Amazon Web Services ブログ

Category: AR & VR

NVIDIA CloudXRを使ったワイヤレスヘッドセットでのVRストリーミング

本記事は、Leo Chan、William Cannady による Field Notes: Streaming VR to Wireless Headsets Using NVIDIA CloudXRを翻訳したものです。 コンシューマー向けVirtual Reality(VR)ハードウェアが多数登場していますが、ハードウェアは高価であり、セッティングは複雑で面倒なことがあります。有線のヘッドセットには、高いグラフィック性能を備えたワークステーションと、配線につまずくのを防ぐ対策が必要です。多くのルームスケールヘッドセットでは、部屋の中でヘッドセットの動きをトラッキングするために2つの外部機器(もしくは機器用の三脚、ライトタワー)を設置する必要があります。これらのセットアップには何日もかかることがもあり、ライトタワーを移動させた場合には再設定が必要になります。 Oculus Questの発売により、VRユーザーはデュアルハンドトラッキング、ワイヤレスルームスケール機能を得ました。ライトタワーやワークステーションを気にすることなくVRを楽しむことができるようになりました。しかし、Questはバッテリー駆動であるため、CPUやGPUの性能が低いことが難点であり、Questでアプリを動作させるためにはVRコンテンツを簡素化することが必要でした。つまり、CAD(Computer Aided Design)のレビューやHalf-Life: Alyxのようなグラフィックスの負荷の高い体験には使用することができませんでした。 お客様は、高額で複雑な設定を行うか、再現度の低い体験を選ぶかという難しい選択を迫られていました。 本記事では、AWSのコンピューティングサービスを利用し、Questのようなワイヤレスヘッドセットで再現度の高いVR体験をストリーミングする方法を紹介します。なお、本記事の内容を使ったアプリのストアリリースにつきましては各配信プラットフォームの利用規約をご確認ください。 アーキテクチャ NVIDIA CloudXRはリモートサーバ上のGPUを利用して、遠隔地に接続されたVRヘッドセットでストリーミング再生を行います。ビジュアルを多用するアプリケーションのレンダリングとコンピューティングは、モバイルヘッドセットではなくリモートサーバーで行われます。これにより、モバイルヘッドセットはグラフィックスの負荷に関わらず、あらゆるアプリケーションに対応することができます。 グローバルなスケーラビリティを提供するために、NVIDIAはCloudXRプラットフォームをG4およびP3のEC2インスタンスで利用可能にすることを発表しました。これにより、以下のメリットが得られます。 グローバル規模で、より近いリージョンからAR/VRストリーミング再生を行うことができます Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンス上で一元的にアプリを管理・デプロイすることが可能になります。これまでは、デバイスやハードウェアの準備が必要でした IT管理者は機密性の高いコンテンツや、頻繁に変更が必要になるコンテンツを一元的に管理できるようになります ウォークスルー AWSでCloudXRを使用するには、NVIDIA GPUを搭載したEC2インスタンス(P3またはG4インスタンスタイプ)をVirtual Private Cloud(VPC)内で実行する必要があります。このインスタンスは、VRヘッドセットで動作するCloudXRクライアントからネットワークでアクセスできる必要があります。接続は1:1で、各CloudXRクライアントは専用のEC2インスタンスに接続されます。つまり、複数のCloudXRクライアントが必要な場合は、複数のEC2インスタンスを用意する必要があります。 なお、本記事のプロセスは2021年1月時点のものです。CloudXR、およびX Reality(XR)全体は急速に変化しているため、NVIDIAのCloudXRに関する最新情報をご参照ください。AWSアカウントでCloudXRを使用するには、Amazon VPC内でP3またはG4のEC2インスタンスをセットアップする必要があります。また、CloudXRの通信に必要なポートを許可するセキュリティグループを設定する必要があります。これらのポート番号は、NVIDIAから入手できるCloudXRのドキュメントに記載されています。 前提条件を構築済みのCloudXRが設定されたEC2インスタンスをデプロイするCloudFormationテンプレートを作成しました。このテンプレートではプライベートなAMIを参照しているため、デプロイを成功させるにはお客様のAWS アカウントへAMIを共有する必要があります。このテンプレートを利用したい場合は、AWSアカウントチームにお問い合わせください。 前提条件 以下の手順では、EC2インスタンスを手動で設定する方法を説明します。CloudXRストリーミングでは、EC2インスタンスへの接続にWindows RDP以外の接続を使用する必要があります。リモート接続には、EC2インスタンスに無償で提供されているNICE DCVを使用します。 このウォークスルーでは、以下が使えることが前提条件です。 AWSアカウント NVIDIAから提供されるNVIDIA CloudXR SDK G4またはP3のEC2インスタンスを作成するための権限 VRヘッドセット […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Sumerian 資料及び QA 公開

先日 (2018/12/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Sumerian」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon Sumerian from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CADで作成した3DモデルをAWS外からインポートする機能はありますか? A. CADから3Dモデルを出力する形式にもよりますが、CADから出力したものを一度Unityなどに取り込んでいただいた後に、Unityからさらにfbxまたはobjの形式で出力していただくことで取り込むことは可能です。ただし取り込みによってモデルが崩れる可能性があるので、個別に検証頂けるようお願いします。

Read More

Amazon Comprehend – 継続的に学習される自然言語処理

数年前、私はメリーランド大学の図書館 をさまよい、What Computers Can’t Do というタイトルのホコリをかぶった古い本と、その続編 What Computers Still Can’t Do を見つけました。2冊めの本はより分厚く、コンピューター・サイエンスが学ぶべき価値ある領域であることを認識させる内容でした。このブログを書く準備をしている間に、私は最初の1冊の保存されたコピーを見つけ、面白い考えを見つけました。 人間は自然言語で記述された文脈依存する暗黙的な知識を必要とする文章を使い、理解しているので、同じように自然言語を理解し、翻訳できるコンピューターを作る唯一の方法は、チューリングが嫌疑していたように、多分コンピューターが世界について学ぶようにプログラムすることだろう。 これは、とても先見の明のある考えでした。そして、私は Amazon Comprehend についてお話したいと考えています。Amazon Comprehend は現実に世界のことを相当詳しく知っている新しいサービスで、そのことを共有できるのがとても幸せです。 Amazon Comprehend の紹介 Amazon Comprehend はテキストを分析し、最初にアフリカ語からヨルバ語まで、その間にある 98 以上の言語に始まり、見つけたことを教えてくれます。Amazon Comprehend は英語かスペイン語で記述されたテキストからエンティティ(人、場所、ブランド、製品、など)の違い、キーフレーズや感情(ポジティブ、ネガティブ、混合、中立)を識別し、キーフレーズやその他全ての情報を抽出することができます。最後に、Comprehend のトピックモデリングサービスが巨大なドキュメントセットの中から分析やトピックに基づくグルーピングのために複数のトピックを抽出します。

Read More

Amazon Sumerianの紹介:簡単な方法で VR、AR、3D体験を作成

私の過去のブログの投稿を読んだり、様々なカンファレンスで行ったセッションに出席したことがあれば、私がGeekな女の子だと分かっているかもしれません。クラウド、人工知能、IoT、Makerスペースなどの技術分野で行われた最新の進歩、そしてバーチャルリアリティ(VR)と拡張現実(AR)には大変興味を持っています。私の考えでは、Geekになるのはすばらしい時期です。スターウォーズやスタートレックを見て驚いたアルゴリズムや離散数学のクラスや技術を汗ばみながらビルドを夢見ていたことのすべてが今や成果を上げています。うまくいけば、私が宇宙の他の銀河に超光速移動できるようになるまでは時間の問題に過ぎません、しかし、それまでは好きな番組やショーの中に登場するようなキャラクターや画像の3Dバーチャルリアリティや拡張現実を構築することができます。 Amazon Sumerianは誰でも簡単に拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、3Dアプリケーションを作成し実行できるツールとリソースを提供します。Sumerianを使用すると、Oculus 、HTC Vive 、iOSデバイスなどのハードウェアでWebVR互換のブラウザを使用し、Androidデバイス上でARCoreをサポートできるマルチプラットフォームエクスペリエンスを構築できます。 現在プレビュー中のこのエキサイティングな新サービスは、ブラウザから非常に没入型でインタラクティブな3D体験をデザインできるようにする機能を提供します。これらの機能の一部は次のとおりです。 Editor: クロスプラットフォームパブリッシングを使用して、3Dシーンを構築し、アセットをインポートし、インタラクションや特殊効果をスクリプティングするWebベースのエディタ。 Object Library: 事前にビルドされたオブジェクトとテンプレートのライブラリ。 Asset Import: シーンで使用する3Dアセットをアップロードします。SumerianはFBX、OBJをインポートし、すぐにUnityプロジェクトを導入することをサポートしています。 Scripting Library:高度なスクリプト機能を提供するために、3Dエンジンを介してJavaScriptスクリプトライブラリを提供します。 Hosts: 性別、声、言語に合わせてカスタマイズ可能な、生き生きとしたリアルなアニメーション3Dキャラクター。 AWS Services Integration:Amazon PollyとAmazon Lexとの統合され、スピーチや自然言語をSumerian hostsに追加します。さらに、AWS Lambdaでスクリプトライブラリを使用すると、AWSサービス全般を使用することができます。 Amazon Sumerianでは、リッチでインタラクティブなVRおよびARシーンを構築するために3Dグラフィックスやプログラミング体験を必要としないため、Sumerian Dashboardをすぐに実行して見てみましょう! Sumerian Dashboardから、ボタンを押して新しいシーンを簡単に作成できます。 新しいシーンのデフォルトビューが開き、Sumerian Editorが表示されます。EditorでTara Blog Sceneを開いて、自分のシーンにアセットを簡単にインポートできます。 Import Assetボタンをクリックしてアセットを選択して、View Roomを選択してシーンにインポートします。開きたいアセットを選択した状態で、[Add]ボタンをクリックしてインポートします。 素晴らしい!持っていたアセットはSumerian Editorに正常にインポートされ、Asset panelに表示されます。さて、View RoomオブジェクトをView Roomで選択し、それをEditorのキャンバスにドラッグすることで、View Room objectをシーンに追加することができます。 インポートアセット処理を繰り返し、今度はマネキンアセットをシーンに追加します。 さらに、Sumerianでは、エンティティにScriptComponentを追加してスクリプトを作成し、シーンをさらにエキサイティングにするために、Entityアセットにスクリプトを追加することができます。提供された組み込みのスクリプトを使用するか、独自のカスタムスクリプトを作成することができます。新しいカスタムスクリプトを作成すると、下のコードに似た基本のJavaScriptコードを含む空白のスクリプトが表示されます。 ‘use strict’; /* global sumerian */ //This is Me– trying out […]

Read More