Amazon Web Services ブログ

Category: Storage

2024 年 2 月と 3 月の AWS Black Belt オンラインセミナー資料及び動画公開のご案内

2024 年 2 月と 3 月に公開された AWS Black Belt オンラインセミナーの資料及び動画についてご案内させて頂きます。
動画はオンデマンドでご視聴いただけます。

トヨタと堺市消防局の新たな挑戦 ドラレコ映像は消防の新しい情報源となるのか

トヨタ自動車は、大阪府堺市と共に現場状況が分かりにくい交通事故などの緊急を要する事案に対して、現場付近を走行する車両のドライブレコーダーの映像を活用する共同実証実験を行っています。本記事では、トヨタ自動車がアマゾン ウェブ サービス (AWS) を活用し、「消防向けドラレコ映像活用システム」を開発した事例についてご紹介します。

AWS Snowball Edge 上の Amazon S3 互換ストレージと AWS DataSync を使用してオブジェクトをレプリケートする

AWS Snowball Edge 上の Amazon S3 互換ストレージと AWS DataSync を使用してオブジェクトをレプリケートする

2015 年の AWS Snowball デバイスの発表以来、ユーザーは Amazon Web Services(AWS)Snow Family を用いて、オンプレミスと AWS リージョン間でペタバイトのデータを転送することに成功しています。ユーザーは、AWS Snow Family を用いてデータを移行するだけではありません。AWS Snowball Edge Compute Optimized デバイスを使用して、ネットワーク接続が拒否、切断、断続的、または制限付きの場所(DDIL)でデータの処理が必要なアプリケーションをホストすることが増えています。エッジでのデータ処理により、より迅速にインサイトを得ることができますが、長期保存のためにユーザーはエッジで取得したデータをアーカイブしてエンタープライズデータレイクに保存することがよくあります。データを AWS に送る最も簡単な方法は、インポートジョブプロセスの一部として Snow デバイスを戻すことです。しかし、インポートジョブはオンプレミスから AWS への 1 回限りのデータ移動ソリューションであり、返送、集荷、データ取り込みに関する時間の遅れが発生します。

MYCOM OSI が Amazon FSx for NetApp ONTAP で SaaS ストレージを最適化した方法

“Kubernetes 上のデータ”は、パフォーマンス、回復力、信頼性、総所有コスト(TCO)を最適化する、クラウドネイティブなマイクロサービスベースのソフトウェアソリューションを構築するために不可欠な、急速に進化する革新的分野です。Kubernetes アプリケーションの多くは、ブロックストレージ、共有ファイルシステム、オブジェクトストレージなどの永続ストレージとデータサービスへのアクセスを必要とします。
この投稿では、MYCOM OSI が Amazon FSx for NetApp ONTAP を採用することで、どのようにコストパフォーマンスを改善したかについて説明します。また、大規模で複雑な通信事業者のアシュアランスデータセットの処理を最適化するソリューションを特定するために、ストレージオプションをどのように評価したかを探ります。