Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Snowball Edge

新機能 – AWS Snowball Edge を使用してオフラインでのテープ移行

長年にわたり、私たちは、AWS クラウドへのデータ移行を支援する、パワフルなツールを次々と提供してきました。2009 年の AWS Import/Export から始まり、2015 年には Snowball、2016 年には Snowmobile と Snowball Edge、2020 年には Snowcone の各新デバイスには、移行プロセスを簡略化および迅速化する追加機能が用意されています。すべてのデバイスは、帯域幅の制限、高い接続コスト、高レイテンシーなどのネットワーク制約に悩まされている環境で動作するように設計されています。 オフラインでのテープ移行 現在、オフラインで物理テープに保存されているデータを簡単に移行できるようにすることで、さらに一歩前進しています。大規模で高価なストレージ施設を廃止し、テープロボットを牧草地に送り出し、アーカイブされたデータを数年ごとに新しいフォーマットやメディアに移動するのにかかる時間と労力をすべて排除しながら、既存のテープ中心のバックアップ/リカバリユーティリティとワークフローを保持できます。 このリリースでは、AWS Snowball Edge デバイスにテープ移行機能が導入され、デバイスごとに最大 80 TB のデータを移行できるようになりました。

Read More

米国 海軍は7兆円超のリソース管理を行う最大の基幹システム(ERP)をAWSに移行完了

アメリカ海軍(U.S. Navy)が、”最大”の基幹システム(“U.S. Navy’s largest SAP ERP system”)をAWSへ移行した事例が公開されました。今回のブログでは、AWSジャパン・パブリックセクターより、この事例から読み取られるべきインパクトについて、ご紹介します。

Read More

2018年3月のAWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。ソリューションアーキテクトの石井です。2018 年 3 月の AWS Black Belt オンラインセミナーの配信についてご案内をさせて頂きます。 2018 年 3 月の BlackBelt セミナーでは、ソリューションカットとして、働き方改革を実現するための AWS の VDI やオンラインミーティングサービス、Well-Architected Framework を活用したコスト最適化、データウェアハウスの AWS クラウドへの移行方法、AWS IoT でのデバイス管理・運用をする際に検討すべきポイント、などをご紹介します。 サービスカットでは、機械学習モデルの開発・学習・推論を素早く簡単に行うための Amazon SageMaker、ストレージとコンピューティング機能を備えた 100TB のデータ転送デバイス AWS Snowball Edge、動画ストリーミングを低遅延で分析処理に配信するための Amazon Kinesis Video Streams など、盛り沢山でお送りします。 なお、2018 年 3 月の BlackBelt セミナーは通常の火・水以外の変則的な開催日もございますのでご注意下さい。 3 月の開催予定 ソリューションカット 3/6(火)12:00-13:00 働き方改革を実現する AWS のエンドユーザーコンピューティングサービス 3/13(火)12:00-13:00 Well-Architected Framework によるコスト最適化 3/19(月)12:00-13:00 […]

Read More