Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Storage Gateway*

Amazon Athena および AWS Storage Gateway を使用して、オンプレミスで作成されたデータを照会する

 企業のお客様は、毎日データセンターで生成されるペタバイト規模のデータへのアクセスを維持、保護、提供する必要があります。従来、これには、未加工データをネットワークアタッチトストレージ (NAS)、ストレージエリアネットワーク (SAN)、またはダイレクトアタッチトストレージ (DAS) に保存し、それを変換してリレーショナルデータベースにロードして照会および分析活動をサポートする、一連の複雑な相互関連システムが含まれます。これは、一般に抽出、変換、ロードまたは ETL として知られています。 これらのシステムはそれぞれ、別々のチームによって別々に維持する必要があります。データベースは DBA によって、基盤となる物理インフラストラクチャはシステムエンジニアによって、などです。AWS では、常にお客様のために「Invent and Simplify」の方法を模索しています。この記事では、オンプレミスで生成された重要なデータを照会するプロセスを簡素化するための、お客様のデータセンターにデプロイできる AWS テクノロジ (AWS Storage Gateway) とサーバーレスのクラウドネイティブテクノロジ (Amazon Athena) の組み合わせた使用について説明します。 Tableau などの一般的なエンタープライズ分析ツールを使用してデータを分析するお客様は、ODBC または JDBC を使用してデータに接続し、データに対してクエリを実行しています。逆に、ファイルシステムはファイルの読み書きに SMB や NFS などのプロトコルを使用します。これまで、データを分析できるようにするためには、データを未加工の形式 (多くの場合はテキストファイル) からリレーショナルデータベースに変換する必要がありました。AWS Storage Gateway および Amazon Athena に入ります。

Read More

AWS Storage Gateway を使用して Amazon S3 に SQL Server バックアップを保存する

Alkami や Acadian Asset Management などのお客様は、AWS Storage Gateway を使用して Microsoft SQL Server データベースを直接 Amazon S3 にバックアップし、オンプレミスのストレージ占有領域を削減し、耐久性、拡張性、および費用対効果の高いストレージとして S3 を活用しています。 Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションに対して、実質的に無制限のクラウドストレージへのアクセスを提供する、ハイブリッドなクラウドストレージサービスです。このサービスは、ストレージ管理を簡素化し、3 つの主な使用例でコストを削減します。 クラウドへのバックアップ移動 クラウドベースのファイル共有によるオンプレミスストレージの削減 オンプレミスアプリケーション用に AWS 内のデータへのアクセスを低レイテンシーで提供 この記事では、Storage Gateway のファイルゲートウェイ設定を使用してバックアップをクラウドに移動する 1 つの方法を説明します。 概要 次の手順を使用してファイルゲートウェイをデプロイし、SQL Server のバックアップターゲットとしてファイル共有を作成して、S3 にバックアップを保存します。 オンプレミス環境にファイルゲートウェイをデプロイします。 ファイル共有認証でドメインユーザーとグループを使用できるように、ファイルゲートウェイを Microsoft Active Directory ドメインに接続します。 ファイルゲートウェイに SMB ファイル共有を作成し、その共有を S3 バケットに関連付けます。Active Directory ドメインを使用して共有へのオンプレミスアクセスを設定します。 共有をマウントしてクイックバックアップを作成し、SQL Server がその共有にアクセスできることを確認します。 ファイルゲートウェイをデプロイする 始めるには、オンプレミス環境でファイルゲートウェイを作成します。ファイルゲートウェイは、オンプレミスの […]

Read More

AWS Storage Gateway でファイルインターフェイス

「 のレビュー」といったブログカテゴリを追加した方がいいかもしれませんね。去年の 11 月、 に重要な機能を追加しましたが、忙しすぎてその調査やブログを書く時間を取れずにいました。 は既存のアプリケーションと の間に位置するマルチプロトコルストレージアプライアンスです。お使いのアプリケーションやクライアントオペレーティングシステムは (設定によりますが) ゲートウェイをファイルサーバー、ローカルディスクボリュームまたは仮想テープライブラリ (VTL) と見なします。その背景でゲートウェイはコスト効率が良く耐久性のある安全なストレージに を使用しています。 はデータをローカルでキャッシュし、帯域幅の管理機能を使用してデータ転送を最適化します。 はインストールや設定そして実行が簡単な自己完結型の仮想アプライアンスとして提供されています (詳細は「Storage Gateway のユーザーガイド (Storage Gateway User Guide) 」をご覧ください)。既存の環境でクラウドストレージのスケールや耐久性そしてコスト面におけるメリットを活用できます。既存のファイルやディレクトリを S3 に移動するプロセスを減らし、ドラッグアンドドロップ (または CLI ベースのコピー) でシンプルに移動できます。その他多くの AWS サービスと同様に、2012 年にリリースされてから にいくつもの機能が追加されてきました (「AWS Storage Gateway – AWS クラウドストレージと既存のオンプレミスアプリケーションを統合 (The AWS Storage Gateway – Integrate Your Existing On-Premises Applications with AWS Cloud Storage)」)。 をリリースした時点で、ストレージボリュームの作成や iSCSI デバイスにアタッチできたほか、ボリュームすべてを保存したり、ゲートウェイでもっとも頻繁にアクセスされているデータのキャッシュを保存するオプションを提供します。そして、これらはすべて […]

Read More