Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Storage Gateway

新機能 – AWS Snowball Edge を使用してオフラインでのテープ移行

長年にわたり、私たちは、AWS クラウドへのデータ移行を支援する、パワフルなツールを次々と提供してきました。2009 年の AWS Import/Export から始まり、2015 年には Snowball、2016 年には Snowmobile と Snowball Edge、2020 年には Snowcone の各新デバイスには、移行プロセスを簡略化および迅速化する追加機能が用意されています。すべてのデバイスは、帯域幅の制限、高い接続コスト、高レイテンシーなどのネットワーク制約に悩まされている環境で動作するように設計されています。 オフラインでのテープ移行 現在、オフラインで物理テープに保存されているデータを簡単に移行できるようにすることで、さらに一歩前進しています。大規模で高価なストレージ施設を廃止し、テープロボットを牧草地に送り出し、アーカイブされたデータを数年ごとに新しいフォーマットやメディアに移動するのにかかる時間と労力をすべて排除しながら、既存のテープ中心のバックアップ/リカバリユーティリティとワークフローを保持できます。 このリリースでは、AWS Snowball Edge デバイスにテープ移行機能が導入され、デバイスごとに最大 80 TB のデータを移行できるようになりました。

Read More

AWS Storage Gateway が大阪リージョンでご利用可能となりました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 AWS Storage Gateway が大阪リージョンでご利用可能となりましたのでお知らせいたします。 AWS Storage Gateway Storage Gateway は、オンプレミスから実質無制限のクラウドストレージへのアクセスを提供するハイブリッドクラウドを実現させるサービスです。Storage Gateway を利用することで、バックアップのクラウドへの移動や、クラウドストレージを利用したオンプレミスのファイル共有の実現、およびオンプレミスアプリケーションに AWS 上のデータへの低レイテンシーアクセスを実現させることができるため、ストレージ管理を簡素化し、ハイブリットクラウドストレージのユースケースでコストを削減することができます。オンプレミス環境で、Storage Gateway ソフトウェアを含む仮想マシンを VMware ESXi、Microsoft Hyper-V、または Linux KVM にデプロイすることでご利用いただけます。 お客様が抱える様々なワークロードに対応するために、Storage Gateway は4つのゲートウェイタイプを備えています。

Read More

クラウド内のファイルサーバーデータへの高速なキャッシュアクセスのために Amazon FSx ファイルゲートウェイの使用を開始する

従来のワークロードが引き続きクラウドに移行するため、一部のお客様は、通常はオンプレミスのファイルサーバーに保持されているデータをホストするクラウドネイティブなサービスを利用することができませんでした。例えば、チームやプロジェクトのファイル共有、またはコンテンツ管理システムで一般的に使用されるデータは、顧客の施設とクラウドの間でのレイテンシーが大きい、あるいは帯域幅が制限または共有されているという問題があるため、オンプレミスに常駐する必要がありました。 本日、 Amazon FSx ファイルゲートウェイを発表いたしました。これは、オンプレミスのファイルサーバーを引き続き使用および管理する代わりに、 Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを使用してクラウドに保存されたデータにアクセスするのに役立つ新しいタイプの AWS Storage Gateway です。 Amazon FSX File Gateway はネットワークの最適化およびキャッシュを使用するため、共有データがオンプレミスにあるかのようにユーザーやアプリケーションに表示されます。ファイルサーバーデータを Amazon FSx for Windows ファイルサーバーに移動および統合することで、クラウドストレージの規模と経済性を活用し、オンプレミスのファイルサーバーの管理にかかわる非差別化されたメンテナンスを利用することができます。サーバーを使用できますが、 Amazon FSX ファイルゲートウェイ はレイテンシーと帯域幅に関する問題を解決します。 オンプレミスのファイルサーバーの置き換え Amazon FSx File Gateway は、オンプレミスのファイルサーバーを交換する際に考慮すべき理想的なソリューションです。低レイテンシーのアクセスにより、レイテンシーの影響を受けやすいオンプレミスアプリケーションを引き続き使用できます。また、キャッシュにより、オンプレミスとクラウド間の共有帯域幅が節約されます。これは、多数のユーザーがファイル共有データに直接アクセスしようとする場合に特に重要です。 すべて同じ Active Directory ドメインのメンバーであり、AD インフラストラクチャを AWS Directory Service でホストするか、オンプレミスで管理することが可能であれば、Amazon FSx ファイルシステムをアタッチし、ゲートウェイを介してアプリケーションとユーザーに提示することができます。 前述のように、お客様のデータは、フルマネージド型で、信頼性が高く、復元力のあるファイルシステムである Amazon FSx for Windows ファイルサーバーに存在し、ファイルサーバー、ストレージボリューム、およびバックアップのセットアップや操作に伴う複雑さを排除します。Amazon FSx for Windows ファイルサーバーは、完全なサーバーメッセージブロック […]

Read More

Amazon FSx File Gatewayを使ったファイルサーバーへの高速なキャッシュアクセス

このブログはSteve Roberts (Developer Advocate focused on .NET and PowerShell development on AWS)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 従来のワークロードがクラウドに移行していく中で、一部のお客様は、データがオンプレミスのファイルサーバに保存されているため、クラウドの恩恵を十分に活かしきれていません。例えば、チームやプロジェクトのファイル共有、コンテンツ管理システムなどで一般的に使用されるデータは、お客様の拠点とクラウド間のネットワーク遅延、帯域の制限・共有などの問題により、オンプレミスに設置する必要があるからです。 今回、新しいタイプのAWS Storage GatewayであるAmazon FSx File Gatewayを発表します。これは、オンプレミスのファイルサーバーを運用する代わりに、Amazon FSx for Windows File Serverでクラウドに保存されたデータにアクセスすることを支援するものです。Amazon FSx File Gatewayは、ネットワークの最適化とキャッシングをしているため、ユーザーやアプリケーションからは、共有データがあたかもオンプレミスにあるかのように見えます。ファイルサーバーのデータをAmazon FSx for Windows File Serverに移行して統合することで、クラウドストレージの拡張性とコストメリットを活用し、オンプレミスのファイルサーバーのメンテナンスから解放され、Amazon FSx File Gatewayがネットワーク遅延と帯域の問題を解決します。

Read More

VMware Cloud on AWSにおけるストレージオプションと設計

VMware Cloud on AWSはVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC)技術をAWSのグローバルインフラストラクチャ上で提供するためVMwareとAWSが共同開発したソリューションです。 様々なストレージ要件のワークロードが存在する場合、利用可能なストレージオプションの種類を把握し、異なる条件下でそれらをどう使っていくことが最適であるかを理解することが重要です。 VMware Cloud on AWSは複数のストレージサービスと統合されており、VMware vSphereワークロードに対して選択肢と柔軟性を提供しています。しかしながら各サービスは特定のシナリオに最適化されており、ワークロード全体に対して最適な単一のアプローチというものはありません。正しいサービスを選択するには、まずVMware vSphereワークロードのストレージ要件やパフォーマンスの統計データを理解しなければいけません。それを踏まえた上で、お客様のワークロードに適したコスト、可用性、パフォーマンス要件を満たすストレージを計画、実装することができます。

Read More

AWS Storage Day 2020 にようこそ

2019 年 11 月の最初の Storage Day (AWS Storage Day にようこそ) は大成功を収めました。AWS Storage サービスに関する重要なお知らせを多数取り上げて、それらを 1 つの記事にまとめることができました。そして必要に応じて、より長く、詳細な記事を掲載しました。 今日、それを再び行います。AWS Storage Day 2020 にようこそ! お客様が Amazon Simple Storage Service (S3)、Amazon FSx for Lustre、Amazon FSx for Windows ファイルサーバー、Amazon Elastic Block Store (EBS)、Amazon Elastic File System (EFS)、AWS Transfer Family (AWS Transfer for SFTP、FTPS、または FTP)、AWS DataSync、AWS Storage Gateway、AWS Backup や AWS Snow […]

Read More

Amazon Athena および AWS Storage Gateway を使用して、オンプレミスで作成されたデータを照会する

 企業のお客様は、毎日データセンターで生成されるペタバイト規模のデータへのアクセスを維持、保護、提供する必要があります。従来、これには、未加工データをネットワークアタッチトストレージ (NAS)、ストレージエリアネットワーク (SAN)、またはダイレクトアタッチトストレージ (DAS) に保存し、それを変換してリレーショナルデータベースにロードして照会および分析活動をサポートする、一連の複雑な相互関連システムが含まれます。これは、一般に抽出、変換、ロードまたは ETL として知られています。 これらのシステムはそれぞれ、別々のチームによって別々に維持する必要があります。データベースは DBA によって、基盤となる物理インフラストラクチャはシステムエンジニアによって、などです。AWS では、常にお客様のために「Invent and Simplify」の方法を模索しています。この記事では、オンプレミスで生成された重要なデータを照会するプロセスを簡素化するための、お客様のデータセンターにデプロイできる AWS テクノロジ (AWS Storage Gateway) とサーバーレスのクラウドネイティブテクノロジ (Amazon Athena) の組み合わせた使用について説明します。 Tableau などの一般的なエンタープライズ分析ツールを使用してデータを分析するお客様は、ODBC または JDBC を使用してデータに接続し、データに対してクエリを実行しています。逆に、ファイルシステムはファイルの読み書きに SMB や NFS などのプロトコルを使用します。これまで、データを分析できるようにするためには、データを未加工の形式 (多くの場合はテキストファイル) からリレーショナルデータベースに変換する必要がありました。AWS Storage Gateway および Amazon Athena に入ります。

Read More

AWS Storage Gateway を使用して Amazon S3 に SQL Server バックアップを保存する

Alkami や Acadian Asset Management などのお客様は、AWS Storage Gateway を使用して Microsoft SQL Server データベースを直接 Amazon S3 にバックアップし、オンプレミスのストレージ占有領域を削減し、耐久性、拡張性、および費用対効果の高いストレージとして S3 を活用しています。 Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションに対して、実質的に無制限のクラウドストレージへのアクセスを提供する、ハイブリッドなクラウドストレージサービスです。このサービスは、ストレージ管理を簡素化し、3 つの主な使用例でコストを削減します。 クラウドへのバックアップ移動 クラウドベースのファイル共有によるオンプレミスストレージの削減 オンプレミスアプリケーション用に AWS 内のデータへのアクセスを低レイテンシーで提供 この記事では、Storage Gateway のファイルゲートウェイ設定を使用してバックアップをクラウドに移動する 1 つの方法を説明します。 概要 次の手順を使用してファイルゲートウェイをデプロイし、SQL Server のバックアップターゲットとしてファイル共有を作成して、S3 にバックアップを保存します。 オンプレミス環境にファイルゲートウェイをデプロイします。 ファイル共有認証でドメインユーザーとグループを使用できるように、ファイルゲートウェイを Microsoft Active Directory ドメインに接続します。 ファイルゲートウェイに SMB ファイル共有を作成し、その共有を S3 バケットに関連付けます。Active Directory ドメインを使用して共有へのオンプレミスアクセスを設定します。 共有をマウントしてクイックバックアップを作成し、SQL Server がその共有にアクセスできることを確認します。 ファイルゲートウェイをデプロイする 始めるには、オンプレミス環境でファイルゲートウェイを作成します。ファイルゲートウェイは、オンプレミスの […]

Read More

AWS Storage Gateway でファイルインターフェイス

「AWS re:Invent のレビュー」といったブログカテゴリを追加した方がいいかもしれませんね。去年の 11 月、AWS Storage Gateway に重要な機能を追加しましたが、忙しすぎてその調査やブログを書く時間を取れずにいました。Storage Gateway は既存のアプリケーションと AWS Cloud の間に位置するマルチプロトコルストレージアプライアンスです。お使いのアプリケーションやクライアントオペレーティングシステムは (設定によりますが) ゲートウェイをファイルサーバー、ローカルディスクボリュームまたは仮想テープライブラリ (VTL) と見なします。その背景でゲートウェイはコスト効率が良く耐久性のある安全なストレージに Amazon Simple Storage Service (S3) を使用しています。Storage Gateway はデータをローカルでキャッシュし、帯域幅の管理機能を使用してデータ転送を最適化します。Storage Gateway はインストールや設定そして実行が簡単な自己完結型の仮想アプライアンスとして提供されています (詳細は「Storage Gateway のユーザーガイド (Storage Gateway User Guide) 」をご覧ください)。既存の環境でクラウドストレージのスケールや耐久性そしてコスト面におけるメリットを活用できます。既存のファイルやディレクトリを S3 に移動するプロセスを減らし、ドラッグアンドドロップ (または CLI ベースのコピー) でシンプルに移動できます。その他多くの AWS サービスと同様に、2012 年にリリースされてから Storage Gateway にいくつもの機能が追加されてきました (「AWS Storage Gateway – AWS クラウドストレージと既存のオンプレミスアプリケーションを統合 (The AWS […]

Read More