Amazon Web Services ブログ

Category: Database

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Database Migration Service 資料及び QA 公開

先日 (2021/02/16) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Database Migration Service」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20210216 AWS Black Belt Online Seminar AWS Database Migration Service from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. DMS でレプリケーションされないオブジェクト(インデックスなど)は、手動で移行とのことでしたが、SCTを使用することもできる、で相違ないでしょうか。 A. SCT を使用することも可能ですが、同一エンジンでの移行であれば、ソースの DB エンジンで適用したDDLをターゲット側にも適用頂くのが良いと思います。 Q. Aurora MySQL と Aurora PostgreSQL の間で on-going CDC として DMS を使用する予定です。これは、移行のためだけでなく、進行中のCDCになります。TaskRecoveryTableEnabled = true に設定して、DMS リカバリが必要な計画外のイベントに備える予定です。DMS チェックポイントはいつ発生しますか?24時間ごとでしょうか? […]

Read More

【開催報告&資料公開】放送業界向け InterBEE 2020 / re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に放送業界のお客様向けに、昨年開催された InterBEE 2020 と AWS re:Invent 2020 の Recap セッションを実施しました。 ■InterBEE 2020 Recap アマゾンウェブサービスジャパン ソリューションアーキテクト 門田 梓 [Slide] ソリューションアーキテクトの門田より、InterBEE 2020 で発表した AWS を活用した放送業界の AWS 活用事例を紹介しました。2020 年は新型コロナウイルスの感染拡大が番組制作に非常に大きく影響した年でした。登壇いただいたお客様は、この困難に立ち向かうため、AWS のサービスとツールを活用して コストを必要最小限に、ゼロから作るより迅速に、拡張性や可用性のメリットを手に入れています。本セッションでご紹介した概要は以下の通りです。

Read More

【開催報告&資料公開】新聞・出版業界向け re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に新聞・出版業界のお客様向けに AWS re:Invent 2020の Recap セッションを実施しました。 クラウドコンピューティングの分野で世界最大規模の「学習型」カンファレンスである AWS re: Invent は、例年 12 月に 1 週間程度いただいてラスベガスで開催しておりました。しかし、昨年はコロナウィルス感染拡大の影響により、11 月末からの 3 週間に拡大して完全オンライン(参加無料)で開催されました。およそ 50 万人の方にご登録いただき、5 つの基調講演と 500 以上のセッションをご提供、期間中は 200 以上の新機能・新サービスを発表しました。

Read More

Aurora PostgreSQL バージョン 9.6 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムでご案内しているアナウンスメントの参考和訳です。 Amazon Aurora for PostgreSQL 1.X (PostgreSQL 9.6.XX互換)は 2022 年 1 月 31 日に廃止されます。影響を受けるデータベースクラスターをアップグレードするのに十分な時間を確保するために、12 ヶ月間の予告を実施しています。2022 年 1 月 31 日までに、Amazon Aurora for PostgreSQL メジャーバージョン 9.6 を実行しているデータベースを Amazon Aurora for PostgreSQL 10 以降にアップグレードすることを強くお勧めします。Aurora PostgreSQL バージョン 9.6 の廃止前に、1年を通して更新情報やリマインダーをお送りします。 2022 年 1 月 31 日までにデータベースをアップグレードしていない場合、Amazon Aurora は 2022 年 1 月 31 日以降のスケジュールされたメンテナンスウィンドウ内で Amazon Aurora for PostgreSQL […]

Read More

Amazon RDS for MySQL バージョン 5.6 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムでご案内しているアナウンスメントの参考和訳です。 注記: 以下の内容は、Amazon Aurora クラスターには適用されません。 Amazon RDS は、MySQL メジャーバージョン 5.6 の廃止プロセスを開始します。これは、MySQL コミュニティが 2021 年 2 月 5 日に MySQL 5.6 のサポートを終了することを計画している為です。 Amazon RDS for MySQL 5.6 は、UTC 協定世界時間の2021 年 8 月 3 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の2021 年 8 月 3 日 09:00:01) で廃止されます。コミュニティでの MySQL 5.6 の廃止 (2021 年 2 月 5 日) と RDS […]

Read More

Amazon DynamoDB の使用を開始するためのゲーム開発者ガイド

多くのゲームでデータベースが不可欠の部分であることは周知の事実です。けれども、ゲーム開発者としては、データベースのエンジニアリングではなく、優れたゲームの構築にすべての時間と専門知識を捧げたいでしょう。 わかります。私も、データストレージについて考えるのではなく、コリジョンボリュームの修正、フレームレートの引き上げ、あるいは完璧な制御システムの作成に気をかけたいです。では、それを簡単に行いましょう。この記事では、AWS の高速で柔軟な NoSQL サービスである Amazon DynamoDB を使用して、ゲームにデータベースを追加するのがいかに簡単であるかを示します。 DynamoDB は、キーをデータに関連付ける非リレーショナルデータベースです。データベース、特にゲームでの使用に詳しくない場合は、ゲームでのデータベースの基本的な使用法と、リレーショナルデータベースと非リレーショナルデータベース (ときに SQL と NoSQL と呼ばれる) の違いについて説明したこの記事「素晴らしいゲームのためのマネージドデータベース」をご覧ください。 Dynamo DB テーブルの作成 DynamoDB は、NoSQL データベースですが、SQL データベースから借用した用語テーブルを使用します。この場合のテーブルは、実際にはデータベースに格納されるアイテムの主要な機能を定義したものにすぎません。 DynamoDB には、テーブルを識別するためのテーブルのプライマリキーが常にあり、このキーはデータベースに保存されているすべてのアイテムに対して一意である必要があります。 便利なヒントは、プライマリキーが複数の値のハッシュになる可能性があることです。したがって、単一の一意の属性がない場合は、異なる属性を組み合わせて一意の値を作成できます。たとえば、名前とバージョン番号を持つアイテムです。「broadsword」という名前のアイテムは 10 個あり、「version 1」のアイテムは 100 個ありますが、「broadsword version 1」は 1 個しかありません。 DynamoDB には、オプションで、アイテムをすばやく並べ替えることができるソートキーもあります。たとえば、プレイヤーのソートキーはプレイヤークラスであるかもしれません。これにより、ゲーム内のすべてのファイタークラスのリストを取得するクエリが高速化されることでしょう。データベース内のアイテムを一意に識別するための代替方法でするセカンダリキーを持つこともできます。 このデモでは、プレイヤーキャラクターの属性を表す非常にシンプルなオブジェクトを作成します。オブジェクトには一意のプレイヤー ID、プレイヤーレベル、強さと知力の 2 つの統計が含まれます。プレイヤー ID がプライマリキーになり、このデモ用のソートキーやセカンダリキーはありません。 注意: 自分で練習したい場合は、ソートキーとして機能するプレイヤークラスを追加できます。 DynamoDB テーブルを作成する手順は次のとおりです。 AWS コンソールを開きます。 DynamoDB を検索して選択します。 DyanamoDB コンソールのホームページから [テーブルの作成] を選択します。 […]

Read More

Amazon RDS for MySQLでMySQLエンジンバージョンを5.5から5.7へアップグレードする方法

Amazon RDSでは、定期的にメジャーまたはマイナーエンジンバージョンの廃止を行います。メジャーバージョンについては、コミュニティ版の対象バージョンがEOLを迎え、ソフトウェアの修正やセキュリティアップデートが行われなくなった場合に廃止を行います。メジャーバージョンのアップグレードには、既存のアプリケーションと互換性のないデータベースの変更が含まれる場合があります。そのため、DB インスタンスのメジャーバージョンアップグレードは、事前に十分な検証を行うことを推奨致します。この記事では、アップグレードの必要性と、その方法についてご説明します。

Read More

Amazon RDS for PostgreSQL バージョン 9.5 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムで案内されたアナウンスメントの参考和訳です。 Amazon RDS は、PostgreSQL メジャーバージョン 9.5 の廃止プロセスを開始しています。これは、PostgreSQL コミュニティでは、2021 年 2 月 11 日をもって PostgreSQL 9.5 のサポートを終了するためです。 Amazon RDS for PostgreSQL 9.5 は、UTC 協定世界時間の 2021 年 2 月 16 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の 2021 年 2 月 16 日(火) 09:00:01) に廃止されます。Amazon RDS for PostgreSQL 9.6 は、2021 年後期に廃止される予定です。したがって、 2021 年 2 月 16 日までにメジャーバージョン 9.5 を実行しているデータベースをメジャーバージョン […]

Read More

Amazon RDS for MariaDB バージョン 10.0 および 10.1 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムで案内されたアナウンスメントの参考和訳です。以前AWS フォーラムで案内したアナウンスメントから廃止プロセスのスケジュール、自動アップグレード先のバージョンが変更されています。 Amazon RDS は、MariaDB メジャーバージョン 10.0 および 10.1 の廃止プロセスを延長します。UTC 協定世界時間の 2021 年 3 月 22 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の 2021 年 3 月 22 日 09:00:01) より、Amazon RDS はスケジュールされたメンテナンスウィンドウ内で MariaDB 10.0 および 10.1 のインスタンスを自動的に MariaDB 10.2 にアップグレードします。2021 年 5 月 18 日 00:00:01 UTC (2021 年 5 月 18 日 09:00:01 JST) の時点で残りのすべての […]

Read More