Amazon Web Services ブログ

Category: Events

autotech forum logo

【動画公開 & 開催報告】AWS Autotech Forum 2021

はじめに こんにちは、ソリューションアーキテクトの奥野です。今回で 4 年目となる自動車業界向けクラウドテクノロジーカンファレンス「AWS Autotech Forum 2021」を 2021 年 8 月 25 日に開催しました。 本イベントでは、CASE 技術及び車両開発、データ分析に関わるエンジニア、R&D ご担当者やそれらの部門マネージャー、技術責任者、モビリティーサービス新規事業開発や経営戦略に携わる方々を対象に、コネクテッドカーのデータ活用や WP29 サイバーセキュリティ標準、MaaS の新たな立ち上げなどの業界の関心事について、困難を克服しながら実際にビジネス実装まで進められているお客様に取り組みをお話頂きました。このようなイベントを通して、最新テクノロジーを知ることで効率的・先進的なクラウド活用へとつなげ、他社との共通の課題や解決策を知ることで自社の取り組みをさらに促進いただきたいと考えています。 このブログでは、当日参加できなかった方々や、参加したけれども内容を振り返りたい方々に向けて、ご自身の取り組みの参考としていただくために当日のセッション内容のまとめを紹介します。

Read More

AWS Storage Day 2021 にようこそ

第 3 回の AWS Storage Day 2021 へようこそ! Storage Day 2020 と初回の Storage Day 2019 の期間中と同様に、今回もお客様のためにインパクトのある発表を数多く行います。無料で参加できる 1 日の AWS Storage Day 2021 バーチャルイベントは、Twitch の AWS チャネルでホストされます。AWS ストレージサービスに関連するお知らせ、リーダーシップインサイト、および教育コンテンツについてエキスパートの話を聞くことができます。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] 猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング 資料公開

「猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング」 の AWS Black Belt Online Seminar についてご案内させて頂きます。 今回は「前編(基礎知識編)」 と「後編(チューニングパターン編)」 の二本立てとなっております。 視聴方法: 下記ページにて資料を公開いたしましたので、オンデマンドでご視聴いただけます。   202108 AWS Black Belt Online Seminar 猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング 前編 202108 AWS Black Belt Online Seminar 猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング 後編 AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます)   猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング IT 知識レベル:★★★★☆ | AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Managed Microsoft AD 資料公開

「 AWS Managed Microsoft AD 」 の AWS Black Belt Online Seminar についてご案内させて頂きます。 視聴方法: 下記ページにて資料を公開いたしましたので、オンデマンドでご視聴いただけます。   202108 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Microsoft AD AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます)   AWS Managed Microsoft AD IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

Read More

【今すぐ登録しよう】 リニューアル 9 月 1 日(水)15 時開始!AWS 初級者ウェビナー AWSome Day Online Conference

こんにちは! AWS Webinar チームです。 毎月第一水曜日に開催している AWSome Day Online Conference が、9 月 1 日にリニューアルします! AWSome Day Online Conference は AWS クラウドの基礎を約 3 時間で学べる AWS 初級者を対象としたウェビナーです。2 名の AWS インストラクターが基礎をわかりやすく解説し、視聴いただいた後の次のステップもご案内します。9 月では、そのセッション内容をリニューアルし、AWS 主要サービスの最新情報に加え、IoT、機械学習、ブロックチェーン、人工衛星など次世代システムに活用されている AWS サービスも紹介します。すでに一度 AWSome Day に参加したことがある方でも復習のために再度ご視聴可能となっておりますので、ぜひこの機会にご視聴ください。

Read More

[開催報告] Mobile World Congress 2021: AWS Virtual Village Re:Cap

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの宮田です。 通信事業者の方々、通信業界に関わられている方々、5G やエッジコンピューティングなどの最新技術の動向にご興味のある方々を主な対象として、2021年8月11日に「Mobile World Congress 2021: AWS Virtual Village Re:Cap」をウェビナーで開催しました。 本記事では通信領域における導入事例を含め、当日の内容・動画を皆様にご紹介します。

Read More

VPC ピアリング / AWS Site-to-Site VPN ハンズオンを改訂しました!- AWS Hands-on for Beginners Update

こんにちは!テクニカルソリューションアーキテクトの山澤です。今年もいよいよ夏本番で、日差しがジリジリの猛暑日が続いていますね。皆さま水分補給はしっかりしていますか?私は抹茶ラテが大好きで通常 1 日に 2,3 杯飲むのですが、最近では暑さから1 日4,5 杯飲んでいる気がします。また、最近の悩みは、なぜか胃の調子が良くないことです。 さて、AWS Hands-on for Beginners シリーズの Network 編第二弾として公開していたVPC ピアリング / AWS Site-to-Site VPN ハンズオンに関してですが、7/7(水) に内容を改訂しています。公開時にブログでご案内できていなかったため、今回改めて本コンテンツについてご紹介したいと思います。

Read More

AWS Contact Center Day – 2021 年 7 月

今週初め、私は Amazon.fr で歯磨き粉のチューブ 4 本入りのボックスを注文しましたが、ボックスには 1 本しか入っていませんでした。私は、Amazon のカスタマーセンターに電話で問い合わせました。エージェントは、私に長い注文番号を尋ねることなく、すぐに注文を見つけてくれました。彼女は返金処理を行い、私が受け取った 1 本のチューブはそのまま返品せずに使用してもらってよい旨を述べました。 顧客として、これ以上ないカスタマーサービスを受けました。 Amazon は地球上で最も顧客中心の企業になるよう努めています。これは、そうすることが顧客のためを考えると正しいことであるからというだけでなく、長期的にビジネスにとって良好な結果をもたらすからでもあります、Salesforce の調査によると、80% の顧客は、会社が提供するエクスペリエンスが自社の製品やサービスと同じくらい重要であると信じています。90% を超える顧客は、良好なカスタマーサービスエクスペリエンスにより、さらに購入する可能性が高まると考えています。 私と同じく、読者も既に Amazon のカスタマーサービスにご満足いただけているかもしれません。当社は、顧客が迅速で便利なサポートを望んでおり、これによって顧客のロイヤルティが高まることを認識しています。 これが AWS Contact Center Day 会議を設けた理由です。業界のエキスパートから、無料のオンデマンドビデオ会議で未来のコンタクトセンターの構築方法を学びましょう。

Read More

Amazon Connect 入門ハンズオンを公開しました! – AWS Hands-on for Beginners Update

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの木村(@tkimurz)です。運動不足解消のために、走ってみたり、縄跳びをしてみたりと、いろいろと試しているのですがなかなか続きません。雨が降れば外に出るのがイヤになってしまいますし、張り切って動けば足を挫きます。運動する前に、準備運動をしっかりしたり、天候に関係なく続けられる方法を模索した方が良い気がしてきました。今年の下半期は、運動を継続するすべを身につけたいと思います。 さて、AWS Hands-on for Beginners シリーズの新コンテンツとして Amazon Connect 入門ハンズオン を追加しました。このハンズオンでは、セルフサービスで利用できるクラウドコンタクトセンターである Amazon Connect について、自動音声応答を含む基本的なコンタクトセンターの構築方法を学んで頂くと同時に、電話を受けるエージェントやコンタクトセンターの管理者のオペレーションについても実践して頂きます。特に顧客体験を定義する問い合わせフローの作成については、ステップバイステップで一から設定を行って頂きながら、あらかじめ用意されているデフォルトの問い合わせフローとの関係の理解や書き換えの実践も行っていただきます。 本記事では、このハンズオンの紹介に加え、ハンズオンの最後でご案内している Next Step についての参考情報をお伝えしたいと思います。是非ハンズオンを実践いただき、その後にはこちらの記事を参考にNext Stepに進んでいただければと思います。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS コンテナサービス開始のおしらせ

2021年7月からAWS Black Belt オンラインセミナーのオンデマンドビデオ化しました。AWS コンテナサービスでも、新しくシリーズとして開始いたします。ひとつのビデオあたりのトピックを小さく絞ってお届けします。 今回 AWS コンテナサービスシリーズで公開したのは以下の4つです。視聴はYouTubeから、資料閲覧はSlideShareから可能です。 CON001 AWSコンテナサービス予告 YouTube SlideShare AWS Black Beltオンラインセミナーにおいて、AWS コンテナサービスを導入から初歩、基礎、応用まで広く扱っていきます。その所信表明です。(1分) CON110 なぜ今コンテナなのか YouTube SlideShare 新規サービスの8割近くがコンテナやサーバレスで構築されていることをご存知でしょうか?コンテナが選ばれる理由を説明します。(6分) CON120 AWSのコンテナサービス全体の理解 YouTube SlideShare AWSにおけるコンテナ関連サービスは多岐にわたります。それらの概要を把握できるように紹介します。(15分) CON130 コンテナセキュリティ100 YouTube SlideShare AWSにおけるコンテナセキュリティの考え方、コンテナでのサービスに至る工程、コンテナによるサービスのために考えるべき5つの領域について紹介します。(13分)   タイトルにCONの3文字と、3桁の数字があることにお気づきになっているでしょうか? 今回先陣を切って公開したのは、本当の概説で、個々のサービスに踏み込んだものではありません。 現場でコンテナ技術を活用いただく方にとっては通り過ぎてきたことかもしれませんが、コンテナ技術をこれからどのように使っていくか考える助けになると幸いです。それぞれのレベル感は次の通りです。十の桁、一の桁については深い意味はありません。 序論、あるいは直接AWSは触らないが技術的方向を知っておきたい人むけが100レベル 技術的な概要、基本、デプロイまでの一本道の解説が200レベル ベストプラクティス、TIPSを含む網羅性を意識した300レベル 応用。何でもあり。バーリトゥードを400レベル (予定ですが)EKS を例にレベル感を共有できるように一部タイトルを公開します。 221 EKS 入門 222 EKS でのFargate入門 315 EKS コンピュート(Fargate) 353 CDK for k8s 412 EKS […]

Read More