Amazon Web Services ブログ

Category: AWS AppSync

AWS AppSync を使用して Amazon QLDB への GraphQL インターフェイスを構築する: パート 2

 この記事は、Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) と AWS AppSync を統合する方法を説明する 2 回にわたる連載記事の第 2 回です。この組み合わせにより、Amazon QLDB マネージドの台帳データベースに加えて、多目的な GraphQL を利用した API が提供されます。AWS Lambda 関数を作成してクエリを実行することで、Amazon QLDB と AWS AppSync を接続する方法については、「AWS AppSync を使用して Amazon QLDB への GraphQL インターフェイスを構築する: パート 1」をご覧ください。 この記事では統合を引き続き開発し、QLDB で AWS AppSync のより複雑なクエリとデータのミューテーションをサポートします。このチュートリアルでは、Amazon QLDB および AWS AppSync がキャプチャする履歴データのクエリのサポートも行います。 このシリーズのどちらの記事でも、クエリにドライバーの車両情報の DMV データセットを使用しています。GitHub リポジトリでアプリケーション全体を確認することもできます。 次の図は、このプロジェクトのおおまかなアーキテクチャを示しています。AWS AppSync リゾルバーを使用して、Lambda の Amazon […]

Read More

AWS AppSync を使用して Amazon QLDB への GraphQL インターフェイスを構築する: パート 1

 Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) は、信頼できるデータソースを必要とするユースケース向けに設計されたデータベースです。Amazon QLDB は、データベースにコミットされたすべての変更の履歴を完全で不変な形で保持します (これは台帳と呼ばれます)。Amazon QLDB は、金融、e コマース、在庫管理、政府、その他数多くの用途でお使いいただけます。 Amazon QLDB を AWS AppSync などのサービスとペアリングすると、モバイルアプリケーション、ウェブサイト、データレイクのデータとそのデータの履歴を安全に公開できます。この記事では、Amazon QLDB を AWS AppSync と統合して政府のユースケースを強化するための再利用可能なアプローチについて説明します。 Amazon QLDB を AWS AppSync のデータソースとして追加するには、AWS Lambda 関数を使用してデータベースに接続します。次の図は、このソリューションのアーキテクチャを示しています。 この記事では、Department of Motor Vehicles (DMV) のユースケースを用いて、Amazon QLDB をデータソースとして AWS AppSync に追加します。このユースケースは、Getting Started with the Amazon QLDB Console でご利用いただけます。Amazon QLDB データソースを接続するだけでなく、簡単なクエリも作成します。 今後の記事では、データの変更や履歴の取得など、より高度な Amazon QLDB […]

Read More

AWS AppSyncキャッシングとAmazon DynamoDBトランザクションのサポートによりGraphQL APIのパフォーマンスと一貫性が更に向上します

AWS AppSyncはGraphQLのマネージドサービスで、単一または複数のデータソースのデータに安全にアクセスしたり、操作したり、結合するための柔軟なAPIを作成でき、アプリケーション開発をシンプルにすることができます。多くの場合、異なったデータソースは異なったユースケースに合わせて最適化され、データが配信されるスピードも異なっていることでしょう。その基になるGraphQLスキーマで定義されているデータフィールドもかなり多様です。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS AppSync 資料及び QA 公開

先日 (2019/8/22) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS AppSync」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190821 AWS Black Belt Online Seminar AWS AppSync from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. AWS AppSyncのSubscriptionでは、Mutationの取りこぼしはないのでしょうか?例えば、「購読中に、Mutationの頻度が高い場合に、いくつかのMutationの結果が返らない」等です。あるいは、Lambdaのように、最低1回の受信(複数回受信することもある)ということはないのでしょうか? A. 基本的に設定されたSubscriptionは取りこぼし無く実行されます。但しAppSyncの制限事項としてGraphQL API ごとのスロットルレート、サブスクリプションの最大ペイロードサイズ等がありますのでその点はご注意ください。 Q.(少し調べれば出てくるかもしれませんが)実際に手を動かしてAppSyncの機能に触れられるチュートリアル的なものはありますか? A. AppSyncのチュートリアルに関しましてはこちらからご確認ください。 — 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 【AWS Innovate Online Conference】 AWS Innovate は、AWS クラウドを活用してビジネス革新を目指しているすべての IT リーダー及び IT プロフェッショナルを対象とした、最新のクラウド情報をお届けするためのオンラインカンファレンスです。この期間で、AWS初心者の方はAWSを始めるための準備を、AWS既存ユーザーの方は情報のアップデートにお役立ていただければと思います。 […]

Read More

AWS DevDay Tokyo 2018 Severless&Mobile トラック資料公開

2018年10月29日から11月2日まで行われた AWS DevDay Tokyo 2018の中で、Serverless&MobileのトラックオーナーをしておりましたSAの小梁川です。本投稿では2018/10/31に開催しましたServerless&Mobileトラックの内容をご紹介いたします。 イベント開催においては、お忙しい中に資料作成、登壇を頂いた ZOZOテクノロジーズ 柴田様、クックパッド 渡辺様に御礼申し上げます。また、会場に起こした頂いた、ストリーミング視聴をいただけた皆様へ、イベントご参加への御礼を申し上げます。 資料をゆっくり読みたい、参加できなかったが資料が見たいとの声を頂いておりましたので、本投稿にてServerless&Mobileセッションの資料をご紹介させていただきます。

Read More

AWS AppSyncの紹介 – リアルタイムおよびオフライン機能を備えたデータ駆動型アプリケーションの構築

現在、モバイルデバイスや便利なアプリケーションは私達の生活にとって欠かせないものになっています。モバイルデバイスへの依存が高まるにつれ、私たちの注目を集めて何百万ものアプリケーションが爆発的に増加しています。これはモバイルデベロッパーにとって、高品質かつリアルタイムなユーザーが求めるアプリケーションを構築する必要があることを意味します。これにより、モバイルアプリケーションは、ユーザー間でのデータ同期、オフラインサポート、データディスカバリーなどの機能が実装されていることが必須になってきています。いくつかの記事、(InfoQ、DZone、モバイル開発ブログAlleviateTech)によると前述の機能を提供するうえで重要な要素の1つはクラウド型モバイルアプリケーションと言われています。 モバイルデータの同期やデータストレージなどに関しては特にこれが言えるようです。 このような背景から、クラウド上のデータ集約サービスを使って革新的なモバイルアプリケーションを開発するための新サービスを発表するのに最適なタイミングだと考え、AWS AppSync を紹介します。AWS AppSync は、フルマネージドなサーバーレスGraphQL サービスで、リアルタイムデータクエリ、同期、通信、およびオフラインプログラミングの機能を提供します。使い慣れていない人たちのために、GraphQL 仕様に関する情報を簡単に紹介しましょう。

Read More