – 今回の更新により、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2016 と SQL Server 2016 […]

Read More

EC2 の – H1 インスタンス料金値下げ

EC2 の H1 インスタンスは、ビックデータアプリケーションに 2 〜 16 テラバイトの高速で高密度なストレージ を提供し、シーケンシャル I/O に高スループットを提供するように最適化されています。拡張ネットワーキングをサポートし、32 〜 256 ギガバイトの RAM を提供、およびベース動作周波数 2.3 GHz の Intel Xeon E5-2686 v4 プロセッサーを搭載しています。 米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、および欧州 (アイルランド)リージョンの H1 インスタンスのオンデマンド、リザーブドインスタンス料金をまもなく 15% 値引することをお知らせいたします。 — Jeff;

Read More

新登場 – 使用量に応じた Amazon Chime 料金

私は Amazon Chime を定期的に高頻度で使用するユーザーで、私の同僚の大半も同様です。同僚たちそれぞれと行う数多くの継続的なポイントツーポイントセッションに加えて、私は AWS ブログチームのチャットルームと、AWS エバンジェリストのチャットルームにも参加しています。また、毎日数件のミーティングに参加し、Amazon Chime の会議機能を使用して月に何度か自分のミーティングを設定しています。毎月の請求額を実際に見ることはありませんが、私はユーザー 1 人につき月額 15 USD の Amazon Chime Pro プランを使用しています。 お客様からのフィードバックによると、これは定期的にミーティングをホストするユーザーにとっては値打ちのあるものですが、他の機能を使用するユーザーや、ミーティングをホストするよりも参加することのほうが多いユーザーにとってはこころもち高額すぎるようです。 使用量に応じた料金 これらのユーザーのニーズを満たし、Amazon Chime をさらに経済的にするため、AWS は 2018 年 4 月 1 日から実施される新しい使用量に応じた料金モデルを導入します。 最初の 30 日無料体験期間中、ユーザーはすべての Amazon Chime 機能に無料でアクセスできます。 体験期間終了後、ユーザーはユーザー同士のチャット、そしてミーティングへの参加の両方を無料で行うことができます。ミーティングをホストする日は、毎月の上限を 15 USD として、1 日あたり 3 USD が課金されます。履歴的な使用パターンに基づくと、これは実質上すべての Amazon Chime のお客様に対する全体的な値下げにつながります。 体験期間終了後にスケジュール機能とホスティング機能を使用するには、ユーザーが AWS アカウントに接続し、管理者がそのアカウント用に Amazon Pro 機能を有効にする必要があります。使用量ベースのモデルによって、管理者は組織内のユーザーそれぞれにライセンスを購入する必要がなくなりました。その代わりに、Active Directory 設定と […]

Read More

アジアパシフィック (ムンバイ) リージョンで Amazon EC2 の料金を値下げしました

今年の AWS re:Invent も終わり、疲れも回復しやっとブログの執筆を再開したところです。 今回はさらなる AWS 料金の値下げをお知らせします。この値下げはアジアパシフィック (ムンバイ) リージョンのインスタンスファミリー 4 つを対象にしています。2017 年 12 月 1 日より、オンデマンドとリザーブドインスタンスの価格を値下げすることになりました。詳細は次をご覧ください。 M4 – 最大 15% T2 – 最大 15% R4 – 最大 15% C4 – 最大 10% 料金表ページは更新済みです。どうぞお楽しみください。 — Jeff;

Read More

AWS IoT の更新 – 新しい料金モデルでより優れた価値を提供

AWS ユーザーは AWS IoT を使用して接続済みデバイスをよりインテリジェントにしています。こうしたデバイスは、環境下 (地下、水中、現場、病室など) でデータを収集したり測定し、AWS IoT を AWS クラウドへのゲートウェイとして使用します。クラウドに接続すると、ユーザーはデバイスのデータを Amazon Simple Storage Service (S3) や Amazon DynamoDB に書き込むことができ、Amazon Kinesis と AWS Lambda 関数を使用してデータを処理し、Amazon Simple Notification Service (SNS) のプッシュ通知を開始したり、その他多くの操作を実行することができます。 新しい料金モデル (20-40% 削減) より優れた価値を提供できるように AWS IoT の料金モデルを変更することにしました。この変更により、大半のユーザーにとって約 20~40% のコスト削減になるでしょう。また、ワークロードによっては大幅な割引の対象になるユーザーもいると思います。 オリジナルモデルでは、サービスに送信またはサービスから送信されたメッセージ数をもとに請求額が定められていました。この包括的なモデルは起点としては優れていましたが、実際に使用していない AWS IoT の一部においても支払う必要があったユーザーもいたことを意味しています。たとえば、不定期に呼び出すまばらなルールセットを使用して頻繁に AWS IoT から反応を求めるデバイスを使用しているユーザーもいます。AWS の新しいモデルは、それに比べてより細かく各コンポーネントでそれぞれの料金が適用されます (米国東部 (バージニア北部) リージョン)。 接続 – 使用しているデバイスが AWS IoT […]

Read More