Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Simple Notification Service (SNS)

動的なサプライチェーンプラットフォームを構築する方法: 入門書

ダイナミックかつ急速に変化する世界で消費者のニーズを満たすために、組織は先を見越しつつリアルタイムに対応できるサプライチェーンプラットフォームを確立する必要があります。モノのインターネット(IoT)、人工知能と機械学習(AI / ML)、クラウドベースのプラットフォームなどの急速な技術開発による進化を活用することで、サプライチェーン全体でデータを捉え、人の介入を最小限に抑えて自動制御でイベントに対応できるスケーラブルなグローバルプラットフォームを構築できます。 このブログシリーズの 1 本目では、AWS がこれらの技術を用いいかにして、顧客のサプライチェーンにおける課題解決を支援をしているか紹介します。まずは図 1 に示すような動的なサプライチェーンを構築するために必要とされる、基本的な構成要素に焦点を当てます。これにより、混乱や無駄を最小限に抑え、顧客の SLA コンプライアンスを保証します。今後のブログでは、より具体的なユースケースとソリューションについて詳しく解説していく予定です。

Read More
Hugging-Face-Logo

ドキュメントの要約を Hugging Face on Amazon SageMaker で民主化する

ドキュメントの要約は、M&E 業界における重要なユースケースの一例です。記事の見出しの作成からプッシュ通知用の短文要約の作成まで、自動化された文書要約ソリューションは、コンテンツプロバイダーが消費者とより効果的にエンゲージメントを築くのに役立ちます。従来、要約作業は手作業で行われていました。しかし、特に最近のユーザー作成コンテンツの爆発的な増加により、それは必ずしも実用的ではありません。最新の自然言語生成(NLG)モデルは、高品質の文書要約を自動生成することができます。そして、 Amazon Web Services(AWS)パートナーからのソリューションは、これらのモデルの使用を容易にします。AWS パートナーである Hugging Face 社の Transformers ライブラリと Amazon SageMaker – ML を併用すれば、すべてのデータサイエンティストと開発者が、これらのモデルをこれまで以上に簡単に利用できるようになります。このブログ記事では、Amazon SageMaker を使用して、Hugging Face ライブラリを使用した最先端の文書要約ソリューションをデプロイする方法について説明します。

Read More

Lambda 関数をモニタリングし、AWS Chatbot で通知を受け取る

AWS Lambda は、ハードウェアのプロビジョニングや管理を行わずにコードを実行できるサーバーレスコンピューティングサービスです。データやシステム状態の変化をトリガーに Lambda 関数を起動し、コードを実行できます。例えば、Amazon S3 へのデータアップロード直後に、そのデータを処理するための Lambda 関数を起動できます。 Lambda を他の AWS サービスと組み合わせることで、開発者は高可用性構成で自動的にスケールアップおよびスケールダウンするウェブアプリケーションを構築できます。その一時的な性質と手軽さのために Lambda は多くのソリューションやアーキテクチャに用いられており、不可欠なサービスとなっています。しかし、コードのロジックまたは条件の不備、または他のサービスとの接続問題により、 Lambda は実行に失敗する可能性があります。このような Lambda 関数の実行時のエラーは、ワークフローとアーキテクチャ全体に多大な影響を与える可能性があります。 このブログ記事では、Lambda で実行時のエラーが発生した場合に、AWS Chatbot を利用してSlack に通知する設定手順について説明します。AWS Chatbot を使って、Slack または Amazon Chime でリアルタイムに通知を受け取ることができます。また、Slack チャンネル内でコマンドを発行することができるため、迅速な対応が実現できます。

Read More

AWS CDKまたはCloudFormationを使用し、カスタムAWSリソースでAmplifyバックエンドを拡張する新機能「カスタム」のご紹介

この記事は、Extend Amplify backend with custom AWS resources using AWS CDK or CloudFormation を翻訳したものです。 AWS AmplifyでAWS Cloud Development Kit(CDK)またはAWS CloudFormationを使用し、Amplifyが作成したバックエンドに175以上のAWSサービスを追加する新しいコマンドamplify add customが発表されました。カスタムリソースを追加する新しい機能により、開発者は1つのコマンドでAmplifyに組み込み済みのユースケース以外にリソースを追加できます。

Read More

小売業におけるデジタルコマース戦略の実現方法

COVID-19 によるパンデミックが始まったとき、オンライン注文への急激なシフトを目の当たりにし、またおそらく個人としても体験されたことでしょう。しかし、やや意外かもしれませんがオンラインへのシフトにも関わらず、売上の 80 %は依然として実店舗で生まれています。e コマースが成熟し、消費者がデジタルに精通するようになるにつれて、次の傾向が現れています:

Read More

消費財企業と物流ベンダーがAWSデータレイクで車両管理を最適化する方法

この一連のブログのパート1 「消費財企業と物流ベンダーにとって車両管理データレイクが必要な理由」では、消費財企業と物流ベンダーが輸送と車両管理のためにデータレイクを必要とする理由を説明しました。 簡単に要約すると、データレイクは輸送と車両のデータを保存、管理、分析し、車両のメンテナンス、ドライバーの安全、配送ルート、小売業者や顧客の満足度を最適化し、コストと CO2 排出量を削減する理想的な方法です。 このフォローアップブログでは、さまざまなデータタイプとフォーマットにわたって、スケーラブルに簡単にデータを分析し、輸送車両を最適化できる AWS データレイクのアーキテクチャを説明します。

Read More

AWS Chatbot を使って Slack チャネルで Amazon EventBridge イベントを監視

この記事は、Abhijit Barde 、Arnab Deka、Prabhakar Ganesamurthy による寄稿の Monitor Amazon EventBridge events in your Slack channels with AWS Chatbot を翻訳したものです。 DevOps チームは、Slack や Amazon Chime などのチャットコラボレーションプラットフォームを使用して、システムを監視し、イベントに応答します。AWS Chatbot は Slack や Chime と統合されているので、チャットチャネルから AWS リソースを監視および操作できるため、アプリケーション間でのコンテキスト切り替えを軽減できます。DevOps ユーザーは、 Amazon EventBridge を通じてチャットチャネルの 200 を超えるサービスイベントタイプから通知を受け取ることができるようになりました。このブログ投稿では、Amazon EventBridge ルールを設定し、Slack チャネルで通知を受信するように AWS Chatbot を設定する手順を説明します。

Read More

AWS Control Tower アクションの追跡、およびワークフローの自動トリガーへのライフサイクルイベントの使用

現在、新規アカウントの作成やプロビジョニングに、AWS Control Towerをご利用になっているお客様が多く見受けられます。こういったお客様は、環境の作成に、AWS のネイティブなソリューションの使用をご希望されます。それが明文化された AWS のベストプラクティスに則っていることをご存知だからです。お客様は、作成したアカウントのスケーリングを行う際に、アカウントをさらに強化できる Control Tower の追加的な機能を利用することもできます。今回の記事では、ライフサイクルイベントの使用方法をご紹介していきます。これは、Control Tower’s Account Factory を使用して新しいアカウントを作成するなどのアクションが完了したことを追跡できるようにする、Control Tower における機能の 1 つです。今回は、このライフサイクルイベントで、自動化したワークフローをトリガーする方法についても、合わせてご紹介します。この記事では、次のようなサービスを使用しています。 AWS Control Tower AWS Service Catalog AWS CloudTrail Amazon CloudWatch Events Amazon SNS 背景 AWS Control Tower では、Well-Architected なマルチアカウントの AWS 環境構築のために、AWS Organizations、AWS IAM、AWS Config、AWS CloudTrail、および AWS Service Catalog などの AWS のサービスを複数使用します。これにより、組織単位 (OU) の中のアカウントでガードレールを有効化するなどのアクションを Control Tower が実行する際には、多くのプロセスが実行され、各サービスに対しては膨大な数の API 呼び出しが送られることになります。 […]

Read More

Operating Lambda: イベント駆動型アーキテクチャを理解する – Part 1

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションに関わる開発者、アーキテクト、システム管理者向けの重要なトピックについて説明します。この3部構成のシリーズでは、イベント駆動型アーキテクチャと、それがどのようにサーバーレスアプリケーションと関連しているかについて説明します。 Part 1 では、イベント駆動型パラダイムの利点と、それがスループット、スケール、拡張性をどのように改善できるかについて説明します。また同時にアプリケーションの複雑性とコードの総量を削減する点についても説明します。 イベント駆動型アーキテクチャは現代の組織で一般的に利用される、複雑なシステムの構築に伴う課題に対処するのに役立つため人気が高まっています。このアプローチはマイクロサービスの利用を促進します。マイクロサービスは、小さく、狭い領域の機能セットを実行する特殊なサービスです。適切に設計された Lambdaベースのアプリケーションは、マイクロサービスアーキテクチャの原則と互換性があります。   Lambda はイベント駆動パラダイムにどのように適合するか Lambda は、イベントに応じてカスタムコードを実行するオンデマンドのコンピュートサービスです。ほとんどの AWS サービスはイベントを生成し、その多くは Lambda のイベントソースとして機能します。Lambda では、コードはコードデプロイメントパッケージに格納され、イベントハンドラが含まれています。コードへのすべての相互作用は Lambda API を介して行われ、サービスの外部から関数を直接実行することはありません。Lambda 関数の主な目的は、イベントを処理することです。

Read More

Amazon EventBridge パートナーとしての日本の SaaS ベンダーのご紹介

Amazon EventBridge をご存知でしょうか? EventBridge は、独自のアプリケーション、SaaS および AWSのサービスから発行されるイベントをタイムリーにトリガーできるようにするサーバーレスなイベントバス機能として 2019年に発表されました。CloudWatch Events の拡張として作られており、AWSサービスからのシステムイベントも受信できますが、一番の特徴は、サードパーティの SaaS からイベント発行していただけるような仕様になっていることです(こちらもご覧ください)。 上図の左下あたりにある [SaaS Apps] として対応いただいたアプリケーションをご利用いただくと、SaaS 側で発生したイベントを SaaS 利用ユーザー側の AWS アカウント(SaaS アプリケーションとは異なる環境)へ EventBridge を経由してイベント通知することができるようになります。これによって、利用ユーザー環境で AWS Lambda の関数で追加の処理を起動したり、Kinesis/SQS/SNS にメッセージを飛ばしたり、Step Functions のフローを起動するなどの Push 型処理を簡単に実現できるようになります。つまり、SaaS がサーバーレスアプリケーションのトリガーとしてサーバーレス環境と融合することになるのです。 直近で BlackBelt セミナーも実施しましたので、EventBridge というサービス自体を理解したい方はこちらをぜひご覧ください。

Read More