Amazon Web Services ブログ

Category: Management & Governance

AWS Systems Manager Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合

こちらのブログ記事は、二部構成のうちの二つ目のブログ記事となり、引き続きAWS Systems Manager Incident Managerに関する内容をご紹介していきます。一つ目のブログ記事では、連絡先、エスカレーションプラン、対応プランの作成などの設定手順についてご紹介してきました。このブログ記事では、Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合及び、Incident Managerのコンポーネントを使ったインシデント管理についてご紹介していきます。また、インシデント後の分析方法についてもご紹介していきます。 多くのお客様は、AWS環境のモニタリングにAmazon CloudWatchを利用されています。Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合により、アラームが設定されたしきい値に達すると、インシデントを発生させることが出来ます。まずはアラームを作成しましょう。

Read More

AWS Systems Manager Incident Managerで連絡先、エスカレーションプラン、対応プランを作成する

多くのお客様はオペレーショナル・エクセレンスやパフォーマンス効率向上に効果的なインシデント管理やインシデント対応のソリューションを必要としています。インシデント管理プロセスでは、インシデントによって影響を受ける側と、インシデント対応を行う側の間にある透明性が重要になってきます。今発生しているアプリケーションやワークロードのインシデント対応について、どのチームが最適であるかを判断するには数時間かかることもあります。それに加えて、インシデント対応のプロセスはたいてい手動であり、多くの不確定要素が伴います。特にビジネスインパクトの大きいアプリケーションであればこの状況は望ましくありません。 お客様は多くの場合、社内でインシデントをどのように管理すべきかを課題に感じられていることがあります。 インシデント対応の管理をシンプルにするために、AWS Systems Managerの新機能としてIncident Managerがリリースされました。この機能には、Amazonでのインシデント管理におけるベストプラクティスが組み込まれています。Incident Managerを使用すると、適切な担当者を適切なタイミングでアサインし、インシデントの更新を追跡し、修復アクションを自動化し、チャットでの連携を可能にします。

Read More

AWS Systems Managerフリートマネージャーを活用してWindowsワークロードの問題をトラブルシューティングする

クラウドの運用担当エンジニアは、利用料金を予算内に抑えつつ、多数のEC2インスタンスの状態を健全に保つために問題の監視・追跡・解決の可能な仕組みを構築しなければならないという、コストとシステム安定性の両方面で責任を持つことになります。このブログでは、AWS Systems Managerの新機能であるフリートマネージャーと共にOpsCenterとAmazon CloudWatchを活用し、大規模環境で発生する運用上の問題をすばやく検知・追跡・解決する方法をご紹介します。

Read More