Amazon Web Services ブログ

Category: Content Production

204

【Inter BEE 2021登壇事例】株式会社 NTTぷらら「AWSで実現するスポーツコンテンツ管理と機械学習の活用」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回は Inter BEE 2021 出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社NTTぷらら様、ソニーマーケティング株式会社様にご登壇いただいた 「AWSで実現するスポーツコンテンツ管理と機械学習の活用」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More

【InterBEE 2021登壇事例】朝日放送テレビ株式会社 「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、朝日放送テレビ株式会社にご登壇いただいた「AWS を活用した朝日放送テレビ株式会社のリモートプロダクションに関する取組」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
201

【Inter BEE 2021登壇事例】株式会社TBSテレビ「AWS を活用したライブ映像の収録およびスポーツイベントでの活用事例」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社TBSテレビ様、株式会社トラフィック・シム様にご登壇いただいた 「AWSを活用したライブ映像の収録およびスポーツイベントでの活用事例」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
enterprise-scale-security-and-cost-savings-for-creative-workstations-on-aws

【Edit in the Cloud】クリエイティブワークステーション on AWS ~ エンタープライズクラスの拡張性、セキュリティを低コストで実現 ~

Edit in the Cloudシリーズの第2回では、メディア&エンターテインメント(M&E)業界のクリエイティブなワークロード(たとえば、Blackmagic Design社のDaVinciResolve)のニーズを満たすために、安全でコンピューティングキャパシティを変更可能なWebサービスであるAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)を利用した仮想ワークステーションについて触れました。 この投稿では、スケーリングの自動化、セキュリティ、およびコスト管理の手法を紹介することにより、前のシリーズでお伝えした初期デプロイ構成ををテストから本番環境に移行する方法を学習します。これを行うために、環境に2つのコンポーネントを追加します。仮想ワークステーションへのアクセスを管理および制御するConnection Brokerと、パブリックインターネットからプライベートワークステーションへのアクセスを安全に提供するゲートウェイです(図2)。

Read More
aws-elemental-live-introduces-jpeg-xs-for-low-latency-visually-lossless-contribution-to-the-cloud

AWS Elemental LiveがJPEG XSの導入で低レイテンシーかつ視覚的ロスレスなクラウドへの映像打ち上げを実現

JPEG XSの概要 ビデオの消費が増加し、コンテンツプロバイダーによる高品質コンテンツの提供が増加するにつれて、帯域幅の容量がますます重要になっています。放送設備での非圧縮ビデオ伝送について、従来のシリアルデジタルインターフェイス (SDI) インフラストラクチャから、インターネットプロトコル (IP) 技術に移行する放送局は、SMPTE ST 2110やSMPTE ST 2022-6など、米国映画テレビ技術協会 (SMPTE:Society of Motion Picture and Television Engineers) の規格に準拠します。ST2110については、Brian Bedardによるブログ、SMPTE ST 2110 blog (3部構成のうち第1部)をぜひご参照ください。

Read More
jpmne-aws-media-seminar-q3-cloud-live-production

【開催報告&資料公開】AWS メディアセミナー Q3 ~クラウドライブプロダクション~

2021年9月2日にメディア業界のお客様向けに、AWSで実現するライブリモートプロダクションソリューションについてのセミナーを開催いたしました。ライブプロダクションの現場では、現地へ派遣するスタッフや機材を減らし、制作コストを抑えるニーズが高まっています。そこで本セミナーでは、AWSで実現するライブリモートプロダクションソリューションを実現するための課題とポイント、AWSのお客様の事例を交え、お客様がどのようにこの課題に対して取り組まれてきているのかについてお話をいただきました。 セミナーのアジェンダ: アマゾンウェブサービス(AWS)ジャパン : Cloud Live Production の展望 株式会社フジテレビジョン様: フジテレビ ニュース総局 LIVE STUDIOとしての取り組み ~AWSを用いた番組制作とクラウド編集~ 株式会社フォトロン様: フォトロンが提供するクラウドライブプロダクション 株式会社Jストリーム様: リモートプロダクション/ライブパブリッシングを実現するGrabyoサービスのご紹介 ~ソーシャルメディア配信の重要性と配信環境の課題について~

Read More
stream-tennis-matches-through-aws-elemental-medialive-and-generate-real-time-replays-with-amazon-rekognition

AWS Elemental MediaLiveとAmazon Rekognitionでリプレイ映像をリアルタイムで作成する~ テニスでの活用例 ~

放送局では自動化による運用コスト削減のために、クラウドを利用するケースが増えています。例えば、スポーツのライブ中継では、リプレイ映像が利用されます。この作業は従来、編集者が手作業で行っていました。編集者はイベント全体を見て、注目すべきセグメントの開始(マークイン)と終了(マークアウト)のタイムスタンプにフラグを立てます。そして、これらのセグメントをつなぎ合わせて、様々な長さのリプレイを作成します。最新の機械学習(ML)技術を使えば、このような手間のかかる作業を人手を介さずに自動的に行うことができます。この記事ではテニスの試合を例に、AWS Elemental MediaLiveによるビデオストリーミングと、Amazon Rekognitionによるリアルタイムのリプレイ生成を紹介します。

Read More
aws-media-asset-preparation-system-maps

【Edit in the Cloud】AWS Media Asset Preparation System (MAPS)の構築ガイド

はじめに AWS Media Asset Preparation System (AWS MAPS)の紹介ブログ記事では、MAPSがAWSへのメディアのアップロード、ファイル/フォルダの整理、AWSストレージボリューム上でのファイル移動、メディアの準備、権限の割り当て、検索、フィルタリング、コンテンツ配信などの課題をどのように解決するかについて概要を説明しました。この記事では、MAPSが制作プロセスにおいてどのように重要な役割を果たしているかの概要を説明し、お客様の環境にMAPSを導入する方法を詳細に説明するステップバイステップガイドを提供します。  MAPSを導入した後はこのガイドを参考にして、本番制作環境のパイプライン構築に繋げていただければと思います。

Read More
jpmne-streamline-content-preparation-and-quality-control-for-vod-platforms-using-amazon-rekognition-video

Amazon Rekognition VideoでVODプラットフォームのコンテンツ準備と品質管理を効率化する

昨年、私たちはメディアのお客様が機械学習(ML)を利用して、ビデオファイル内のフレーム精度の高いエンドクレジット、ブラックフレームセグメント、ショット変更、およびカラーバーを簡単に自動検出できるAPI、Amazon Rekognition ビデオセグメント検出を発表しました。本日、新たに4種類のセグメント(オープニングクレジット、コンテンツセグメント、スレート、スタジオロゴ)への対応、クレジットやショットの検出精度の向上、黒枠検出を制御する新しいフィルターを発表します。

Read More
5g-and-wavelength-for-media-and-entertainment

メディア&エンターテインメントでの5GとAWS Wavelengthの活用

ライブ制作における5GとAWS Wavelengthの活用 5Gモバイルサービスが導入で、広帯域化、低遅延化、ネットワークスライシングが実現され、メディアやエンターテインメントでは次のような新しい形の顧客体験の提供に繋がることが期待されています。 拡張現実(Augmented Reality)や仮想現実(Virtual Reality:VR) – これらはしばしばXRと総称されますが、5Gネットワークの機能とモバイル・エッジ・コンピューティング(MEC)を組み合わせることで、これらのタイプのサービスをより柔軟に提供することができます。シーンはネットワーク上でレンダリングされ、XRコンテンツはローカルでのグラフィック処理を最小限に抑えてヘッドセットに直接配信することができます。 ビデオストリーミング – ビデオとオーディオをより高速に、より高品質で配信できるようになったことで、よりインタラクティブなビデオを大画面でストリーミングできるようになります。 ゲームストリーミング – 位置情報サービスやモバイルゲームが新しいジャンルのゲームを生み出したように、5GとMECの機能は、新しいタイプの低遅延ゲーム体験を可能にします。高品質のゲームコンテンツは、前もってダウンロードする必要がなく、性能の低いデバイスに直接ストリーミングすることができます。 これらのユースケースは地域や市場ごとに異なるスピードで成熟し、コンシューマー向け、プロフェッショナル向け、エンタープライズ向けの各ユースケースにおいて、エンドユーザーの体験を徐々に向上させていくと考えられます。

Read More