Amazon Web Services ブログ

Category: Auto Scaling

Cloud Transformation Flywheel

『V1 AWS設計(AWS移行時の初期設計)』のための効果的な意思決定

自組織の既存のビジネスアプリケーション・ポートフォリオを確認して、『V1 AWS設計』すなわち、AWSへ移行するための最初のアーキテクチャ設計を作成する場合、しばしば進捗を阻む以下の2つの主要な事象への対処を検討しなければなりません。 技術チームは、モダナイゼーションとマイグレーションのバランスが取れた明確なパスを見つける必要があります。 プラットフォームを変革するための明確な基準を提供するとともに、既存のシステム上でも新しいビジネス・ケイパビリティ(機能のリリースなど)を提供し続ける必要があります。 クラウド化の流れを加速してV1 AWS設計を実装するには、確立された効率的な意思決定プロセスを持つことが極めて重要であることが分かってきました。このプロセスを成功させるには、スピードのバランスを取り、モダナイゼーションの足かせとなる技術的負債に対処し、優先度の低い最適化はシステムをAWS上に配置した後まで延期するアプローチが有効と言えます。 このブログでは、AWSへの初期移行(V1)の明確なパスの決定方法、アプリケーションとインフラのアーキテクチャおよび構成をどの程度変革するか、そしてアプリケーションをAWSに移行する際の段階的なデプロイ自動化の程度に関して、効果的な決定を行う方法を紹介します。

Read More

新機能 — EC2 Auto Scaling と EC2 フリートの属性ベースのインスタンスタイプの選択

10 年以上前に私が最初に使用した AWS のサービスは、 Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) でした。時間が経つにつれて、EC2 はさまざまなユースケースに合わせて最適化されたインスタンスタイプを幅広く追加しました。CPU/GPU、メモリ、ストレージ、ネットワーク容量のさまざまな組み合わせにより、アプリケーションに適したリソースの組み合わせを柔軟に選択できます。 クラウドの主な利点の 1 つは伸縮性です。EC2 フリートを使用すると、オンデマンド、リザーブド、スポットインスタンスを一緒に使用して、複数のインスタンスタイプと購入オプションにわたって容量を同期的にリクエストし、複数のアベイラビリティーゾーンでインスタンスを起動できます。Amazon EC2 Auto Scaling を使用すると、定義した条件に応じて EC2 インスタンスを自動的に追加または削除し、ウォームプール、インスタンスの更新、ヘルスチェックなどの高度なインスタンス管理機能を追加できます。これらのツールでは、最新の EC2 インスタンスを活用するために、設定を手動で更新する必要があります。また、EC2 スポットインスタンスを使用してコストを最適化する場合、最大のスポット容量にアクセスするために複数のインスタンスタイプを選択することが重要です。これまでは、インスタンスタイプの設定を柔軟に構築して維持する簡単な方法はありませんでした。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON207 Auto Scaling in ECS, CON307 ECS Capacity Providers

AWS Black Belt オンラインセミナー「Amazon ECS Deep Dive」と題しまして、「CON207 Auto Scaling in ECS」と「CON307 ECS Capacity Providers」の 2 つのセッションを公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 CON207 Auto Scaling in ECS YouTube / SlideShare CON307 ECS Capacity Providers YouTube / SlideShare CON207 Auto Scaling in ECS CON307 ECS Capacity Providers CON207 では、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) における Auto Scaling […]

Read More
AWS-CPG-DTC-Modernization

DTC e コマースサイトをモダナイズするための3つのステップ

筆者(Danny Yin)は15年以上にわたって、多くの革新的な消費者ブランドの e コマースプラットフォームの設計を支援してきました。特に消費者向け(Direct To Consumer; DTC)e コマースサイトにおける顧客体験の向上と運用効率向上を支援することが、AWS における筆者の役割です。 レガシーアーキテクチャに多額の投資を行っている消費財企業からも、クラウドベースの e コマースプラットフォームのメリットをどうすれば実現できるのかよく聞かれます。このブログでは、e コマースサイトをモダナイズするための3つの戦略について、その概要を紹介します。 DTC eコマースサイトの典型的なレガシーアーキテクチャはおわかりになりますね。オンプレミスのデータセンターに配置されたモノリシックアプリケーションで、DBA チームが巨大なウェブサイトを管理、チューニングしています。特にホリデーシーズンの購買ピーク時には、コストがかかる上に、拡張は難しく、管理にも時間がかかっていました。ここではこの点についてこれ以上深追いはせず、3 つのモダナイゼーションを見ていきましょう。

Read More

アップデート — EC2 Auto Scalingのキャパシティリバランシング機能によるスポットインスタンスの事前置き換え

本記事は、EC2プロダクトサービスチームのDeepthi ChelupatiとChad Schmutzerによる寄稿です。 本日より、Amazon EC2 Auto Scaling のキャパシティリバランシング機能を提供するようになりました。これは、Auto Scaling グループで Amazon EC2 スポットインスタンスのライフサイクルをプロアクティブに管理するための新機能です。キャパシティリバランシングは、最も余裕のある空きキャパシティを自動的に選択する capacity-optimized 配分戦略 (英語記事)と、複数のアベイラビリティーゾーンにまたがって複数のインスタンスタイプを活用できるミックスインスタンスポリシー機能を補完する位置付けの機能です。キャパシティリバランシングは、スポットインスタンスが Amazon EC2 サービスによって中断される前に、 Auto Scaling グループのスポットインスタンスを自動的に置き換えます。これにより、お使いの Auto Scaling グループの可用性をより一層高めることができます。 スポットインスタンスの事前置き換えを実現するため、キャパシティリバランシングは EC2 サービスの新機能である、 EC2 インスタンスのリバランス通知を活用します。これは、スポットインスタンスが中断のリスクが高まった際に送信されるシグナルです。リバランス通知は、これまで提供してきた 2 分前のスポットインスタンス中断通知よりも早く提供されることが期待されるため、来たる中断に備え、ワークロードをプロアクティブにリバランスする機会を提供します。 EC2 Auto Scaling のキャパシティリバランシングは、スポットインスタンスのライフサイクルを踏まえ、その時点で必要な希望容量を維持するためのシームレスで自動化された仕組みを提供します。これには、リバランス通知の監視、また中断のリスクが高い場合の代替キャパシティーの事前起動、さらに必要に応じて Elastic Load Balancing からのデタッチや、設定されたライフサイクルフックの実行が含まれます。この記事では、スポットインスタンスを中心としたワークロードに対して、EC2 Auto Scaling でキャパシティリバランシングを使用して Auto Scaling グループを管理する方法の概要を説明し、お使いの環境でキャパシティリバランシングを活用するためのユースケースの例を紹介します。 EC2 Auto Scaling と スポットインスタンス — これまでのおはなし さてここで、スポットインスタンスが何であるか、また EC2 […]

Read More

【開催報告】「コンテナ × スポットインスタンス」 活用セミナー

スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2020年6月10日にオンラインで開催された「コンテナ × スポットインスタンス」 活用セミナーでは、200名を超えるご参加人数という大盛況のもと、AWSのソリューションアーキテクトによる技術解説と、各種コンテナ技術を最大限に活用してスポットインスタンスをご利用いただいている3社のお客様から、実際の事例についてお話いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料のご紹介、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。 当日アジェンダと資料 12:00~13:00 Amazon EC2 Auto Scaling によるスポットインスタンス活用講座 講師:滝口 開資(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューション アーキテクト) Amazon EC2 Auto Scaling によるスポットインスタンス活用講座 13:00~14:00 具体的実装に学ぶ、Amazon ECS × EC2 スポットインスタンス、Amazon EKS × EC2 スポットインスタンスによる低コスト & 高可用アーキテクチャ 講師:Hara Tori(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 シニアデベロッパー アドボケイト) Containers + EC2 Spot: 特性と実装パターンに学ぶ低コスト & 高可用アーキテクチャ / Practical Guide for Amazon EC2 Spot with Containers […]

Read More

Amazon EC2 スポットインスタンスを活用したウェブアプリケーションの構築

本記事は、EC2スポットインスタンススペシャリスト シニアソリューションアーキテクトのIsaac Vallhonratによる寄稿です。 Amazon EC2 スポットインスタンスを使うと、AWS クラウド内の使用されていない EC2 キャパシティーを用いて、オンデマンド料金に比べ最大 90% の割引価格でご利用いただけます。スポットインスタンスは、バッチジョブ、ビルド等のCI/CDパイプライン、負荷テスト、コンテナ化されたワークロード、ウェブアプリケーション、ビッグデータの分析クラスター、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)用計算クラスターなど、複数のインスタンスタイプで柔軟に実行できる、耐障害性を備えたワークロードに最適です。このブログ投稿では、スポットインスタンスでウェブアプリケーションを実行するための方法とベストプラクティスについて説明し、これによりもたらされるスケールと費用節減の両方のメリットを得られるようにします。 スポットインスタンスには中断という特徴があります。この特徴を踏まえて、これから構築するウェブアプリケーションはステートレスかつ耐障害性があり、また疎結合されていることが望ましいです。また永続データの保持には Amazon ElastiCache, AmazonRDS, Amazon DynamoDB などの外部データストアを使用する必要があります。 スポットインスタンスのおさらい 2009 年に提供開始されたスポットインスタンスは、ここ最近のアップデートや関連サービスとの統合によって、お使いのワークロードで格段に活用しやすくなっています。ウェブアプリケーションを構築する方法の詳細に入る前に、スポットインスタンスの動作の概要のおさらいにお付き合いください。 まず、スポットインスタンスは EC2 の購入オプション、買い方のひとつです。 他の購入オプションである、オンデマンドインスタンス、リザーブドインスタンスやSavings Plansで起動した場合と比べて、EC2インスタンスとして提供するハードウェアに違いはありません。スポットインスタンスと他の購入オプションの違いはただ一つ、EC2 サービスが容量を必要とする場合には、2 分前に通知したのち、EC2サービスがスポットインスタンスを中断する、という動作です。つまり、大幅な割引価格で提供する代わりに、オンデマンドインスタンスやリザーブドインスタンスからの起動需要が高まってきたとき、スポットインスタンスの使用していたキャパシティをEC2サービスに戻し、需要に応える、というのがスポットインスタンスサービスの動作原理です。 スポットインスタンスは、スポットキャパシティプールと呼ばれる、いわば空きキャパシティがある限り起動できます。スポットキャパシティプール(スポットプール)とは、とは、インスタンスタイプ (m5.large など), オペレーティングシステム種別(Linuxなど), アベイラビリティーゾーン (us-east-1a など) が同一である、Amazon EC2 サービスが使用していない(空の) EC2 インスタンスの集合を指します。属性の異なるプール同士はそれぞれ独立したプールとして区別されます。例えば、us-east-1aゾーンのLinux向けm5.largeのスポットプールと、us-east-1bゾーンのLinux向けm5.largeのスポットプールは、独立した別のプールです。このそれぞれに空きがあるとき、スポットインスタンスを起動し、使用できます。 スポットインスタンスの料金は Amazon EC2 サービスによって設定され、各プールの EC2 インスタンスの需要と供給の長期的な傾向に基づき、徐々に調整されます。スポット料金は急激に変化することはなく、突然のスパイクや変動がないことが期待できます。 EC2 マネジメントコンソールと API の両方から、最大過去 3 か月間の価格履歴データを表示できます。次の図は、バージニア北部 (us-east-1) リージョンにおける m5.xlarge […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon EC2 Auto Scaling and AWS Auto Scaling 資料及び QA 公開

先日 (2019/10/2) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「 Amazon EC2 Auto Scaling and AWS Auto Scaling 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20191002 AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2 Auto Scaling and AWS Auto Scaling AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. ミックスインスタンスは ECS のオートスケーリングでも利用可能でしょうか?また、ECS コンソールでクラスタを作成すると起動設定が作成されるかと思います。その場合は、自分で起動テンプレートを作成し差し替える形となりますでしょうか? A. はい、EC2 起動タイプでECSクラスターを構成する場合、ミックスインスタンスグループを指定したEC2 Auto Scaling グループを用いることができます。ポイントは、ユーザーデータで ECS_CLUSTER をセットしておく点です。これにより、起動した(スケールアウトした)インスタンスが自動的にクラスタに追加されます。ミックスインスタンスグループを指定した ASG を作成する際、指定する起動テンプレートのユーザーデータにこれらの設定を追加するようにしてください。 Q. ecsのタスクを起動することと、インスタンスをオートスケールで起動することを、出来るだけ早める良い方法を教えてください。fargate を使用しない場合の方法を知りたいです。 A.まずタスクの観点から、起動の高速化に役立つポイントは次の通りです。 イメージを軽量化する […]

Read More

タグベースのスケーリングプランを使って AWS Auto Scaling ポリシーを簡単に管理する方法

このブログ記事では、リソースをひとつ、または複数のタグに基づいてグループ化し、スケーリングプランを使用することによって AWS Auto Scaling ポリシーを集約、設定、および管理する方法をご紹介します。スケーリングプランを使用すると、タグを用いることによって AWS Auto Scaling ポリシーの作成を自動化し、これらのポリシーを簡単に変更できます。

Read More

DDoS に対する AWS のベストプラクティス – ホワイトペーパーが更新されました

あなたは分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃やその他のサイバー攻撃の影響からビジネスを守るために働いており、アプリケーションの可用性と応答性を確保し、サービスに対するお客様の信頼を維持したいと考えています。また、攻撃に対応するためにインフラストラクチャをスケールする必要がある場合でも、不必要なコスト上昇を避けたいと考えています。 AWS はインターネット上の攻撃を防ぎ、高可用性・セキュリティの確保および回復力を得られるように、ツール・ベストプラクティスおよびサービスを提供することをお約束します。私達は最近、2018 年版の DDoS に対する AWS のベストプラクティス(英語のみ)のホワイトペーパーをリリースしました。今回のアップデートでは、 DDoS 攻撃への対策を強化するのに役立つ、以下の新しく開発された AWS サービスを考慮に入れています: 追加された AWS サービス: AWS Shield Advanced、AWS Firewall Manager および AWS Application Load Balancer のような新世代の ELB 追加された AWS サービスの機能: AWS WAF Managed Rules、AWS WAF Rate Based Rules、新しい世代の Amazon EC2 インスタンスおよび API Gateway のリージョン API エンドポイント このホワイトペーパーは、DDoS 攻撃に対する回復力のあるアプリケーションを構築するための規範的な DDoS ガイダンスを提供します。ボリューム型攻撃やアプリケーション層に対する攻撃など、さまざまな攻撃タイプを紹介し、各攻撃タイプを管理する上で最も効果的なベストプラクティスを説明します。また、DDoS 緩和戦略に適合するサービスや機能および、それぞれがどのようにアプリケーションを保護するのに役立つのかについて要点を説明します。 原文: AWS […]

Read More