Amazon Web Services ブログ

Category: Foundational (100)

【開催報告】ビルシリーズ@住友不動産六本木グランドタワー 第1回

みなさんこんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの木村公哉です。 11月21日に「ビルシリーズ@六本木一丁目住友不動産六本木グランドタワー 第1回」を開催いたしました。今回は「初めてのサーバレスWebアプリケーションハンズオン」を実施しました。こちら「ビルシリーズとは?」とお思いの方も多いかと思いますので、開催報告と合わせてご説明いたします。 「ビルシリーズ」とは? このイベントは、日頃AWSをご利用いただいているお客様に、AWSからの情報発信はもちろん、同じビルに拠点を構えるお客様同士の活発な意見交換と交流の場を定期的に作ることを目的としたものです(同じビルなので移動が楽!)。 今回、住友不動産六本木グランドタワーのFringe81様、BASE様、エブリー様、ディップ様で同じようなニーズがあり、このようなビル単位でのイベントを開催する運びとなりました。場所はFringe81様の素敵な大会場をお借りいたしました。Fringe81様ありがとうございました。 来月には住友不動産麻布十番ビルでも開催を予定しており、今後もこのようなビル単位で交流ができるようなイベントを開催していきたいと考えております。 当日の様子 当日は約40人のお客様にお越しいただき、イベントは終始盛り上がりを見せておりました。   まずはAWSJ 植本より、今回のビルシリーズの趣旨などを説明いたしました。   次に、AWSJ 木村より「サーバレスのご紹介 – ユースケースパターンを切り口に」というタイトルで、AWSのサーバレスプラットフォームについてご紹介いたしました。   続けてAWSJ 木村より「初めてのWebアプリケーションハンズオン」を実施いたしました。   ハンズオンの終了後、ご参加いただいた皆様と共に、簡単な懇親会を開催いたしました。   今回、AWSJより、アカウントマネージャー植本、藤田、細木、ソリューションアーキテクト上原、石見、小宮、木村がビルシリーズをサポートいたしました。こちらはソリューションアーキテクトの集合写真です。 貴社担当のアカウントマネージャから「ビルシリーズ」のお誘いがあるかもしれませんが、是非ご検討いただければと思います。それでは、次回のビルシリーズでお会いしましょう!   著者について 木村 公哉(Kimura, Koya) 香川県出身のソリューションアーキテクトです。好きなサービスはAWS AmplifyとAWS Lambda、Amazon Kinesisです。好きな食べ物はうどんです。   上原 誠(Uehara, Makoto) アマゾンウェブサービスジャパン株式会社のソリューションアーキテクトとして、主にメディア系のお客様に対する技術支援を担当。技術的な得意/興味領域としては、アナリティクス系テクノロジー、広告系ソリューションなど。

Read More

ローンチニュース: AWS DataSync が料金を下げ、新しいリージョンで開始、スケジューリングを追加

本日、AWS DataSync は、オンプレミスストレージから Amazon S3 または Amazon Elastic File Service (Amazon EFS) にデータを移動するお客様を支援する 3 つの拡張機能をリリースしました。DataSync は re:Invent 2018 で開始され、移行、処理、保護のために、AWS の内外にデータを移動するときにお客様が直面する一般的な課題を克服します。DataSync は、スクリプトの作成、保守、監視、ネットワークの最適化、データの整合性の検証など、データ転送に関連する多くの手動タスクを自動的に処理します。 AutoDesk や Cox Automotive などの企業は、数百テラバイト、さらにはペタバイト単位に及ぶオンライン転送でこのサービスを利用しています。そして、DataSync チームは、開始以来、特にフィルタリング、SMB ファイルの共有のサポート、VPC エンドポイントの追加など、お客様のリクエストに基づいた革新に忙しく取り組んでいます。 それでは、今回の改善点を掘り下げてみましょう。 DataSync は、料金を 68% 下げて、AWS との間でコピーされるデータのギガバイトあたり 0.0125 USD にしました。DataSync の料金はシンプルです。データの移動に対して、前払い料金や最低請求額なしで、GB 単位のフラットな料金をお支払いいただきます。今回の料金引き下げにより、データの AWS への移行はますます手頃な料金になります。また、Amazon EFS のリージョン間およびアカウント間でのレプリケーション、集中型 Amazon S3 バケットとの間でのメディア配信など、他のユースケースのコスト効率も高まります。リージョンから転送されたデータ、またはリージョン間で転送されたデータの AWS 標準請求にご注意ください。これらの料金は、データのコピー元のサービスの料金ページに詳細が記載されており、リージョンによって異なります。 リージョンについて言うと、DataSync はさらに 5 つのリージョンで利用可能になりました。具体的には、本日、DataSync は欧州 (ストックホルム)、南米 […]

Read More

re:Invent 2019 の AWS アイデンティティセッション、ワークショップ、チョークトークのご案内

AWS re:Invent 2019 が間近にせまってきました! 参加するセッションの優先順位をつけないといけませんね。そこで AWS re:Invent 2019 での AWS Identity セッション、ワークショップ、チョークトークのリストをご用意しました。re:Invent にまだ登録していない場合は、社内承認のためのテンプレートがありますのでこちらもご利用ください。 AWS アイデンティ リーダシップ キーノート SEC207-L — Leadership session: AWS identity (Breakout session) リーダーシップセッション: AWS アイデンティティ (ブレイクアウトセッション) デジタルアイデンティティは、クラウドで最も急速に成長し、最も急速に変化している領域の1つです。ゼロトラストネットワーク、GDPRの懸念、および新しい IoT の機会がニュースでよく報道されています。このセッションではこの重要な業界の変化について触れ、お客様とその顧客の両方のアイデンティティにアプローチする AWS の方法について学びます。 新機能の発表や、オープンスタンダードと業界グループへの取り組みについて議論し、アイデンティティ、アクセス制御、リソース管理をより簡単にする方法を説明します。 自社環境向けの AWS アイデンティティ マネジメント FSI310 — The journey to least privilege: IAM for Financial Services (Chalk talk) 最小権限への旅:金融サービスのための IAM (チョークトーク) AWS […]

Read More

WinTicket 、 AWS メディアサービスで競輪ファンに高画質レース映像を低遅延ライブで提供

WinTicket は、インターネットテレビ局 AbemaTV の番組「競輪チャンネル」と連動し、24時間どこでも投票チケットを購入できるほか、レース情報・オッズ・ AI 予想機能、そして開催中の熱戦レースのライブ映像を提供しています。 時速 60km ~ 70km で 9 名の選手がレースする中、 WinTicket のユーザーが視聴環境を問わず、レースの状況を高画質・低遅延で視聴できるようにすることは重要です。そのため、 WinTicket は動画配信ワークフローをクラウドに移行し、AWSメディアサービスを活用することで高画質・低遅延のライブ配信を確立させました。 WinTicket のライブ配信は、全国40以上の競輪場から集約した映像で構成されています。 AbemaTV の番組スタジオで映像を集めてクラウドへ伝送し、 AWS Elemental MediaLive で ABR エンコード、 AWS Elemental MediaPackage で HLS にパッケージ化し、 Amazon CloudFront 経由で視聴者へ低遅延なライブ配信しています。 「 WinTicket はサービスの特性上、レース状況や結果がすぐにわかるようにしなければ、ユーザー体験に影響を及ぼしてしまいます。 AWS Media Services は、他のサービスよりも 1.5 倍ほど低いレイテンシでコンテンツを配信できるため、戦略的な強みが得られました。」と、株式会社サイバーエージェントの CATS ソフトウェア エンジニア 江頭 宏亮 氏は語っています。「今回、 AWS Media Services を採用したことで、配信ワークフローの開発工程数を抑えた、冗長性のある可用性の高いライブ配信システムの構築ができました。配信管理ツールとして採用したサーバレスアーキテクチャを含め、利用している時間帯だけ課金されるため、運用コストを抑えられます。また、スケジュール管理上で蓋絵 […]

Read More