Amazon Web Services ブログ

Category: AWS IoT Device Management

AWS Dev Day Tokyo 2018 セキュリティセッション & ワークショップ 開催レポート

  皆様、こんにちは。セキュリティソリューションアーキテクトの桐山です。 2018/10/29(月)から11/2(金)にかけて開催されたAWS Dev Day Tokyo 2018で実施された、セキュリティ関連のセッションとワークショップをおさらいしてみます。 開発者向けカンファレンスということで、この度はセキュリティに興味のある多くの開発者にご参加いただきました。これから企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)時代に向かっていく中、開発者の役割も更に高度化・専門化しています。 事業部門で、いわゆるSysmem of Engagement(SoE)領域に携わる開発者は、下記のような今までにない新しいワークロードをセキュアに開発することに挑戦しているでしょう。 IoTサービスにより、様々なデバイスから大量の信頼性の高い実データを収集する 企業内データを一元的に集約・保存する場所(データレイク)をセキュアに管理・運用する 迅速にビジネスインサイトを活用するために、データ分析・可視化・利用をサーバーレスコンピューティング環境で実現する 上のそれぞれに相当するIoTセキュリティ、データレイクセキュリティ、サーバーレスセキュリティは新しいセキュリティ技術領域と言えます。 一方で、IT部門にて、いわゆるSystems of Record(SoR)領域に携わる開発者は、事業成長を支えるセキュリティ基盤を実現しなければなりません。ITインフラ自体を変革させると同時に、事業活動の変化やスピードに対応するためにSecurity as a ServiceやSecurity Automationに取り組むことになるでしょう。 このようなDX時代のセキュリティをAWSで実現するとしたら・・・以下のワークショップとセッションが役に立つはずです。

Read More

AWS IoT Device Management

AWS IoTとAWS GreenGrassは、IoTデバイスとアプリケーションのための強固な基盤とプログラミング環境を提供します IoTの本質として、数千または数千の場所に配置された数千万のデバイスが何百万が包含されたイベントの規模のデバイス展開が頻繁に発生します。スケールの観点から、個々のデバイスを個別に扱うことは不可能です。さまざまな展開構成、デバイスモデルなどに対応する柔軟性を保持しながら、一括してデバイスをセットアップ、監視、更新、および最終的にリタイアする必要があります。 AWS IoT Device Management 本日(2017/11/29 PST)、この課題に取り組むためのAWS IoT Device Managementをローンチします。デバイスの製造からリタイヤまでのライフサイクルの各フェーズの手助けとなるでしょう。 あなたが手に入れるものは:

Read More