Amazon Web Services ブログ

Category: Kinesis Video Streams

Amazon Kinesis Video Streams を用いた機械学習のためのパイプラインの構築

この記事は Building machine learning pipelines with Amazon Kinesis Video Streams を翻訳したものです。 はじめに Amazon Kinesis Video Streams (KVS) は、コネクテッドデバイスから AWS にビデオを安全にストリーミングし、分析、機械学習 (ML) 、再生、その他の処理を簡単に行うことができるようにします。KVS は、数百万台のデバイスからストリーミングビデオデータを取り込むために必要なすべてのインフラを自動的に準備し、柔軟にスケールします。KVS は、ストリームのビデオデータを耐久性をもって保存、暗号化、インデックス化し、使いやすい API を通じてデータにアクセスできます。KVS は、ライブやオンデマンドでのビデオ再生、コンピュータビジョンやビデオ解析を活用したアプリケーションの迅速な構築を可能にします。2022年5月4日、KVS は、ビデオデータを分析し、顧客に実用的な洞察を提供するためのスケーラブルな機械学習パイプラインを容易に構築する新機能を発表しました。このブログ記事では、KVS に保存されているビデオデータを ML 処理に適した画像形式に変換するために必要なコンポーネントを設定する手順を説明します。

Read More

Amazon Kinesis Video Streams WebRTC ハンズオンを公開 – カメラデバイスとの低遅延の双方向メディアストリーミングの方法を学べます

こんにちは、IoT スペシャリストソリューションアーキテクトの三平です。この記事では、Amazon Kinesis Video Streams WebRTC ハンズオンをご紹介します。 Amazon Kinesis Video Streams は、分析、機械学習 (ML)、再生、およびその他の処理のために、コネクテッドデバイスから AWS へ動画を簡単かつ安全にストリーミングできるマネージドサービスです。また、WebRTC を使用した超低レイテンシーの双方向メディアストリーミングもサポートしています。数百万のデバイスからの動画の取り込みや保存、WebRTC の通信を行うためのクラウドインフラストラクチャを、自動的にプロビジョンして、伸縮自在にスケールします。 このハンズオンでは Amazon Kinesis Video Streams で WebRTC を用いてカメラデバイスとブラウザ間でメディアストリーミングを行う方法や、AWS IoT の Credentials Provider を用いてデバイスの認証と Amazon Kinesis Video Streams WebRTC へのアクセスを行う方法を、実際に手を動かしながら1〜2時間で学ぶことができます。

Read More
real-time-collaboration-using-amazon-chime-sdk-messaging

Amazon Chime SDK messagingでリアルタイムコラボレーションを行う

Amazon Chime SDK messagingは、開発者がユーザーのコミュニティを安全かつスケーラブル、そして永続的なメッセージングで簡単に接続するために必要なビルディングブロックを提供します。利用可能なAPIには、メッセージの送信、履歴の取得、メッセージの編集および削除、保存されたメッセージの保持ポリシーの設定、チャットデータのストリーミングエクスポートなどがあります。Amazon Chime SDK messagingは、お客様がより迅速に構築できるよう支援し、運用を簡素化します。 Amazon Chime SDK messagingを1対1のメッセージングユースケースに使用できることに加え、弊社のAPIは、幅広いユースケースに対応できる柔軟性を備えているとお客様は実感されています。Amazon Chime SDK messagingをアプリケーションのデータトランスポートとして使用し、ユーザーにとって真にユニークなエクスペリエンスを構築しています。また私たちのお客様は、コラボレーションチャットから、ビデオ放送と並行したメッセージング、そしてオンラインドキュメントやホワイトボードでのリアルタイムコラボレーションに至るまで、さまざまなエクスペリエンスを構築しています。

Read More

ユースケースに適したAWSビデオサービスの選択

今日、お客様は、ライブストリーミング、ホームセキュリティ、ビデオオンデマンド、工業環境での予知保全、職場でのビデオチャットなど、多くのユースケースでビデオデータ、オーディオデータ、時間符号化データを利用しています。多くの企業や消費者は、仕事やプライベートでの交流を向上するために、ビデオ技術を導入しています。その結果、AI/ML、インタラクティビティ、コンテンツ保護など、ビデオユースケースの数と種類が急速に増加しています。 このブログ記事では、それぞれのAWSビデオサービスの概要と一般的な使用例を紹介し、どのソリューションがお客様に適しているかを判断するのに役立つ情報を提供します。

Read More

Amazon Kinesis Video Streams ハンズオンを公開 – カメラデバイスからの動画の収集、ストリーミング再生、分析方法を学ぶことができます

こんにちは、IoT Specialist ソリューションアーキテクトの三平です。この記事では、Amazon Kinesis Video Streams ハンズオンをご紹介します。 Amazon Kinesis Video Streams は、分析、機械学習 (ML)、再生、およびその他の処理のために、接続されたデバイスから AWS へ動画を簡単かつ安全にストリーミングできるマネージドサービスです。数百万のデバイスからの動画をセキュアに取り込み、時系列でインデックスして保存、再生や分析のために容易に取り出すためのインフラストラクチャを、自動的にプロビジョンして、伸縮自在にスケールします。 このハンズオンでは Amazon Kinesis Video Streams を用いた PoC などを容易に行っていただけるよう、カメラデバイス (Raspberry Pi) からクラウドへ動画を収集・保存し、ライブやオンデマンドでストリーミング再生したり、動画ファイルとしてダウンロードしたり、Amazon Rekognition Video と組み合わせてライブ顔認識やニアリアルタイムでの分析などを行ったりする方法を、実際に手を動かしながら3〜4時間で学ぶことができます。

Read More

IoT@Loft #9 IoTにおけるカメラ・動画の扱い方

IoT@Loft の第9回目は「IoTにおけるカメラ・動画の扱い方」をテーマに、初のオンライン開催を行いました。 見守りカメラや監視カメラ、ドライブレコーダーやロボットなど、IoTではカメラや動画を扱う様々なユースケースが存在します。一方で、デバイスやメディアを取り扱う際には、セキュリティやスケーラビリティなどのIoTならではの課題があります。また、Webカメラの普及や低価格化により、デバイスだけではなくサービスとしての差別化が必要になってきており、例えばクラウド側やエッジ側での認識技術などと組み合わせることによる付加価値の提供も重要です。 この回では、エッジAI処理カメラやIoT通信プラットフォームを提供されているソラコム様、防犯カメラのクラウドサービスを提供されているセーフィー様に登壇いただき、カメラデバイスや動画を扱うサービスやソリューションにおけるAWSのユースケースや課題についてお話しいただきました。また、AWSからは、IoTにおける動画ソリューションの構築方法やその事例について紹介しました。

Read More

AWS re:Invent 2018 で開催予定の Amazon Kinesis セッション、チョークトーク、およびワークショップのご案内

AWS re:Invent 2018 がもうすぐ開催されます! この記事には、AWS re:Invent 2018 で行われる、Amazon Kinesis セッション、チョークトーク、ワークショップのリストを掲載しています。セッションスケジュールの各セッションの説明の横にあるリンクを選択できます。この情報を活用して、Amazon Kinesis の詳細を学ぶためにラスベガスで開催されるカンファレンスウィークをうまくスケジューリングしましょう。 セッション ANT208 – Amazon Kinesis Video Streams を使用したサーバーレスビデオの取り込みと分析 Amazon Kinesis Video Streams を使用すると、ライブビデオのキャプチャー、再生、リアルタイム保存、バッチ指向の ML 主導分析が簡単になります。このセッションでは、Amazon Kinesis Video Streams を開始し、スケーリングするための上位 5 つのベストプラクティスを最初に紹介します。次に、ノート PC に接続された標準 USB カメラからストリーミングビデオをデモンストレーションし、数分以内に標準のブラウザーでライブ再生を行います。また「just walk out (好きな商品を持ち出すだけ)」技術で実現された次世代の実店舗の経験を構築している Amazon Go メンバーもステージに登場します。彼らは Kinesis Video Streams との統合についての技術的な詳細について説明し、成功と難しさを語ります。

Read More

2018年3月のAWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。ソリューションアーキテクトの石井です。2018 年 3 月の AWS Black Belt オンラインセミナーの配信についてご案内をさせて頂きます。 2018 年 3 月の BlackBelt セミナーでは、ソリューションカットとして、働き方改革を実現するための AWS の VDI やオンラインミーティングサービス、Well-Architected Framework を活用したコスト最適化、データウェアハウスの AWS クラウドへの移行方法、AWS IoT でのデバイス管理・運用をする際に検討すべきポイント、などをご紹介します。 サービスカットでは、機械学習モデルの開発・学習・推論を素早く簡単に行うための Amazon SageMaker、ストレージとコンピューティング機能を備えた 100TB のデータ転送デバイス AWS Snowball Edge、動画ストリーミングを低遅延で分析処理に配信するための Amazon Kinesis Video Streams など、盛り沢山でお送りします。 なお、2018 年 3 月の BlackBelt セミナーは通常の火・水以外の変則的な開催日もございますのでご注意下さい。 3 月の開催予定 ソリューションカット 3/6(火)12:00-13:00 働き方改革を実現する AWS のエンドユーザーコンピューティングサービス 3/13(火)12:00-13:00 Well-Architected Framework によるコスト最適化 3/19(月)12:00-13:00 […]

Read More

Amazon Kinesis Video Streams – コンピュータビジョン・アプリケーションのためのサーバーレスな動画データの収集と保存

携帯電話、防犯カメラ、ベビーモニター、ドローン、WEBカメラ、車載カメラ、さらには人工衛星まで、これらすべては高輝度で高品質の動画ストリームを生成できます。 住宅、オフィス、工場、都市、街路、高速道路は現在、膨大な数のカメラを備えています。これらのカメラは、洪水などの自然災害時に被害状況の調査を可能にし、公共の安全性を高め、子供が安全かつ健康であることを知らせ、無限に繰り返す「失敗」動画のための一瞬を補足し(個人的な趣味の話です)、身元の判定に役立つデータを集め、交通の問題を解決するなど、様々な場面で活用されます。 この動画データの洪水を扱うことは、言い表せないほど難しいことです。 入力ストリームには、個別に、または何百万という単位でデータが到着します。 ストリームには価値あるリアルタイムなデータが含まれており、遅延したり、一時停止したり、より適切なタイミングで処理するためにデータを脇に置いておいたりすることはできません。生のデータを取得すると、他の課題が発生します。動画データの保存、暗号化、索引作成などが頭に浮かびますね。価値を引き出すこと、つまりコンテンツに深く潜って、そこにあることを理解し、行動を起こすことは、次の大きなステップです。 新しい Amazon Kinesis Video Streams 2017年11月29日、リアルタイムストリーミングサービスであるAmazon Kinesisファミリーの新しいメンバーとして、Amazon Kinesis Video Streamsをご紹介します。 これによって、独自のインフラストラクチャを構築して動かすことなく、何百万ものカメラデバイスからストリーミング動画(または時系列にエンコードされたデータ)を取り込むことができます。 Amazon Kinesis Video Streamsは、入力ストリームを受け入れ、永続的かつ暗号化された形式で保存し、時間に基づいたインデックスを作成し、コンピュータビジョン・アプリケーションの作成を可能にします。 あなたはAmazon Recognition VideoやMXNet、TensorFlow、OpenCV、または独自のカスタムコード、つまりクールな新しいロボットや、分析、あなたが考え出すコンシューマー・アプリケーションを支えるあらゆるコードを使用して、入力ストリームを処理することができます。

Read More