Amazon Web Services ブログ

Category: Events

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Service Catalog 資料及び QA 公開

先日 (2018/7/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「AWS Service Catalog」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180718 AWS Black Belt Online Seminar AWS Service Catalog from Amazon Web Services Japan Q1. 質問です。説明では1つの製品は1つのテンプレートから構成されていましたが、複数のテンプレートを一つの製品として登録することはできないでしょうか(複数のテンプレートを並列or順序で実行できないか)? 登録できるテンプレートは1つですが、1つのCloudFormationテンプレートから、複数の製品を連鎖的に起動させることが可能です。 ご参照) AWS Service Catalog が複数プロジェクトの起動を連鎖する機能を導入 Q2. CloudFormationテンプレートの中でもパラメータの制約を設けることができますが、それとは別途サービスカタログでテンプレート制約を設けるメリットとは何でしょうか? 汎用的なCloudFormationテンプレートをひとつ用意しておいて、テンプレート制約でその使い方を状況に応じて切り替えることができます。 例えば、開発環境用のポートフォリオと本番環境用のポートフォリオがあったとして、製品(およびCloudFormationテンプレート)はひとつですが、開発環境用のポートフォリオでは、インスタンスタイプを制限する、本番環境用のポートフォリオでは制限をかけない、といった使い方が考えられます。 今後のWebinar情報 AWS Innovate Japan 2018 AWS Innovate は、AWS のラーニングを目的とした日本初開催の大規模オンラインカンファレンスです。お客様は時間や場所の制約にとらわれず、Machine Learning、IoT、コンテナ、IT基礎、ソリューションなどのセッションに自由に参加できます。AWS Innovate は 36 のセッションからなり、初心者も上級者も AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] 大阪ローカルリージョンの活用とAWSで実現するDisaster Recovery 資料及び QA 公開

先日 (2018/7/17) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「大阪ローカルリージョンの活用とAWSで実現するDisaster Recovery」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180717 AWS Black Belt Online Seminar AWS大阪ローカルリージョンの活用とAWSで実現するDisaster Recovery from Amazon Web Services Japan QA Q. ホットスタンバイ、ウォームスタンバイという言葉が出てきましたが、2つとも同様の意味と捉えて問題ないでしょうか。 A. ホットスタンバイ(マルチサイト)は、本番用のアクセスを振り向ける先としてもDRサイトをご利用いただけるケースです。ウォームスタンバイは、本番同等の機能はすべて兼ね備えていますが、本番のアクセスを振り向けるだけのインスタンスタイプや台数を用意しておらず、フル機能を兼ね備えた最小スペック・台数で構成されたDRサイトになります。以上より、意味は異なります。 Q. AWSコンソールは接続元IPアドレスの制御が可能なのでしょうか? A. AWSマネージメントコンソールのエンドポイントはインターネットに公開されております。AWS IAM(Identity & Access Management)にてユーザーを作成し、そのユーザーのIAMポリシーにて、接続元のIPアドレスを制限することが可能です。こちらにより、そのIAMユーザでAWSマネージメントコンソールにログインした場合には、IAMポリシーで指定したsource IPアドレスからのアクセス以外の場合には、アクションを拒否することができます。詳細は以下をご覧ください。 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/IAM/latest/UserGuide/reference_policies_examples_aws_deny-ip.html ですが、一時的な接続元の拠点側のネットワーク不通により、指定したIPアドレスでのアクセスが困難な状況が考えられますので、IAMポリシーで指定した特定のsource IPアドレスからのアクセスのみを許可する構成は、DR対策の点において推奨いたしておりません。 Q. 大阪ローカルリージョンをメインサイトとして利用できないのはなぜですか? どなたでもご利用いただける一般用途を目的としたAWS東京リージョンでは4つのアベイラビリティゾーンがあり、メインサイトとしてご利用いただくために十分な機能を提供しております。一方で、AWS大阪ローカルリージョンは1つのアベイラビリティゾーンのみであり、メインサイトとしてご利用いただくために十分な機能を提供しているとは言えません。大阪ローカルリージョンは、東京リージョンの複数のアベイラビリティゾーン間に地理的により分離が必要な特定のワークロードを稼働しているお客様を支援するリージョンとなります。 頂いたご質問でご回答差し上げられなかったものについては、個別に弊社お問合せフォームにてご相談いただければと思います。 今後のWebinar情報 AWS Innovate Japan 2018 AWS Innovate は、AWS […]

Read More

[AWS Innovate プレセミナー] クラウドクラウド活用に必要な、クラウド推進組織の作り方・クラウド人材の育て方

〜クラウド活用に必要な、クラウド推進組織の作り方・クラウド人材の育て方〜 今、会社の規模や業種によらずAWSクラウドの活用は益々加速しています。その一方で、クラウドを使いたいけれど、クラウドのメリットを知り、正しく使える人材が足りない、といった課題をお持ちのお客様が数多くいらっしゃいます。これらの声に応えるため、AWS 技術習得を目的とした、日本初開催の大規模オンラインカンファレンス『AWS Innovate』を 8/28 より開催いたします。 一方、技術習得の裏には、クラウド推進組織や人材育成基盤の整備など、技術習得を促進するような仕組みが必要不可欠となります。本オンラインセミナーは、AWS Innovate に向けて、クラウド活用に必要なクラウド推進組織の作成、それに伴うクラウド人材育成についてのAWS ベストプラクティスをお伝えします。 開催概要 日時: 8/22 (水) 10:00-11:00 対象者: ・クラウドをこれから、または今よりさらに活用したいと考えている、クラウドを推進するような組織の方 ・クラウドを活用するのに必要な人材育成を担当されているリーダーの方 申し込み方法: こちらよりお申し込みいただけます。 視聴方法: オンラインセミナーですので、インターネットに接続できる環境からご視聴ください。 内容詳細: クラウド推進組織の作り方 (10:00-10:30) クラウドを導入するにあたり重要な役割を果たすのが「クラウド推進組織(CoE)」です。クラウド推進組織は、企業のクラウド導入に責任を持つスペシャルチームであり、その働き次第で御社のクラウド導入の成否が分かれます。クラウド導入のステージに応じて、クラウド推進組織の構成や役割が変わってくるため、御社に適したチームを組織化することが成功の秘訣です。当セッションでは、「基本編」として、クラウド推進組織の活動内容・必要な人材・組織形態について、クラウド導入ステージの観点より説明し、「実践編」として、AWSコンサル事例から導き出された10のベストプラクティスを紹介します。 スピーカー 川嶋 俊貴 AWS プロフェッショナルサービス アドバイザリーコンサルタント       クラウド人材の育て方 (10:30-11:00) AWSを技術的に使いこなせるエンジニアだけがクラウド人材ではありません。アイデアを形にすることが出来る、アイデアを柔軟に発展させていく能力のある人材が組織に増えれば、イノベーションは加速していきます。つまり、クラウド人材とはエンジニアだけの話ではありません。そのためのヒントを本セッションでは紹介していきます。 スピーカー 松本 照吾 AWS パブリックセクター セキュリティコンサルタント       皆様のご参加をお待ちしております。 AWS Innovateの詳細はこちら

Read More

1億2500万人のゲーマーをオンラインでスムーズにプレーするにはどうすればいいでしょうか?Epic GamesがFortniteについて語ってくれました。

FortniteのクリエイターであるEpic Gamesは、2018年7月17日にニューヨークのJavits Centerで開催されたAWSサミットでAWSサービスへオールインを明らかにしました。 ゲーム上に1億2500万人のプレイヤーを想像してください。1億2500万人、それはニューヨークの人口の15倍になります。マルチプレイヤーゲームをプレイしているすべての人が、夢を実現するでしょう。 プレイヤー全員が素晴らしい時間を過ごすことを保証しなければなりません。どのようにしてこの大変多くの人々のすべてのデータを取り扱うのでしょう? Epic GamesのFortnite クリエイターが今年、自分自身でそれを見つました。Fortomiteのこの驚異的な成長により、Epic Gamesが毎月2ペタバイトのデータを扱わなければいけないことを意味します。2,000テラバイトのハードドライブが積み上がっていることを想像してください。どのようにゲームデベロッパーがその規模の情報量を処理するでしょうか?

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Elastic File System (Amazon EFS) 資料及び QA 公開

先日 (2018/7/4) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「Amazon Elastic File System (Amazon EFS)」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180704 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic File System (Amazon EFS) from Amazon Web Services Japan PDF Q. EFSを複数のLambda間でのデータ共有に使ってみたいのですが、可能ですか ? A. Lambda 関数から EFS にアクセスすることはできません。Lambda 関数の間で情報共有を行う場合は DynamoDB を利用するか S3 を介したファイル渡しなどで実装してください。 Q. 最大どれくらいのスループットがでますでしょうか。 A. デフォルトの最大スループットは 1GB/s または 3GB/s が設定されており(リージョンによって異なります)、上限緩和申請を行うことができます。 Q. S3へのバックアップオプションなどはありますか? A. 現時点で EFS の機能として EFS から S3 へのバックアップ機能は提供されておりません。バックアップソフトウエアを利用して(EC2など)、S3に格納することなどをご検討ください。 Q. 拡張するサイズに制限をかけることはできますか? A. ファイルシステムが拡張する際の上限を設ける機能は現時点では提供されていません。 Q. オンプレからはDirect Connect経由でアクセス可能とのことですが、その場合も通信料金(下り課金)は発生しないのでしょうか。 A. AWS Direct Connect のデータ送信の料金が発生します。 Q. AWS Storage Gateway との使い分けはどのように考えるべきですか。 […]

Read More

【本日よりお申し込み開始!】AWS Innovate Japan 2018 オンラインカンファレンス

AWSのラーニングを目的とした日本初開催の大規模オンラインカンファレンス「AWS Innovate Japan 2018」を、8/28〜10/10に開催することが決定しました!お客様は、時間や場所の制約にとらわれず自由に参加でき、初心者も上級者も AWS クラウドについての新たな学習ができます。8/28、9/4、9/11 のライブ開催では、AWS エキスパートによるQAも用意されています。また、セッション内容に関連した AWS に関するクイズ、ハンズオン資料、ホワイトペーパー、AWS アカウント作成のためのリンクなどが配置され、次のアクションをすぐに起こすことができます。また、Virtual Summit Osakaという名前でAWS Summit大阪で予定されていたお客様事例セッション、パートナー様資料の一部も展示されます。 本日より以下リンクから詳細確認・お申し込みが可能です。   特徴1: 目的に合ったセッションを視聴 Machine Learning、IoT、Container トラックのほか、AWSome Day オンライントレーニングを含む初心者向けなど、様々なセッションをご用意しています。 特徴2: ライブ Q&A Machine Learning、IoT、Container(ライブ配信)当日は AWS エキスパートに直接質問できます。 特徴3: 修了証明書を発行 業務として活用できるよう、視聴したセッションの証明書を発行します。 特徴4: 豊富な資料ダウンロード ハンズオンのほか、様々なソリューションやパートナー企業の資料をダウンロードできます。 Live配信スケジュール 1日目:2018 年 8 月 28 日(火)12:15 ~16:00 テーマ:「Machine Learning」機械学習でイノベーションを実現しよう 機械学習はイノベーションを実現するために必要不可欠な技術になりつつあります。本トラックでは、機械学習プロジェクトを成功に導くためのポイントを提示し、プロジェクトを加速するために AWS が提供する機械学習サービス、ならびにその利用方法について紹介します。 2日目:2018 年 9 月 4 日(火)12:15 […]

Read More

2018 年 8 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。マーケティングの鬼形です。8 月の AWS Black Belt オンラインセミナーの配信についてご案内させて頂きます。 !!オンラインセミナーお申し込み方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください Amazon QuickSight アップデート:一般公開後に追加された特徴的な新機能 2018 年 8 月 1 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ Amazon QuickSight は高速かつサーバ運用不要の BI(ビジネスインテリジェンス) サービスです。AWS内のRDSやRedshiftといったデータソースだけでなく、オンプレミス環境や各種SaaSにも対応しています。2016年11に一般公開(GA)されて以降60以上の新機能が追加されてきました。今回サービスアップデートとして、QuickSight GA後に追加された機能の中から、便利で特徴的な機能を中心に御説明いたします。 対象者 BI環境に興味があり、Amazon QuickSightを知りたいという方全般 本セミナーで学習できること Amazon QuickSightの基本機能や料金の理解に加え、GA後に追加された特徴的な新機能をクイックに把握することが出来ます スピーカー 下佐粉 昭 Solutions Architect   クラウド設計・運用のベストプラクティス集 “AWS Well-Architected Framework” 2018 年 8 月 7 日 | 12:00 – 13:00 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Neptune 資料及び QA 公開

先日 (2018/7/3) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「Amazon Neptune」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180703 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune from Amazon Web Services Japan PDF Q. DynamoDBを利用するのはLambdaなどのMicroserviceとの親和性が高いためです。ネプチューンとLambdaの関係はどうですか ? A. HTTP RESTが使えるのでRDBMSのDB接続と比較して親和性は高いです。 Q. 暗号化を有効にした際は、性能が落ちるのでしょうか。落ちる場合は、どの程度落ちるかの指標等はありますか A. 格納データの暗号化について、特筆すべきオーバーヘッドはありません。 Q. オンデマンドインスタンス料金はRI適用は可能でしょうか。 A. いいえ、現在RIは使用できません。 以上です。 直近で以下の無料オンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWS Black Belt Online Seminar AWSで実現するウェブサイトホスティング 2018 年 7 月 10 日 | 12:00 […]

Read More

AWS Service Update 動画 (2018/07/05) が公開されました

AWS Service Update 動画が更新されましたのでお知らせします。今回は 6/14~6/26 のうち主要なサービスアップデート情報をお届けしています。また、AWSサービスの詳細を知りたい方は 7 月のオンラインセミナーもご活用ください。今月は西谷が担当する Amazon Elastic Container Service for Kubernetes も開催されます。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Support 資料及び QA 公開

先日 (2018/6/20) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「AWS Support」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180620 AWS Black Belt Online Seminar AWS Support from Amazon Web Services Japan PDF Q. たまに利用実績のないサービスのアラートメールが届いたりするのですが、現状サポート契約をしていない(ベーシックプラン)のでどこに確認していいか迷うときがあります。そもそもご配信では?というときはどこに聞けばいいでしょうか? こちらは、一度料金関連のサポートケースをご起票いただけたらと思います。料金関連のお問い合わせはベーシックプランでもご利用可能です。ご利用実績がないということで、料金の発生有無から切り分けを進める形が良いと考えます。 Q. AWS費用に応じてサポートがかわりますが、どのタイミングの費用で計算されるのでしょうか AWSサポート料金は、実際にAWSサポートにご加入いただいていた期間に発生したAWS月額ご利用料金を基に算出されます。開発者サポート及びビジネスサポート料金は、対象期間の料金を月末締めで算出し、翌月初旬にAWS月額料金に含まれ請求されます。 なお、AWSサポートご加入時に前払い金有りのリザーブドソースを保有されている場合、リザーブドソースの前払い金の案分料金*がAWSサポート料金計算に含まれます。案分料金に対するサポート料金は、サポートご加入初月にまとめて計算されますので、翌月以降は案分料金に対するサポート費用の発生はございません。 *前払い料金をリザーブドソースの有効期限までの残日数で案分した金額となります。 Q. サポートプランを途中で変更した場合は日割りとなるのでしょうか。クリティカルな障害が発生した際にビジネスサポートへ変更して1時間以内または4時間以内に回答を求める、といったことは可能なのでしょうか。 月の途中でサポートプランの変更を行った場合、それぞれのサポートプランに加入していた期間の案分料金が請求されます。お使いのシステムの重要性が上がるタイミングに合わせて、ビジネスサポートプランをご検討いただければ幸いです。 Q. 請求を分割するために複数のアカウントを利用しているのですが、組織での統合請求と同じようにサポートも組織 にまとめることはできないのでしょうか? こちらのご質問、「組織」はAWS Organizationsを指しているものとして回答します。恐れ入りますが、サポート契約については、Organizationsの利用にかかわらず、アカウント単位でのご選択をお願いしております。 Q. パフォーマンスの妥当性について、解析やサポートできますか ? AWSインフラ側の稼働状況を調査し、またログや各種メトリクスを中心としたご利用状況から見解をお答えすることができます。切り分けに際しては、アプリケーション側の切り分けを実施していただく必要がございますので、ご協力のほどお願いいたします。またご支援に際し、性能指標の妥当性についてはお客様にご判断いただく必要があること、またお客様の開発されたプログラムコードのレビューやデバッグは対象外となりますこと、何卒ご了承ください。 以上です。 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWS Black Belt Online Seminar Amazon […]

Read More