Amazon Web Services ブログ

Category: Database

CyberZ が Amazon DynamoDB を使用してフォロータイムラインの表示に必要な Read-Light 方式を実現した方法

CyberZ について CyberZ はスマートフォンに特化した広告マーケティング会社として 2009 年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブ CM の制作など、幅広いマーケティング事業を展開しています。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っています。また、メディア事業として動画配信プラットフォーム「 OPENREC.tv 」、 e スポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「 RAGE 」を運営しています。 CyberZ 100 % 子会社としては、オンラインエンタテインメント事業、プロダクション事業をおこなう「株式会社 eStream 」、 e スポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社 CyberE 」の事業展開をしています。 ​ ​ OPENREC.tv はゲーム配信を中心とした高画質・低遅延のライブ配信プラットフォームサービスです。 Wowza Streaming Engine / Low Latency HLS を使用した遅延の少ない配信基盤や、 Redis / Socket.io を利用したリアルタイムチャット機能などを AWS 上で構築しており、リレーショナルデータベースは Amazon Aurora を、 NoSQL は Amazon DynamoDB や Amazon ElastiCache (Redis) を使用しています。 ​ […]

Read More

大阪リージョンに2つのアップデート ; AWS Network Firewall と Amazon RDS for SQL Server のMultiAZ 構成

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 大阪リージョンに新たに2つのサービスオプションが追加されましたのでお知らせいたします。 AWS Network Firewall と Amazon RDS for SQL Server のMultiAZ 構成です。 AWS Network Firewall Network Firewall は、すべての Amazon Virtual Private Cloud (VPC) に不可欠なネットワーク保護を簡単にデプロイできるようにするマネージドサービスです。このサービスは、数回クリックするだけでセットアップでき、ネットワークトラフィックに合わせて自動的に拡張されるため、インフラストラクチャのデプロイと管理について心配する必要はありません。提供される柔軟なルールエンジンを使用することで、アウトバウンドのServer Message Block (SMB) リクエストをブロックし悪意のあるアクティビティの拡散を防ぐなど、ネットワークトラフィックを詳細まで制御できるファイアウォールルールを定義できます。 従来VPCには、セキュリティグループと Access Control List という2つのネットワークセキュリティ制御機能がそなわっていました。これらは主にレイヤ3及び4を中心として、IPアドレス、プロトコル、ポートなどの組み合わせでVPCに対するインバウンド、アウトバウンド通信を保護することが可能でした。このNetwork Firewallを組み合わせることで、さらにレイヤ7まで網羅したネットワークセキュリティを簡単に設定することが可能です。 Network FirewallはSuricataというオープンソースルール形式でルールを作成することができ、さらに、AWS Firewall Manager と連携させることができるため、Network Firewall ルールに基づいてポリシーを構築し、それらのポリシーを VPC とアカウント全体に一元的に適用することができます。 2021年4月に大阪リージョンでは新たに、AWS Transit Gateway がサービス提供開始となりましたが、Network Firewall はTransit Gatewayとの連携により、オンプレミス環境との通信における AWS […]

Read More

AWS Backup を使った Amazon RDS インスタンスの継続的なバックアップとポイントインタイムリカバリ

このブログはKelly Griffin (Solutions Architect at AWS specializing in Storage and Cloud infrastructure solutions)によって執筆された内容を⽇本語化した物です。原⽂はこちらを参照して下さい。 2021年3月10日に、AWS Backupは、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)の継続的なバックアップとポイントインタイムリカバリー(PITR)のサポートを発表しました。この機能により、お客様はAmazon RDSのバックアップデータを保持期間内の指定された時間から復旧することができます。データベースやバックアップの管理者は、AWS Backupコンソールから直接、RPO(Recovery Point Objective)を5分以下に短縮することができます。 AWS Backupは、費用対効果が高く、フルマネージドで、ポリシーベースで管理ができるサービスで、大規模なデータの保護とバックアップを簡素化します。加えて、お客様のコンプライアンス遵守義務をサポートし、事業継続の目標を達成するのに役立ちます。AWS Organizationsとともに、AWS Backupは、データ保護(バックアップ)ポリシーを集中的に展開し、組織のAWSアカウントやリソースを含むバックアップアクティビティを以下のサービスで設定、管理、統制することができます:

Read More
athena-federated-query dynamodb quicksight hands-on

Amazon Athena Federated Query経由でAmazon DynamoDBのデータをAmazon QuickSightで可視化するハンズオンの公開

Amazon AthenaはS3上に置かれたファイルにクエリ(SQL)を実行できるサーバレスのサービスです。先日GAしたFederated Query機能を利用すると、クエリの範囲をS3に加えて多数のデータソース(例えば他のRDBやAmazon DynamoDB等)に広げ、複数のデータソースにまたがってSQL処理することが可能になります。(Federated Queryの機能説明はこちらにあります) 先日(4/17)、「AWSの基礎を学ぼう」というオンライン勉強会に講師として呼んでいただく機会があったので、このFederated Queryを使ったハンズオンキットを作成しました。今回これをダウンロード可能にしましたので、紹介します。

Read More
Play Video Store

高品質な動画配信を最速で実現するPLAY VIDEO STORESでのAWSの活用

業界を取り巻く環境 世界的なパンデミックが日本にも影を落としている中、ストリーミングを使ったライブイベントの配信が驚異的な伸びを示しています。2020年の早い段階から、大規模なイベントや対面集会が次々に中止に追い込まれました。オリンピックが延期され、プロスポーツは無観客となりました。企業においても入社式や集合教育、株主総会といったものがソーシャルディスタンスの導入により大きな影響を受けています。この流れの中、ライブイベント配信を支える企業にはこれまで無縁だったビジネスを含め、様々な業界から無数の依頼が舞い込んでおり、その全てに対応するには非常に難しい環境にあります。

Read More

AQUA (Advanced Query Accelerator) – Amazon Redshift クエリをブースト

Amazon Redshift は、規模に関係なく、他のクラウドデータウェアハウスよりも最大 3 倍優れたコストパフォーマンスを提供します。これは、独自のハードウェアを設計し、機械学習 (ML) を使用することによって実現しています。 例えば、私たちは、2019 年の終わりに Amazon Redshift 向けの SSD ベースの RA3 をローンチしました (「Amazon Redshift Update – Next-Generation Compute Instances and Managed, Analytics-Optimized Storage」)。昨年 4 月 (「Amazon Redshift update – ra3.4xlarge Nodes」) と 12 月にノードサイズを追加しました (「Amazon Redshift Launches RA3.xlplus Nodes With Managed Storage」)。高帯域幅ネットワーキングに加えて、RA3 ノードには、洗練されたデータ管理モデルが組み込まれています。RA3 ノードのローンチでは、次のような記事を書きました。 各インスタンスには S3 でバックアップされた大容量の高性能 SSD ベースのストレージのキャッシュがあり、スケール、パフォーマンス、および耐久性を確保できます。ストレージシステムは、データブロックの温度、データのブロック、ワークロードパターンなどの複数のキューを使用して、キャッシュを管理して高性能を実現します。データは自動的に適切な階層に配置され、キャッシュやその他の最適化の恩恵を受けるために特別なことをする必要はありません。 多くのお客様が RA3 […]

Read More

AWS Control Tower で AWS リソースのセルフサービスプロビジョニングを有効にする

お客様は、新しいビジネスユニットのオンボーディングやアプリケーションワークロードのセットアップを行うたびに、AWS Control Tower で新しいアカウントをプロビジョニングしています。場合によっては、組織はクラウドユーザー、開発者、およびデータサイエンティストに、新しいアカウントでセルフサービス標準化された安全なパターンとアーキテクチャをデプロイすることも求めます。以下にいくつか例を示します。 開発者またはクラウドエンジニアが、golden AMI から Amazon EC2 インスタンスを起動したいと考えています。 データサイエンティストは、承認済みの AMI とインスタンスタイプで Amazon EMR クラスターを起動したいと考えています。 データベース管理者は、新しくプロビジョニングされた AWS アカウントで承認済みの Amazon RDS データベースを起動する必要があります。 この記事では、AWS Control Tower の Account Factory を使用して新しい AWS アカウントをプロビジョニングする方法を示します。また、AWS Service Catalog を使用して、RDS データベースのポートフォリオなどのカスタム製品を新しいアカウントと共有する方法も示します。さらに、AWS Control Tower のガードレールを使用して新しいアカウントでガバナンスを実施する方法についても説明します。 このソリューションで使われる AWS のサービスは、以下のとおりです。 AWS Control Tower AWS Service Catalog AWS CloudFormation Amazon CloudWatch Amazon RDS AWS Organizations […]

Read More

Amazon RDS Online Seminar 「マルチリージョンを利用した高可用性構成と Amazon Aurora のチューニング」資料・動画及び QA 公開

先日(2021/3/11) に開催した Amazon RDS Online Seminar「マルチリージョンを利用した高可用性構成と Amazon Aurora のチューニング」の資料・動画を公開しました。

Read More

大阪リージョンに2つのアップデート Amazon VPC Endpoints For Amazon EC2, Amazon Redshift Spectrum

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 大阪リージョンが3つのAZを伴うフルリージョンとしてラウンチしてから3週間が過ぎました。利用を開始したり、検討されている方も多いのではないでしょうか。3月2日のラウンチ後も機能拡張は続いておりますが、今日2つの機能がリリースされましたのでご報告いたします。 1.Amazon VPC Endpoints For Amazon EC2 2.Amazon Redshift Spectrum Amazon VPC Endpoints For Amazon EC2 AWS PrivateLinkは、サービス間のプライベート接続がVPCエンドポイント経由で可能となるサービスです。今回のアップデートにより、大阪リージョンにおいて、インターネットを経由せずにAmazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)内からAmazon EC2にアクセスできるようになりました。これにより、 インターネットゲートウェイやNATゲートウェイを必要とせずに、EC2 APIによりセキュアな接続方法が提供されます。PrivateLinkはAWS IAMをベースとした ロールベースのアクセス制御ポリシーを設定することが可能で、従来のIPアドレスやプロトコル、ポート番号ベースの制御より、より細かい権限設定が可能となります。オンプレミスからのアクセスは、AWS DirectConnect、別のVPCからのアクセスはVPC Peeringを使用してVPCエンドポイントにアクセスすることもできます。 詳しくはこちらをご覧下さい。 Amazon Redshift Spectrum Amazon Redshiftは最も高速で最も広く使用されているクラウドデータウェアハウスです。データウェアハウス、運用データベース、およびデータレイクにあるペタバイト規模の構造化データと半構造化データを、標準的な SQL を使用してクエリを実行することも可能です。さらに、Apache Parquet のようなオープンフォーマットでクエリの実行結果を Amazon S3に保存することも簡単です。 今回の大阪リージョンのアップデートでは、S3のデータに対して直接クエリを実行可能なRedshift Spectrumがサポートされ、AWSの各サービスに対して透過的なデータ処理を実現することが可能となりました。Parquet、ORC、JSON、CSVなどのオープンデータ形式をサポートし、構造体、配列、マップなどの複雑なデータ型を使用したネストされたデータのクエリもサポートしています。 詳しくはこちらをご覧ください。 さて、機能拡張が続く大阪リージョンですが、西日本のお客様だけではなく、地理的に離れた場所にシステムの災害対策拠点、バックアップ拠点を作りたいという要件をお持ちのお客様が東京リージョンに対するDR拠点などとして検討されているケースも増えてきています。 このセミナーでは、私の方より、1)社内システム、2) フロントエンドシステム、そして 3) DR拠点の3シナリオに分けて大阪リージョンと東京リージョンの使い分け検討指標についてご紹介を予定しています。もしよろしければご参加ください。 – シニアエバンジェリスト […]

Read More

サーバーレスでスケールするマルチプレイヤーゲームを構築する

本投稿は、Sr.Solutions Architect, Developer Acceleration の Tim Bruce よる記事を翻訳したものです。 ゲーム開発は、要件が急速に変化するため非常に繰り返しの多いプロセスです。ゲーム開発者の多くは、可能な限り多くの時間を機能の構築のために費やしたいと思っており、サーバー設定、インフラストラクチャ管理、スケーリング技術の習得に時間を費やしたくないと考えています。 AWS のサーバーレスサービス を利用することで、4つの大きなメリットが得られます。1つ目は、運用オーバーヘッドを削減することで、企画からリリースまでのプロセスを短くします。2つ目は、運用に必要なハードウェアとソフトウェアを過剰にプロビジョニングしないため、コスト削減を実現できる可能性があります。3つ目は、サーバーレスはユーザーのアクティビティに応じてスケールします。最後は、サーバーレスサービスには組み込みの統合機能があるため、サービス統合に労力をかけることなくゲーム開発に集中できます。 AWSを利用するゲーム開発者は、これらのメリットを活用することで、チームがサーバーやソフトウェアのセットアップや保守といった差別化につながらないタスクに時間を費やすのではなく、ゲーム体験の向上やコンテンツ開発により多くの時間を費やすことができます。これにより、ゲーム体験とコンテンツがより良いものとなり、リリースまでの時間も短縮されます。 本ブログ記事では、「サーバーレスファースト」アーキテクチャを持つゲームについて紹介します。 Simple Trivia Service はウェブベースのゲームであり、貴社のゲームにも適用可能な複数のアーキテクチャパターンを持っています。

Read More