Amazon Web Services ブログ

Category: Top Posts

AWS Systems Manager で SAP HANA データベースのリストアを自動化する

はじめに 多くのお客様にとって、SAP システムのコピーは日常的な保守作業の1つです。SAP システムコピーは、SAP の本番データを非本番環境にコピーするために定義された一連のステップです。このブログ記事では、SAP HANA データベースのリストアを自動化することについて説明します。 Amazon Web Services (AWS) Backint Agent for SAP HANA は、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス上で動作する SAP HANA ワークロード用の SAP 認定バックアップおよびリストアソリューションです。AWS Backint Agent は、 SAP HANA データベースを Amazon Simple Storage Service(Amazon S3) にバックアップし、SAP HANA Cockpit 、SAP HANA Studio 、または SQL コマンドなどのSAP 管理ツールを使用してリストアします。AWS Backint Agent は、SAP HANA のデータベースとカタログの Amazon […]

Read More
自社製品/ソリューションのサービス化 ~SaaSビジネスおよびSaaS plus a Boxビジネスの促進セミナー~

AWS IoT Device Defender ML 検出を発表

このブログは、AWS IoT Device Defender Announces ML Detect GA を翻訳したものです。 2021 年 3 月 24日(米国時間)、AWS は AWS IoT Device Defender Machine Learning Detect and Mitigation(ML 検出)の一般提供を発表しました。これは、過去のデバイスデータからの学習に基づいて、IoT デバイスレベルの運用およびセキュリティの異常を自動的に検出する新機能です。お客様は、AWS IoT Device Defender の ルール検出機能を使用して、静的アラームを手動で設定できます。ML 検出は、フリートの予想される動作を自動的に設定することでこれを容易にします。これにより、メッセージの送信、切断頻度、byte in/out など、さまざまなメトリクスでデバイスがどのように動作するかを深く理解する必要がなくなります。また、ML 検出は、季節性やその他の変化する要因によって引き起こされる新しいデータトレンドに基づいて、予想される動作を自動的に更新します。 このブログ投稿では、機能概要を示し、いくつかのお客様が機能によって提供されるデバイスレベルの監視と運用の信頼性からどのように恩恵を受けているかを紹介し、開始するための手順を説明します。 AWS IoT Device Defender ML 検出の概要 ML 検出は、機械学習を使用して、IoT デバイスの予想される動作のしきい値を設定します。この機能を設定する前に、デバイスの動作(切断頻度、送信されたメッセージの数など)を包括的に理解する必要がなくなるため、AWS IoT Device Defender の検出機能を簡単に使用できます。異常が特定されたら、デバイスの隔離などの組み込みの緩和アクションを選択することで対応できます。

Read More

AWS Amplify は、より機能が豊富で、柔軟性と拡張性に優れた、新しい GraphQL Transformer v2 を発表しました

この記事は AWS Amplify announces the new GraphQL Transformer v2. More feature-rich, flexible, and extensible. を翻訳したものです。 2021 年 11 月 23 日、AWS Amplify は GraphQL Transformer v2 を発表しました。これにより、開発者は最小限のクラウド知識で、より豊富な機能、柔軟性、拡張性を備えた、GraphQL ベースのアプリのバックエンドを開発可能です。 AWS Amplify CLI は、フロントエンド開発者がクラウドでアプリのバックエンドを作成するのに役立つコマンドラインツールチェーンです。 Transformer を使用することで、開発者は GraphQL のスキーマ定義言語でバックエンドデータモデルを構成でき、Amplify CLI は基盤となるクラウドインフラストラクチャに基づいてスキーマが完全に機能する GraphQL API となるように自動的に変換します。

Read More
Figma designs to full-stack React apps

AWS Amplify Studio – 最小限のプログラミングでFigmaからフルスタックのReactアプリを実現

この記事は AWS Amplify Studio – Figma to Fullstack React App With Minimal Programming を翻訳したものです。 AWS Amplifyにおいて、Amplifyの強力なバックエンドとの統合・管理機能を持ち、最小限のコーディングでUI開発を加速する新機能(パブリックプレビュー)をフロントエンド開発者に提供するGUI開発環境「AWS Amplify Studio」を発表しました。 Amplify Studioは、Figmaで作成されたデザインを人間が読めるReactのコンポーネントコードに自動的に変換します。また、Amplify Studioでは、開発者が生成されたコンポーネントをアプリのバックエンドデータに視覚的に接続することができます。 これまでAmplify Admin UIが持っていたバックエンドの設定と管理機能(「データ」、「認証」、「ストレージ」など)は、今後Amplify Studioの一部となり、統一されたインターフェイスを提供することで、開発者がフルスタックのアプリをより高速に構築できるようになります。

Read More

Amplifyで構築したバックエンドをCDKで出力して既存のデプロイパイプラインで使用する新機能「エクスポート」のご紹介

この記事は、Export Amplify backends to CDK and use with existing deployment pipelines を翻訳したものです。 AWS Amplifyは、Amplify CLIで生成されたバックエンドをAWS Cloud Development Kit (CDK)スタックとしてエクスポートし、既存のCDKデプロイメント・パイプラインに組み込む機能を発表しました。この新機能により、フロントエンド開発者はアプリのバックエンドを迅速に構築し、リリースの準備毎に、DevOpsチームと連携し本番環境にデプロイすることができます。

Read More
CDKでAmplifyで生成されたバックエンドリソースをカスタマイズする

Amplifyで生成されたバックエンドリソースをCDKでカスタマイズする新機能 「オーバーライド」のご紹介

この記事は、Override Amplify-generated backend resources using CDKを翻訳したものです。 AWS Amplifyは、開発者がAmplifyで生成されたAWS IAM、Amazon Cognito、Amazon S3、およびAmazon DynamoDBのリソース構成を上書きし、アプリの要件を最適に満たす機能を発表しました。 開発者はAmplifyが提供する標準のリソースを使用してバックエンドを簡単に構成できますが、この新しい “オーバーライド” 機能を用いることでさらに細かいリソースの設定をカスタマイズできます。

Read More

AWS AmplifyでのフルスタックアプリケーションのCI/CDパイプラインの構築

この記事は、Complete guide to full-stack CI/CD workflows with AWS Amplifyを翻訳したものです。 AWS Amplify は、1) 条件付きバックエンドデプロイ、2) ビルド時のaws-exports.js の自動生成、3) 異なるAmplify アプリケーション間でのバックエンドの共有といった3つの新しい機能をAmplify のCI/CD ワークフローに追加しました。これらの機能を使用することで、より柔軟にフルスタックアプリケーションをデプロイすることが可能です。

Read More

Amazon EventBridge を用いたアウトオブバンドの AWS AppSync リアルタイムサブスクリプションの簡素化

この記事は、AWS のプリンシパルスペシャリストソリューションアーキテクト、Josh Kahn によって書かれました。 リアルタイムの最新のデータは、多くのカテゴリのアプリケーションにとって有益です。スポーツスコアから株価、配信アプリなど多くのものまで、モバイルとデスクトップの両方で魅力的なフロントエンドアプリケーションを構築するには、リアルタイムデータが不可欠です。これらのタイプのアプリケーションのモダンアーキテクチャでは、クライアントがサーバーからプッシュされた更新をサブスクライブできるようにする、長時間の双方向接続を使用します。

Read More

舞台裏のシークレット – AWS re:Invent 2018 の動力となった CenturyLink ネットワーク

長年のブログ読者なら、私が現代世界の大部分を可能にし、それらを動かしている舞台裏そして地下の活動に興味をそそられることをすでに把握しておられるかもしれません。例えば、私は昨年末、どのように AWS クラウドが re:Invent で地下に潜るかについて説明し、re:Invent の参加者と、遠方からキーノートとライブストリーミングをご覧になっていた皆さんに最高の接続性を提供するために使用された、通信およびネットワークインフラストラクチャに関する情報をお伝えしました。 Invent 2018 が過去のものとなり、来年の計画がすでに進められている今日、5 回に渡って re:Invent ネットワークサービスプロバイダーを務めた CenturyLink が、180 Gbps の帯域幅を提供するために AWS Direct Connect を使用する冗長性と回復性を備えたネットワークを設計して構築し、8 つの会場全体で接続された 81,000 個を超えるデバイスをサポートした方法について説明したいと思います。地上では、各会場における ShowNets のカスタムネットワークと WiFi デプロイメントを CenturyLink によって提供されたインフラストラクチャに接続するために、ShowNets と密接に連携しました。 2018 re:Invent のネットワーク 2018 年、このネットワークには、Sands Expo、Wynn Resort、Circus Circus、Mirage、Vdara、Bellagio、Aria、および MGM Grand の各施設を網羅した最新のマルチノードメトロファイバーリングによる、複数の AWS リージョンへの多様なルートが含まれていました。各会場、そして複数の AWS Direct Connect ロケーションに対する 10 Gbps の冗長接続が、優れた可用性を確保にするために使用されました。ネットワークは CenturyLink Cloud Connect Dynamic Connections […]

Read More

Camp re:Invent Trivia Challengeに参加してください

AWS re:Invent 2018まで3週間を切った中で、同僚と私は、地球上で最高の教育イベントを生み出すためにこれまで以上に努力をしています! 複数の主要点、2000以上のセッション、ブートキャンプ、チョークトーク、実践的なワークショップ、ラボ、そしてハッカソンから選択することで、あなたがここに到着したときよりもラスベガスの情報をより良く伝えられることを確信しています。 私にChallenge 今日、AWSの知識を新しい形で使用する機会についてお話したいと思います。今すぐ申し込み、Camp re:Invent Trivia Challenge(11月28日午後7時、ヴェネツィアシアター)に参加してください。AWSに関する質問に答えたり、楽しい時間を過ごしたり、限定版Camp re:InventやJeff Barrのピンを手にすることで、私と競争する機会があります。何を勉強したいのか、どのように準備するのかが分からないので、本当にすごく面白いことが起こります。 チャレンジしよう、おいしいもののために立ち寄ろう ちなみに、様々なイベントや特定のセッションに参加することで獲得できる60以上のAWSピンに加えて、パートナーとスポンサーからそれらを得ることができます。他のre:Invent参加者とピンを交換することもできます。これは、獲得できる、見つけられる、または取引できるピンのほんの一部です(非公式@reinventPartiesリスト経由): また、私は新しくて可愛いステッカーをいくつか持っていきます: ラスベガスでお会いしましょう ラスベガスでファンやお友達と会うのを楽しみにしています。私は週に多くの課題を持っていますが、いつも立ち止まって挨拶する時間はあります。どうか恥ずかしがり屋にならないでください! — Jeff;

Read More