Amazon Web Services ブログ

Category: Game Development

Amazon Lookout for Metrics とゲーム分析パイプラインを使用してゲームの異常を検出する

この記事は、Detect anomalies in games with Amazon Lookout for Metrics and the Game Analytics Pipeline Solution を翻訳したものです。 ゲーム分析は、開発サイクル全体を通じてゲーム開発者を支援する強力なツールになります。ゲームデータから得られるインサイトは、プレーヤーにとってより魅力的でパーソナライズされたエクスペリエンスを作成し、ゲームの収益化をより効率的なものにするのに役立ちます。また、不正調査、パフォーマンスの監視、エラー報告にも役立ちます。

Read More

4Kモニターで60 FPSをリモート環境で実現する ~ QUIC UDP経由のNICE DCVを使ったストリーム配信

この記事は、”Stream a remote environment with NICE DCV over QUIC UDP for a 4K monitor at 60 FPS” を翻訳したものです。 近年、ゲーム開発の分散化が進んでいます。 2020年、COVID-19はリモートにおけるソリューションの需要と革新を加速させました。 形態や規模には関係なくゲームチームには2つの選択肢が残されていました。急いで自宅にワークステーションを持ち帰って、仮想プライベートネットワーク (VPN) 経由でオフィスにアクセスするか、オフィスに開発用のワークステーションを残し、リモートデスクトッププロトコル (RDP) 経由で自宅のハードウェアからアクセスするかのどちらかでした。しかし、現在、ゲーム開発者たちは、完全なクラウド移行により、自分たちの思い通りの、より永続的に作業できる環境を作り出そうとしています。 多くのゲームスタジオで、ワークステーションや継続的インテグレーション/継続的デプロイ(CI/CD) パイプラインのクラウドインフラストラクチャへの移行が進んでいます。AWSのゲーム開発クラウドソリューションを活用することで、ゲーム開発チームはリモートで迅速にコーディング、デプロイ、リリースを行うための必要なリソースを得られます。以前は、分散型の開発パイプラインを作成するために、ゲームスタジオはエンジニアにハードウェアを渡し、新しく作成した環境のオンボーディングに膨大な時間を費やす必要がありました。コストの削減をしながら、没入感がありユーザーを楽しませるゲームの構築により多くの時間を費やしつつ、さらに世界中にいる従業員たちのハイブリッドな作業環境のサポートをするために、開発者はAWSを利用して、クラウドでのゲーム制作(GPIC)のソリューションに移行し、リモートでのQAテスト、プレスへのゲーム配信、没入感のある環境での3D開発ストリーミングの統合などの様々なユースケースで活用しています。 すべてのクラウド上でのゲーム制作のユースケースにおいては重要な命題があります。それは、いかにしてストリーミング中に高いフレームレート(FPS) を保つか?というものです。本記事では、AWS クラウド上で、ストリーミング60 FPSでストリーミングできるようにリモートワークステーションを構築し、NICE DCVでQUIC UDP通信を利用する手順を説明します。NICE DCVは、リモートデスクトップやアプリケーションストリーミングを安全にかつ高パフォーマンスで配信できるリモートディスプレイプロトコルです。

Read More

音声によるゲームの進化

この記事は、“How the power of voice can supercharge gaming”を翻訳したものです。 Doppio社は、ヨーロッパを拠点とする音声ゲーム開発会社で、「The Vortex」,「The 3% Challenge」,「PAC-MAN™ WAKA WAKA」などの音声ゲームのヒット作を生み出しています。 Jeferson Valadaresは、BioWare、Playfish、Digital Chocolate、BANDAI NAMCOなどの有名スタジオで経験を積んだゲームのベテランです。Christopher Barnesは、大手ゲーム会社でモバイルゲームやバックエンドプラットフォームサービスを担当していました。

Read More

EC2とNICE DCVを使ったOculus Quest2でのアプリ実行、開発環境の構築

本記事は Enabling Quest 2 AR/VR on EC2 with NICE DCV を翻訳したものです。 AR/VR が普及するにつれ、いくつかの企業はクラウド内でリアルタイムで利用できる AR/VR 開発環境、テスト環境、実行環境を提供し始めています。これらの需要を満たすためにAR/VR 企業はヘッドセットユーザー向けの高性能なソリューションを確保する必要があります。 AWS では、HPCを使ったインフラストラクチャとサービスを活用して、これらのソリューションを実現するためのいくつかの方法を提供しています。その一つが、G4dn EC2 インスタンス、Nice DCV プロトコル、お客様とソリューション間の高スループットネットワーク接続です。 本記事では、Oculus Quest 2 向けアプリケーション開発、テスト、実行のようなグラフィックを多用するソリューションを作成するために、高性能のEC2 インスタンスを使ったアーキテクチャの構築方法について説明します。セットアップが完了すると、エンドユーザーは高性能のクラウドインスタンスにワイヤレスで接続して、AR/VR アプリケーションを開発、テスト、実行ができるようになります。

Read More
GearboxUsecase

パフォーマンスに妥協なし: Gearbox Entertainment が AWS と Perforce でリモート化を実現

Randy Pitchfordによって設立されたGearbox Entertainmentは、Half-Life、Borderlands、Brothers in Armsなどの大ヒットゲームフランチャイズ向けのゲームを制作していることで知られる、受賞歴のあるゲーム開発スタジオおよびパブリッシャーです。同社のクリエイティブ能力はビデオゲームだけでなく、コミック、アクションフィギュア、アパレル、アートプリント、小説、ノンフィクションの参考タイトル、映画やテレビのメディアコンテンツにも優れています。 2020年、COVID-19の大流行により世界が在宅勤務制限を実施するようになったとき、Gearboxは課題に直面しました。チームを保護しながらビジネスを効果的に継続するにはどうすればよいでしょうか。 すでに AWS との強固な関係を確立しており、そのサービスを活用して最新タイトルである Borderlands 3 を強化し、Amazon S3 を使用して Perforce のバックアップを管理することでビルドパイプラインをサポートしていた事から、Gearboxはゲーム制作をクラウドに移行するために AWS と Perforce の支援を依頼しました。またチームがリモートでコラボレーションして作業できるようにクラウドへの移行をすでに検討していましたが、その移行にはかなりの懸念がありました。 「主な問題は、オフィスにある Perforce サーバーシステム上のソース管理システムを扱うことでした」 Gearbox の IT ディレクター、Jeff Macfee 氏は述べています。「パンデミック前からパフォーマンスと顕著な遅延に関する苦情がすでにあったため、規制がかかってリモート化しなければならなくなった時に問題を悪化させるのではないかと心配していました」

Read More

AWS Graviton EC2 インスタンスで動作するUnreal Engine 4 専用サーバーを作成する

Epic Games は Fortnite を含む世界最大級のゲームを複数持つインタラクティブエンターテインメントの大手企業です。彼らはUnreal Engineも開発しており、これは世界をリードするオープンで高度なリアルタイム3D制作ツールです。絶えず進化しており、世界をリードするゲームを強化するだけでなく、業界のクリエイターに最先端のコンテンツ、インタラクティブエクスペリエンス、没入型の仮想世界を提供する自由とコントロールを提供します。 あらゆる形態・規模のデベロッパーが素晴らしいゲームを構築、実行、成長させるのを支援する為、Epic Games と AWS は協力して Unreal Engine に対する AWS Graviton2 インスタンス のサポートを強化しました。AWS Graviton プロセッサは、64 ビットの Arm Neoverse コアを使用して AWS によってカスタムビルドされ、Amazon EC2 で実行されるクラウドワークロードに最良の料金とパフォーマンスを提供します。AWS Graviton2 のサポートにより、Unreal Engine のクリエイターは同等の現行世代の x86 ベースのインスタンスと比べて最大 40% 優れた料金パフォーマンスを活用できます。

Read More

ゲームテック業界向け re:Invent 2021を最大限に活用するためのガイド

この記事は、”Make the most of re:Invent 2021 with the Game Tech industry guide” を翻訳したものです。 AWS re:Inventは今年で10周年となります。 この10周年の記念となるAWS re:Inventで、AWS Game Techチームは一同皆様を歓迎します。 今回のAWS re:Inventはラズベガスに戻ってきました(バーチャルでの参加も可能です)。2021年11月29日から12月3日にかけて、5つの基調講演、20以上のリーダーシップセッション、1,200を超えるブレイクアウトおよびインタラクティブセッションで構成されるエキサイティングなプログラムをご用意してラズベガスでお待ちしております。さらに、AWSエキスパートや同僚とのネットワーキングとディスカッションのために、Venetianに AWS for Media & Entertainment and Games Loungeをご用意したのでぜひお立ち寄りください。

Read More

Now available: Amazon GameLift における新しいアジアパシフィック (大阪) リージョンと Graviton2 のサポート

この記事は、”Now available: New Asia Pacific (Osaka) region and Graviton2 support for Amazon GameLift” を翻訳したものです。 本日、Amazon GameLift のアップデートの発表により、開発者のカバレッジを拡大し、日本のプレイヤーにおけるシームレスで低レイテンシーなゲーム体験を強化できることを嬉しく思います。マルチプレイヤーゲームの専用ゲームサーバーをデプロイ、運用、スケーリングする AWS マネージドサービスである GameLift を使用すると、開発者は 200 名以上のプレイヤー向けバトルロイヤルゲームを Large Match Support で作成したり、Autoscaling を使用してプレイヤーのトラフィックに合わせてサーバー容量を自動的に調整したりできます。本日のアップデートでは、GameLift にアジアパシフィック (大阪) リージョンが追加され、ゲーム開発者はmulti-region fleetsを用いて、日本におけるプレイヤーの実際のロケーションに近いアジアパシフィック (大阪) リージョンおよびアジアパシフィック (東京) リージョンにサーバーを配置できるようになりました。

Read More

AWS Global Acceleratorのカスタムルーティングアクセラレータのご紹介

AWS Global Accelerator ではカスタムルーティングアクセラレータがサポートされるようになりました。新しく追加されたこの機能を利用することにより、Global Accelerator の利点を活用しつつ、独自のアプリケーションロジックを使用して複数のユーザーの宛先を特定の Amazon EC2 にルーティングできるようにします。 Global Accelerator は、 AWS グローバルネットワークインフラストラクチャを使用して、インターネットユーザーのパフォーマンスと可用性を向上させるネットワーキングサービスです。Global Accelerator の自動ルーティング最適化により、パケット損失、ジッタ、レイテンシーを一貫して低く抑えることができます。現在提供されているアクセラレータ機能は、ユーザーに最も近い正常なエンドポイントにトラフィックを自動的にルーティングします。これは、A/B テスト、ブルーグリーンのデプロイ、API アクセラレーション、ライブビデオのインジェストなど、さまざまなユースケースに使用できます。

Read More

AWS Global Accelerator と Amazon GameLift FleetIQ を活用してプレーヤーエクスペリエンスを向上させる

インターネット経由で世界中のユーザーにサービスを提供するゲームを構築することは困難です。この2つのパートからなるシリーズでは、ゲーム開発者が世界中のプレイヤーエクスペリエンスを向上させ、より効率的に展開し、レイテンシーを短縮し、インゲームのパフォーマンスを向上させ、ゲームコンテンツをより速く配信する方法について説明します。 この最初の投稿では、AWS Global Accelerator を使用して、ゲームプレイやオンラインストアのトラフィックなどの動的コンテンツのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。また、AWS Global Accelerator と Amazon GameLift FleetIQ を統合するためのリファレンスアーキテクチャも提示し、マルチプレイヤーゲーム用のクラウドサーバーを簡単にデプロイ、運用、スケーリングします。2番目のブログ記事である、Amazon CloudFront を使用してゲームバイナリやメディアアセットなどの静的コンテンツを配信することについては、近日公開予定です。

Read More