Amazon Web Services ブログ

Category: Management & Governance

AWS CloudFormation と AWS SAM を使用したサーバーレスアプリケーションの開発とデプロイ

お客様は、それぞれの市場で競争力を維持するために、常にイノベーションを求めています。これを達成するための1つの方法は、サービスとアプリケーションを迅速かつ効率よく構築し、それによってコストを削減しながら市場投入までの時間を短縮することです。より具体的には、アプリケーション全体をゼロから構築するよりも、サーバーレスや AI/ML などのクラウドネイティブな機能を活用して管理コストを削減したり、目的別に作られたサービスを組み合わせたり、すでに構築済みのアプリケーションを再利用したりすることが有効です。 このブログ記事では、AWS Serverless Application Model (AWS SAM) と AWS CloudFormation を使用して、サーバーレスアプリケーションをビルドしてデプロイする方法を説明します。また、AWS Serverless Application Repository を使用して既存のアプリケーションを再利用し、開発時間を短縮します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON248 トレーシング入門 コンテナ上でアプリケーションを動かすために 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON248 トレーシング入門 コンテナ上でアプリケーションを動かすために」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 今回扱うのは、AWS X-Ray および Amazon CloudWatch ServiceLens の利用法です。これをコンテナ向けのトレーシングの必要性とあわせて説明します。 AWS X-Ray を使用している場合、デフォルトで CloudWatch コンソールで CloudWatch ServiceLens にアクセスできます。 AWS X-Ray をまだご使用でない場合は、X-Ray SDK を使用して、アプリケーションで AWS X-Ray を有効にすることにより開始できます。

Read More
use-amazon-athena-and-aws-cloudtrail-to-estimate-billing-for-aws-config-rule-evaluations

Amazon Athena と AWS CloudTrail を使用したAWS Config Rules 利用料の見積もり

AWS Config  は、AWSリソースがあるべき設定状態に準拠しているかを監査するサービスです。記録された設定項目の数と 1 か月あたりのリソースごとに行われる AWS Config Rules の評価件数に基づいて課金されます。 この記事では、Amazon Athena を使用して AWS CloudTrail ログをクエリし、AWS Config Rules 評価の詳細な請求内訳を確認する方法をご紹介します。請求の内訳を把握することで月額コストに最も寄与しているルールを特定することができれば、特定のルールの実行頻度を減らしてコストを抑えるといったコスト最適化施策を講じることができます。なお、この記事ではAWS Configの設定項目の確認については触れていません。詳細については、ブログ記事「Identifying resources with the most configuration changes using AWS Config」を参照してください。

Read More

多くの新機能を備えた Amazon Managed Grafana が一般公開されました

12 月に、AWS は Amazon Managed Grafana のプレビューをご紹介しました。Amazon Managed Grafana は Grafana Labs と共同で開発したフルマネージドサービスで、複数のソースからのデータを視覚化して分析するために Grafana のオープンソースバージョンとエンタープライズバージョンを簡単に使用できるようにします。Amazon Managed Grafana を使用することにより、サーバーのプロビジョニングや、ソフトウェアの設定と更新を行う必要なく、メトリクス、ログ、およびトレースを分析できます。 プレビュー中、Amazon Managed Grafana は新機能で更新されました。今回は、追加の新機能を備えた Amazon Managed Grafana が一般公開されたことをお知らせしたいと思います。

Read More

Amazon Managed Service for Prometheus を使用してオンプレミスのメトリクスを収集する

Prometheus は人気の高いオープンソースのメトリクスモニタリングソリューションで、さまざまなワークロードで広く利用されています。Prometheus を使用してコンテナワークロードを監視するのが一般的ですが、Prometheus は Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスやオンプレミス環境の仮想マシン (VM)、サーバーの監視にも使用されています。 Amazon Managed Service for Prometheus (AMP) は、インフラストラクチャおよびアプリケーションメトリクスのための Prometheus 互換のモニタリングサービスであり、お客様は大規模なワークロードを安全にモニタリングすることが容易になります。セルフホスト環境で Prometheus を使用するお客様は、高可用性、拡張性、安全性を備えた Prometheus サーバー環境、メトリクスの長期保存のためのインフラ環境、アクセス制御の管理に課題を抱えています。AMP は AWS Identity and Access Management (IAM) と密に統合されたフルマネージドな環境を提供することで、これらの課題を解決します。

Read More

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーでエンドユーザーアクセスのセキュリティ通知機能を実装する

このブログはJaroslav Skrickij (Sr. Solutions Architect at AWS)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 AWSでは、セキュリティは最優先事項です。お客様のデータへのエンドユーザーのアクセスを記録することは、多くのお客様の内部セキュリティポリシーやコンプライアンスニーズを満たす上で重要な要素です。エンドユーザーアクセスの監査ログは、定期的なセキュリティ監査やセキュリティインシデントのフォレンジック調査に利用されます。しかしながら、お客様は新たに発生するセキュリティリスクを事前に評価し、悪意のあるユーザーが引き起こす可能性のある被害を軽減するために、不審なアクセスをほぼリアルタイムで知りたいケースもあります。データセキュリティ管理者は、共有ファイルストレージに繰り返し不正アクセスが発生した場合や、大量のファイルが予期せず削除された場合などに、迅速な対応を求められます。

Read More

AWS Systems Managerオートメーションランブックを利用して非準拠ステータスのAWS Configルールを修復する

AWS Config は、AWS リソースの設定を評価、監査、審査できるサービスです。一般的なコンプライアンスシナリオに対してはAWS Configマネージドルールを使用することが出来ます。また独自のシナリオに対しては、カスタムルールを作成することも出来ます。 このブログでは、AWS Systems Manager Explorerを使ってAWS Configルールのコンプライアンスステータスを収集する方法について説明していきます。収集範囲は、AWSアカウント内のリージョン全体となります。加えて、Systems Managerオートメーションランブックを使用して、非準拠になっているAWS Configルールを修復する方法についても説明していきます。

Read More
Figure 1: Solution workflow

Amazon CloudWatch エージェントで Apache Flink のメトリクスを収集する

Apache Flink は分散ストリーム処理エンジンです。Amazon EMR では Flink を YARN アプリケーションとして実行することができます。Flink のメトリクスはFlink ウェブインターフェースで可視化することができますが、メトリクスの値に応じた対処をするにはどうしたらよいでしょうか?このブログ記事では、CloudWatch エージェントを使用して Flink のメトリクスを Amazon CloudWatch に収集する方法を紹介します。これによってFlink メトリクスのモニタリングやダッシュボードへの追加、アラームのトリガー、さらにはアラームを契機とするイベントドリブンな処理も実行できるようになります。

Read More

Systems Manager Automation Runbook でスクリプトを活用する

お客様は今まで、 AWS Systems Manager Automationドキュメントを使用して、AWS Lambda 関数の呼び出しや Amazon Machine Image (AMI) のコピーなど、AWS インフラストラクチャで実行する一連のアクションを定義してきました。これらのドキュメントは現在 Runbook と呼ばれており、簡単に使用でき、かつ強力です。 aws:executeScript アクションを使用すると、Python と PowerShell を Runbook に直接埋め込むことができます。

Read More