Amazon Web Services ブログ

Category: Database

一元化された AWS バックアップサービス、AWS Backup の紹介

昨日サービスの提供が開始された AWS Backup は、完全マネージド型の AWS バックアップソリューションを提供するために Amazon DynamoDB、Amazon EBS、Amazon RDS、Amazon EFS、および AWS Storage Gateway と統合されています。AWS Backup は、クラウド内だけではなくオンプレミスの AWS のサービス全体におけるデータのバックアップと保持を一元化し、自動化します。AWS Backup コンソールの統合されたビューによって、バックアップの監視、バックアッププランの管理、および監査情報の提供を行うことができ、内部ポリシーと外部の規制監査に対するコンプライアンスを確実にするプロセスがシンプルになります。 地域ごとの可用性に関する情報については、AWS のリージョン表を参照してください。 詳細については、完全な AWS News Blog 記事をお読みください。   著者について Craig Liebendorfer は、アマゾン ウェブ サービスのシニアテクニカルエディターです。この写真は、アイスランドでバスを待っている Craig と Elizabeth です。    

Read More

Coffee Meets Bagel が、Amazon ElastiCache for Redis を使用してリコメンデーションモデルを強化

Coffee Meets Bagel 社が、サービスやモバイルクライアントのレイテンシーをできるだけ短くしながら高品質のマッチングを作成するために、Elasticsearch を使用してリコメンデーションを事前に計算するという選択をしたアプローチ、およびリコメンデーションを保存して提供するために Redis を選択した理由について説明します。また、Amazon ElastiCache for Redis によって、エンジニアリングチームの管理およびインフラストラクチャメンテナンスの作業が、どのように簡略化されたかについても説明します。

Read More

AWS クラウドへの移行時にデータベースコストを削減して可用性を向上させる

従来のオンプレミスデータベースのライセンスコストとインフラストラクチャコストは増えつづけ、データベースのスケーリングが大きな課題になっています。このような場合には何ができるでしょうか? このブログ記事では、AWS クラウドに移行するときにデータベースコストを削減し、可用性を向上させる戦略について説明します。

Read More

Amazon DynamoDB のベストプラクティスに従うという 2019 年の計を立てる

AWS ではこの 2019 年、DynamoDB での作業時にミッションクリティカルなワークロードのパフォーマンスを最大化して、コストを最適化するために役立つ Amazon DynamoDB のベストプラクティスに従うことをお勧めします。この記事は、このような抱負の維持を助ける DynamoDB のコンテンツに焦点を当てて行きます。

Read More

タグベースのスケーリングプランを使って AWS Auto Scaling ポリシーを簡単に管理する方法

このブログ記事では、リソースをひとつ、または複数のタグに基づいてグループ化し、スケーリングプランを使用することによって AWS Auto Scaling ポリシーを集約、設定、および管理する方法をご紹介します。スケーリングプランを使用すると、タグを用いることによって AWS Auto Scaling ポリシーの作成を自動化し、これらのポリシーを簡単に変更できます。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern 資料及び QA 公開

先日 (2018/12/25) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 「時系列データが必要なアプリケーション」のスライドで GSIKey Rand(0-N) というのがありましたが、これはどのような目的がありますか? A. こちらにあるような形で、書き込み後の検索効率向上の為のテクニックになります。 今後の AWS Webinar スケジュール 直近で以下のオンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWS Black Belt Online Seminar 1月分申込先 ≫ Redshift Recently Features Update 2019 年 […]

Read More

新しい Database Migration Playbook が公開されました—Microsoft SQL Server から Amazon Aurora MySQL への移行

このプレイブックは、AWS Schema Conversion Tool の自動変換機能に焦点を当て、自動変換プロセスの制限事項に対する代替方法について説明します。SQL Server と Aurora MySQL の違い、非互換性、類似点を中心に説明し、幅広い種類のトピックを網羅しています。そうしたトピックとしては、T-SQL、構成、高可用性と災害対策 (HADR)、インデックス作成、管理、パフォーマンスチューニング、セキュリティ、物理ストレージなどが含まれます。

Read More

2018 年に最もよく読まれた AWS データベースブログ

この記事では、私たちが 2018 年に掲載した AWS データブログ記事で、最もよく読まれた10本を紹介しています。このリストをガイドとして使って、まだ読んでいないデータベースブログに目を通す、または特に有益だと思った記事を読み返すことができます。

Read More

AWS データストア内の機密データを保護するためのベストプラクティス

このブログ記事では、データを保護する一般的なデータセキュリティパターンとそれに対応する AWS セキュリティコントロールに焦点を当てます。クラウド内の機密データを保護するための効果的な戦略を立てるには、一般的なデータセキュリティパターンをよく理解し、これらのパターンを明確にマッピングしてクラウドセキュリティコントロールに活かすことが必要です。

Read More

Amazon DynamoDB グローバルテーブルを使用してマルチリージョンアーキテクチャを強化する方法

この記事では、Amazon DynamoDB を使用して、複数の AWS リージョンにデプロイされたグローバルバックエンドのデータベースを強化する方法について説明します。ここでは DynamoDB グローバルテーブルを使用します。これは完全マネージド、マルチリージョンかつマルチマスターのデータベースを提供するもので、世界中のどこにいても低レイテンシーのデータアクセスをユーザーに提供できます。

Read More