Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Well-Architected

IoT データの取り込みと可視化のための7つのパターン – ユースケースに最適なものを決定する方法

この記事は 7 patterns for IoT data ingestion and visualization- How to decide what works best for your use case の日本語訳です。 モノのインターネット(IoT)を始めたばかりでも、すでに数百万台の IoT デバイスが接続されていても、IoT データから抽出される価値を最大化する方法を探しているのではないでしょうか。IoT デバイスのデータには、報告されたテレメトリデータ、メタデータ、状態、コマンドとレスポンスの中に、豊富な情報が含まれていることがあります。しかし、適切なレポート作成および可視化ソリューションを持つことは、業務効率を最大化し、ビジネス成果を実現するために必要な洞察を得るための鍵となります。 それゆえ、AWS Well-Architected のようなフレームワークは、管理、パフォーマンス、コスト、および運用の観点から最適なソリューションを選択するのに役立ちます。例えば、リアルタイムでデータを提供できるレポートと可視化ソリューションを探しているかもしれません。あるいは、完全にカスタマイズ可能で、インサイトを検索できるソリューションをお探しかもしれません。 このブログ記事では、AWS の様々な IoT レポート作成と可視化ソリューションについて説明します。リアルタイム、ニアリアルタイム、スケジュールに沿ってレポートを提供できる7つの異なるアーキテクチャパターンを紹介します。さらに、各ソリューションのユースケース、更新頻度、データ取り込みプロセス、アーキテクチャ、および複雑さに関するデータポイントも提供します。

Read More

correction of error (COE) を開発すべき理由

アプリケーションの信頼性は非常に重要です。サービスの中断はマイナスのお客様体験となり、お客様の信頼とビジネス価値を低下させます。Amazon で学んだベストプラクティスの 1 つは、インシデント発生後の分析のための標準的なメカニズムを持つことです。これにより、インシデント発生後にシステムを分析し、今後の再発を防止することができます。また、インシデントの発生は、システムおよびプロセスがどのように機能するかについて理解を深めるのにも役立ちます。その知識は、特定のインシデントの再発防止だけでなく、他のインシデントシナリオに役立つアクションにつながることがよくあります。このメカニズムは、Correction of Error (COE) プロセスと呼ばれています。

Read More

新規/アップデートされた AWS Well-Architected レンズ

AWS Well-Architected Framework は、2015 年から AWS のお客様やパートナーのクラウドアーキテクチャの改善を支援してきました。このフレームワークは、運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化の複数の柱にまたがる設計原則、質問、ベストプラクティスで構成されています。AWS re:Invent 2021 では、クラウドコンピューティングの環境ベストプラクティスを使用して、組織がワークロードを学習、評価、改善できるよう支援する、新しいサステナビリティ(持続可能性)の柱を紹介しました。

Read More

事業継続性が求められる基幹システムの DR 戦略

こんにちは。ソリューションアーキテクトの平井です。 本記事では、基幹システムに AWS を検討されている方に、事業特性として重視される可用性を実現するための AWS 構成パターンと、その前提となる AWS グローバルインフラストラクチャの基本的なポイントをご紹介します。

Read More
deploy-hl7-provider-notifications-aws-featured-image

医療提供者へのHL7ベースの通知機能をAWSクラウドに導入する方法

この記事は、“How to deploy HL7-based provider notifications on AWS Cloud” を翻訳したものです。 患者に関するイベントの電子通知は、医療機関がケアの連携を向上させ、適切な追加治療をタイムリーに推進するために不可欠な仕組みです。2020年5月、CMS(Center for Medicare and Medicaid Services)は、Critical Access Hospitals を含む米国のすべての病院に対し、入院、転院、退院に関する患者イベント通知を電子的に提供することを求める最終規則を発表しました。 カナダでは、連邦レベルでの法制化はまだですが、オンタリオ州を含む個々の州では、独自の電子医療記録(EHR)ソリューション(OntarioMD HRMソリューション)を通じて通知を配信し始めています。 世界経済フォーラムによると、データのサイロ化と情報交換の不足は、歴史的に不十分な患者ケアと高価な是正処置につながったとして、「政府の政策は、データの真の可能性を引き出すための、技術的な対応能力を検討しなければならない」としています。さらに、ハーバード・ビジネス・レビューでは、データサイエンスでは、作業の80%がデータの準備と収集に関わるものであり、データのサイロ化がその作業をさらに厳しいものにしていると述べています。 しかし、データ管理はそのような厳しいものである必要はないのです。この記事では、AWS Lambda、Amazon Comprehend Medical、AWS FargateなどのAmazon Web Services(AWS)のテクノロジーを組み合わせることで、AWS Well-Architected Frameworkに沿った安全かつ効率的な方法で、ヘルスケア関連のお客様が電子通知を配信するために、効果的にデータを管理および配信する方法を紹介します。

Read More

脅威モデリングのアプローチ方法

このブログでは、脅威モデリングを組織のアプリケーション開発ライフサイクルに統合する方法のヒントを紹介します。脅威モデリングを実行する方法の手順については、多くの優れたガイドがあります。ここでは、そのガイドと方法論について簡単に説明します。

Read More
DR戦略 — RTO/RPOとコストの間のトレードオフ

AWS でのディザスタリカバリ (DR) アーキテクチャ、パートI:クラウドでのリカバリの戦略

このブログは Seth Eliot (Principal Reliability Solutions Architect with AWS Well-Architected) によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 AWS Well-Architected 信頼性の柱のリードソリューションアーキテクトとして、お客様が AWS で復元力のあるワークロードを構築できるように支援をします。これは、お客様が直面する可能性のある最大の課題の1つである災害イベントに備えるのに役立ちます。このようなイベントには、地震や洪水などの自然災害、電力やネットワークの損失などの技術的な障害、不注意や不正な変更などの人的行為が含まれます。最終的に、ワークロードまたはシステムが主要な場所でビジネス目標を達成するのを妨げるイベントは、災害として分類されます。このブログ投稿では、災害に備えて復旧するプロセスである災害復旧 (DR) の設計方法を示しています。DR は、事業継続計画の重要な部分です。

Read More

Well-Architected な CI/CD 環境の選択: AWS環境でのオープンソース

(この記事は、Choosing a Well-Architected CI/CD approach: Open Source on AWSを翻訳したものです。) イントロダクション CI/CDプラットフォームを構築する際には、ベースとなる全てのツールについて詳細な情報に基づいた意思決定を行うことが重要です。この投稿では機能要件と非機能要件、価値の最大化のバランスに焦点を当てて各ツールを選択するための基準を評価する方法を模索します。

Read More

新機能 — AWS Well-Architected Framework にサステナビリティ(持続可能性)の柱が追加

AWS Well-Architected Framework は、2015 年から AWS のお客様のクラウドアーキテクチャの改善を支援してきました。このフレームワークは、優れた運用効率、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コストの最適化といった複数の柱にまたがる設計原則、質問、ベストプラクティスで構成されています。 2021 年 12 月 2 日(米国時間)、クラウドコンピューティングの環境ベストプラクティスを使用して、組織がワークロードを学習、評価、改善できるよう支援する、新しい柱としてサステナビリティ(持続可能性)を紹介します。

Read More

AWS Well-Architected カスタムレンズの発表: 内部のベストプラクティスを使用して Well-Architected フレームワークを拡張する

当社は、2015 年に AWS Well-Architected Framework を公開しました。このフレームワークは、アーキテクチャのベストプラクティスに照らして、かつ、運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化などの柱にわたってワークロードをレビューするのに役立ちます。2017 年には、サーバーレスレンズ、SaaS レンズ、および APN パートナー向けファンデーショナルテクニカルレビュー (FTR) レンズなど、特定のワークロードタイプを最適化するために「レンズ」の概念を用いてフレームワークを拡張しました。2018 年、AWS ソリューションアーキテクトを必要とせずに、AWS のワークロードをいつでも確認できるように設計されたセルフサービスツールである AWS Well-Architected Tool をリリースしました。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、AWS Well-Architected カスタムレンズの一般提供の開始についてお知らせします。

Read More