Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Chime

2018年3月のAWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。ソリューションアーキテクトの石井です。2018 年 3 月の AWS Black Belt オンラインセミナーの配信についてご案内をさせて頂きます。 2018 年 3 月の BlackBelt セミナーでは、ソリューションカットとして、働き方改革を実現するための AWS の VDI やオンラインミーティングサービス、Well-Architected Framework を活用したコスト最適化、データウェアハウスの AWS クラウドへの移行方法、AWS IoT でのデバイス管理・運用をする際に検討すべきポイント、などをご紹介します。 サービスカットでは、機械学習モデルの開発・学習・推論を素早く簡単に行うための Amazon SageMaker、ストレージとコンピューティング機能を備えた 100TB のデータ転送デバイス AWS Snowball Edge、動画ストリーミングを低遅延で分析処理に配信するための Amazon Kinesis Video Streams など、盛り沢山でお送りします。 なお、2018 年 3 月の BlackBelt セミナーは通常の火・水以外の変則的な開催日もございますのでご注意下さい。 3 月の開催予定 ソリューションカット 3/6(火)12:00-13:00 働き方改革を実現する AWS のエンドユーザーコンピューティングサービス 3/13(火)12:00-13:00 Well-Architected Framework によるコスト最適化 3/19(月)12:00-13:00 […]

Read More

Amazon Chime の更新 – 既存の Active Directory を使用してドメインを要求

については 2 月のブログ「Amazon Chime – 統合されたコミュニケーションサービス (Amazon Chime – Unified Communications Service)」で紹介し、世界中にいる相手と繋がったり共同作業を行う方法についてご説明しました。Amazon Chime はリリースされるとすぐに AWS チームが好んで使用するコミュニケーションツールになりました。私は 1 日に渡り、1 対 1 のチャットやグループチャットにいくつも参加しています。また、Amazon Chime を使用した会議に「チャイムイン」することも頻繁にあり、今後のリリースや講演のチャンスなどについて話し合っています。本日、その Amazon Chime に新しい 2 つの機能を追加することになりました。ドメインを独自のものとして要求したり、既存の Active Directory のサポートが可能になります。 ドメインの要求 ドメインを要求することで、そのドメイン内のユーザー全員による Amazon Chime の使用状況を管理できます。新社員を公式な方法で Amazon Chime に登録させることで、社員が退社した場合はそのアカウントを停止にすることができます。ドメインを要求するには、特定のドメイン名を所有していることをアサートし、ご自分のドメインの DNS エントリに TXT レコードを入力することでアサーションをバックアップします。お客様の組織が使用するメールアドレスのドメインおよびサブドメインそれぞれにおいて、この手順を行ってください。では次に、私が自分のドメインを要求したケースをお見せします。 [Verify this domain] をクリックすると Amazon Chime が私の DNS レコードを提供します。 そうすると、ドメインのステータスが [Pending Verification] […]

Read More

Amazon Chime – 統合されたコミュニケーションサービス

私のように職場での日々を過ごしている方々は、職場仲間とのコミュニケーションに多くの時間を費やしていることと思います。毎日のように私は全世界の人々と通信し、お互いに協力関係を築いています。オフィスでコンピューターの前に座っている人もいれば、移動しながらスマートフォン端末を使って接続し、コミュニケーションしている人もいます。私たちはフレンドリーにチャットを交わし、頻繁に会合し、ドキュメントや画像を送受信し、画面を共有しています。長年のあいだ、多くの「ビジネス生産性」ツールには何かが欠けていました。こういったツールの多くには、1 つか 2 つのコミュニケーションモデルや協力スタイルのみが用意され、妨げとなることがありました。ライセンスの入手とトレーニングのコスト、そして社内以外の外部との協力関係へのサポートの欠如は、事態を悪化させるだけでした。今このような状況を変化させる時です。 Amazon Chime の紹介 今日は についてお話ししたいと思います。この新しい統合されたコミュニケーションサービスは、ミーティングをこれまで以上に容易にし、さらに効果的にするためにデザインされています。 では、ワンクリックで高品質なサウンドとビデオのミーティングを始めることができます。ミーティングを始めると、チャット、コンテンツの共有、画面の共有がスムーズなエクスペリエンスとして実現でき、コンピューターや MAC のデスクトップ、iOS デバイスと Android デバイスに対応しています。 は完全に管理されたサービスとなるため、事前の投資、ソフトウェアの導入や常時のメンテナンスが必要ではありません。ユーザーは アプリをダウンロードするだけで、数分で利用を開始できます。 の主な機能のいくつかを簡単にご紹介しましょう。 オンタイムミーティング – ミーティングのためにダイアルインする必要はもうありません。ミーティングのための長い識別子や同じく長いパスワードを入力する必要はありません。その代わりに、 はミーティングが開始する際にアラートを発信し、ワンクリックあるいはタップによって参加する (または、遅れての参加を知らせる) ことができます。 ミーティング名簿 – 冗長な「誰が参加したか」についての質問の代わりに、 は参加者、遅れての参加者、欠席者の名簿を視覚的に提供します。また、広範囲にアクセスできる消音機能が提供され、ほかの参加者が入力していたり、犬が吠えていた場合などに便利です。 広範囲なアクセス – はモバイル使用に構築され、アプリによるコンピューターとモバイルデバイスで実行できます。さらに、 ではひとつのデバイスからミーティングに参加し、その後シームレスに別のデバイスに移動できます。 簡単な共有 – 協力関係を築くことが の中心となる機能です。ミーティングの参加者は、好きな時に画面を共有でき、許可を得る必要はありません。 のチャットルームでは、参加者が協力して作業でき、共有の履歴が作成されて暗号形式で保存されます。 高音質な通話 – は、高音質で雑音のない音声とはっきりとしてクリアな HD ビデオをすべてのユーザーデバイスとほぼ全種類の会議室ビデオシステムに提供します。 Amazon Chime の実証 の主な機能をまず主画面から実行してみましょう。 ミーティングをクリックし、続いて Outlook カレンダーまたは Google カレンダーにミーティングスケジュールを予定します。 Outlook カレンダーは アドインを使用しています。Outlook にスケジュールをクリックするとこのアドインのインストールが求められます。通常通りにこのイベントを設定するだけです。 […]

Read More