Category: AWS Application Discovery Service


AWS Application Discovery Service アップデート – VMware のエージェントレス検出

既存の環境を詳しく調べたり、状況の識別、そしてシステムやアプリケーションをクラウドに問題なく移行するために必要な情報と可視性を提供できるように設計された AWS Application Discovery Service については、今年すでにブログで紹介しました (詳しくは過去のブログ New – AWS Application Discovery Service – Plan Your Cloud Migration をご覧ください)。ブログで解説した検出プロセスでは、既存の各ホストで実行できる小規模で軽量なエージェントを使用しています。このエージェントはバックグランドで関連性のあるシステム情報を収集し、確認用にローカルで保管してからポート 443 の安全な接続状態で Application Discovery Service
にアップロードします。この情報は AWS Key Management Service (KMS) が保護する暗号化したリポジトリで処理、相関、保管されます。仮想化環境で各ゲストオペレーティングシステムにエージェントをインストールすることは、計画上またはその他の理由により実践的とは言い難い場合があります。このエージェントは、広範に渡る Windows バージョンや Linux ディストリビューションで実行することができますが、過去にリリースされた Windows を使用していたり、Linux の稀なディストリビューションが混ざっている可能性は無視できません。

新しいエージェントレス検出
AWS Application Discovery Service のメリットを多くの AWS のお客様に提供するため、新しいエージェントレス検出オプションを本日リリース致しました。VMware vCenter 環境で仮想マシン (VM) を実行している場合は、この新しいオプションを使用して各ゲストにエージェントをインストールする必要なく、関連性のあるシステム情報を収集できます。代わりにオンプレミスアプライアンスを VCenter で読み込み、その中でゲスト VM を検出できるようにします。どのオペレーティングシステムを使用していても、vCenter アプライアンスはシステムパフォーマンス情報や、各 VM のリソース使用率をキャプチャするようになっています。ただし、VM の内容詳細を見ることはできないので、インストールされているソフトウェアや、どのようなネットワーク依存関係があるのか確認することはできません。移行を計画する上で既存の VM を詳しく調べる必要がある場合は、必要に応じて Application Discovery エージェントをインストールしてください。エージェントレス検出はエージェントベースモデルと同様に情報を収集してローカルに保管するので、Application Discovery Service
に送信する前に確認することができます。情報をアップロードしたら AWS Command Line Interface (CLI) を使用して詳しく見ることができます。例えば、describe-configurations コマンドを使用して特定のゲストの設定情報を確認することができます。

検出したデータを CSV 形式ファイルでエクスポートし、移行計画を立てる上で利用することも可能です。本機能の詳細については export-configurations コマンドについてお読みください。

エージェントレス検出の開始方法
ご利用を開始されるには、まずこちらでサインアップしてください。その後、vCenter アプライアンスのインストール用リンクをお送りします。

Jeff

New – AWS Application Discovery Service – クラウド移行計画

1980年代半ばを振り返ると、私はウォールストリートに配置されたシステムを手掛けていました。多くのプロジェクトの制約により、マンハッタンにある高いデータセンターで、数えきれないほどの時間を費やして、デバッグのほとんどをオンサイトで行う必要がありました。データセンターは高層フロア全体を占めていました。

そこでの業務の終わりが近づいたころ、私は非公式のフロアツアーをしてみました。数十年に渡って調達され続けたハードウェアとソフトウェアのおかげで、シアトルにあるリビングコンピュータ博物館と同じくらい面白かったです。有名なブランドとモデルのハードウェアのほとんどがあり、不可解かつ複雑な配線で全体がつながっており、更新や変更作業には非常に不安がつきまとうような、関係者内でのみ理解できる情報とともに置かれていました。

今日では、多くのお客様が上述したようなレガシーな環境の大部分をAWSクラウドへ移行する計画があり、時間をかけて詳細を検討しています!

Application Discovery Service
AWS Application Discovery Service新しいAWS Application Discovery Service (シカゴで開催されたAWS Summitで最初の発表)は、現行環境を調査し、何が起こっているかを見極め、既存のアプリケーションのクラウド移行を成功させるために必要な情報を可視化します。

このサービスはAWS Cloud Adoption Frameworkの重要な部分です。このフレームワークはお客様のクラウドジャーニーを支援します。とりわけ、移行ステップの概要を記載します:

  1. 現在のIT資産を評価
  2. 調査と計画策定
  3. 構築
  4. 稼働

Application Discovery Serviceは、手作業でやる場合には時間がかかり退屈で複雑な処理を自動化するもので、ステップ2に焦点を当てています。

The Discovery Agent
始めるためには、移行元ホストに小型で軽量なエージェントをインストールするだけです。このエージェントは以下のシステム情報を収集します:

  • インストールされたアプリケーションとパッケージ
  • 実行中のアプリケーションとプロセス
  • TCP v4/v6 接続
  • カーネル種別とバージョン
  • カーネル構成
  • カーネルモジュール
  • CPUとメモリーの使用率
  • プロセスの生成と終了のイベント
  • ディスクとネットワークのイベント
  • TCP/UDPのリスニングポートと関連するプロセス
  • NIC情報
  • DNS、DHCPやActive Directoryの利用

このエージェントはオンライン、オフラインどちらでも実行できます。オフライン実行の場合、上述のリストにある情報を収集し、お客様が確認できるようローカルに保存します。 オンライン実行の場合、ポート443を使ったセキュアな接続でApplication Discovery Serviceに情報をアップロードします。この情報は、CLIコマンドとAPI関数の新しいセットによりアクセスできるリポジトリーに保存された後、関連付けられ、処理されます。

エージェントは、Ubuntu 14、Red Hat 6-7、CentOS 6-7、そしてWindows (Server 2008 R2、Server 2012、Server 2012 R2)上で実行可能です。今後オプションを追加する予定もあるので、お客様が必要とするものをぜひ教えてください。

Application Discovery Service CLI
Application Discovery Serviceには、エージェントによって収集された情報を照会するために利用できるCLIもあります。これはサンプルです:

describe-agents – 実行中のエージェントの一覧表示

start-data-collection – データ収集プロセスの開始

list-servers – 収集対象ホストの一覧表示

list-connections – 収集対象ホストで作成されたネットワーク接続の一覧表示。このコマンド(および記載していない他のいくつか)は、アプリケーションの依存関係を特定し、マップするのに役立ちます

Application Discovery Service APIs
いくつかの新しいAPI関数を使って、アップロードされた情報に注釈をつけたり、呼び出したりすることができます:

ListConfigurations – 検出対象ホストのサーバー、プロセス、接続の検索

DescribeConfigurations – 検出対象ホストの詳細情報の取得

CreateTags – 検出対象ホストに分類目的でのタグを追加

DeleteTags – 検出対象ホストからタグを削除

ExportConfigurationsApplication Discovery Service パートナーの分析および移行ツールを使ったオフライン処理と可視化のために、収集した情報をCSV形式でエクスポート

アプリケーションのインベントリーとネットワークの依存関係も、それぞれに適切な優先順位の決定や移行したいアプリケーションを決定するのに役立ちます。

今すぐ利用可能
AWS Application Discovery Serviceは、APNパートナーAWSプロフェッショナルサービスを通じて利用可能です。詳細は、Application Discovery Service User GuideApplication Discovery Service API Referenceを参照してください。

Jeff;

翻訳はPartner SA 河原が担当しました。原文はこちらです。