Amazon Web Services ブログ

Category: Business Productivity

ユースケースに適したAWSビデオサービスの選択

今日、お客様は、ライブストリーミング、ホームセキュリティ、ビデオオンデマンド、工業環境での予知保全、職場でのビデオチャットなど、多くのユースケースでビデオデータ、オーディオデータ、時間符号化データを利用しています。多くの企業や消費者は、仕事やプライベートでの交流を向上するために、ビデオ技術を導入しています。その結果、AI/ML、インタラクティビティ、コンテンツ保護など、ビデオユースケースの数と種類が急速に増加しています。 このブログ記事では、それぞれのAWSビデオサービスの概要と一般的な使用例を紹介し、どのソリューションがお客様に適しているかを判断するのに役立つ情報を提供します。

Read More
Amazon Chime SDK Smart Video Sending Demo

Amazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモの紹介

Amazon Chime SDKは開発者が自分のウェブやモバイルアプリケーションにオーディオ、ビデオ、スクリーン共有機能を素早く追加するために使用できるリアルタイムコミュニケーションコンポーネントを提供します。このブログ記事ではオープンソースのAmazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモを紹介します。このデモでは最大250の会議プラットフォームの参加プールから最大16のビデオタイルを動的に表示する方法を紹介します。”スマートビデオ送信”は開発者が会議中に送信するビデオに優先順位をつける簡単な方法です。 会議に参加している参加者は自分のビデオをオンにしてプレビューすることができます。一方、バックエンドコンポーネントは、事前に割り当てられたアルゴリズム、または設定可能な役割ベースのロジックを使用して、会議で送信および共有される最大16の出席者のビデオストリームを選択します。開発者はアクティブな発言者や最近の発言者など、共有されるビデオストリームを自動的に決定するロジックを構築したり、会議中のビデオストリームの制御や選択をファシリテーターなどの役割に割り当てることができます。このソリューションにより、すべてのミーティングプラットフォームが、それぞれのクライアントでビデオタイルを共有できるようになります。また、サーバー側のカスタムロジックで、実際に会議でストリームされるビデオを選択することもできます。このデモではバックエンドのロジックは参加者の参加順に基づいており、新しい参加者が優先的にビデオをストリーミングするようになっています。このロジックはアーキテクチャ図に描かれているAWS Lambda関数に格納されています。

Read More
transforming-audio-and-shared-content-in-the-amazon-chime-sdk-for-javascript

Amazon Chime SDK for JavaScriptでオーディオやコンテンツを会議で共有する方法

バーチャル会議では参加者は通常の音声やビデオに加えて、リッチメディアを共有したいというお客様の要望を聞きます。Amazon Chime SDKは、アプリケーションやブラウザからのメディアを会議で共有することを可能にします。例えば、オンライン・フィットネス・クラスの音楽などです。オーディオやビデオはローカルコンピュータ、ローカルメディアファイル、ブラウザタブ、またはインターネット上の他のソースから共有できます。

Read More

事前構築済 Amazon S3 コネクターとAmazon Connect Customer Profilesで顧客情報を統一する

顧客がコンタクトセンターに連絡する場合、顧客のコンテキストを理解することは、優れたエクスペリエンスを提供するための鍵となります。Amazon Connect Customer Profilesでは、より効率的でパーソナライズされたカスタマーサービスを提供するために、最新の情報を含む顧客プロファイルの統一ビューを作成できます。Salesforce、ServiceNow、Zendesk、Marketo、および Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)向けに用意されている、あらかじめ構築されたコネクタを活用して、サードパーティのアプリケーションから数クリックでデータを取り込むだけで、統一された顧客プロファイルを作成できます。 以前の 2 つのブログでは、数回クリックするだけでサードパーティアプリケーションへのコネクタを設定する方法と、統一された顧客プロファイルの作成、パーソナライズされたルーティングの設定、およびエージェントデスクトップへの顧客プロファイルの埋め込み方法について説明しました。このブログでは、Amazon S3 をデータソースとしてカスタムデータテンプレートを使用して取り込みを設定する方法について詳しく説明します。

Read More
Chime SDK Monitoring and Troubleshooting

Amazon Chime SDK ミーティングイベントでのモニタリングとトラブルシューティング

ミーティングイベントを利用することでAmazon Chime SDKで構築されたオーディオ、ビデオ、および画面共有アプリケーションからクライアントのメトリクスデータを収集できます。さらにミーティングイベントをAmazon CloudWatchと統合することで、重要な情報のスナップショットをAmazon CloudWatchダッシュボードで見ることができます。例えば、ユーザーがミーティングに参加中に障害が発生した場合、ダッシュボードでAmazon Chime SDKのミーティングステータスコードとエラーメッセージの確認ができます。このデータを使用してクライアントログを提供するような追加作業をユーザーに要求することなく、障害の理由を特定することができます。また接続の問題がユーザーの通話品質に影響するかどうかを判断するためのレイテンシーメトリクスもあります。

Read More
Amazon Chime SDK for Messaging

Amazon Chime SDK for Messagingを使ってアプリケーションにチャット機能を組み込む方法

概要 2019年の発表以来、Amazon Chime SDKのお客様からアプリケーションにメッセージング機能が必要であるという要望が多く寄せられてきました。テレヘルス(遠隔医療)のお客様は、ケアプロバイダーと患者間のリアルタイムおよび非同期のコミュニケーションを可能にしたいと考えています。ライブイベントの主催者は参加者がビデオストリームを見ながらメッセージングでリアルタイムにコンテンツについて議論したいと考えています。バーチャルな展示会を開催するサービスでは、メッセージングを使って会議の参加者とバーチャルなブースにいる専門家を結びつけたいと考えています。 そこで、私たちはAmazon Chime SDKにメッセージング機能を組み込みました。Amazon Chime SDKのメッセージングは、単なる基本的なチャット以上のものになるように設計されています。チャットのユースケースをお持ちのお客様は、チャネルを通じてユーザーのコミュニティをつなぐ体験を作ることができます。お客様は1人から数人のメンバーを含むシナリオ用のチャネルを作成したり、最大10万人のメンバーを含むチャネルを作成したりすることができます。また、Amazon Chime SDK for Messagingを使用して、複数のユーザーが同時にアプリケーションを表示・更新できるリアルタイムコラボレーション機能を構築し、各ユーザーの表示間で一貫した状態を維持することができます。現在、モバイルワーカー支援サービスを提供するPlayerLync社のようなお客様が職場での学習やコラボレーションを可能にするためにメッセージングを利用しています。

Read More

【開催報告】AWS リテールセミナーシリーズ #1 リテールテクノロジーの新潮流 ~ニューノーマル時代の店舗、ECサイト、接客~

みなさま、はじめまして。ソリューションアーキテクトの柏村です。2020年7月7日にAWSは新しいオンラインセミナーとして「AWS リテールセミナーシリーズ」をスタートいたしました。本Blogでは、記念すべき第一回である「リテールテクノロジーの新潮流 ~ニューノーマル時代の店舗、ECサイト、接客~」について、セミナーの配信会場の様子を含めながらレポートしたいと思います。   AWSではこれまで、「Born from Retail, Built for Retailers」というメッセージを掲げ、Amazon での経験をもとにした様々なソリューションを小売業のお客様にご提案してきました。しかし、世の中がかつてない変容を遂げようとしている中、小売業のお客様においても、消費者の新たな購買行動に対応していくために変革を行っていくことが喫緊の課題となっています。そのようなお客様に対し、AWSが持つ知見や技術を広くお伝えするために、このセミナーシリーズが企画されました。 7月7日の第一回では、実店舗やECサイトをテーマに、これからのニューノーマル時代を見据えた新たな購買体験を提供する仕組みについて、3つのソリューションをAWSのソリューションアーキテクトからご紹介させて頂きました。ここから、簡単にではありますが、それぞれのセッションの内容ついて振り返っていきたいと思います。なお、下記では動画が公開されていますので、お時間がある方はぜひそちらもご覧ください!

Read More

Amazon WorkSpaces および Amazon Chimeによる在宅勤務向け無料利用枠オファーの延長

2020年4月1日に発表したAmazon WorkSpaces および Amazon Chime の新規のお客様向けのオファーでは、最大 50 の Amazon WorkSpaces Windows スタンダードバンドルと他の WorkSpaces バンドルとの組み合わせを無料で利用し、COVID-19 発生時に従業員が自宅から作業できる様にするための支援を行いました。 また、Amazon Chime については、お客様がどこからでもコミュニケーションやコラボレーションを行えるように、無料で Amazon Chime Pro 機能へのアクセスを提供しました。これらのオファーはどちらも6月30日まで利用可能でした。オフィス勤務を再開するお客様がいる一方で、多くのお客様ではいまだ在宅勤務を継続しており、この先数か月、数四半期、または永続的に在宅勤務を継続する可能性について言及するお客様もおられます。こういった背景を踏まえ、在宅勤務におけるお客様の従業員の生産性と安全を維持し続けるために、Amazon WorkSpacesおよびAmazon Chimeの無料利用枠のオファーを2020年9月30日まで延長する事になりました。 新規の Amazon WorkSpaces のお客様は、最大50台の Windows スタンダードバンドルを展開できる Amazon WorkSpaces 無料利用枠にサインアップすることで、このオファーを利用できます。現在この無料利用枠を利用されている Amazon WorkSpaces のお客様は、2020年9月30日まで、継続して利用することができます。さらに、この無料利用枠には、Windows パフォーマンスバンドルの WorkSpaces を1台、Windows バリューバンドルの WorkSpaces を1台、Linux スタンダード WorkSpaces を2台利用できます。これらの WorkSpaces は、WorkSpaces 無料利用枠が現在利用可能なすべての AWS リージョンで利用できます。 新規のお客様は、特定の Amazon Chime Pro 機能を利用して、オーディオ、ビデオ、および、チャットを通じたリモートコミュニケーション、リモートコラボレーションを行うこともできます。これにより、お客様は、最大250人の参加者の会議をスケジュール、参加することができ、会議の記録などの、より高度な機能も利用することができます。現在この無料枠を利用されている […]

Read More

Slack などのお客様が、リアルタイムコミュニケーションのために Amazon Chime SDKを選択しています

Amazon Chimeは、ミーティングやビデオ会議を行うためのサービスです。開発者は、Amazon Chime SDKを使うことで、Amazon Chimeと同じコミュニケーションインフラストラクチャを利用して、音声、ビデオ、画面共有などの機能をアプリケーションに直接追加できます。re:Invent 2019でAmazon Chime SDKが発表されて以来、多くのお客様がこのSDKを使用して音声やビデオを自社のビジネスプロセスに組み込んできました。例えば、オンラインコンサルティング、オンライン診療、不動産のオンライン内見会といったユースケースにこのSDKを使用しているお客様がいます。このようなお客様にとって、ビデオ映像は、単にビデオ会議で使われるものではなく、自社のアプリケーションコンテキストに深く組み込まれる重要な機能となっています。最近、Slack社は リアルタイムコミュニケーションを強化するため、Slackコールの機能要素として Amazon Chime SDKを選択し、今週ロールアウトを開始しました。

Read More

金融機関で活用される AWS のテレワーク支援サービス

金融機関の皆様においては、社会を取り巻く状況の急変に伴い、お客様及び従業員の皆様を保護しつつサービスレベルや業務効率を維持されるためのさまざまな対策を講じられていることと存じます。そして金融庁からも4月13日に「出勤者7割削減」の要請が周知され、テレワーク環境の構築は、金融業界全体としても喫緊の課題として認識されているものと思います。 欧米各国においては、金融機関の事業継続に向けて、AWS のサービスを活用したテレワーク対応を進めて頂いている事例があります。例えば、ある大手金融機関では、在宅オペレーター数を数百人から数千人に拡張したり、また、別の金融機関では、FAQ におけるチャットボットの活用を促進しています。また、従業員及びその顧客を対象に数千席規模の仮想デスクトップ環境を提供することで業務の継続を図っているケースもあります。 日本でも多くの金融機関のお客様から、テレワークのソリューションに関する問合せ・ご相談を頂いています。既に日本の金融機関でも、AWS  のテレワークを支援するサービスを活用して、数週間でコンタクトセンターのオペレーターの在宅勤務環境を構築したり、仮想デスクトップ端末を短期間で数千台規模に拡大させて社員のテレワーク対応に取組んでいる事例が出てきています。 AWS では、お客様のテレワークを支援するサービスとして、在宅コンタクトセンターの迅速な構築をご支援するフルクラウド型のコンタクトセンター Amazon Connect、社内システムへのリモート環境からのアクセスを実現する仮想デスクトップソリューション Amazon WorkSpaces、フルマネージド型のコンテンツコラボレーションサービス Amazon WorkDocs、リモートでのコミュニケーションやコラボレーションを支援する Amazon Chime、スケーラブルなリモートネットワークアクセスを可能とする AWS Client VPN などを提供しています。 いずれの AWS サービスも、クラウドならではの俊敏性と拡張性を備えており、今回のように急遽テレワーク環境構築が必要とされているケースにご活用いただけるものです。そして、AWSでは、クラウドのセキュリティが最優先事項です。AWSは、高いセキュリティ及びコンプライアンス要件を持つ金融機関のお客様に、テレワークを支援するサービスを安心してご利用いただけるよう、アーキテクチャーの設計をご支援します。 本 Blog では、AWS のテレワークを支援するサービスの中でも、お客様からの問い合わせが多い Amazon Connect と Amazon WorkSpaces について概要をご紹介したいと思います。また、これらのサービスの詳細をご紹介するオンラインセミナーを5月22日に開催する予定です。こちらも是非お申込み頂ければと思います。

Read More