Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Storage Gateway*

AWS Storage Gateway でファイルインターフェイス

「 のレビュー」といったブログカテゴリを追加した方がいいかもしれませんね。去年の 11 月、 に重要な機能を追加しましたが、忙しすぎてその調査やブログを書く時間を取れずにいました。 は既存のアプリケーションと の間に位置するマルチプロトコルストレージアプライアンスです。お使いのアプリケーションやクライアントオペレーティングシステムは (設定によりますが) ゲートウェイをファイルサーバー、ローカルディスクボリュームまたは仮想テープライブラリ (VTL) と見なします。その背景でゲートウェイはコスト効率が良く耐久性のある安全なストレージに を使用しています。 はデータをローカルでキャッシュし、帯域幅の管理機能を使用してデータ転送を最適化します。 はインストールや設定そして実行が簡単な自己完結型の仮想アプライアンスとして提供されています (詳細は「Storage Gateway のユーザーガイド (Storage Gateway User Guide) 」をご覧ください)。既存の環境でクラウドストレージのスケールや耐久性そしてコスト面におけるメリットを活用できます。既存のファイルやディレクトリを S3 に移動するプロセスを減らし、ドラッグアンドドロップ (または CLI ベースのコピー) でシンプルに移動できます。その他多くの AWS サービスと同様に、2012 年にリリースされてから にいくつもの機能が追加されてきました (「AWS Storage Gateway – AWS クラウドストレージと既存のオンプレミスアプリケーションを統合 (The AWS Storage Gateway – Integrate Your Existing On-Premises Applications with AWS Cloud Storage)」)。 をリリースした時点で、ストレージボリュームの作成や iSCSI デバイスにアタッチできたほか、ボリュームすべてを保存したり、ゲートウェイでもっとも頻繁にアクセスされているデータのキャッシュを保存するオプションを提供します。そして、これらはすべて […]

Read More