Amazon Web Services ブログ

Category: Storage

Amazon FSx for Windows File ServerをAzure ADDSドメインと使用する方法

このブログはAdeleke Coker (Sr. Cloud Support Engineer)によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 Amazon FSx for Windows File Serverは、業界標準のSMB(Server Message Block)プロトコルでアクセスでき、Microsoft Active Directoryと統合された共有ファイルストレージを必要とする様々なユースケースに使用されています。Amazon FSxは、オンプレミスでもクラウドでも、セルフマネージドでもフルマネージドでも、ユーザIDをホストしているMicrosoft Active Directoryであれば、どこでも使用することができます。このブログでは、ユーザIDがAzure Active Directory Domain Services (ADDS)ドメインでホストされている場合に、どのようにAmazon FSxを使用できるかについて説明します。Active Directoryは、ネットワーク上のオブジェクトに関する情報を保存し、管理者やユーザーがその情報を簡単に見つけて使用できるようにするために使用されるMicrosoftのディレクトリサービスです。これらのオブジェクトには、通常、ファイルサーバーなどの共有リソースや、ネットワークユーザーおよびコンピュータアカウントが含まれます。Amazon FSxは、AWS Directory Service for Microsoft Active DirectoryでAmazon FSxを使用したり、オンプレミスのActive DirectoryでAmazon FSx for Windows File Serverを使用したりするなど、ファイルシステムを参加させるActive Directory環境を管理者が柔軟にコントロールすることができ、ポリシーの適用や管理権限の委譲を容易に行う事が出来ます。 ADDS上でホストされているActive Directoryにユーザーのアイデンティティがある場合、アイデンティティをAWSに移行または同期する必要なく、そのActive DirectoryでAmazon FSx for Windows File Serverを使用することができます。このブログでは、ラボ環境での例を用いて、Amazon FSxを既存のADDSに参加させる方法を示します。既存のADDSのアイデンティティは、保存されたファイルにアクセスするためにこの共有を利用することができ、Amazon FSx for Windows File Serverのファイル共有に対して認証するためにAzure […]

Read More

AWS DataSyncとAmazon FSxを使って1ヵ月でファイルストレージをAWSへマイグレーション

このブログはVaibhav Singh (Cloud Infrastructure Architect with AWS ProServe India)によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。   オンプレミスからクラウドへの移行では、さまざまなお客様がそれぞれに異なった環境を持っていて実現方法も異なります。あるお客様はオンプレミスで稼働しているワークロードの規模が小さかったり、あるお客様は複数のデータセンターに複数のストレージアレイを設置していたり、さらに複雑で膨大なセットアップを行っているお客様もいるかと思います。クラウドに移行する場合、現在のデータストレージ環境を調査することの難しさや、どのように始めればよいか戸惑うのは当然のことでしょう。 AWSプロフェッショナルサービスは、ダウンタイムを最小限に抑えながら、お客様のクラウドへの移行をサポートし、最も効率的で効果のある方法でクラウドソリューションを最大限に活用できるようにします。AWSは、アプリケーションやデータベース、バックアップやディザスタリカバリ(DR)のスタックを再設計することなく、ビジネスに最適な方法でデータをクラウドに移行することを支援します。 この記事では、10,000人以上の従業員を抱えるグローバル金融サービス企業のお客様が、AWSプロフェッショナルサービスによる迅速かつ安全なオンライン移行によって、どのようにしてクラウドへの移行を加速させたかを紹介します。このケースでは、お客様はAWS DataSyncとAmazon FSx for Windows File Server(Amazon FSx)を使用して、100TB以上のファイルストレージを迅速かつシームレスに移行することができました。

Read More

VMware Cloud on AWSにおけるストレージオプションと設計

VMware Cloud on AWSはVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC)技術をAWSのグローバルインフラストラクチャ上で提供するためVMwareとAWSが共同開発したソリューションです。 様々なストレージ要件のワークロードが存在する場合、利用可能なストレージオプションの種類を把握し、異なる条件下でそれらをどう使っていくことが最適であるかを理解することが重要です。 VMware Cloud on AWSは複数のストレージサービスと統合されており、VMware vSphereワークロードに対して選択肢と柔軟性を提供しています。しかしながら各サービスは特定のシナリオに最適化されており、ワークロード全体に対して最適な単一のアプローチというものはありません。正しいサービスを選択するには、まずVMware vSphereワークロードのストレージ要件やパフォーマンスの統計データを理解しなければいけません。それを踏まえた上で、お客様のワークロードに適したコスト、可用性、パフォーマンス要件を満たすストレージを計画、実装することができます。

Read More
Cloud Video Editing

【Edit in the Cloud】AWSで編集環境を構築する方法 ~Cloud Video Editing テンプレート~

Edit in the Cloudシリーズの第1回目では、AWS上で様々な編集シナリオの想定モデルを実現するための基礎知識を説明しました。今回はいよいよGitHubのサンプルをデプロイする段階に入ります。このステップ バイステップガイドでは、AWS上で編集ホスト、ストレージをデプロイし、接続する方法を詳しく説明します。このテンプレートによりユーザーはAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 上に編集環境を構築することができます。加えて、Amazon FSx for Windows ファイルサーバーはEC2インスタンスからストレージとして利用し、メディアアセットの共有リポジトリとして活用することができます。また、このテンプレートには、Teradici for Federated Loginと連携したAWS Directory Servicesが含まれており、シームレスな編集体験を可能にしています。では早速テンプレートを利用して環境を構築していきましょう。まずご自身のAWSアカウントを利用して、AWSマネジメントコンソールにログインしたら次のAWS CloudFormationデプロイメントテンプレートを使用します。本テンプレートは現在、US-East-1とUS-West-2で提供しています。

Read More

AWS Systems Manager Automation を使用して複数のアカウントとリージョンにある AWS リソースを管理する

AWS Systems Manager Automation で AWS リソースの一般的な管理およびメンテナンスタスクが容易になります。Systems Manager Automation を使用すると、ご自分で記述したりコミュニティで公開されたドキュメントを使用したりできる AWS Systems Manager ドキュメント(SSM ドキュメント)の形式で前もって定義済みのタスクやワークフローを実行できます。SSM ドキュメントは、Systems Manager が AWS リソースに対して実行するアクションを定義しますこれらのドキュメントは Systems Manager メンテナンスウィンドウを使ってスケジューリングが可能です。さらに、Amazon CloudWatch Events を使用して、AWS リソースへの変更に基づいてドキュメントをトリガーしたり、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または AWS SDK を通して直接実行したりできます。ドキュメントの各ステップでの実行を追跡したり、ステップの承認を要求したりできます。また、変更を段階的にロールアウトして、エラーが発生した際に自動停止することもできます。 AWS のお客様の多くは複数の AWS アカウントを使用しています。たいていは、AWS Organizations を使用してアカウントを階層に配置し、それらを組織単位(OU)にグループ化しています。OU は、一括請求 (コンソリデーティッドビリング)、ワークロードの分離、管理の分離など、さまざまな目的に使用できます。お客様は、アプリケーションごとに開発、テスト、ステージング、および本番用に個別のアカウントを組織内で作成することがよくあります。 すべてのアカウントに共通する反復的なタスクがあっても、前述のマルチアカウント構造ではそれらを個別に管理することは困難な場合があります。お客様から、次のような一般的なタスクを 1 つの中央/管理アカウントから実行したいとの要望がありました。 パッチ管理 ゴールデン Amazon マシンイメージ (AMI) の作成 SSM エージェントを使用したソフトウェアエージェントの更新 Amazon EC2 インスタンスの開始/停止/再起動 Amazon […]

Read More

新機能 – Amazon Elastic File System 用の低コストのストレージクラス

Amazon Elastic File System (Amazon EFS)では、シンプルかつサーバーレスで設定後の管理も不要の、伸縮自在なファイルシステムが利用できます。このファイルシステムは、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンス間で共有されるデータの他にも、各種のコンテナやサーバーレスサービス (Amazon Elastic Container Service (ECS)、Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS)、AWS Fargate、およびAWS Lambda など) での使用が可能です。これまでお客様には、地理的に分離された複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) にまたがりデータを冗長的に格納する、Amazon EFS 標準ストレージクラスにより、最高レベルの可用性と耐久性をご提供してまいりました。 今後は、Amazon EFS の 1 ゾーンストレージクラスにより、Amazon EFS標準ストレージクラスと比較して、ストレージコストを 47% まで削減することが可能になります。例えば、米国東部 (バージニア北部) リージョンにおいて、ライフサイクル管理を使用されておりデータの 80% へのアクセスが低頻度であるお客様の場合には、0.043 USD/GB (月間) というコスト効率の高いストレージをご利用いただけます。Amazon EFS は、非常に高い耐久性 (99.999999999%) を実現するために設計されています。EFS 1 ゾーンストレージクラスでは、可用性の SLA において 99.9 % が提示されていると同時に、伸縮性、シンプルさ、スケーラビリティ、ライフサイクル管理の使用など、標準ストレージクラスと同じ機能も維持されています。 当社では今回、新たに […]

Read More

Amazon S3 の 15 年目の記念日 – 5,475 日が経ち 100 兆のオブジェクトを扱うようになった今が出発点です

私は15 年前の今日、Amazon Simple Storage Service (S3) について発表するブログ記事を公開しました。その記事では、これがデベロッパーをターゲットとし、API 経由でアクセスできるサービスであることを明言しながら、いくつかの主要な機能の概要についてと、料金情報についてを説明しました。その投稿をお読みになったデベロッパーの手で、S3 API を使用してオブジェクトを格納および取得するコードを記述していただけるようになり、後は歴史が物語るとおりです。 現在その S3 が、100 兆以上 (1014、つまり 100,000,000,000,000) のオブジェクトを保存しているという事実を語るのも嬉しい限りで、リクエスト数は、毎秒最大で数千万件に達しています。この数は、世界の人工で換算して 1 人につき約 13,000 のオブジェクトがあることを意味します。または、宇宙に散らばる (2021 estimateにると) 約 2 兆個の銀河でみると、その 1 つずつに、約 50 個のオブジェクトの割り当てとなります。 スタートはシンプル その立ち上げ段階を振り返って見ると、当社がそこで行った意思決定は、後に正当性がが証明されるものだったと言えます。デベロッパーが S3 を数分で理解し、簡単に使い始られるようにしたのです。 当社で最初に取り組んだのは単純な概念モデルでした。それは、保持できるオブジェクト数に制限がなく、それぞれが文字列キーによる一意の名前で識別されるバケットのモデルでした。初期の API も同様にシンプルでした。バケットの作成、すべてのバケットの一覧表示、オブジェクトの配置、オブジェクトの取得、アクセス制御リストの定義などがその機能です。このシンプルさは、一方通行のドアを避けるのにも役立ち、お客様からのフィードバックに応じて S3 を進化させる多くの余地を残しました。この時点で決定したことは、今でも変更されていません。発表の日に書かれたコードは今日でもうまく機能します。 多くの異なる料金モデルについて議論した後 (逆方向の働きかけについては時間を割きました)、当社はコストフォローモデルを選択しました。Colin と Bill の考えはこうです。 コストフォローモデルでは、S3 を使用するデベロッパーの目的が何であれ、彼らは自身の要件に合った方法でそれを使用し、コストを最小限に抑えるように努めます。そして当然、当社もそれに協力します。このシステムにはあそびは存在せず、また価格を設定するために平均的なお客様を想定して、S3 がどのように使用されるかを見積もる必要もありません。 このコストフォローモデルを踏まえながら、当社では、S3 の GB あたりの月間の価格を何度も削減してきました。また、まれにしか参照しないデータを格納するコストをさらに節約するため (S3 Glacier と S3 […]

Read More

Amazon S3 Glacier 料金引き下げ

Amazon S3 Glacier ストレージクラスは、四半期に少なくとも1回アクセスされる情報のデータアーカイブや長期バックアップに最適です (Amazon S3 Glacier Deep Archive はめったにアクセスされないデータに適しています)。 Amazon S3 Glacier は、3 つのアベイラビリティーゾーン (AZ) にまたがってデータを保存します。各ゾーンは、意味のある距離で物理的に分離されていますが、100 km (60 マイル) 以下になります。アーカイブとバックアップは 1 テラバイトあたり月額わずか 4 USD で保存でき、アクセスが必要なときは 3 つの取得オプション (お急ぎ便、スタンダード、バルク) から選択できます。 当社のお客様は、このストレージクラスをメディア資産ワークフロー、保持要件の対象となるヘルスケアおよび金融サービスデータのアーカイブ、科学データストレージ、デジタル保存、および磁気テープの代わりに使用しています。詳細については、当社の導入事例 (Nasdaq、Reutersaaaaa、Teespring、BandLab、およびCelgene) をご覧ください。 費用対効果が向上 耐久性とセキュリティに加え、S3 Glacier ストレージクラスは従来よりも費用対効果が向上しています。2021 年 3 月 1 日より、すべての AWS リージョンで S3 Glacier への PUT リクエストおよびライフサイクルリクエストの料金を 40% 引き下げています。これには、AWS GovCloud (米国) リージョン、Sinnet が運営する […]

Read More
Media Seminar Q1 Fuji TV

【お客様事例】株式会社フジテレビジョン様 Amazon Rekognition 「メタロウ」の開発と検証

2021年3月18日にメディア業界のお客様向けに Analytics & AI/ML をテーマとしたセミナーを開催いたしました。テレビ・動画配信・新聞・雑誌などのメディア企業では、デジタル変革の中でデータを活用する重要性が高まっています。本セミナーではメディア企業がデータを活用し、新たなビジネスを展開していくかに焦点をあて、データをどのように最新の AI/ML 技術を用い活用していくのかをご紹介させていただきました。

Read More
Media Seminar Q1 Analytics

2021Q1メディア企業向けAnalytics & AI/MLセミナー : 大阪リージョン/分析基盤

2021年3月18日にメディア業界のお客様向けにAnalytics & AI/MLをテーマとしたセミナーを開催いたしました。テレビ・動画配信・新聞・雑誌などのメディア企業では、デジタル変革の中でデータを活用する重要性が高まっています。本セミナーではメディア企業はいかにデータを活用し、新たなビジネスを展開していくかに焦点をあて、DMP (データマネジメントプラットフォーム) / CDP (カスタマーデータプラットフォーム)のメリットと活用事例についてご紹介させていただきました。

Read More