Amazon Web Services ブログ

Category: Webinars

[AWS Black Belt Online Seminar] 形で考えるサーバーレス設計 サーバーレスユースケースパターン解説 資料及び QA 公開

先日 (2020/11/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「形で考えるサーバーレス設計 サーバーレスユースケースパターン解説 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201118 AWS Black Belt Online Seminar 形で考えるサーバーレス設計 サーバーレスユースケースパターン解説 from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 業務系APIグループ企業間APIのユースケースですが、LambdaとRDSの組み合わせはコネクションの問題がありアンチパターンだと思っていたのですが、違うのでしょうか? A. 確かにこれまではアンチパターンと言われていましたが、Amazon RDS Proxyがリリースされたことによって、AWS LambdaからAmazon RDSへのコネクションをプーリングして再利用できるようになったため、Amazon RDSの負荷を軽減することができるようになりました。従って今後はAWS LambdaとAmazon RDSの組み合わせも要件に合わせて検討できる構成となっています。 Q. Lambdaの質問になりますが、Lambda関数について、デフォルト設定では、参照権限を許可しない限り、別のAWSアカウント(第三者)から関数を呼ばれることはない、という理解であっていますでしょうか? A. はい、その通りです。AWS Lambda関数のリソースポリシーで明示的に許可を与えない限り、他のアカウントからそのLambda関数を実行することはできません。 Q. API-Gatewayを使ってSPAアプリを開発しようとしたときに、HTMLファイルはS3に置くのが一般的でしょうか? A. SPAのアプリケーションを開発する場合、HTMLやJavaScriptは静的なページなのでAmazon S3のWebホスティング機能を利用することにより、サーバーの構築を行うことなくWebの静的ページをホスティングすることが可能です。そのためAmazon API Gateway、AWS Lambda、Amazon DynamoDBなどと組み合わせることで、全てをサーバーレスで構成して実行することが可能となるため良く利用されます。 Q. APMのパターンはありますか?今日の時点で AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon QuickSight のBI機能を独自アプリケーションやSaaSに埋め込む 資料及び QA 公開

先日 (2020/11/17) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon QuickSight のBI機能を独自アプリケーションやSaaSに埋め込む」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201117 AWS Black Belt Online Seminar Amazon QuickSight のBI機能を独自アプリケーションやSaaSに埋め込む from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Amazon QuickSight ACL で SSO ユーザーのグループとサブグループを使用できますか? A. QuickSight内のグループ機能は、SSO(フェデレーション)先のグループとは独立して利用可能です。つまりSSOには関係なくQuickSightの中でグループを作り、ユーザを登録することが可能です。SaaSでの利用において自動的なグループ登録を実現するには、例えばユーザをregister-userで登録した際に、同時にcreate-group-membershipを実行してグループ登録を行うように実行するなどで対応が可能です。 Q. Name spaceの管理はGUIには無いのでしょうか? A. 現時点ではName space機能はコマンドライン(CLI)もしくはAPIでの操作になります。 Q. マップのテーマのカスタマイズで詳細なマップに変更したり、といったことは可能でしょうか? A. QuickSightの地図ビジュアルにおいては、利用者独自のマップに変更するということはできません。 Q. email認証を使って閲覧ユーザーを招待した時に送信されるメールの文面をカスタマイズすることはできますでしょうか? A. GUIで登録した際に自動的に送付されるメッセージのカスタマイズはできませんが、CLIやAPIでユーザを登録すると、登録に必要なURLを取得することができます。 この際には自動ではメールは送信されませんので、お客様側の仕組みなどでURLとメッセージを添えてメールを送っていただくことで対応可能と思われます。 Q. QuichSightでExcelの近似曲線表示のような機能はございますか?ない場合,実現する手段はございますか? A. […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CodeStar & AWS CodePipeline 資料及び QA 公開

先日 (2020/11/11) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CodeStar & AWS CodePipeline」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201111 AWS Black Belt Online Seminar AWS CodeStar & AWS CodePipeline from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CodeStarで構築される環境は CloudFormation のテンプレートとして公開されているのでしょうか? A. AWS CodeStar テンプレートには AWS ランタイム依存関係をモデリングする AWS CloudFormation ファイルが含まれています。これはプロジェクト内に template.yml として保存されています。 AWS CodeStar User Guide: AWS CodeStar Project Templates […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon CloudFront deep dive 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/28) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon CloudFront deep dive」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201028 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFront deep dive from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. AWS WAFやShieldがリリースされる以前はCloudFront単体でDDoS Protectionされていたと記憶していますが、それは今でも有効ですか? A. すべての AWS のお客様は、追加料金なしで AWS Shield Standard の保護の適用を自動的に受けることができます。AWS Shield Standard は、ウェブサイトやアプリケーションを標的にした、最も一般的で頻繁に発生するネットワークおよびトランスポートレイヤーの DDoS 攻撃を防御します。AWS Shield Standard を Amazon CloudFront や Amazon Route […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS IoT Core 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/27) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS IoT Core」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201027 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Core from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. チャットアプリを作成しています。どの AWS サービスを使用するかを検討しています。aws-sample で AWS IoT を使用するサンプルアプリを見つけました。さらに調べると、AWS AppSync、Amazon API Gateway を使用してチャットアプリを作成する方法を示す AWS のブログが見つかりました。各 AWSサービスのメリットとデメリットを理解したいと思います。参考になるドキュメント/ブログ/サンプルコードがあるかどうか教えてもらえますか? A. AppSync と API Gateway にはそれぞれ Black Belt Online Seminar 資料がございますので、こちらで詳細に解説しております。 【 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Security Hub 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/13) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Security Hub」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201013 AWS Black Belt Online Seminar AWS Security Hub from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Security Hub は AWS における CSPM 機能を保有しているということでしょうか? A. 一般的な CSPM (Cloud Security Posture Management) ソリューションが有している、セキュリティ監視、コンプライアンスチェック、通知などの機能を AWS Security Hub は有しています。 Q. Detective と Security hub の違い / […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CodeCommit & AWS CodeArtifact 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/20) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CodeCommit & AWS CodeArtifact」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201020 AWS Black Belt Online Seminar AWS CodeCommit & AWS CodeArtifact from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CodeCommit との通信で「インターネットを介さず通信したい」という要求があった場合、AWS サービスを使って実現する例がありましたらご指示お願いいたします。想像ですが通信を AW Direct Connect で専用線を引く・・・など A. AWS CodeCommit の VPC エンドポイントとRoute 53 Resolver インバウンドエンドポイントをご利用いただくことで、AWS Direct Connect, AWS Site to Site […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon VPC 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/21) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon VPC 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201021 AWS Black Belt Online Seminar Amazon VPC from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. オンプレミス設計ではいくつかのネットワークを使い分けていました。1. サービス用NW 2. バッチ用NW 3. 管理用NW。Linux であれば bond0, bond1, bond2 と複数のデバイスを割り当てていました。分けていた理由は NW ACL 設定を分けるため (バッチ用 NW と管理用NWのみ SSH 許可 かつ SSH デーモンが Listen するのも対象I/Fのみ、など) それぞれ N/W 帯域を使い切ってしまったときに影響を局所化するため、でした。Amazon VPC […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS App Mesh Deep Dive 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/22) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS App Mesh Deep Dive」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201014 AWS Black Belt Online Seminar AWS App Mesh Deep Dive from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. APM として New Relic を採用しています。 Envoy のコントロールプレーンとして Istio を利用した場合New Relic 提供の newrelic-istio-adapter が利用できますが、Envoy のコントロールプレーンとして AWS App Mesh を利用した場合どのような方法があるのか教えていただけますか?Roadmap の話は QA 対象外ということですので、現時点での代替案、ワークアラウンドなどについて教えていただけますか? A. […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2020 年 11 月)

こんにちは!AWS Webinar チームです。 2020 年の残すところあと 11 月と 12 月ですね。 11 月は「霜月」といって霜が降る月ですが、もうそんな季節なんですね。 少しづつ寒くなる 11 月の Black Belt では 4 本のアジェンダを配信予定です! 興味のあるトピックはぜひご登録ください。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 11 月のスケジュール AWS CodeStar & AWS CodePipeline 2020 年 11 月 11 日 (水) | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ AWS には素早い市場の変化に追従できるように、迅速に開発および構築をサポートするサービスがあります。今回はその中より、頻繁なアプリケーションアップデートを支える継続的デリバリーサービスの AWS CodePipeline、ならびに継続的デリバリーやコードリリースの環境構築をサポートする AWS CodeStar の機能紹介とユースケースについて解説します。 対象者 AWS […]

Read More