Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon FSx

AWS Backupを使用したAmazon FSxのクロスリージョン及びクロスアカウントバックアップ

このブログはAdam Hunter (Sr.Enterprise Solution Architect)とFathima Kamal (Sr.Solution Architect)によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 AWS Backupは、Amazon FSxのクロスリージョンおよびクロスアカウントバックアップ(CRAB)をサポートしました。AWS Backupは、費用対効果が高く、フルマネージドのポリシーベースのサービスを提供し、大規模なデータ保護をさらに簡素化します。また、AWS Backupは、コンプライアンス遵守をサポートし、事業継続の目標を達成するのに役立ちます。Amazon FSxは、機能豊富でパフォーマンスの高いファイルシステムを簡単かつコスト効率よく提供します。今回のリリースにより、ストレージやアプリケーションの管理者は、AWSリージョン間でバックアップをコピーし、リージョン間の事業継続を実施することができます。また、管理者は、AWSアカウント間でバックアップをコピーすることで、ユーザーの偶発的な誤操作、アカウントの侵害、ランサムウェアからバックアップを保護することができます。 あらゆる規模の企業が、ファイルデータセットをAmazon FSxに移行し、AWSでフルマネージドのファイルストレージを利用することで、俊敏性、拡張性、コスト効率の良さを享受しています。Amazon FSxは、業界標準のSMB(Server Message Block)プロトコルでアクセス可能な共有ファイルストレージを提供するAmazon FSx for Windows File Serverと、コンピュートワークロードの高速処理を可能にする高性能な共有ファイルストレージを提供するAmazon FSx for Lustreの2つのファイルシステムから選択できます。Amazon FSxは、お客様がファイルシステムの安全で耐久性の高いバックアップを作成することを可能にします。しかし、これまでは、これらのバックアップは、ファイルシステムと同じAWSリージョンおよびアカウントにしか作成できませんでした。 本機能のサポートにより、お客様はAmazon FSxのバックアップを他のAWSリージョンにコピーしてリージョン間のビジネス継続性の目標を達成したり、アカウント間でコピーしてバックアップのコンプライアンスニーズを満たすことができるようになりました。これらの機能により、お客様は偶発的または悪意のあるユーザーアクセスの際にデータを回復することができ、プライマリアカウントのバックアップや暗号化キーの喪失を防ぐことができます。また、アプリケーションのバックアップを管理するための運用負荷を排除し、企業はより簡単にコンプライアンス要件を満たすことができます。また、取得したバックアップを活用する事で、品質保証やテストのために、本番データに影響を与えることなく、データに簡単にアクセスして共有することができます。 お客様は、AWS Backup コンソールで数回クリックするだけで、自動バックアッププランを作成し、Amazon FSxファイルシステムのバックアップや他のAWSリソースのバックアップを、追加のAWSリージョンやアカウントに定期的に作成・コピーすることができます。 このブログでは、クロスアカウントバックアップ(CRAB)のコピーを自動的に実行するAWSバックアッププランの作成を実施します。まず、ソリューションを導入するために必要な前提条件について説明します。次に、バックアッププランを設定する方法を説明します。最後に、ファイルシステムを復元することで、バックアッププランをテストする方法を確認します。 アーキテクチャ: クロスリージョン・クロスアカウントバックアップ(CRAB) 以下の図は、Amazon FSxへのCRABサポートの展開に関わる主要なコンポーネントを示しています。このアーキテクチャには、AWS BackupでバックアップされたAmazon FSx for Windows File Serverに接続されたAmazon EC2インスタンスが含まれています。CRABを実装するために、ソースアカウントからのバックアップをデスティネーションアカウントの第2のバックアップボールトにコピーします。この例では、Region間の接続にTransit Gatewayを使用していますが、VPC peeringを使用することもできます。前述のコピーを行った後、宛先アカウントのAmazon FSx for Windows File Serverをリストアすることができます。 前提条件 Amazon […]

Read More

VMware Cloud on AWSにおけるストレージオプションと設計

VMware Cloud on AWSはVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC)技術をAWSのグローバルインフラストラクチャ上で提供するためVMwareとAWSが共同開発したソリューションです。 様々なストレージ要件のワークロードが存在する場合、利用可能なストレージオプションの種類を把握し、異なる条件下でそれらをどう使っていくことが最適であるかを理解することが重要です。 VMware Cloud on AWSは複数のストレージサービスと統合されており、VMware vSphereワークロードに対して選択肢と柔軟性を提供しています。しかしながら各サービスは特定のシナリオに最適化されており、ワークロード全体に対して最適な単一のアプローチというものはありません。正しいサービスを選択するには、まずVMware vSphereワークロードのストレージ要件やパフォーマンスの統計データを理解しなければいけません。それを踏まえた上で、お客様のワークロードに適したコスト、可用性、パフォーマンス要件を満たすストレージを計画、実装することができます。

Read More
Cloud Video Editing

【Edit in the Cloud】AWSで編集環境を構築する方法 ~Cloud Video Editing テンプレート~

Edit in the Cloudシリーズの第1回目では、AWS上で様々な編集シナリオの想定モデルを実現するための基礎知識を説明しました。今回はいよいよGitHubのサンプルをデプロイする段階に入ります。このステップ バイステップガイドでは、AWS上で編集ホスト、ストレージをデプロイし、接続する方法を詳しく説明します。このテンプレートによりユーザーはAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 上に編集環境を構築することができます。加えて、Amazon FSx for Windows ファイルサーバーはEC2インスタンスからストレージとして利用し、メディアアセットの共有リポジトリとして活用することができます。また、このテンプレートには、Teradici for Federated Loginと連携したAWS Directory Servicesが含まれており、シームレスな編集体験を可能にしています。では早速テンプレートを利用して環境を構築していきましょう。まずご自身のAWSアカウントを利用して、AWSマネジメントコンソールにログインしたら次のAWS CloudFormationデプロイメントテンプレートを使用します。本テンプレートは現在、US-East-1とUS-West-2で提供しています。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon FSx for Windows File Server/Lustre 資料及び QA 公開

先日 (2019/3/19) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon FSx for Windows File Server/Lustre」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 Amazon FSx for Lustre 20190319 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for Lustre Amazon FSx for Windows File Server 20190319 AWS Black Belt Online Seminar Amazon FSx for Windows Server AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. オンプレ環境からの接続は、VPN/DirectConnectなしで接続できないのでしょうか? A. できません。資料中のご説明の通り、Amazon FSx for Windows […]

Read More