Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Database Migration Service

AWS Database Migration Service と AWS Schema Conversion Tool がソースとしての IBM Db2 LUW をサポート開始

AWS SCT がLinux、UNIX、Windows (LUW) 用の IBM Db2 からAWS上でサポートされているオープンソースデータベースにオブジェクトを変換できるようになりました。これには Amazon RDS for PostgreSQL と RDS for MySQL、Amazon Aurora (MySQL and PostgreSQL compatible) を含みます。同時に、AWS DMS のソースとしての IBM Db2 for LUW の一般リリースも発表します。この発表は、AWS DMS を使用して Db2 for LUW から AWS DMS でサポートされているすべてのターゲットに移行できることを意味します。これらの機能は、Db2 for LUW からクラウドへの移行に役立ちます。

Read More

AWS DMS を使用して Oracle ASM からAWSに移行する方法

このブログ記事では、ストレージインフラストラクチャが Oracle ASM のOracleソースエンドポイントでの AWS Database Migration Service (AWS DMS) の Change Data Capture (CDC) の使い方について説明します。

Oracle 自動ストレージ管理 (ASM) データベースフレームワークは、Oracleデータベースファイル用のボリュームマネージャとファイルシステムを提供し、シングルインスタンスの Oracle Database と Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC) をサポートしています。ASMにはファイルシステムとデータベース内のボリュームを直接管理するためのツールがあります。これらのツールを使用すると、データベース管理者 (DBA) は標準的なOracle環境で使いなれたSQL文を使用してボリュームやディスクを制御できます。

Read More

Database Migration Playbook が公開されました!

Database Migration Playbooks(Amazon Web Services と NAYA Tech の共同プロジェクト)とは、異種間データベース移行計画を成功させるためのベストプラクティスに焦点を当てた一連のガイドです。このプレイブックは、AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と AWS Database Migration Servies (AWS DMS) を含む、既存の自動化および半自動化されたAmazonデータベース移行ソリューションおよびツールを補完するものです。

「Oracle to Amazon Aurora Migration」プレイブックの初版では、Oracle 11g と12cのデータベース機能とスキーマオブジェクトを Amazon Aurora with PostgreSQL compatibility に移行するためのベストプラクティスに重点を置いています。移行するためには、PostgreSQLデータベースエンジン自体に組み込まれている機能と、様々なAWSサービスやソリューションの両方を使用しています。

Read More

AWS Database Migration Service のログ管理

AWS DMS を完全に管理できるように、レプリケーションインスタンスの移行ログを管理する機能をAWSは導入しました。この機能を使用することで、特定のレプリケーションインスタンスの各タスク用のログがどれくらいストレージを消費しているかを確認することもできます。さらに、この機能を利用すると、あなたが都合の良いときにログファイルをパージできます。

Read More