Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Neptune

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Neptune 資料及び QA 公開

先日 (2018/7/3) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「Amazon Neptune」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180703 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune from Amazon Web Services Japan PDF Q. DynamoDBを利用するのはLambdaなどのMicroserviceとの親和性が高いためです。ネプチューンとLambdaの関係はどうですか ? A. HTTP RESTが使えるのでRDBMSのDB接続と比較して親和性は高いです。 Q. 暗号化を有効にした際は、性能が落ちるのでしょうか。落ちる場合は、どの程度落ちるかの指標等はありますか A. 格納データの暗号化について、特筆すべきオーバーヘッドはありません。 Q. オンデマンドインスタンス料金はRI適用は可能でしょうか。 A. いいえ、現在RIは使用できません。 以上です。 直近で以下の無料オンラインセミナーを予定しています。各オンラインセミナーの詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております! AWS Black Belt Online Seminar AWSで実現するウェブサイトホスティング 2018 年 7 月 10 日 | 12:00 […]

Read More

Amazon Neptune が一般向けにご利用いただけます

Amazon Neptune は現在、米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、および欧州 (アイルランド) でご利用いただけます。Amazon Neptune は高速で信頼性が高いフルマネージドグラフデータベースサービスであり、これを使用することで高度に接続されたデータセットと連携するアプリケーションの構築と実行が簡単になります。Neptune の中核となるのは、数十億の関係を保存し、ミリ秒単位のレイテンシーでグラフをクエリするために最適化された、専用設計の高性能グラフデータベースエンジンです。Neptune は Apache TinkerPop Gremlin と SPARQL を使用する 2 つの一般的なグラフモデルである Property Graph と RDF をサポートしており、高度に接続されたデータセットを効率的にナビゲートするクエリを簡単に構築することができます。Neptune は、リコメンデーションエンジンやナレッジグラフから医薬品創薬やネットワークセキュリティにいたるまで、あらゆるものを駆動するエンジンとして活用することができます。Neptune は、自動マイナーバージョンのアップグレード、バックアップ、暗号化、およびフェールオーバーによる完全マネージド型です。昨年、私が「AWS re:Invent」向けに寄稿した、「Naptune in detail」では、顧客はプレビューを使用していて、チームが GA 向けサービスを準備に活用した際の素晴らしいフィードバックについてご紹介しています。 今後、Amazon Neptune が一般的に利用できるようになったため、プレビューには次のいくつかの変更点があります: 多項目のパフォーマンス強化および更新内容 AWS CloudFormation サポート AWS コマンドラインインターフェイス (CLI)/SDK サポート Apache TinkerPop 3.3.2 に対応して更新済み Amazon Simple Storage Service (S3) からのバルク読み込むによる IAM ロールに関するサポート […]

Read More