Amazon Web Services ブログ

Category: Direct-to-Consumer/OTT

real-time-collaboration-using-amazon-chime-sdk-messaging

Amazon Chime SDK messagingでリアルタイムコラボレーションを行う

Amazon Chime SDK messagingは、開発者がユーザーのコミュニティを安全かつスケーラブル、そして永続的なメッセージングで簡単に接続するために必要なビルディングブロックを提供します。利用可能なAPIには、メッセージの送信、履歴の取得、メッセージの編集および削除、保存されたメッセージの保持ポリシーの設定、チャットデータのストリーミングエクスポートなどがあります。Amazon Chime SDK messagingは、お客様がより迅速に構築できるよう支援し、運用を簡素化します。 Amazon Chime SDK messagingを1対1のメッセージングユースケースに使用できることに加え、弊社のAPIは、幅広いユースケースに対応できる柔軟性を備えているとお客様は実感されています。Amazon Chime SDK messagingをアプリケーションのデータトランスポートとして使用し、ユーザーにとって真にユニークなエクスペリエンスを構築しています。また私たちのお客様は、コラボレーションチャットから、ビデオ放送と並行したメッセージング、そしてオンラインドキュメントやホワイトボードでのリアルタイムコラボレーションに至るまで、さまざまなエクスペリエンスを構築しています。

Read More
capture-amazon-chime-sdk-meetings-using-media-capture-pipelines

Amazon Chime SDK Meetings Media Capture Pipelineの利用方法

Amazon Chime SDKの新機能により、デベロッパーはミーティング内容をキャプチャできるようになります。この新しい機能であるメディアキャプチャパイプラインは、会議音声、動画、およびコンテンツ共有ストリームを会議のイベントやデータメッセージとともにキャプチャし、デベロッパーによって指定されたAmazon Simple Storage Service(Amazon S3またはS3)バケットに保存します。Amazon Chime SDKを使用したメディアキャプチャパイプラインは、デフォルトで次のような機能を提供します。(キャプチャしている間に)ミックスされた会議音声ストリームをキャプチャする、アクティブなスピーカーがビデオ利用可能な場合、スピーカーの動画をキャプチャする、そして、コンテンツ共有ストリームについても利用可能な場合、キャプチャすることができます。デベロッパーは、アクティブなスピーカーの動画をオフにするようリクエストすることで、代わりに各参加者がアクティブな時に個々の動画ストリームをキャプチャすることができます。すべてのミーティングアーティファクトは、デベロッパーが指定したS3バケットに、最大5秒のチャンクファイルで会議中保存されます。

Read More
build-a-live-streaming-chat-application-using-amazon-ivs-and-amazon-chime-sdk

Amazon IVSとAmazon Chime SDKでライブストリーミングチャットアプリケーションを作る方法

低遅延のライブストリーミングの構築やチャット機能の実装は、インタラクティブな体験を求めるお客様からの共通の要望です。例えば、UGC(ユーザー生成コンテンツ)を使ったライブ配信アプリを構築したいと考えているお客様は、ユーザー間の交流を深めるためにチャットを求めています。ライブコマースサービスでは、販売者はライブストリーミング中の製品チャットの問い合わせに対応する必要があり、教育分野では、教師が仮想教室でQ&Aを通じて学生と交流したいと思うかもしれません。 Amazon Chime SDKにAmazon Interactive Video Service (Amazon IVS)を統合することで、お客様は、フルマネージドで低遅延の、チャットを組み込んだインタラクティブなライブ放送イベントを構築することができます。 Amazon IVSは、低遅延でインタラクティブなライブストリーミング体験を迅速に構築するのに役立ちます。Twitchの技術をベースにしたAmazon IVSチャンネルは、完全に管理された低遅延のライブストリームであり、時間指定のメタデータAPIを使用して視聴者の体験を向上させます。 Amazon Chime SDKは、ライブストリーミング用に強化されたチャット体験の構築をサポートします。メッセージング機能であるAmazon Chime SDK for messagingのリリース以来、お客様は非同期、スケーラブル、永続的、インタラクティブなチャット体験やチャット機能を従量課金で構築できるようになりました。

Read More
jpmne-quickly-create-a-live-streaming-channel-with-aws-elemental-medialive-workflow-wizard

ライブストリーミングチャンネルをAWS Elemental MediaLive Workflow Wizardで素早く作成する

モバイルの視聴者やウェブサイトに向けて様々な用途でビデオをストリーミングする必要性が高まっています。AWS Elemental MediaLiveは、自動化されたWorkflow Wizardを提供し、数回クリックするだけでライブストリーミングのワークフローを作成することができます。これにより、教育関係者、マーケティング担当者、社内広報チームなどが、ビデオストリーミング技術に関する深い知識がなくても、簡単に大規模なビデオコンテンツを共有できるようになります。

Read More
how-amazon-live-is-creating-interactive-shoppable-livestreams-for-customers-powered-by-amazon-ivs

Amazon LiveでのAmazon IVSを活用したインタラクティブなShoppable(ショッパブル)ビデオライブストリーム

OTTコンテンツ、ソーシャルメディア、そしてコネクテッドテクノロジーが普及した今、消費者はこれまで以上にライブやオンデマンドのビデオに注目しています。約80%の消費者はブログを読むよりもライブビデオを見たいと考えており、一般的なビデオストリーミングはインターネットトラフィックの80%以上を占めると推測されています。米国でいち早くライブストリーム・ショッピングを開始したAmazon Liveは、Amazon Interactive Video Service(Amazon IVS)を利用して、お客様とお気に入りのインフルエンサーやブランドとを結びつけ、インタラクティブなライブストリームを通じてお客様にショッピングのインスピレーションを提供しています。

Read More
using-amazon-ivs-and-mediaconvert-in-a-post-processing-workflow

Amazon IVSとMediaConvertでのポストプロセスワークフロー

Amazon Interactive Video Service(Amazon IVS)ではAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)にライブストリームを録画できるようになりました。これにより、過去のライブストリームをAmazon S3に保存し、後で再利用することができます。これをAWS Elemental MediaConvert HLSインジェストと組み合わせることで、入力クリッピング、スティッチング、SCTE-35挿入、画像オーバーレイなどの放送グレードの機能を使用して、再生ストリームのリブランディング、収益化、再パッケージ化を行うことができます。 この記事ではAmazon IVS の自動録画と MediaConvert へのインジェストを自動化するためのワークフローの作成方法を紹介します。Amazon IVS アセットの最初と最後にリーダーとバンパーを縫い付け、MediaConvert を使ってアセットに画像(バグと呼ばれることもあります)をオーバーレイします。MediaConvert を使用して、ABR(Automated Adaptive Bitrate) DASH 出力と SD プロキシ MP4 ファイルを作成します。

Read More
Amazon Chime SDK Smart Video Sending Demo

Amazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモの紹介

Amazon Chime SDKは開発者が自分のウェブやモバイルアプリケーションにオーディオ、ビデオ、スクリーン共有機能を素早く追加するために使用できるリアルタイムコミュニケーションコンポーネントを提供します。このブログ記事ではオープンソースのAmazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモを紹介します。このデモでは最大250の会議プラットフォームの参加プールから最大16のビデオタイルを動的に表示する方法を紹介します。”スマートビデオ送信”は開発者が会議中に送信するビデオに優先順位をつける簡単な方法です。 会議に参加している参加者は自分のビデオをオンにしてプレビューすることができます。一方、バックエンドコンポーネントは、事前に割り当てられたアルゴリズム、または設定可能な役割ベースのロジックを使用して、会議で送信および共有される最大16の出席者のビデオストリームを選択します。開発者はアクティブな発言者や最近の発言者など、共有されるビデオストリームを自動的に決定するロジックを構築したり、会議中のビデオストリームの制御や選択をファシリテーターなどの役割に割り当てることができます。このソリューションにより、すべてのミーティングプラットフォームが、それぞれのクライアントでビデオタイルを共有できるようになります。また、サーバー側のカスタムロジックで、実際に会議でストリームされるビデオを選択することもできます。このデモではバックエンドのロジックは参加者の参加順に基づいており、新しい参加者が優先的にビデオをストリーミングするようになっています。このロジックはアーキテクチャ図に描かれているAWS Lambda関数に格納されています。

Read More
transforming-audio-and-shared-content-in-the-amazon-chime-sdk-for-javascript

Amazon Chime SDK for JavaScriptでオーディオやコンテンツを会議で共有する方法

バーチャル会議では参加者は通常の音声やビデオに加えて、リッチメディアを共有したいというお客様の要望を聞きます。Amazon Chime SDKは、アプリケーションやブラウザからのメディアを会議で共有することを可能にします。例えば、オンライン・フィットネス・クラスの音楽などです。オーディオやビデオはローカルコンピュータ、ローカルメディアファイル、ブラウザタブ、またはインターネット上の他のソースから共有できます。

Read More
edge caching on aws wavelength

AWS Wavelengthでのエッジキャッシング

エッジキャッシングとコンテンツ配信ネットワーク(CDN)はオーバー・ザ・トップ(OTT)とオーバー・ザ・エア(OTA)の配信で重要な役割を担っています。エッジキャッシングとCDNはオリジンサーバーや長距離ネットワークの負担を軽減しつつ、ユーザーデバイスの近くにデータを一時的に置いておくことで地理的な配信を可能にします。これにより数千人のユーザーがより大きな都市圏や地域においてレスポンスタイムを短縮しながらコンテンツに効率的にアクセスできるようになります。 この記事ではエッジキャッシングを「最初のデータソース(オリジンサーバー)からのデータを、データソースから離れたデバイスで消費するために中間で保存すること」と大まかに定義します。データはオリジンサーバーからエッジキャッシュによって取得され、後続の「近隣」のデバイスはエッジキャッシュからコンテンツを取得します。

Read More
srt-inputs-in-aws-elemental-live

AWS Elemental LiveにSRT(Secure Reliable Transport)を入力する方法

SRTとは SRT(Secure Reliable Transport)はHaivision社が開発したビデオストリーミングのパフォーマンスを最適化するオープンソースのビデオトランスポートプロトコルです。SRTは2つのエンドポイントを接続し信頼性の低いネットワーク上で低遅延でビデオを配信する技術パッケージとプロトコルを含んでおり、優れたビデオ品質を提供しネットワークの瞬断にも耐えるように設計されています。 SRTはジッター、パケットロス、ネットワーク帯域の変動から保護し視聴者に最高品質の映像を提供します。 またレイテンシーの設定が可能な低遅延プロトコルであり、レイテンシーと信頼性の最適化が可能です。 SRTは接続性の限られたコンサート会場やコンベンションセンターからのライブストリーミングなど、ロスの多いネットワーク上で映像を送信しなければならないお客様に最適なプロトコルです。SRTはこのようなロスの多いネットワーク上でも、信頼性の高い低遅延のストリームを配信することができます。SRTはまた、エンドツーエンドで128ビット、192ビット、256ビットのAES暗号化を提供し、コンテンツの転送中の保護を確実にします。

Read More