Amazon Web Services ブログ

Category: Advanced (300)

AWS Backup で保護した VMware 仮想マシンを Amazon EC2 としてリストアする

VMware 仮想環境 (VMware Cloud on AWS) 上で稼働する仮想マシンを AWS Backup で保護し、Amazon EC2 としてリストアする方法についてご紹介します。AWS Backup を活用すれば、オンプレミス VMware 仮想環境の仮想マシンの災害時の一時的な退避先として Amazon EC2 を利用する、あるいは VMware Cloud on AWS 上の仮想マシンを Amazon EC2 に移行することも可能になります。

AWS Lambda を使用して Amazon S3 ログバケットから Splunk へログをフィルタリングしてストリーミングする

AWS のお客様 (スタートアップ企業から大企業まで) は複数の AWS アカウントを管理しています。マルチアカウントの管理において、AWS が提供する AWS Prescriptive Guidance(AWS規範ガイダンス)に従って、一般にお客様は複数の AWS アカウントにまたがる AWS ログソース (AWS CloudTrail ログ、VPC フローログ、AWS Config ログ) を専用のログアーカイブアカウントの Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに一元化することを一般的に選択しています。

Amazon FSx for NetApp ONTAP を使用した Windows サーバーにおけるストレージ管理

ワークロードをクラウドへ移行するユーザーは、移行に伴うアプリケーションコードの変更や新しいデータ管理手法の習得を回避したいと考えています。
理想としては、従来のオンプレミス環境と変わらない機能と管理ができるクラウドサービスを求めています。
運用と管理のスキルを再学習することなく、クラウドへの移行とデプロイを加速することを目標としています。

Amazon Connect アプリ内通話、ウェブ通話、ビデオ通話を使用した安全な顧客情報の連携

Amazon Connect は、ウェブサイトやモバイルアプリケーションから顧客とエージェントをつなぐ新機能をリリースしました。これにより、顧客は自分のコンテキスト(ログイン情報、購入履歴など)を共有しながら、ウェブサイトを離れることなくカスタマーサポートと通話が可能になります。エージェントも顧客のコンテキストを参照できるので、よりパーソナライズされたサポートが提供可能になり、顧客体験の改善とエージェントの生産性向上が期待できます。

CDK Aspectsを利用してベストプラクティスに従ったインフラストラクチャを構築する

組織は、ベストプラクティスに従ってアプリケーションを実行できるよう、クラウドインフラストラクチャに対してコンプライアンスルールを適用しています。AWS Config を活用して、内部のガイドラインに従って構成された設定に対する、全体的なコンプライアンス状況を確認します。この確認は、AWS アカウントでクラウドリソースを作成した後で行なわれます。
この記事では、AWS アカウントでクラウドリソースを作成する前に、AWS CDK Aspects を利用してベストプラクティスに従っているかどうかをチェックしたり、従うための調整を行なう方法を紹介します。

AWS Database Migration Service (DMS) を活用して VMware Cloud on AWS 上の MySQL を Amazon Aurora に移行する

VMware Cloud on AWS を起点とした段階的なモダナイゼーションの一環として、VMware Cloud on AWS 上で実行されているデータベースを AWS DMS を活用して Amazon Aurora に移行する方法についてご紹介します。