Amazon Web Services ブログ

Category: Business Productivity

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第四回「メディア系 AWS 活用事例紹介 ~ 放送・配信 ~」

2021/07/21 にメディア業界のお客様向けにAWS勉強会を開催いたしました。第四回ではこれからクラウド・コンピューティング、 AWS の利用を検討される皆様へ、放送・配信の領域にフォーカスした事例をご紹介しています。資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクからご利用頂けますので、合わせてご確認ください。 資料のダウンロード及び動画の視聴リンク それではここから当日のセッションの内容について簡単にご紹介させていただきます。

Read More

Amazon Honeycode で学校の安全な開校を支援

(この記事は、 Helping schools open safely with Amazon Honeycode を翻訳したものです。) 2020年は物理的に人を集めなければならない組織、特に学校にとっては困難な時期でした。教師と生徒が安全に集まれるようにするための一般的なアプローチは、毎日子供が登校する前に保護者に情報提供を求めることです。この記事では米国ボストンの St Johns Nursery School で使用されている毎日の健康状態を確認するためのアプリを構築するにあたっての検討内容と手順を紹介します。

Read More

Amazon Honeycode を使ってコーディングなしで経費管理アプリケーションを作成する方法

(この記事は、 How to create an Expense Tracking App without coding using Amazon Honeycode を翻訳したものです。) 概要 アプリケーションを作るためにはプログラミングの経験が必要と思っている方も多いと思います。しかし、Gartner社によると「2024年までに、ローコードアプリケーション開発がアプリケーション開発の65%以上を占めるようになる」と言われています。これからのアプリ開発は技術的なバックグラウンドを持つ人も持たない人も、プログラミングやコードを必要とせずにアプリを作ることができるシンプルなインターフェイスになるということです。 AWSはユーザーフレンドリーな "ノーコード" アプリ開発プラットフォームである Amazon Honeycode を提供しています。Honeycode はモバイルやウェブ向けのカスタム生産性アプリケーションをプログラミングなしで構築することができます。 Honeycode は iOS と Android の両方に対応したアプリケーションの開発を無料で始めることができます。

Read More

Fensi による Amazon Chime SDK を使った 1 on 1 トーク機能の実装方法

本投稿は株式会社 CAM と アマゾン ウェブサービス ジャパンのソリューションアーキテクト 廣瀬 による共同執筆です。 CAM および Fensi について 株式会社 CAM は、占い事業やアーティストファンビジネスを中心としたエンターテインメント事業およびプロダクトの開発・運営を行っています。 2019 年には、簡単に自身の公式サイトやファンクラブを開設することができるサービス Fensi を開始しています。Fensi では、記事・写真・動画などのコンテンツの投稿、ページの仕様やデザインのカスタマイズ、オリジナルグッズの販売機能やファンクラブとしてのオンラインサロン、やレッスンなどのクローズドコンテンツの販売が可能です。 2021 年 1 月には、この Fensi で 1 on 1 トーク機能をリリースしました。 1 on 1 トーク機能の根幹となるビデオ通話機能には Amazon Chime SDK を採用しています。本投稿では、Amazon Chime SDK を採用した背景とアーキテクチャ、幾つかのテクニックを紹介します。

Read More

ユースケースに適したAWSビデオサービスの選択

今日、お客様は、ライブストリーミング、ホームセキュリティ、ビデオオンデマンド、工業環境での予知保全、職場でのビデオチャットなど、多くのユースケースでビデオデータ、オーディオデータ、時間符号化データを利用しています。多くの企業や消費者は、仕事やプライベートでの交流を向上するために、ビデオ技術を導入しています。その結果、AI/ML、インタラクティビティ、コンテンツ保護など、ビデオユースケースの数と種類が急速に増加しています。 このブログ記事では、それぞれのAWSビデオサービスの概要と一般的な使用例を紹介し、どのソリューションがお客様に適しているかを判断するのに役立つ情報を提供します。

Read More
Amazon Chime SDK Smart Video Sending Demo

Amazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモの紹介

Amazon Chime SDKは開発者が自分のウェブやモバイルアプリケーションにオーディオ、ビデオ、スクリーン共有機能を素早く追加するために使用できるリアルタイムコミュニケーションコンポーネントを提供します。このブログ記事ではオープンソースのAmazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモを紹介します。このデモでは最大250の会議プラットフォームの参加プールから最大16のビデオタイルを動的に表示する方法を紹介します。”スマートビデオ送信”は開発者が会議中に送信するビデオに優先順位をつける簡単な方法です。 会議に参加している参加者は自分のビデオをオンにしてプレビューすることができます。一方、バックエンドコンポーネントは、事前に割り当てられたアルゴリズム、または設定可能な役割ベースのロジックを使用して、会議で送信および共有される最大16の出席者のビデオストリームを選択します。開発者はアクティブな発言者や最近の発言者など、共有されるビデオストリームを自動的に決定するロジックを構築したり、会議中のビデオストリームの制御や選択をファシリテーターなどの役割に割り当てることができます。このソリューションにより、すべてのミーティングプラットフォームが、それぞれのクライアントでビデオタイルを共有できるようになります。また、サーバー側のカスタムロジックで、実際に会議でストリームされるビデオを選択することもできます。このデモではバックエンドのロジックは参加者の参加順に基づいており、新しい参加者が優先的にビデオをストリーミングするようになっています。このロジックはアーキテクチャ図に描かれているAWS Lambda関数に格納されています。

Read More
transforming-audio-and-shared-content-in-the-amazon-chime-sdk-for-javascript

Amazon Chime SDK for JavaScriptでオーディオやコンテンツを会議で共有する方法

バーチャル会議では参加者は通常の音声やビデオに加えて、リッチメディアを共有したいというお客様の要望を聞きます。Amazon Chime SDKは、アプリケーションやブラウザからのメディアを会議で共有することを可能にします。例えば、オンライン・フィットネス・クラスの音楽などです。オーディオやビデオはローカルコンピュータ、ローカルメディアファイル、ブラウザタブ、またはインターネット上の他のソースから共有できます。

Read More

事前構築済 Amazon S3 コネクターとAmazon Connect Customer Profilesで顧客情報を統一する

顧客がコンタクトセンターに連絡する場合、顧客のコンテキストを理解することは、優れたエクスペリエンスを提供するための鍵となります。Amazon Connect Customer Profilesでは、より効率的でパーソナライズされたカスタマーサービスを提供するために、最新の情報を含む顧客プロファイルの統一ビューを作成できます。Salesforce、ServiceNow、Zendesk、Marketo、および Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)向けに用意されている、あらかじめ構築されたコネクタを活用して、サードパーティのアプリケーションから数クリックでデータを取り込むだけで、統一された顧客プロファイルを作成できます。 以前の 2 つのブログでは、数回クリックするだけでサードパーティアプリケーションへのコネクタを設定する方法と、統一された顧客プロファイルの作成、パーソナライズされたルーティングの設定、およびエージェントデスクトップへの顧客プロファイルの埋め込み方法について説明しました。このブログでは、Amazon S3 をデータソースとしてカスタムデータテンプレートを使用して取り込みを設定する方法について詳しく説明します。

Read More
Chime SDK Monitoring and Troubleshooting

Amazon Chime SDK ミーティングイベントでのモニタリングとトラブルシューティング

ミーティングイベントを利用することでAmazon Chime SDKで構築されたオーディオ、ビデオ、および画面共有アプリケーションからクライアントのメトリクスデータを収集できます。さらにミーティングイベントをAmazon CloudWatchと統合することで、重要な情報のスナップショットをAmazon CloudWatchダッシュボードで見ることができます。例えば、ユーザーがミーティングに参加中に障害が発生した場合、ダッシュボードでAmazon Chime SDKのミーティングステータスコードとエラーメッセージの確認ができます。このデータを使用してクライアントログを提供するような追加作業をユーザーに要求することなく、障害の理由を特定することができます。また接続の問題がユーザーの通話品質に影響するかどうかを判断するためのレイテンシーメトリクスもあります。

Read More
Amazon Chime SDK for Messaging

Amazon Chime SDK for Messagingを使ってアプリケーションにチャット機能を組み込む方法

概要 2019年の発表以来、Amazon Chime SDKのお客様からアプリケーションにメッセージング機能が必要であるという要望が多く寄せられてきました。テレヘルス(遠隔医療)のお客様は、ケアプロバイダーと患者間のリアルタイムおよび非同期のコミュニケーションを可能にしたいと考えています。ライブイベントの主催者は参加者がビデオストリームを見ながらメッセージングでリアルタイムにコンテンツについて議論したいと考えています。バーチャルな展示会を開催するサービスでは、メッセージングを使って会議の参加者とバーチャルなブースにいる専門家を結びつけたいと考えています。 そこで、私たちはAmazon Chime SDKにメッセージング機能を組み込みました。Amazon Chime SDKのメッセージングは、単なる基本的なチャット以上のものになるように設計されています。チャットのユースケースをお持ちのお客様は、チャネルを通じてユーザーのコミュニティをつなぐ体験を作ることができます。お客様は1人から数人のメンバーを含むシナリオ用のチャネルを作成したり、最大10万人のメンバーを含むチャネルを作成したりすることができます。また、Amazon Chime SDK for Messagingを使用して、複数のユーザーが同時にアプリケーションを表示・更新できるリアルタイムコラボレーション機能を構築し、各ユーザーの表示間で一貫した状態を維持することができます。現在、モバイルワーカー支援サービスを提供するPlayerLync社のようなお客様が職場での学習やコラボレーションを可能にするためにメッセージングを利用しています。

Read More