Amazon Web Services ブログ

Category: Storage

Amazon S3 Object Lambdaの紹介 – コードを利用して S3 から取得するデータを処理

Amazon Simple Storage Service(S3)にデータを保存すると、複数のアプリケーションで使用するためにデータを簡単に共有することができます。しかし、それぞれアプリケーションごとに固有の要件があり、データの異なるビューが必要になる場合があります。例えば、eコマースアプリケーションによって作成されたデータセットには個人識別情報(PII)が含まれる場合がありますが、データ分析のために処理するときには個人識別情報は不要であり、編集(マスキング等)がされているべきです。一方、同じデータセットがマーケティングキャンペーンに使用されている場合は、顧客ロイヤルティデータベースからの情報など追加の詳細データで補填する必要があるかもしれません。複数のアプリケーションにデータの異なるビューを提供するには、現在、2つのオプションがあります。データの派生コピーを追加作成、保存、維持して、各アプリケーションに独自のカスタムデータセットを持たせるオプションと、S3 の前にプロキシレイヤーとしてインフラストラクチャを構築および管理して、リクエストごとにデータをインターセプトして処理するオプションです。両オプションともに複雑性とコストが追加で発生するため、S3 チームはよりよいソリューションを構築することを決定しました。

Read More

Amazon EFS を利用して AWS Fargate 上の Amazon EKS でステートフルなワークロードを実行する

この記事は、Running stateful workloads with Amazon EKS on AWS Fargate using Amazon EFS を翻訳したものです。 本投稿は、Container Specialist Solutions Architect の Re Alvarez-Parmar と Sr Technical Account Manager の Vikram Venkataraman により寄稿されました。 Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) では、EC2インスタンスまたは AWS Fargate で Kubernetes ポッドを実行することができます。コンテナ用のサーバーレスコンピューティングエンジンである AWS Fargate を使用すると、サーバーの作成と管理、データプレーンのスケーリング、EC2 インスタンスの適切なサイズ設定、ワーカーノードのアップグレードの処理を行うことなく、Kubernetes ワークロードを実行できます。今のところ Fargate は、ステートレスなコンテナ化されたワークロードを安全で費用対効果の高い方法で実行するのに理想的です。Fargate は VM で分離された環境で各ポッドを実行し、ノードに自動的にパッチを適用するため安全です。Fargate では、ポッド用に構成したコンピューティングリソースに対してのみ課金されるため、費用対効果が高まります。最近リリースされた Amazon Elastic File System […]

Read More

【開催報告&資料公開】放送業界向け InterBEE 2020 / re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に放送業界のお客様向けに、昨年開催された InterBEE 2020 と AWS re:Invent 2020 の Recap セッションを実施しました。 ■InterBEE 2020 Recap アマゾンウェブサービスジャパン ソリューションアーキテクト 門田 梓 [Slide] ソリューションアーキテクトの門田より、InterBEE 2020 で発表した AWS を活用した放送業界の AWS 活用事例を紹介しました。2020 年は新型コロナウイルスの感染拡大が番組制作に非常に大きく影響した年でした。登壇いただいたお客様は、この困難に立ち向かうため、AWS のサービスとツールを活用して コストを必要最小限に、ゼロから作るより迅速に、拡張性や可用性のメリットを手に入れています。本セッションでご紹介した概要は以下の通りです。

Read More

【開催報告&資料公開】新聞・出版業界向け re: Invent 2020 Recap セミナー

1 月 28 日に新聞・出版業界のお客様向けに AWS re:Invent 2020の Recap セッションを実施しました。 クラウドコンピューティングの分野で世界最大規模の「学習型」カンファレンスである AWS re: Invent は、例年 12 月に 1 週間程度いただいてラスベガスで開催しておりました。しかし、昨年はコロナウィルス感染拡大の影響により、11 月末からの 3 週間に拡大して完全オンライン(参加無料)で開催されました。およそ 50 万人の方にご登録いただき、5 つの基調講演と 500 以上のセッションをご提供、期間中は 200 以上の新機能・新サービスを発表しました。

Read More

AWS PrivateLink for Amazon S3 の一般提供を開始

AWS re:Invent で AWS PrivateLink for Amazon S3 のリリースに関する発表が行われましたが、この新機能の一般提供が開始されました。AWS PrivateLink は、仮想ネットワークからのプライベート IP を使用して、Amazon Simple Storage Service (S3) とオンプレミスリソース間のプライベート接続を提供します。 S3 は VPC エンドポイントを追加する最初のサービスとして 2015 年に提供が開始されましした。これらのエンドポイントは、ゲートウェイや NAT インスタンスを必要としない S3 への安全な接続を提供します。この柔軟性はお客様に歓迎されましたが、オンプレミスアプリケーションから AWS Direct Connect または AWS VPN によるセキュアな接続を介した S3 へのプライベートアクセスが必要という意見も聞かれました。 機知に富む私たちのお客様は、プライベート IP アドレスを持つプロキシサーバーを Amazon Virtual Private Cloud にセットアップし、S3 のゲートウェイエンドポイントを使用することで、この問題を解決しました。この解決法は機能しますが、一般的にプロキシサーバではパフォーマンスが抑制されるだけでなく、障害点が増えてオペレーションが複雑になります。 このような欠点を排除し、問題を解決する方法として PrivateLink for S3 が開発されました。 この機能を使用することによって、Virtual Private Cloud 内で新しいインターフェイス […]

Read More

新機能 — AWS Outposts での Amazon Elastic Block Store のローカルスナップショット

今後、AWS Outpostsのお客様がAmazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームのローカルスナップショットを作成して、データレジデンシー要件とローカルバックアップ要件を簡単に満たせることを、本日お知らせいたします。AWS Outposts は、ほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミス施設に同じ AWS インフラストラクチャ、サービス、API、ツールを提供し、真に一貫性のあるハイブリッドエクスペリエンスを実現するフルマネージドサービスです。これまでは、Outposts の Amazon EBS スナップショットは、AWS リージョンのAmazon Simple Storage Service (S3)にデフォルトで保存されていました。ご利用の Outpost がOutposts 上の Amazon S3でプロビジョニングされている場合、今後は Outpost でスナップショットをローカルに保存できます。 お客様は AWS Outposts を使用して、低レイテンシー、ローカルデータ処理、またはデータの保管に関する要件を満たすためにオンプレミスで実行が必要なアプリケーションをサポートします。現在、AWS リージョンが存在しない国で AWS サービスを利用しようとしているお客様は、Outposts でのアプリケーションの実行を選択できます。規制、契約、または情報セキュリティの理由から、データを特定の国、州、自治体に保持する必要がある場合があります。これらのお客様は、アプリケーションを稼働させるために、スナップショットとAmazon マシンイメージ(AMI)のデータを、Outposts でローカルに保存する必要があります。さらに、一部のお客様は、ローカルバックアップに対して低レイテンシーアクセスを必要とするワークロードを求めることもできます。 Outposts の EBS ローカルスナップショットは、スナップショットと AMI データを Outposts の Amazon S3 でローカルに保存できる新機能です。AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) 、AWS SDK を使用して、Outposts で […]

Read More

米国 海軍は7兆円超のリソース管理を行う最大の基幹システム(ERP)をAWSに移行完了

アメリカ海軍(U.S. Navy)が、”最大”の基幹システム(“U.S. Navy’s largest SAP ERP system”)をAWSへ移行した事例が公開されました。今回のブログでは、AWSジャパン・パブリックセクターより、この事例から読み取られるべきインパクトについて、ご紹介します。

Read More
Amazon FSx architecture diagram

Amazon FSxへのファイルサーバーの移行とAWS Managed Microsoft Active Directoryとの統合

「Amazon FSx」は、他サードパーティ製ファイルシステムのような互換性と同時に多様な用途に堪える様々な機能を提供します。Amazon FSxを活用することによって、ハードウェアの調達・ソフトウェアの設定・パッチ適用・バックアップ等、時間と労力のかかる従来の運用作業を自動化することができます。この記事ではActive Directoryドメイン移行のシナリオにおいて、オンプレミスのファイル共有をAWS DataSyncを用いてどのようにAmazon FSxに移行できるかを説明していきたいと思います。多くのお客様がオンプレミスのADからAWS Managed Microsoft Active Directoryへの移行と同時に、ファイルサーバーもAmazon FSxに移行しています。

Read More

Amazon EFSとSUSEで実現、SAP Content Serverの高可用性構成

はじめに 2020年初め、SAPはSAP Business Suite 7コアアプリケーションのメインストリーム保守を2027年末まで延長し、その後2030年末までオプションで延長保守を行うことを発表しました。詳細はこちらをご確認下さい。今回の発表により、保守期限を迎える従来のデータセンターからAWSへのSAPシステムをの移行を検討しているお客様は、多くの選択肢ができました。SAP S/4HANAへのマイグレーション/アップグレードの代わりに、既存のSAP Business Suite 7システムをそのままAWS上で利用することができます。このオプションでは、お客様はコアとなるSAPアプリケーションや関連システムに、AWSインフラストラクチャが提供する高い冗長性と可用性を確保したいと考えています。

Read More