Amazon Web Services ブログ

Category: Webinars

[AWS Black Belt Online Seminar] FreeRTOS 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/19) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「FreeRTOS」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200819 AWS Black Belt Online Seminar FreeRTOS from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. もともとは Amazon FreeRTOS という名称だったと思うのですが、”Amazon” がなくなったのはなにか意味があるのでしょうか? A. 名称統一に関して、以下の FAQ に記載がございます。こちらをご覧ください。バージョン 202007.00 以降では、AWS の提供するリポジトリは、“FreeRTOS AWS Reference Integrations” と呼んでおります。 Q. スケジューラの実装方式はタイムスライス方式でしょうか? A. 選択可能です。configUSE_TIME_SLICING フラグをセットします。こちらをご参照ください。 Q. PKCSK11 も Amazon Freertos に実装されている(含まれている)ことでしょうか? それとも、別ダウンロード必要でしょうか? A. FreeRTOS […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2020 年 9 月)

こんにちは!AWS Webinar チームです。 「暑さ寒さも彼岸まで」。 そんな日が近々くることを望んでやまない 9 月にお届けする AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内です。 まだまだ残暑が残る日々ですので、クーラーで冷えた快適なお部屋(熱中症の心配ゼロ)からぜひご視聴ください。 9 月は、3 本のアジェンダを配信予定です!興味のあるトピックはぜひご登録ください。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 9 月のスケジュール AWS IoT Events 2020 年 9 月 16 日 (水) | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ AWS IoT Events のサービスの紹介と、AWS IoT Events を利用して最低限のコーディングでデバイスやシステムの状態を管理する方法について、ユースケースと合わせてご紹介します。 対象者 IoT デバイスやサービスを構築しようとしている技術者の方 本セミナーで学習できること AWS IoT Events のサービスの機能 各種ユースケース […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Shield Advanced 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Shield Advanced」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200818 AWS Black Belt Online Seminar AWS Shield Advanced from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Shield Standard で「すべてのインターネットに面した AWS リソースが対象」とありましたが、EIP をアタッチした EC2 インスタンスも透過的に Shield Standard が適用されると思って間違いないでしょうか?(ELB か CloudFront が必要だと思っていました) A. はい。ほとんどの一般的な DDoS 攻撃に対する対策が適用されております。こちらのドキュメントをご参照ください。 Q. Shield Standard や他社製品を利用しているケースでアドバンスを検討するポイント(アドバンス利用のメリット)はありますでしょうか? A. Amazon CloudWatch により […]

Read More

[開催報告] Amazon Interactive Video Service ローンチセミナー

2020 年 8 月 18 日に新しいサービス Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS) について、サービス概要と使い方を実演でご説明するほか、ゲストスピーカー様(株式会社ディー・エヌ・エー様)より現場での活用をご紹介していただくイベントを開催しましたので、その資料公開とともに内容をブログでお届けします。 Amazon IVS は、コンテンツの取り込み、処理、配信までの動画ワークフローを一括でまとめられるマネージド ライブストリーミング ソリューションです。汎用ストリーミングソフトウェアから Amazon IVS を介し、ウェブサイトやアプリへ低遅延のままライブストリームを配信できます。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CloudEndure 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/11) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「CloudEndure」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200811 AWS Black Belt Online Seminar CloudEndure from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. クラッシュコンシステントの観点によってデータベースは DB ネイティブ(例えば Oracle DataGuard など)でレプリケーションをしたほうが良いかどうかの判断ということでしょうか?https://aws.amazon.com/jp/cloudendure-disaster-recovery/features/ A. CloudEndure は、ストレージの変更ブロックをレプリケーションして、データとしての一貫性を保持している動作になるので、crash consistent です。 Q. Disaster Recovery に関して、東京リージョンと大阪ローカルリージョンとの間でも実施可能でしょうか? A. 可能です。大阪ローカルリージョンを利用する際は、利用申請が必要です。また、リザーブドインスタンスでの利用となります。 Q. TestMode と CutoverMode でターゲットサーバに差異はあるのでしょうか? A. 差異はありません。2 つの Mode を用意している理由は、本番移行前に確実にテストを実施頂き、CloudEndure のコンソール上で Tested となっている対象サーバを本番移行頂きたいためです。 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Macie 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/12) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Macie」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200812 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Macie from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. S3 の設定変更を検知できるとのことですが、AWS Config で検知する場合との違いはございますでしょうか? A. 検知は AWS Config とは別個の仕組みとなります。Macie で検知出来る変更の一覧がこちらにございます。 Q. カスタムを利用しても Macie で日本語は検知できない認識で問題ないでしょうか? A. UTF-8 文字コードのファイルが対象であれば、カスタム識別子を使ってキーワード、正規表現に日本語や日本語とマッチするルールを指定して検知させることが可能です。 Q. Organizations を組んでいる親子アカウントがあった場合、無料試用期間は、親と子でそれぞれ使えますか?親子まとめて1アカウント分という計算になりますか? A. 親子まとめてのカウントの計算となります。 Q. たとえばクレジットカードをコピー機でスキャンして PDF 化したファイルなど、画像データになった機密情報の識別は可能でしょうか? A. 画像データのスキャンは現在は出来ません。 […]

Read More

2020 年 8 月の AWS オンラインテックトーク

AWS ソリューションのアーキテクトとエンジニアがご案内する、オンラインライブプレゼンテーションにぜひご参加ください。AWS オンラインテックトークは、幅広いトピックと専門知識レベルを網羅し、技術的詳細、デモ、顧客の例、AWS エキスパートとの Q&A をライブで特集しています。 注: すべてのセッションは無料です。時間は太平洋時間で表示しています。ライブでの参加が難しい方は、 AWS のオンデマンドポータルで、オンラインセミナーの録画やスライドにアクセスできます。 今月のテックトーク: 2020 年 8 月 17 日 | 午前 9 時~午前 10 時 (太平洋標準時) AWS コネクテッドモビリティソリューションでコネクテッドビークルデータのパワーを解放 一般的なコネクテッドモビリティのユースケース向けのソリューションを数分で構築し始める方法について説明します。 2020 年 8 月 17 日 | 午前 11 時~正午 (太平洋標準時) AWS でブロックチェーンのトラックアンドトレースアプリケーションを構築する Amazon Managed Blockchain を使用して、ブロックチェーンネットワークを設定し、トラックアンドトレースアプリケーションを構築する方法について説明します。 2020 年 8 月 18 日 | 午前 9 時~午前 10 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon CodeGuru 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/04) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon CodeGuru」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200804 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CodeGuru from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. P27 において、AWS CodeCommit でリポジトリを作成する時に CodeGuru Reviewer を有効化することもできれば、後から有効化もできるとのことですが、有効化された時点以降のものしか反映されないのでしょうか? A. はい、既存リポジトリにて CodeGuru Reviewer を有効化した場合、Pull Request ベースのコードレビューに関しましては有効化された以降の Pull Request 内の差分のみをレビューする形となっております。なお、BlackBelt Online Seminar を実施した翌日に、Full Repository Scan の機能が公開となりました。次のご質問で詳しく紹介します。 Q. CodeGuru Reviewer についてですが、新規変更点だけでなく、既存のコードの検査をしてみたいのですが、Pull Request […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] What’s New in Serverless 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/28) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「What’s New in Serverless」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200728 AWS Black Belt Online Seminar What's New in Serverless from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. EventBridge については 「Lambda ⇒ EventBridge ⇒ Lambda」 といった AWS サービス間の連携も可能という認識です。ただし, 従来の方法ですと 「Lambda ⇒ SQS ⇒ Lambda」 といったものもあったと思いますが, 何か使い分けのポイントなどはありますでしょうか? A. サービス間の統合を担うという意味では共通していますが、サービスの特徴が異なります。 Amazon SQS はメッセージキューイングサービスで、キューはメッセージの保持もすることから、設定された保持期間 (60 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Redshift Advanced Guide −最新ベストプラクティスとアップデート 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/29) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Redshift Advanced Guide −最新ベストプラクティスとアップデート」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200729 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Advanced Guide −最新ベストプラクティスとアップデート from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CTAS で、Parquet の外部テーブルを作成する際の質問です。利用イメージとして、データの全件洗替を上記でしたいのですが、S3 ファイルの上書きができないため、SQL 以外でS3ファイルを削除する必要がある認識です。Redsfhit で完結できないでしょうか。 A. データ全件洗い替えの方法はご認識いただいている通りとなります。現状 Redshift の CTAS での既存 S3 ファイルの上書きや、SQL 経由での S3 ファイルの削除をサポートしていないため、Redshift SQL のみでの完結は出来ません。 Q. Amazon DynamoDB […]

Read More