Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Simple Notification Service (SNS)

AWS CDKまたはCloudFormationを使用し、カスタムAWSリソースでAmplifyバックエンドを拡張する新機能「カスタム」のご紹介

この記事は、Extend Amplify backend with custom AWS resources using AWS CDK or CloudFormation を翻訳したものです。 AWS AmplifyでAWS Cloud Development Kit(CDK)またはAWS CloudFormationを使用し、Amplifyが作成したバックエンドに175以上のAWSサービスを追加する新しいコマンドamplify add customが発表されました。カスタムリソースを追加する新しい機能により、開発者は1つのコマンドでAmplifyに組み込み済みのユースケース以外にリソースを追加できます。

Read More

小売業におけるデジタルコマース戦略の実現方法

COVID-19 によるパンデミックが始まったとき、オンライン注文への急激なシフトを目の当たりにし、またおそらく個人としても体験されたことでしょう。しかし、やや意外かもしれませんがオンラインへのシフトにも関わらず、売上の 80 %は依然として実店舗で生まれています。e コマースが成熟し、消費者がデジタルに精通するようになるにつれて、次の傾向が現れています:

Read More

消費財企業と物流ベンダーがAWSデータレイクで車両管理を最適化する方法

この一連のブログのパート1 「消費財企業と物流ベンダーにとって車両管理データレイクが必要な理由」では、消費財企業と物流ベンダーが輸送と車両管理のためにデータレイクを必要とする理由を説明しました。 簡単に要約すると、データレイクは輸送と車両のデータを保存、管理、分析し、車両のメンテナンス、ドライバーの安全、配送ルート、小売業者や顧客の満足度を最適化し、コストと CO2 排出量を削減する理想的な方法です。 このフォローアップブログでは、さまざまなデータタイプとフォーマットにわたって、スケーラブルに簡単にデータを分析し、輸送車両を最適化できる AWS データレイクのアーキテクチャを説明します。

Read More

AWS Chatbot を使って Slack チャネルで Amazon EventBridge イベントを監視

この記事は、Abhijit Barde 、Arnab Deka、Prabhakar Ganesamurthy による寄稿の Monitor Amazon EventBridge events in your Slack channels with AWS Chatbot を翻訳したものです。 DevOps チームは、Slack や Amazon Chime などのチャットコラボレーションプラットフォームを使用して、システムを監視し、イベントに応答します。AWS Chatbot は Slack や Chime と統合されているので、チャットチャネルから AWS リソースを監視および操作できるため、アプリケーション間でのコンテキスト切り替えを軽減できます。DevOps ユーザーは、 Amazon EventBridge を通じてチャットチャネルの 200 を超えるサービスイベントタイプから通知を受け取ることができるようになりました。このブログ投稿では、Amazon EventBridge ルールを設定し、Slack チャネルで通知を受信するように AWS Chatbot を設定する手順を説明します。

Read More

AWS Control Tower アクションの追跡、およびワークフローの自動トリガーへのライフサイクルイベントの使用

現在、新規アカウントの作成やプロビジョニングに、AWS Control Towerをご利用になっているお客様が多く見受けられます。こういったお客様は、環境の作成に、AWS のネイティブなソリューションの使用をご希望されます。それが明文化された AWS のベストプラクティスに則っていることをご存知だからです。お客様は、作成したアカウントのスケーリングを行う際に、アカウントをさらに強化できる Control Tower の追加的な機能を利用することもできます。今回の記事では、ライフサイクルイベントの使用方法をご紹介していきます。これは、Control Tower’s Account Factory を使用して新しいアカウントを作成するなどのアクションが完了したことを追跡できるようにする、Control Tower における機能の 1 つです。今回は、このライフサイクルイベントで、自動化したワークフローをトリガーする方法についても、合わせてご紹介します。この記事では、次のようなサービスを使用しています。 AWS Control Tower AWS Service Catalog AWS CloudTrail Amazon CloudWatch Events Amazon SNS 背景 AWS Control Tower では、Well-Architected なマルチアカウントの AWS 環境構築のために、AWS Organizations、AWS IAM、AWS Config、AWS CloudTrail、および AWS Service Catalog などの AWS のサービスを複数使用します。これにより、組織単位 (OU) の中のアカウントでガードレールを有効化するなどのアクションを Control Tower が実行する際には、多くのプロセスが実行され、各サービスに対しては膨大な数の API 呼び出しが送られることになります。 […]

Read More

Operating Lambda: イベント駆動型アーキテクチャを理解する – Part 1

Operating Lambda シリーズでは、AWS Lambda ベースのアプリケーションに関わる開発者、アーキテクト、システム管理者向けの重要なトピックについて説明します。この3部構成のシリーズでは、イベント駆動型アーキテクチャと、それがどのようにサーバーレスアプリケーションと関連しているかについて説明します。 Part 1 では、イベント駆動型パラダイムの利点と、それがスループット、スケール、拡張性をどのように改善できるかについて説明します。また同時にアプリケーションの複雑性とコードの総量を削減する点についても説明します。 イベント駆動型アーキテクチャは現代の組織で一般的に利用される、複雑なシステムの構築に伴う課題に対処するのに役立つため人気が高まっています。このアプローチはマイクロサービスの利用を促進します。マイクロサービスは、小さく、狭い領域の機能セットを実行する特殊なサービスです。適切に設計された Lambdaベースのアプリケーションは、マイクロサービスアーキテクチャの原則と互換性があります。   Lambda はイベント駆動パラダイムにどのように適合するか Lambda は、イベントに応じてカスタムコードを実行するオンデマンドのコンピュートサービスです。ほとんどの AWS サービスはイベントを生成し、その多くは Lambda のイベントソースとして機能します。Lambda では、コードはコードデプロイメントパッケージに格納され、イベントハンドラが含まれています。コードへのすべての相互作用は Lambda API を介して行われ、サービスの外部から関数を直接実行することはありません。Lambda 関数の主な目的は、イベントを処理することです。

Read More

Amazon EventBridge パートナーとしての日本の SaaS ベンダーのご紹介

Amazon EventBridge をご存知でしょうか? EventBridge は、独自のアプリケーション、SaaS および AWSのサービスから発行されるイベントをタイムリーにトリガーできるようにするサーバーレスなイベントバス機能として 2019年に発表されました。CloudWatch Events の拡張として作られており、AWSサービスからのシステムイベントも受信できますが、一番の特徴は、サードパーティの SaaS からイベント発行していただけるような仕様になっていることです(こちらもご覧ください)。 上図の左下あたりにある [SaaS Apps] として対応いただいたアプリケーションをご利用いただくと、SaaS 側で発生したイベントを SaaS 利用ユーザー側の AWS アカウント(SaaS アプリケーションとは異なる環境)へ EventBridge を経由してイベント通知することができるようになります。これによって、利用ユーザー環境で AWS Lambda の関数で追加の処理を起動したり、Kinesis/SQS/SNS にメッセージを飛ばしたり、Step Functions のフローを起動するなどの Push 型処理を簡単に実現できるようになります。つまり、SaaS がサーバーレスアプリケーションのトリガーとしてサーバーレス環境と融合することになるのです。 直近で BlackBelt セミナーも実施しましたので、EventBridge というサービス自体を理解したい方はこちらをぜひご覧ください。

Read More

Amazon SNS, Amazon SQS, AWS Lambda のデッドレターキューによる耐久性のあるサーバーレスアプリケーション設計

この投稿は Otavio Ferreira, Sr Manager, SNS の寄稿によるものです 郵便システムにおいて、デッドレターキューは配信不能な郵便物を取り扱うための施設です。pub/sub メッセージングモデルにおけるデッドレターキュー (DLQ: dead-letter-queue) は、トピックに対して発行されたメッセージがサブスクライブしているエンドポイントに配信できなかった場合に、そのメッセージを送ることができるキューを表します。 Amazon SNS による DLQ サポートによって、アプリケーションはメッセージ配信における各種故障モードに対する、さらなる耐久力と回復力を持つことが可能になりました。 メッセージの配信失敗と再試行を理解する Amazon SNSがサブスクライブされたエンドポイントにアクセス出来ない場合、メッセージの配信は失敗します。このような状況は大きく2つの原因によって引き起こされます: クライアントエラー。ここでクライアント (メッセージ送信者) は SNS となります。 サーバーエラー。ここではサーバーは、例えば Amazon SQS や AWS Lambda のようにサブスクリプションのエンドポイント (メッセージ受信者) をホストするシステムとなります。 クライアントエラー クライアントエラーは、 SNS の保持しているメタデータが最新ではない場合に発生します。クライアントエラーの発生するよくある原因としては、エンドポイントの所有者がエンドポイントを削除した場合が挙げられます。例えば SNS に紐付いたサブスクリプションを削除することなく、SNS トピックにサブスクライブした SQS キューを削除してしまったような場合です。やはりよくある別の例としては、エンドポイントに適用されたポリシーに対して、SNS がメッセージを配信することを阻害するような変更を加えてしまった場合が挙げられます。 これらのエラーは、クライアントがメッセージの配信を試みたにもかかわらず、クライアントの視点からエンドポイントがアクセス不能となっていることが原因で発生するため、クライアントエラーとして取り扱われます。SNS はクライアントエラーの結果として失敗したメッセージの配信を再試行することはありません。 サーバーエラー サーバーエラーは、サブスクライブしているエンドポイントを実行しているサーバーが利用できないか、または SNS からの有効なリクエストを処理できなかったことを表す例外応答を返した場合に発生します。 サーバーエラーが発生した場合、SNSは線形、指数的のいずれかのバックオフ機能に基づいて配信を再試行します。SQS や Lambda 上で実行される AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Simple Notification Service (SNS) 資料及び QA 公開

先日 (2019/6/4) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Simple Notification Service (SNS)」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190604 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Simple Notification Service (SNS) AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. SNS と Pinpoint との違いを教えて欲しい。 A. アプリケーション統合の目的でpub-subを実現したい場合はAmazon SNSをご利用ください。 mobile pushの用途で、より顧客エンゲージメントに関するマネージドな機能(分析、セグメントプッシュ、キャンペーン)を利用したい場合はAmazon Pinpointをご利用いただくのがお勧めです。またこれから新規にmobile push機能を利用される場合には、より新しいサービスであるAmazon Pinpointを選択して始めてみるのが、顧客エンゲージメント機能の独自実装が不要なため簡単です。Amazon SNSはデバイストークンを独自にデータベースで管理する必要があり、運用面のアーキテクチャも考えなければならない箇所が多くなります。一方、独自にデバイストークンのライフサイクルを管理したいといった要求がある場合には、Amazon SNSを選択することもできます。 Amazon PinpointはSMSの双方向送信が可能ですが、Amazon SNSは購読解除時以外に逆方向のSMSを受け付けることはできません。 Q. アンスクライブリンクの消し方について、ベストプラクティスはありますか? A. AWS CLIを使ってサブスクリプション解除されないようにできます。詳細はAWS公式サイトを参照ください。 Q. ブラックリストとホワイトリストの併用はできますか? A. サブスクリプションフィルターポリシー内の属性名が異なれば併用は可能です。詳細はAWS公式サイトを参照ください。 — […]

Read More